200909190005450.jpg

秋は巻き巻きスピナーベイト

今日は、八王子の小学5年生佐藤秀太君とまたまた出航。
朝は、数釣りメインで一直線でスピナーベイトを巻き巻きに行きました!!

だがしか~し、朝からなかなかの人手ですでにバスにプレッシャーが掛かっている。
スピナベマキマキで釣れるハニータイムはわずかで、船中5ヒットぐらいで朝終わる。
日中、日が昇ってからは見えるバスをメインにサイトフィッシング攻撃を仕掛ける。
いきなりダッシュで「バフッ」と行っちゃうバスもいるんですが、ちょい難しい。

本当は、佐藤秀太君の新調されたベイトリールで飛んで飛んで飛んで飛んで
巻いて巻いて巻いて巻いて巻いて回って回って回って回ってキラリーーーン的な、
スピナーベイトで釣れまくるといいんですが、ピーカンでは浮いてボーとしている。
午前中は、何回ヒットしたのか覚えていませんが、まずまずのキャッチといったとこ。


午後よりがら空きのビッグバス狙い

午後より、大人気エリアは大混雑の為、おもいきってビッグバス狙い。
湖の状況としては、ターンが入りはじめで、秋の入り口のパターンといった感じ。

溶岩帯系ディープ、ウィードアウトサイドマキマキ、湧水系ディープなど、
午後からでしたが、タイミング、天候、風向きを見計らってランガンする。
鵜の島ディープ深海級もまずまずバスをストックしており、ナイスサイズもあがったりした。


だが、肝心の佐藤秀太君はバスフィッシングスタイルこそセンスが光るんだが、
どうも今日はおとうさんに釣果が恵まれ、ちょっとツキがないよ~な感じ。
投げ続ける根性、キャストフォームは綺麗だけど、今日足りないのは引き運のみ。

200909190006450.jpg

日も暮れ始め、いよいよラストタイムに突入・・・
最後の最後までビッグバスを求めて、いろんなエリアをめぐりめぐって、決して諦めない。
もう、あと5分ぐらいでタイムアップ寸前に・・・

  「キタッ!!」

ラバージグ&ビッグダディのウィード打ちから引きづりだしたのは、ナイスサイズ。
綺麗なネイティブバスの35cmをGet♪いや~やっと最後の最後でヒットしました。
(写真、一番左が河口湖生まれ河口湖育ちの綺麗なバスです。)
次回こそ、「+10cmを目標」にして、秋のビッグワンを釣りたいと計画中です!!!


天然バスは、3本キャッチ(25cm、35×2)
そうでない、バスは、7本ぐらいだったのではないでしょ~か?合計10本ぐらい
バラシも数回あったりと、もうちょっとバイトが深ければなぁ~と言った感じでした。
スポンサーサイト
2009.09.21 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1076-6c9ed446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析