200907250003450.jpg

戻り梅雨

さて、「戻り梅雨」の気配で毎日曇りがちなお天気の河口湖。
よく奥河口湖方面の西からお天気が下り坂で、雨が降ったり止んだり。
時にスコール的な雨があったり、晴れ間が出たりと亜熱帯のようなお天気。

そんな今の河口湖の状況ですが、お天気予報を心配してか比較的空いています。
雨予報ですと、ちょっとレジャーフィッシングの人は敬遠がち。
でも実は、曇りや雨のほうがバスの活性が良くて釣れる状況なんですね~。
特に水温の高い夏場は、朝夕、曇り雨が高活性になる状況が多い。
大風まで吹いてしまうと釣りが難しくなってまいっちゃいますがネ♪

マイパターンは、Wakasagi !!

河口湖ブラックバス情報の近況ですが、今、私がはまっているのはワカサギパターン。
夏になっていよいよディープにワカサギの群れが集まりだしました。

シャローからディープを行ったり来たりするワカサギですが、
このワカサギボールの群れが回遊している場所は、湖に4箇所以上。
もちろん、エリアによって数多くのバスが付いていたり、大型のみの場所もある。


朝一番が好調で、活発にボイルしているのも特徴。
マスやうぐいなどの他魚種のフィッシュイーターが入っているスポットもあり、
ここは、バスと他魚種の釣り分け方で、ビッグバスが登場すること間違いなし!!


タカヒロ足立的な釣り方では、朝一ではワカサギ系ウェイクトップパターン。
日中になると、ワカサギ系スイミングジグパターン&メタルジグパターン。
そして、食性がワカサギ→底モノ(エビ・ゴリ系)に変わる朝と昼のタイミングでは、
底モノをイミテートしたスモールラバージグが効果的になります。

このスモールラバージグも今年は○○系の色が好調で、こればっかりにアタリが集中。
もちろん、一つ一つ手巻きで、通常のラバーでは色が少なくなかなか出せないのが特徴。
あるラバーメーカーの、ある色である太さであるカットまでこだわっています!!

200808150004340.jpg

その他にも、ウィードアウトサイド系、エビ・ギルパターン。
ハスパターン、湧水系バス日中休憩パターンなどなど夏の河口湖は沢山パターンで攻略。
 ※写真は、去年の夏、暑くピーカンでしたが、湧水系パターンで大型炸裂!!

実際、暑く風の無い日は厳しい状況もありますが、狙えば釣れる河口湖。
ぜひ、この夏休み、東京首都圏から程近い河口湖で釣りを楽しんでみませんか!?


週末、まだ空きがございます。
ぜひ、トップで釣れるこのチャンスに、ご応募お待ちいたしております。

200906070003360.jpg

絶景の富士山が湖上より見える。ファミリープラン、木曜日限定釣り教室も開講!!
山梨名物・桃、かぶとむしキャンペーンも開催中~♪

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド



200907270007300.jpg

お隣の湖の象徴は白鳥。
では、河口湖は??? たくさんの野鳥が出迎えてくれます(爆)
スポンサーサイト
2009.07.31 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1039-20cfba28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析