200907050066450.jpg

梅雨時のあまぐも模様も心配でしたが、予報は曇りで雨もふらなかった。
日曜日ということもあり、釣り人、レジャーボートで湖上はいっぱいでした。

さて、今日は、早朝付き、夕方までのロングコース。
夏に向けて水温上昇傾向の河口湖の朝夕フィッシングはいかがだったのでしょうか?


朝一番のハードルアーゲーム

早朝、まだ少し涼しさが残る時間帯にスタート。
やはり、朝一番すぎるほどの時間帯のバスは高活性でいろいろなルアーに反応。

表層系某引きミノーにヒットしたり、トップに反応したり、アタリがあったり。
鵜の島まわり中心としたウィードエリアを攻めた後は、流れ込み系ウィードへ向かう。

ここでも、沢山のベイト・バスがクルージングしており攻略方法さえ掴めばヒット。
朝から5回ほどバスが掛かりましたが、ゲストの秀太君はリズムが合わずバラシ。。。
水草に潜っているバスがヒットしたり、ボートの下のバスがいきなり掛かったり、
コイと一緒に泳いでいるバスがヒットしたりもしましたが、ジャンプでポロリ。
う~ん。なかなかリズムが合わず乗らない感じで休憩後、次のポイントへ。

ここでは、スイミング系のスモールラバージグ、フォーリング系のスモールラバージグ。
これからの時期、ウィード攻略をするにあたって外せないのがスモールラバージグですね。

10時の風

これからの時期、10時~11時頃に風が吹くことが多いのですが、
この西風のタイミングに合わせてバスも活発化しだすので、おもいきってビッグバスパターン。

午後からも時間があるので、釣りつづけていくうちにサイズも数も出るだろうと予想。
ただ、使用しているルアーも大きく、なかなかアタリが出ない状況が続いた。


午後からも再び、いろいろなエリアをまわって展開する。
ウィード周りを中心にバスを探して行くも、なかなか釣れそうなバスに出会わない。
湖上は、すでにウェイクボードが出回り、ちょっと釣りづらい状況になっている。

そうこうしているうちに、風は西風強風・ぼうぼうモードへ・・・
とにかく午後は釣ってもらおうと、いろいろなエリアをランガンしましたが沈黙。


夕方のトップの旅へ・・・

そして、夕方ラストはトップウオーターの旅。
これからの熱い夏、朝夕はトップにバスが反応するいい時期になりました。

本日も期待してウィードエリアをトップウォーターで流しましたが・・・
予想以上にレジャーボートの波がきつく、トップもウェイクしてなかなか泳がな~い。
バスのチェイスはあったものの、トップの旅は消化不良でラストはもの悲しく終了~。。。


本日の船中釣果は、5本。バラシやラインブレイクが船中7回ぐらい。。。
サイズは、30~40cmぐらいまでヒット。ミノー・スモラバ・トップに反応がありました!!

佐藤秀太君のリベンジゲームでしたが、本日はどうもリズムが合わないようで。
キャスティングからバスの誘い方まで、なかなかセンスがあるんですがあとちょっと。

まぁ~、ブラックバスは釣れたり釣れなかったり、
掛かるときは掛かり、船べりでバレてしまう時はバレてしまう。
その悔しさが次のゲームへの意気込みだったり、新しい発見だったりしますね。
次回も頑張りましょう!!



桟橋へ戻ってみると・・・
日中、ハードルアーを桟橋から練習で投げ続けていたお客様が好釣果。
バドワイザーやビッグバドでナイスサイズが釣れていました。これからはトップもあり!!
みなさん、ハードルアーをたくさんもって河口湖にきてみましょう♪

スポンサーサイト
2009.07.06 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/tb.php/1018-4953a799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  1. 無料アクセス解析