本日は、ご新規のお客様1名様と出航しました。
朝から風が強く・・・気象予報図の等圧線の間隔からすると予報より吹かないのでは?
そんな気もしましたが、朝から徐々に風が強くなっていく。


さてさて、強烈な濁りと大風でなかなか難しいコンディション。
午前中勝負という事もあり、いろいろやってみるもバスからのバイトシーンはあるが乗らない。

そのまま、おとといからの貯金シリーズもやってみるも・・・・・・・

エッ!? やばいスーパーモンスター発見!!!


いままで釣った中でも、最大級以上のスーパーモンスターナナマル級。
だが、クルージング中ですぐに逃げて大鯉と並走して泳ぐ様子。



さてさて、次のスポットで・・・ここでまたデカモンスター発見!!
おとといもそうだったんだが、確実にロクマル以上が差してくるスポットがある。
そんな今日この頃だったのだが、本日は、完全撃沈で終了。
超デカモンスターはいたんですけどね。もう少し狙って釣りたい今日この頃。





スポンサーサイト
2016.04.29 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
cfbass450_2015070913415431b_20160428183710d83.jpg


dairakka_20160428184735fd3.jpg


少し昔に遡ること。
2013は、秋頃の発売と同時に無くなってしまい、2014春で2回目の発売。
DAIRAKKA SEASON 2 2014春先の入荷
DAIRAKKA SEASON 3 2014真夏の入荷
DAIRAKKA SEASON 3 Plus は、晩秋の琵琶湖スプーンブームの真っただ中
DAIRAKKA SEASON 4 6月の梅雨時で、酷暑の夏まで爆釣御礼
DAIRAKKA SEASON 5 ブラック&オレンジの追加で強さをPR
DAIRAKKA SEASON 6 ついに、ホワイト追加で豊富なラインナップ


DR_1516.jpg

一枚のスプーン 二つの新色ホワイト
  小さなスプーンの大きなアピール




Strong & American なデザインの新カラー

今年発売のダイラッカの魅力は、何といってもその斬新なホワイトカラー。
今までのカラーに加え、色の強みを凝縮したホワイトベースカラー。
ベイトフィッシュライクなボディホワイトにシルバーのきらめきのデザインはわくわくします。

DR_15.jpg

パールホワイト

両面・ホワイトペイントのツヤ系パールホワイトカラーリング


DR_16.jpg

バスターホワイト

ホワイトベースにチャートバック&オレンジベリーの強いカラー。
裏銀、裏面はシルバーで反射の効果もあわせもつ、白×銀 のカラーチョイス!!


発売まであと少し!?

こうご期待!!



2016.04.28 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、お馴染みのお客様1名様と出航しました。
ここ最近でぐっとシャローにバスが多くなり、いい感じに期待できそうな曇り空。

今日こそは60UPが狙えそうな雰囲気なので、池田様には申し訳ないですが、
ちょっと難易度の高いハイテクニックを中心レクチャーでデカイバスから狙って行く作戦へ!
まあ、そんなに簡単ではないんですが・・・・・レベルの高い人ほど小型を数釣ってもしかたないので。。
ただただ、数が釣れない釣りなんで、釣りたい欲に勝つ忍耐力も必要なんですw

ビッグベイトアプローチ。

あさイチ、いろいろなバスがシャローに多く、様々なルアーでアプローチするもなかなかビッグおらず。
ようやく、グッドサイズのスクーリングに出会う。その中には確実にロクマルも!!?
ビッグベイトでアプローチすると、1本のグッドサイズがビッグバイト!!

bigbass_201604271955018d0.jpg

キターーー!! 53cm捕獲セリ!!

ようやく出会ったサイズは、50UPのグッドコンディション!!
40UPの中型スクーリングの釣り方もあるんですが、この時間がもったいないので次のレベルへ。

bullsyu_20160427184418710.jpg

ビッグベイト・ガッツリ ハーモニカバイトです!!

53size.jpg

ちょっと小さく計っちゃった?? 53cm


サイズアップ展開

そのまま、この50オーバーサイズではまだまだなので、ロクマルオーバーを目指す。
確実にロクマル級が。このタイミングで差してくるピンスポットへ直行することに。
すると・・・巨大バスのスクーリングに出会うも、なかなかチャンスが訪れず・・・

seirann_2016042718432942d.jpg

1本 セイラミノーフローティングで40UPをゲット!!

sirra.jpg

セイラミノー・フローティング


表層系ミノーイング???も熱いですね。


ロクマルチャンス少な

ロクマルチャンスは、今日は、少ない感じに思えてきたので、それでもまあ。
ビッグサイズに狙いを絞って流していくと・・・・・再び、ビッグベイトでアプローチするとビッグバイト!!

kitahama.jpg

キターーー!! お見事なサイズ!

50up.jpg

これも、大台のビッグサイズ!!


本当は、さらにサイズアップで55UPを狙いたいけど・・・・・ランチタイム休憩へ。

kumorii.jpg

午後は、釣りながら流すと、再び、セイラミノーフローティングでグッドサイズ。

seiraminnow.jpg

セイラミノー フローティング 2発目!!


ミノーイング 3連発??

seiraminn2.jpg

そしてそして、再びミノーイングでもうイッチョ!!

dekagillfa_edited-1.jpg


ドラゴンルアーズ デカギルダ

とどめは、私の投げた、デカギルダにビッグサイズがヒット!
これもデカく、50サイズで、本日ビッグ3本目のいい感じの1日が15時頃。
そして本日寒くなってきたのでちょい早上がりで終了。

manae.jpg

いよいよ暖かくなってきましたね。
この暖かさで、春爛漫でシャローのバスの反応も良くなってきましたね!!

said_edited-1.jpg

エエサイズです!!

saidde.jpg

エエサイズですね!!!



2016.04.27 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
miya.jpg

表層系テクニカルミノーイング

毎度、浜の記念写真でお世話になっております。
Kawaguchi Dog さんが超グッドコンディションのプリスポーを釣っていました。
Kawaguchi Dog さん、いつも写真撮影でお世話になっております。
私事ですが、結構、雑誌社さんへのデカバスのイメージカットなどなどで使われております。
・・・基本的に自撮りは嫌いで、やはり、絶好のアングルで写真を撮って頂きたいものですね。

そんなわけで・・・今回は、Kawaguchi Dog さんが被写体に!
表層系ミノーイングでの57cm・推定2800オーバー!? エライ!!


おしまい。


あと・・・そういえば!

河口湖のプリがダイラッカで釣れてるらしい!


ダイラッカ・オーバー7 楽しみなアイテムです♪



再発売はまだか!???






2016.04.26 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_ec278457.jpg

映画

今日は、映画の撮影隊。

moblog_dd411b19.jpg


湖上は、絶好の釣り日和。

まわりの話を聞く限り、かなり暖かく、バスがシャローに入ってきた感じですね~。




2016.04.25 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kyanpu.jpg

ロクマル・モンスターバス狙い!

今日は、モンスターハンターのお客様と出航しました。
ここ数日の陽気で、バスもシャローへ入ってきていい感じのコンディション。
ただ、基本的にスーパーヘビーベイトタックルの強気の攻め。

さて、ここ数日の季節感の変化を読んで細かく天候により釣り分けることにする。
そして・・・・・ビッグサイズがマンメイドでビッグベイトにバイトするもチャンス空振り。
う~む。この1発を仕留めて欲しかったのだが、まあバスの出方次第なのでしゃあない。

その後、ブリンブリンの45UPをビッグベイトでキャッチするも狙っているサイズでは無く。
寒くなってきたので16時前に終了。

gillda_20160426223417195.jpg

一応、ワカサギパターンとは違う、ブルーギルパターンで50ちかいの。でもね~。

2016.04.24 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そう言えば、たまには、少しカミングアウトして語ってみよう。
今シーズン・大会の度重なるハイプレッシャーで差してきた瞬間に釣られたプリスポーン。
ちょうどのタイミングで土日だったりと、
かなり、ジャークベイト・クランクベイト・ビッグベイトでハマそうで、ハマらないはがゆい状況。


だが、フィーディングフィッシュ狙いの”ワカサギパターン”を上手くハメると釣果は出る。

この世界。

この世界の”このワカサギパターン”を開眼しキッチリ理解すれば、結果は出てくる。



そんなわけですが、独自に編み出したテクニカルミノーイング。



トップウォーターミノーイング これが得なのがジョーダン。マイケルジョーダンw

サブサーフェイスが得意なのが、アイウェーバー。

ワンレンジ下が得意なのが、グリマーシリーズ。

さらに、3mレンジのボトム付近では、ラッピングミノー6g

全レンジ対応のワカサギパターンでハメると、この時期特有のプリスポーンダイナマイト!!



みんな・・・知っている人は、言うな!とか、写真でルアーが分かっちゃうじゃん。
などなどですが、本当に河口湖で釣れるルアーを持ってきて欲しいですね。

ただ、本当に難しいのはこれから。
釣れるルアーを持参して持ってきていただいても・・・
実際はロッドワークや、釣れるスピード・アクションなどなどが思っているより難しいと思います。

ジョーダンはサブサーフェイススピード・浮かせぐあい。

アイウェーバーもスピードとレンジコントロールと風の流れ

グリマーは、フリー&カーブフォールを混ぜての、チドリ・ミッドストローリング。
いつでも簡単にフォールだけとか。簡単にミドストロッドで・・・ではいけないんです。


そんな”究極のワカサギパターン”ですが、煮詰めれば釣れればビッグバスです!!
もちろん、オーソドックスなビッグミノーイング・クランクベイト・ビッグベイトテクニックをマスターするのがベストですが、湖の状況やバスにルアーを合わせて釣るのも大切な、バスフィッシングパターンです。



さぁ、みんな、出掛けてみよう!!




2016.04.22 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_ad17ac75.jpg

いよいよ桜も散り始めました。
本日は、お馴染みの月一のお客様1名様と出航しました。

moblog_62a1fc31.jpg

今朝は、快晴放射冷却の影響もあり、驚愕の早朝気温3℃!
さて、今日の劇的アジャスト・チャンスタイムは、おおよそ1回のみ.....

moblog_bda7545c.jpg

水温も下がり・・・早朝は水温が11℃台で低く。日中も12~13℃台で微妙な感じ。
そんな感じで、いざスタート。あさイチは、モーニングフィーディング狙いでやるも・・・
放射冷却の冷え込みは強烈で、バスはシャローにおらず。それでも差してくるスポットはわかる。

8時半頃・・・いまがチャンス!!!とばかりにシャローへ突入するとバスがわんさか。
すると・・・いきなしのトップウォーターバイト!!!もノラナイすっぽ抜け。あ~。


そのまま、プリ最終段階の桟橋フィッシュは多いものの、これは現状潮周りではちょっと厳しい。
その後は、曇ってきて気温も15℃ぐらいでかな~り寒い一日。
こうなれば、モンスターバス展開的には”フロリダ属のプリスポーン”を狙うか?
戻りプリスポーナーを激荒れのタイミングで狙うのか?
いろいろレンジアジャストしてやり切ってみるも、ボートプレッシャーも高く本日終了。



皐月晴れ 5月のようなお天気。



明日は、気圧の谷の通過で荒れ模様?

午前中勝負になるかもしれませんが、春の低気圧は、モンスターチャンスですので、募集中です。



2016.04.20 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



本日は、雨上がりの午後からプライベート出航。
晴れた午後はいきなりの初夏っぽい陽気で風が無い状況では暑いぐらい。


さてさて。
いきなりの晴れ間と水温上昇で、かなりのバスが単発とスクーリングで差してきている。
オスッぽい40~45ぐらいは、かなり差してきてたけど、肝心のスーパービッグはすでにプリ最終段階。
居るスポットには巨大バスがいるのだが、これを釣るには・・・正確なキャスティング技術・タイミング・そして運が必要。

さてさて。
だが、しかし、プリスポーンダイナマイト狙いは、全域でタイムラグがある。
季節先取り・フィーディングプリスポーナーに絞って、デカバスハンター展開で行く。


パワーフィッシングとテクニカルミノー

ちなみに、きのうも少し出船していたものの・・・・・
超パワーフィッシング中心で攻めるも、今の状況とはちょっと違う。

バスフィッシングの釣れるコツは、”バスの状況に合わせて釣る”ことが大切。
河口湖の春バスのスポットや、春バスのプリの進行状況に合わせてルアーも選択。
そこで、”正解に釣れるパターン”が存在するので、バスの状態・地形変化・ルアーチョイス・アプローチなどなど正確にやっていくのがキモ。加えて、毎年毎年のベイトフィッシュのクセなどを読み、超ヒットルアーも探すのも楽しみ♪


トップウォータープラグ戦略

さて、本日の水温は、表水温は、奥河口湖で12℃平均。
高いエリアでは、14.5℃。そして、15℃の大台のシャローフラットもある。

選んだのは、トップウォーター。
私がワカサギレイクで一番信用しているのがHMKLプラグ。


過去にさかのぼること、8年前?ぐらいにもあったワカサギフィーバー。
ワカサギフィーバーの状態では、夏のK-Oミノーで、トップウォーター13連続ヒットなどなど。
そして、5年ぐらい前?には、夏の溶岩帯フィーバーもあった時は、
K-1 65 のリップを超ショートリップに溶岩で削って(笑)高速引き&プカプカでよく釣ったものです。
そんなワカサギ = HMKL な感じですが、
今回の状況に合ってそうなルアーは、K1-65 のリップレスフローティング。


がっ!! ちょうど手元になかったので、市販品をチョイス!!
トップウォーター~サブサーフェイスで、ミノーイングを繰り返すといきなりの水面爆発!!


鯉が跳ねたかと思うぐらいの爆発!

一瞬、この時期なんで目を疑ったが、ロードランナーが絞り込まれる。
超トルクフルな、ロードランナー・ヴォイス・スピニングだったので、なんなくランディング。

risaize_450.jpg

52cm・2200gオーバー捕獲!!

yoko53_edited-1450.jpg

※明日以降空きございます。

今日で表水温15℃。
全域でガンガン上がってきてますね。

週末も空き日になっておりますので、春のプリスポーンダイナマイトを狙いたい方はお早めに??



iPhoneから送信

2016.04.14 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_f164a37b.jpg

トレーラー車検

そう言えば。。。
春のラッシュが終了したのち・・・車検へ運輸支局までトレーラー車検。

今回は、頻繁にランチングしているにも関わらず、足回りや灯火類は、事前チェックでOK!
毎年のことながらすんなりOKが出ました。最近は、少し時間があるので黒ペイントしたりも。


しっかし、年度末から新年度へ切り替わったというのに・・・・・・
他レーンは、なぜか、激込みやで~。そんな景色を見つつ。

moblog_3ea2f31f.jpg

通り沿いの土手の桜は満開でした。
暖かくなると、本当にウキウキと、しばれるような寒さから解放されて本当にいいですよね。




4月の空席状況

11日以降空きございます。ガンガン上がってきておりますので期待できますね!!
4月20日より保安区域の設定になります。
19日までは、全域での攻めが可能ですので、もう少しの期間、攻めたい方はぜひ!
      (23日(土曜日)のみ予約済みです。)


ゴールデンウィーク予約も募集中!!
  お気軽にお問合せ下さい。今年は少しバスが上がってくるタイミングが早そうです!






2016.04.11 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
LTT_buttom.jpg

パワーフィッシング

本日は、ロッドの話をしてみましょう。
春夏秋冬・あらゆるハードベイト&ラバージグで攻略する河口湖。
主にパワーフィッシング中心の展開で、ロッドとリールのタックルシステムを一部紹介。

12419241_987859457996948_1473531550648564962_o.jpg

LTT690PH
  Parabolic Heavy Versatile


ロッドのパワー表記は、3/8oz~2oz
主にヘビーウエイトのルアーやラバージグを中心としたロッドです。

個人的には、ショットオーバー7をメインとしたロッド。
また、ジョインテッドクローなどの2ozクラスのビッグベイトのショートキャストも!!


例 : LTT690PH & ギア比 5~6.2 ベイトリール(フロロ14~16lb) 巻き物
    
    LTT690PH & ギア比 7~8  ベイトリール(フロロ20lb・ナイロン25lb)ビッグベイト


LTT6100H
  Slow rolling Heavy cover


こちらも、ロングセラーで使用頻度の高い大人気のロッド。
個人的には、ダイラッカ38g、ガンタージグフリップなどのヘビージグ系で使用。
ボトム系の釣り方は、感度重視のストラクチャーですが、ウィードの釣りは6100H
特に秋口のウィードが伸びている状況では、パワーを必要とするのでこのロッドですね。

例 :  LTT6100H & ギア比 7~8.5  ベイトリール
  ダイラッカ (フロロ20lb) ガンタージグフリップ (フロロ16lb)


また、サブネームでスローローリングもありますが、個人的には HB-760M を使用。
河口湖でより長いディスタンスをスローに引けるのが760Mの長さがちょうどいいのです。



こうしてみると、この2機種のパワーフィッシングロッドは、
ビッグベイト・ビッグスプーン・ビッグクランク・ヘビージグとあらゆる釣り方に対応出来ます。
ただ、リールのギア比、ラインの太さがそれぞれ違いますので、各2本ずつ、計4本欲しいとこですねw
まあ、フローティングのビッグベイトもやるなら・・・5本ですねww


例 : LTT690PH & ギア比 5~6.2 ベイトリール(フロロ14~16lb) ショットオーバー7   
    LTT690PH & ギア比 7~8  ベイトリール(フロロ20lb)シンキングビッグベイト
    LTT690PH & ギア比 8  ベイトリール(ナイロン25lb)フローティングビッグベイト

    LTT6100H & ギア比 7~8  ベイトリール  ダイラッカ (フロロ20lb)
    LTT6100H & ギア比 7~8.5 ベイトリール ガンタージグフリップ (フロロ16lb)





LTT680MH
  Retrieve & Worming Versatile


ロッドのサブネームにリトリーブという表現があるように、巻きで使えるロッド。
主にタダマキ132を使用して、春のプリスポーンダイナマイトを狙い撃ちします。

例 :  LTT680MH & ギア比 6.2 ベイトリール(フロロ14lb)  タダマキ132



そんな感じでいろいろなシチュエーションに合わせて、ロッド&リールをセッティング。
ただ、これは、私のほんの一部のタックルシステムです。
ショートグリップが好きな方は、640MLが調子良かったり、それはひとそれぞれなので。

2016.04.09 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
LTT_buttom.jpg

いよいよ、待ちに待ったパワーヘビーバーサタイルロッド。
本日、LTT690PHが、リリースになり店頭に並びはじめたようです。

パワーフィッシングタクティクス

LTT690PHは、オールシーズン活躍できるパワーフィッシングロッド。
ショットオーバー7をはじめ、ダイラッカ・ラバージグにイケるパワーロッド!!

12419241_987859457996948_1473531550648564962_o.jpg

LTT690PH
  Parabolic Heavy Versatile


ブランク全体でヘビーパワーを発生するのが「パラボリックヘビー」。最小限の力でボリュームのあるルアー達を思い通りに操れ、パラボリックな調子なのに太軸フックでもしっかりとフッキングを決められる。そして何より魚をバラさない調子は新感覚のバランス。6’9”という長さは、あるときはロングキャスト、必要であればピンポイントシュートキャスト、そしてピッチングと、バーサタイルな使用を前提とした長さ。スローダウンのジグから、巻き中心のビッグクランクや大型スピナーベイトまで、ソフトベイトからハードベイトまでを実に気持ち良く使いこなせる1本です。



今回の新作の690PHに超期待していますが、現在リリース中のLTT6100Hもいいですね。
私的には、カバーフィッシングで打つ場合は、ジグロッドテイストもあるLTT6100H

pic1000-450.jpg

↑ このバスは、LTT 6100H ↑

個人的感想では、LTT690PH と LTT6100H のコンボでより強力な釣りが展開出来ると思います。
ただ、どちらもパワーフィッシングロッド。

ショットオーバー7・ダイラッカ・ラバージグ・・・1本でルアーを変えるのもいいですが、

例えば。

  LTT690PH & アンタレス5 で巻きモノ(オーバー7で巻きまくり)
  
  LTT6100H & メタニウムXG で撃ちモノ&ビッグスプーン

 ロッドとリールの組み合わせ(ギア比)でよりスムーズな戦略が出来ると思います。


2016.04.07 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
yuki_20160405220607a0c.jpg

今シーズンの春中盤戦のおさらい。
まずは、冬季からおさらい。個人的におさらいしてみます。

暖冬とワカサギシャロー越冬組

今季の冬は、東日本は暖かったようで、水温も極寒・寒冷地の1℃~3℃まで下がらず、全面凍結ももちろん無く、水温5℃以上だったようです。つまり、よりディープウォーターへバスが移動することはせずに、シャロー越冬組も多かったと予想されます。
加えて、ワカサギの豊作で、湖のどのレンジにもベイトがいることで、個体差もありますが、バスはより快適なレンジを求めて生活圏に居続けます。

さて、そんなシャロー越冬組も多かった冬季の最後。
そこから、一気に、3月上旬になりバスはスポ―ニングエリアのシャローを目指します。
だが、今年は、度重なるトーナメントハイプレッシャーにより、タイミングがちょうど良かったのか?悪かったのか?土日・トーナメント開催中の超ハイプレッシャー時に一斉に差してきてハンパないプレッシャーを受けた感がありますね。
春に差してて1発目のバスは、ルアーへ対する興味・関心はすこぶるよく、ジャークベイトなどハイインパクトなルアーで釣れます。

ベイト生活

そして、春が進むと、一回差してきたバスは、徐々に横方向へ散り、ベイトフィッシュを中心とした生活をする。と思います。
さて、そのベイトフィッシュ中心の生活とは? 以前、書いていた通り、ワカサギパターンでハメるなら、ワカサギの生態を熟知、ワカサギの接岸のタイミング(朝・夕 潮周り)をきちんと理解して、かつ、接岸ポイント(流入河川やブレイク)などもワカサギの産卵の生態を知る事が重要なキーとなっています。

現在の段階と水温

さて、現在は、春3発目!?
そのぐらいの勢いで、奥河口湖方面を除く、ほぼ全域でバスがあがってきている感がありますね。
そして、ベイトフィッシュはワカサギ以外にも別のベイトも出始めてきており、これはこれで期待ですね。


ビッグ&ジャイアントベイト

もちろん・・・例年のジャイアントベイトゲームもスパイス的ですが、釣れる必殺技です!!
ビッグベイト・ジャイアントベイトは、プリスポーンダイナマイトに効くタイミングがおおよそ3回あり、ここぞっていうタイミングで効果的に入れるとハマりますね。

P3191191450_20160405215158028.jpg

ルアーは、ジョイクロ178

水温7℃・水温10℃・水温14℃...もうこれ以上は言うな。。。と言われそうですがwww

P4021230.jpg

ルアーは、ジョイクロマグナム

タイミングさえバチッと合えば、ジャイアントベイトゲームもハマります!!



テクニカルミノーイング
 i字系の表層・サブサーフィエス・ミドル


さて、ここのところの、春3発目で、だいぶ差してきた感がある今日この頃ですが、私的には、コンスタントに結果が出るのがi字系ミノーのテクニカルミノーイングパターン。

20140614_01.jpg

この手のルアーは、おおよそ”表層系”と”サブサーフェイス”と”ミドル系”の3タイプがあります。
おっ!!と気付いた方は、今シーズンのワカサギ接岸パターンを熟知されているかと思います。

ただ、この特異質系なi字系ミノーイングは、ハイプレッシャーレイクのフィッシング技術の総力と言うべきか、とにかく、i字系と言っても1種類だけでは無く、まさしく、水温やバスの状況などに合わせて、技術のデパート・技のレパートリーとも言うべく、とにかく、スモールルアーでもたくさんの釣り方の引き出しが必要なんです。

harmonica.jpg

bassss.jpg

今シーズンは、まだまだですが、54cmの2500オーバーを2本捕獲中!!
だんだん、水温上昇と共に、表層系も熱くなってきているみたいです。
表層・サブサーフェイス・ミドルレンジ...アクションはやや難しめ?ですが、極めればモンスターがバイト!
パワーフィッシングからテクニカルミノーイングまでいろいろな釣り方でこの春を楽しんじゃいましょう。


今週、土曜・日曜日空きございます。
木曜日は、春の嵐で大荒れ予想の為、事前中止いたします。
月曜日(11日以降)も空きございますので、お気軽にお問合せ下さい。




2016.04.05 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
春の爆風

今日は、お馴染みのお客様2名様でスタート。
東風予報でしたが、なんと!いきなりの春の爆風のコンディションになってしまう。

さて、本日は、トーナメントレイクならではの大規模トーナメント開催日。
スタートダッシュも決めようと思っているのだが、やはりスローに丁寧に流した方が釣れそう?
そんな感じで、曇り空特有のモーニングバイトに期待して、流してみるもノーバイト。

そのうち、西風爆風になり、これはこれで楽しいのだが・・・・・
ちょっと、お客様のご調子が悪く、ここでタイムアップとなってしまう。
本来ですと、差したてほやほやの個体が多かったり、トーナメント開催日でなければ、爆なんですが!
そのまま午前中あがりで爆風のまま終了。

20150324_29_20160405213252e31.jpg

昨年は、こんな感じの爆風でも”西風”がキーワードでプリメスが釣れます!

20150324_11_20160405213253f71.jpg

2015 タダマキ132 爆風の1mのどシャロークランキングでビッグサイズが釣れたり。

20150324_32_edited-1450_20160405213427c40.jpg

ショットオーバー4 & 5 シリーズも風があると水が撹拌されて好調でしたね。



今年は、まだ、テクニカルミノーイング優勢でハマる日が少ないのですが・・・・





2016.04.03 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
fuji_2016040119203886e.jpg

霜と東風強風・冷え込み

今日は、お馴染みのお客様1名様とスタート。
早朝は、曇り空予報でしたが、霜が降りるほど寒く、日中も風が冷たいコンディション。
しかも、東風爆風予報で、かつ、予報的中でお昼前から東風でざぶんざぶん。

スタートダッシュを決めようと、夜間にバスが差してきそうなスポットをまわるもノーバイト。
まあ、ここまでは、準備運動・ウォーミングアップ的なノリですので。
曇り空特有のモーニングバイトに期待して、ワカサギパターンをレンジ別に試行錯誤。

vib.jpg

枯れウィードバイブレーション

本日は、ここ最近、水温が9℃以上の傾向もあるのでバイブレーションもはじめました。
バイブレーションは、枯れウィードやシャローの沈みモノなどをリアクション的に面を釣るのに最適。

さて、全くのノーバイトタイムが続き、かつ、シャローは見に行っても全く生命感無し。
本日のお客さんと「最近、たくさんのバスがよく見えます。」なんて言ったのは誰ですか!?的な話をしつつ、個人的には現状の見えバスはマイパターンでは興味無いので、ブラインドでひたすらプリスポーンダイナマイトのモンスターサイズの”本気食いバイト”を目指してやってみる。



全然釣れる雰囲気も無く、ガンガン流していると、ふとした瞬間にビッグバイト!???
根掛かり的なロープを釣っちゃった感もあったんですが、30秒ぐらい引いてきて、横っぱしり。。。
デカイ。ワカサギ激食いのゴン太プリスポーンダイナマイトが跳ねる。
長さはそれほどでもなかったですが、プリスポーナーのマーマー捕獲です!!

harmonica.jpg

ハーモニカ食いの本気バイト!

tateimg.jpg

魚体がデカかったです。

  54cm・2560捕獲です!!

saize_201604011954421fc.jpg

プリスポーンダイナマイト!

お昼休憩後。さらに、寒く、東風で白波ざぶんざぶん。

それから、いろいろなフィッシングパターンを織り交ぜてみるも、やるエリアが限られる。
それでも丁寧に流していくと・・・・・バイトはない。夕マズメもイケそうでしたが、本日はこれで終了。

12938147_949840341805937_331798998888379053_n.jpg

本日は、いつものロッド・ロードランナーストラクチャーシリーズと併用してヴォイスシリーズも。
細かいシェイキングリズムでミノーを操るならストラクチャーシリーズがオススメ。
ロッドの弾性を生かし、だるんだるんでテクニカルリップレスミノーイングするならこちらも!

Rod : ST680MLS-ULFt "Shaking Rhythm"
Rod : 680LS FINESSE SWEEPER(フィネススウィーパー)

basslih.jpg

本日は、バイトチャンスは少なかったですが、一日何度かチャンスありです!
ここのところ、5営業日5ヒットと捕獲率100%だが、今春のワカサギパターンはどこのスポットでヒットするか確立的に本当に分からない。いろいろと試行錯誤してやってみて、やっと、タイミング・リズム・コースなどがあってはじめてプリスポーンダイナマイトに遭遇する。あとは、運次第ではありますが「確実にビッグサイズが出ています!!」ので今のうちに狙っちゃいましょう♪


※月曜日以降、空きございます。ご希望の方はお早目にお問合せ下さいませ。




2016.04.01 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析