shot_over_7_20151124103415218.jpg

水中での可視光線

水中に入る”光”というのは、水面で一旦、屈折して水中に入る。
それぞれ、色の波長が異なり、紫~藍~青~緑~黄~橙~赤という風になっている。
水中では、赤が一番早く、ブラックに近くなり、紫や青は波長が最後まで見えているという話。

もちろん、人間が認識出来る色と、ブラックバスが認識出来る色は違ってくると思う。
これこそ永遠の謎ですが、実際の釣り場におけるカラーチョイスや、
バスが好きな色や、水質に合わせたカラーチョイスなどは、みんながいつもやっている事。
ちょっと分かりにくいのは、ケイムラの光、アワビの光がどういう風に見えているのか?

EXディープクランクの色

さて、ここで、EXディープクランクのカラーリングですが、
個人的に水深4mを超えると、いままでの、シャロー~ディープクランクの色が参考にならない。
つまり、水深5m以上だと、また、今までのレンジと異なった見え方をしていると思っている。
もし、これが本当で、参考になればいいのですが、ディープこそ振動が全て!!
深場はシルエットしかないから「ブラック」だよ。とか言っちゃったりする人もいたりすれば、
すべてのカラーリングの考え方や理論は消滅してしまうけど、実際の経験上で話を進めてみます。

山上湖のオールマイティカラー

 HMワカサギ

SHOTOVER_7_238.jpg

238: ハーフミラーワカサギ

河口湖・山中湖などのハイランドクリアレイク、ワカサギが多い湖で実績のある、このカラー。
これは、絶対的定番色で、水が比較的澄んでいる状況では、私はまずこのカラーをチョイスします。

ただ、春先の強風時や、秋のターンオーバー期など、
水が濁った状況や、光量が少ない(水深が6mを超える)と、ちょっとアピール不足になります。
そんな時や、ちょっと変わったな!?って思った時は迷わず色をシフトチェンジ。


SHOTOVER_7_311.jpg

ホロ・フラッシング ギル系

さて、私が、秋のターンオーバー時期などに信頼のカラーが2種類あります。
ひとつは、ショットオーバー5に代表される、207H: ホログラムフラッシングギル。
そして、ショットオーバー7では、同じくフラッシング重視の311: フラッシングリアルギル。

このカラーリングは、濁った水域などでの、水深4m~5mなどがいい気がします。
さて、もっともっと深いエリア(6~12m)をボトムノックしたい場合などは、次のカラーをチョイス。


水深6m以深での”白”

SHOTOVER_7_230.jpg


秋のターンオーバー時に、深いレンジで有効なのが、ホワイト調がベースのカラーリングです。
ゴースト系・ハーフミラー系では、深場では光量が足りず、ぼやけて見えてしまって
バスがルアーを探しにくい状況でも、色が白ベースの塗りでしっかりしているほど、
深いレンジではしっかりと見えている感じがします。

スポンサーサイト
2015.11.30 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kouyou_201511270804212d8.jpg

晩秋の河口湖で驚異的デカバス釣果!!
 ショットオーバー7の特徴と実績!!!


河口湖に来られるバスフィッシングアングラーなら誰もが夢見る60UPモンスター。
でも、現実はそう甘くなく、特大モンスターを獲る前の目標とも言えるのが50UP。
ただし、必ず、50UP、はたまた、60UPを狙って仕留めるモンスターキラーとなるアイテムも存在するのも確か。



shot_over_7_2015103017054234a.jpg

2015 ニューフィイスクランク

2015年・秋リリース。
夏からのプロトサンプルで、夏場は、まだ40UPやナイスサイズがポロっと釣れていた。

20150907_13.jpg

そして、秋。
晩秋になり、水温低下と共に、バスが徐々にディープに落ちるタイミングで、
デカバスの驚異的捕獲率を誇ったアイテムがノリーズ・ショットオーバー7。

her.jpg



最高到達潜行深度

ショットオーバー7の最大の特徴は、ボディサイズとMAXダイブ7の最高到達潜行深度。
キャスティングゲームでは、4m~8mのレンジをカバーできるディープクランク。
ドラッギングゲームでは、10m~12mレンジも楽勝で、ドラッギングクランクとしてもイケる。


gyotann-.jpg

いままで、ショットオーバー5に頼りがちだった、ディープクランキング。
オーバー5でのニーリングでもなかなか到達しなかった7mレンジを楽勝で攻略出来ます。

もちろん、ショットオーバー5の出番が無くなったわけではございません。
3.5m~5mまでのウィードアウトサイド攻略は、ショットオーバー5が有効。
2.5~3.5mぐらいのロックエリアのピンや、3mウィードアウトサイドはショットオーバー4です。

つまり、ウィードゲームは、ショットオーバー5の出番が多く、
ややミドルレンジの沖のロックエリアなどのピンは、ショットオーバー4でレンジ調整。
さらに、ウルトラディープの溶岩帯エリアの深いウィードなどは、オーバー7の登板です。






nonstickbill_2015112708164017a.jpg

ノンスタックビル

まず、ショットオーバー7をキャスティングゲームで、4m~6mでの使用用途を前提。
極端に言えば、1m~2mで使用すると、あまり意味が無いのがショットオーバー7。

やや深い、ミドルレンジ~ディープレンジでのクランキングが最大のメリットになります。
投げ込めば投げ込むほどに分かるのですが、このオーバー7は圧倒的に根掛かりが少ない。
もちろん、ごくまれに、岩やウィードの塊に刺さってしまう事もありますが、高確率で回収出来ます。

一番のメリットと特徴は、4m~6mのロックエリアをストレス無く引ける。
他のショットオーバーシリーズ同様、リップの角度が計算しつくされているので、
圧倒的に岩をかわし、ゴツゴツとコンタクトしつつも、決して根掛かることなく、引いて行けます。

hollk.jpg

これは、シャープなフックポイントを保護する。という意味も含まれていると思います。

クランクベイトは、リップが根掛かりを回避して、フックが岩に干渉しないのが望ましい。
一日中、投げ倒しても、フックポイントが甘くなっていないのがこのリップの特徴でもあります。



2015.11.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
fuji_201511241021173f4.jpg

2015 秋リリースのオーバー7!

この秋発売してからの驚異的潜行深度と驚異的デカバス率の高いショットオーバー7!!!
その”ショットオーバー7”の河口湖流の使用方法が詳しくノリーズHPにてアップされました。

shot_over_7_20151124103415218.jpg

MAXダイビング 7m XDクランク

ショットオーバー7で狙う、MAXダイビングのキャスティングゲーム!


水深7mのベイトフィッシュの群れ

今回、キーポイントになったのは、ベイトフィッシュの群れと7mのボトムノッキング!!
当日の魚探映像には、ぎっしりとベイトフィッシュとバスらしき影が!

gyotann-.jpg

セクシーシャッドカラー

そして、XDクランクを引く時のコツや、水深別のカラーチョイスも詳しく掲載。
水質がやや濁り、または、風が吹いて水が撹拌されている場合。
かつ、キャスティングのMAXダイビングの6m~7mでの深海でクランキングする場合は、
コントラストがしっかりと出る、ベタ塗り系のカラーリングが個人的にはいいんじゃないかと思います。

sezeyl.jpg

まず、フラッシングを伴わない、ホワイト調のベタ塗りカラーの”セクシーシャッド”
風があって、やや深い水深を狙うには、クランクの振動+ハッキリとした色調がベスト。

bass133.jpg

もちろん、水質が澄んでいたり、ワカサギが付近に群れをなして回遊している場合。
水深4m~6mぐらいまでで風が無い状況などは、HMワカサギもベストカラーですね。

wakasagi.jpg

ちなみに、河口湖のワカサギは、たまにシシャモサイズもいます。
「ショットオーバー7のHMワカサギってデカイんじゃない!?
 そんな、デカワカサギいないよ。」って言われますが、たまにいます。


まあ、クランクの大きさとカラーリングは特に気にしてないのですが、
単純に、河口湖や山中湖・西湖などのクリアレイクでは、このHMワカサギは鉄板で定番色。

YELLOW

・・・あとは、黄色系のノリーズらしいカラーラインナップの色でも釣ってみたいね。
琵琶湖界隈の方々は、チャートリュースとイエローしかクランキングしない人も多いみたいだけど。

yellow.jpg

チャートブラックシャッド(クリア)

まだまだ気になります。このイエローカラー。
ディープウォーターでのイエローカラーは未知数なのでやってみるべし!!ですね。






2015.11.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、ちょっと遅出の9時より中学生1名様と出航しました。
ここんとこの”晩秋の冷え込み”ですが、ちょうどいい感じに水温が下がってきたタイミング!

まずは、遠方よりお越しですので、とりあえずの河口湖の1本をめざして、ぐるっとやってみる。
しかも、いい感じに凪の天気だったので、かなりやりやすい感じのコンディション。
ここぞってスポットでいい感じにバイトが出てくる時期になってきましたね~。

tyuu.jpg

グッドサイズを釣り上げ、いい感じの湖上になってきました。
その後も、バイトは多数あるものの、タックルセッティングがシビアでなかなか難しい。
ただ、この釣り方を延々と繰り返しても、マメが多いので、要所要所で切り替えてモンスター狙い。
14時あがりなので、そのままいろいろな釣り方を試してみるも、
数釣りスポットは、まだまだ釣れそうな感じもするが、そこはさておき、ビッグ狙いもこの時間帯出ずに終了。
2015.11.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
fuji_20151117231303275.jpg

最強のEXディープクランキング!
 ショットオーバー7・ディープ大作戦!!


今日も、EXディープクランキング展開...

bass1_20151117230916e66.jpg

まずは、キロオーバーのグッドサイズをショットオーバー7!

her.jpg

つづいて、51cmのビッグバスが、セクシーシャッドにハーモニカ食い!!

size_.jpg

やばいよ。釣れない釣れない低水温期の晩秋にこのサイズが2本。
もはや、神がかっているような”スーパービッククランク・ショットオーバー7”がヤバイ。






2015.11.17 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10414438_873250226131616_59451002144860303_n_20151116215028b52.jpg

晩秋のデカイの狙い??
 明日のガイドプラとプライベート。


本日は、ちょい遅いの9時から明日のガイドプラとプライベートフィッシングで出航。
あさのうちは、メタルバイブレーション展開と、クランキングの2本立て。
お昼は、いろいろとセッティングを試みるので、午後からは14時過ぎのこれまた遅出スタート。


ここんとこの河口湖は、ワカサギディープが好調で、船団も出来て、タイミングが合わないと結構厳しい。
ただ、このワカサギディープフラットパターンも、超特大モンスターサイズというより、小型中型・外道交じりに50UPが混じる。
本来は、晩秋の巻きモノパターンで、巻いて巻いて巻き切って、一発出ればOKなんですが、いかんせん出ない日が多い。
でも、水温低下しつつあり、季節が進むといきなり特大が釣れれば、モンスターサイズな晩秋の河口湖。


9時過ぎより、ジャカブレードでじゃかじゃかやるも今日は全く反応無し。
今までやっていなかったけど、水温が下がる事で接岸するエリアをショットオーバー5で流すもノー感じ。
本来は、ここで出るはずやねんけど。っていうケースも多いが全く釣れない。

image1_20151114214223f69.jpg

zya.jpg

でも、ここ最近、ジャカブレードでも釣れているんですが、どうも、くじ運、引き運ぽくって狙いずらい。


午後になって、東風が強く事を感じる。東風は、結構厳しい感じでこれはメタルバイブレーションもハマらない。
だいたいバスが晩秋に釣れるスポットや、釣れる釣り方は、ディープフラットに関しては分かる。
でも、本当の巻き時の、晩秋のモンスターが接岸するエリアやスポットは先読みしないと分からない。


PA161341_201511162140540f9.jpg

そして、今年から、NEW・ノリーズ・EXディープクランク、ショットオーバー7の加入でこれがまたいいんです!!
釣れなくても、実際は、なぜか結果的にモンスタークラスが釣れている事も多く、投げ切って、投げまくって、これでもかっ!!
ってほど投げる事で、晩秋にEXディープクランクがいいという良さが分かるんです。

そんな一投一投が楽しいクランキングですが、実際は厳しく、流して打って流して打って流しまくって、それでも雰囲気ゼロ。
おもむろに投げまくっていたら、ウィードに引っ掛かったようなバイト!???
最近よくある、ウィードの塊に当たった時に、実際にウィードをフッキングで拾ってくるので、ほんのわずか、クランクを聞いてみる。
すると、ちょっとのそのそとクランクベイトが横に動くので、フッキングしてみると・・・・・



このちょい遅フックアップが、決まったのかどうかわからいけど、いきなし横に走るようなファイト開始!!
ビッグバイトした後に、クランクベイトをガッツリハーモニカー食いしてるような魚体が見えたが、なんせ、ボートの下が1mと浅い。
やばっ!!デカイ。でも、この食い方だとほぼ絶対にバレないのだが、足元の岩で切られたら最悪や。
そのまま沖まで、引っ張りつつ、いなして無事にランディング成功したら・・・・・頭が超デカイ、モンスタークラス。

12243344_873250239464948_7497911667048412070_n_20151116215116129.jpg

結構、デカイ。
モンスタークラスではあるが、ここのところのサイズ感覚無しで、50後半ぐらいかな~!?

そう、思ったんですが、実際、計測してみると・・・

60tate800_edited-1450.jpg

頭がデッカイ、ウルトラマグナムなサイズは、61cm
今が好機!!晩秋のエクストラディープクランキングでロクマルモンスター降臨!!!

 ちなみに、別々のメジャーで2回計測しましたwww


over7yoko.jpg

今回は、少し、水が澄んだ気もして!? 閃きでハーフミラーワカサギ!!


大好評により、ショットオーバー7・売り切れ続出のようです!!
なかなか売っていないようですが、まだ、在庫ありのショップさんもありますので、この機会にぜひ!!



博多・ハニースポット

ハニースポット

※上の”オンラインショップ”のバナーから、通販サイトへ。
 検索ワード「ショットオーバー」で検索するとすぐに出てくると思います。



琵琶湖・セブンパームス

セブンパームス

※Web Shop → 左の欄 ”ルアー” → ”マルキュー/エコギア” でノリーズ製品を検索出来ると思います。


関東では、売り切れ続出ですが、関西などでは、まだまだ在庫あるようですね!
この好機を逃さないようにするには、ぜひ、ショットオーバー7を持って、晩秋の湖に出掛けてみましょう

また、ダイラッカも、色によって在庫ありなので、お探しの方はぜひ!!
いつ、タックルボックスに在庫があってもOK!!
ビッグフィッシュを連れてきてくれるルアーなんで、お店にあるうちにお買い求めいただければと思います。





rod_20151116220427a4e.jpg

EXディープクランキング講座!!

釣れても釣れなくても、晩秋に巻くことで、いきなりの特大フィッシュが出る事があります。
タカヒロ足立的には、今まで誰もやったことが無いような、モンスターハントが出来るような技を実際にレクチャーいたします。
ビッグミノー・ビッグスプーン・ビッグベイト・EXディープクランク・ヘビーパンチング。
ちょっと時代が早すぎて、誰もやっていない境地で、少ない確率ですがより、モンスターサイズを獲れる技を実践します。

まだ、EXディープクランキングは、未開拓の分野でもありますので、
個人的なレンタルタックルなどありますので、ご希望の方は、ぜひ、そちらも使用して体感してみて下さい!!
EXディープクランキングは、実は、結構シビアなセッティングですので、ぜひ、参考までに!!



20151108_12_edited-1.jpg

EXディープクランキング講座、マスターされた方は、確実にビッグフィッシュ!!
ぜひ、体感してみて下さい。また、11月の河口湖晩秋シリーズも募集中ですので宜しくお願いします。

金曜日以降、空きがございます。
ご希望の方は、ぜひ、お早目に!!釣れているうちが、チャンスです!!


2015.11.16 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



雨が降ったり、夏みたいに晴れたり。

目まぐるしく変化する晩秋です。

-?- 来週は、月曜日、金曜日以降に空きございます。
三連休も空き日ですので、ご希望の方は、是非、お問い合わせよろしくお願いします。
ちょうど、越冬エリアも炸裂しそうで、バスフィッシングシーズン・ラストには、かなり楽しみです。
2015.11.15 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kouyou.jpg

紅葉

本日は、晩秋の降りしきる雨の中、出航しました。
11月の冷え込みの雨ですが、結構、低気圧・高活性となり、いい感じと期待!!

11月の雨で人は少ないかと思いきや、入れ替わり立ち代りのハイプレッシャー。
ここんとこの情報開示やボートポジションで釣れる場所がかなり絞られてしまう展開。

それでも、まあ、なんとか、いろいろと条件が揃えば釣れてくるのですが、
肝心のスーパービッグバスはベイトフィッシュと共に低気圧でやや浮き気味の様子。
一発、ミドルレンジのちょい上ぐらいで、ショットオーバー7に激バイト!???
っぽいのもありましたが、なぜか、乗らずに、流した後、フィネスで釣れている様子。
獲ろうと思えば獲れそうな感じもするんですが、今の釣り方にこだわって逆に難しい。

image1_20151114214223f69.jpg

途中、ポコポコっとHitですが、サイズが伸びない・・・
ここ最近は、ワカサギシューティングゲームメインで、メタルバイブレーション展開!!

image4.jpg

ゲストさんにもまあまあフィッシュが釣れました~。
ですが、これでは、朝夕のマズメ時以外はサイズが伸びない可能性が高いので次の展開へ。

日中は、ウィードフィッシング、スピナーベイト、クランクベイト、ラバージグも織り交ぜるもノー感じ。
もうちょっといろいろなエリアで反応があれば、面白い展開になったと思いますが、ちょこっと釣れて終了。


zya.jpg

ジャカブレード 12g・16g

ここんとこ、ジャカブレードよく釣れてます。
新カラーを含めての12g・16gが、近日リリースされまして、好評発売中となりました。
12g・16gは、ベイトフィネス系のタックルでイケちゃいます。16g = 1/2oz以上ですからね。

zya2.jpg

写真は、9gのジャカブレードですが、9gは、あえてスピニングがオススメ!
9gのベストセッティングは、2500番リール&PE0.8号のセッティングがいいですね。
ジャカ独特の短いストロークでも最大の振動を感じられるほどハイピッチですが、
それでも、ややストロークが長く取れる6.4ft~6.6ftぐらいのLぐらいのスピニングがいいですね。
2015.11.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



安心して下さい。

ノリーズのメタルブレード、釣れてます。
2015.11.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
11月中旬から下旬までのタックルインフォメーション

撃ち系 ラバージグ

・ST680MH フットボール・ラバージグタックル フロロ12~14lb
(6.6ft~7ftまでの、MHパワーのジグロッドでもOK)

・ST730JH パンチングタックル フロロ20lb ハイギアリール 7以上


巻きモノ

・760M ショットオーバー4and5&スピナーベイト 1/2~3/4oz フロロ14lb 5.8~6.2ギア
 (7フィート以上のクランキングロングロッドでもOK)

・6100H ショットオーバー7 フロロ16lb 5.8~6.2ギア
 (7フィート~8フィートぐらいまでの、Rテーパー、MH~HロッドでもOK)


ビッグスプーン

・6100H または、OR680XH ダイラッカタックル フロロ20lb ハイギアリール
2015.11.12 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
tg_jakablade_20151112211201104.jpg

ここんとこ”EXディープクランキング縛り”かってほど、巻きまくりました。
もちろん、1ozのヘビースローロールのパワーロールも巻きまくり。
そうそう。クランキング&スピナーベイトの巻き展開で、あまりやらなかったメタルベイツ。
もちろん、ビッグフィッシュオンリー狙いの、マグナム&ビッグスプーンはやってましたが。
そういったわけで、ノリーズも今季・ジャカブレードが再リリースで期待ですね!!

巷では、今年はディープフラットのワカサギに付く、フィッシュイーターを釣りながらの、
バスも狙った感じの、メタルクローザなどのメタルバイブレーションが有効のようで。
そういった流れで、いよいよ、ここんとこ品薄だったジャカをディープに投入です!!

tg_261.jpg

新カラーとして、鶴克先輩のちょいエロな感じのカラーもありますね。

243.jpg

ダイラッカでクラウンカラーの有効性で、流行なのか!?
タダマキ132にも、ジャカブレードにも採用されたメタルクラウンにも期待ですね!!

2015.11.12 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよノリーズHPのトピックスのロールアップでも公表されたとおり、
タダマキ112&132が新色を含め、新発売されそうな予感がしますね。


まず、本当に期待するカラーリングです!!

112_297_20151110231824a79.jpg

ダイラッカのパープルワカサギに代表されるように、パープルの色調を上部で止め、
ボディが銀色とややホワイト調のグッドカラーリングとなっております。期待大ですね!!

322.jpg

つぎに、モロコ。モロコは河口湖の代表的なベイトフィッシュです。
まだ、実物・新製品を見た事ないですが、いろいろあんなこんなを期待しましょう。

霞ヶ浦水系!? 南風ワカサギパターン

323.jpg

324.jpg

今年の新色で、おやっ!? っと思ったのが、新色のアンバサカラー。
どういう経緯でこのカラーリングが追加になったのかは、分かりませんが、
個人的なイメージや妄想を膨らませると、早春の霞ヶ浦水系の風のワカサギパターン。
ちょうど、2015年は当たり年だったようで、皆さん、一斉にビッグミノーを投げていたとか。
マッディウォーターですので、白っぽい色が良く、かつ、大き目ボディのホワイトが、
やや水の濁りで打消しで、ちょうどいい感じにバスにワカサギのマッチザベイトとして見ていたのではないでしょうか?
そういった意味でも、この”アンバサ”カラーに期待してみは!?


タダマキ132 神推しカラー!!

今年の春からのタダマキ132のジャークベイトゲームですが、
実に公表した通りイチ推しカラーでも【神推し、激推し、推し】カラーの格付けが順々に存在します。

ちなみに・・・カラーリングの順位は、釣れた時の印象度によるもので、
例えば、バイトがガッツリ深かったとか、毎回50UPばかり釣れてくるとか。
ビッグバスが釣れれば釣れるほど、より「神カラー」へ近く、推しカラーは昇格します。
そして、いきなりロクマルが釣れた!とかのサプライズがあれば、
推し変で、いきなり、私の中のカラーリングに対する順位が変わってしまうこともあります。

そんなこんなでおさらになってしましたが!

神推し! オーロラゴースト!!

217_201511102300153df.jpg

tadamaki132_55_2015111023060820d.jpg

tadamaki132orola_20151110230609794.jpg



激推し! ハーフミラーワカサギ!

238_20151110230017ea9.jpg

P4270191450_20151110230910759.jpg

P4270166s_201511102309127c6.jpg


推しカラー! ライトニングハス

240_2015111023095781b.jpg

20150324_19450_201511102315040f5.jpg

20150324_11_20150324214019dee_201511102315050c2.jpg

実は、ライトニングハス人気も強くて、このカラーリングもハーフミラー同様に釣れますね!





2015.11.10 Tue l タダマキ132 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久ぶりです。本日は、高橋名人おやこさんと出航しました。
朝から降りしきる晩秋の冷たい雨でしたが、ビッグバス狙いで、いい一日になりそ~。
・・・と、思ったのですが、まずは、安全第一で確実にバスをキャッチする方向で。

20151108_06.jpg

ベイトフィネスタックルで、ポコポコと1時間半ぐらい釣った後に、ビッグバス狙いへシフト!!

20151108_08_201511082142045a3.jpg

いろいろやってみて、ウィードエリアのパワーフィッシングで1発!!

その後は、スピナーベイトでナイスネイティブバスが釣れて終了となりました。

その後、その後、実は、先日、EXディープクランキングの座談会だったお客様が!!
2015.11.08 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
さてさて。
本日、コナミオープントーナメントに参加されていた方から写真を頂きました!!

ショットオーバー7!!

20151108_12_edited-1.jpg

ショットオーバー7、EXディープクランキングゲームにて、55cm/2800gオーバーを含め優勝!!
いや~、ここんところの、鬼のエキストラディープクランキングゲーム熱いっすね!!!
2015.11.08 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここんとこ、絶好調のExディープクランク・ショットオーバー7!
新製品という事もあり、かなりの好評の売れ行きと、晩秋に炸裂中ということで、
かなりリアルタイムに売れている”旬のクランク”になり、ほとんど買えません。。。

xdクランク

実は、数年前から、かなり、アメリカンXDクランクを晩秋に投げまくっていましたが・・・
ラッキーUSA・ストライクキング・シックスセンスルアーなどなどのXDビッグクランク。
もちろん、SKT-Magもありますが・・・マンズと合わせてこちらは、引き抵抗が無理っす。

そんなわけで、USクランクベイトに非常にお世話になったのが、九州のロケットさん!

ROCKET Blog 小さな釣具屋の日々

ウェブショップも開設されており、かなりセンスのいい品揃えとなっておりますね。

yuuhi_20151102151937abd.jpg

そんなこんなで月日は流れ、2015年・夏からオーバー7のプロトからはじまり秋にリリース。
ここからが、本題で、ショットオーバー7が最強なのと、国内産のメリットなどなど。

koukaku.jpg

実は、この晩秋、ショットオーバー7、ガンガン釣れておりまして、これは口角皮一枚で獲れたナイスバス!!
これが意味するものとは。。。



標準・シャープフック!

まずは、US製品における、デメリットというか、ルアーの作りで甘い点。

・フックポイントが鈍い

US製品いろいろありますが、ほぼ全てのルアーを個人的に国内針メーカーのフックに交換しています。

hook.jpg

もちろん、私はノリーズ純正オリジナルフック・ブラックパフォーマンスを使用しておりますが、
微妙なフックサイズや、もうちょっと太軸・細軸でのセッティングを試みるときなど、
0.0数g単位でルアーセッティングする場合など(ルアーの浮力やサスペンド調整を意図的に交換)
に関しては、ガマカツさん(トレブルRBの軸の太さなど)やリューギフックなども使用します。

そこで・・・!

標準・シャープフック!

hollk.jpg

このショットオーバー7が優れるところ・・・というか、国内ファクトリーの当たり前のことですが、
日本仕様のルアーは、ほぼ全て、フックポイントが鋭く、標準でフックの出来栄えが素晴らしい。
ちょっと高い金額で買うルアーですから、もちろん、最初から最強仕様の方がいいに決まっています!

ちなみに、ショットオーバー7の純正交換フックは、ブラックパフォーマンス♯1
ダイラッカ用のブラックパフォーマンス♯1wihtティンセルのティンセルを外して交換。



クリアボディ & HM効果

color.jpg

そして、クリアボディならではの、ゴースト感もカラーリングで出せています。
もちろん、ハーフミラー仕様も出来て、いままでのマット感やホワイト単調が多い、USクランクより、もうちょっとカラーバリエーションが豊富で、まさしく、国内標準仕様のクランクベイトと言っていいでしょう。

まあ、そのほか、いろいろ最強な部分はたくさんありますが・・・・・
ぜひ、この晩秋、水温が下がり切ってしまう前に、張り切ってディープクランキングを体感してみては!?


ちなみに、いろいろなお客さんから、店頭で完売しているんですけど・・・
と、言われ、血眼になって探しているお客さんが多い、ショットオーバー7ですが。

セブンパームス webショップ

カテゴリー検索 → ルアー → マルキユー/エコギア → (ショットオーバー7やダイラッカ)


隠れた関西のウェブショップですが(店舗は琵琶湖界隈ではメジャー)
結構、関東ではほとんど、完売御礼状態ですがなぜか、セブンパームス・ウェブショップには在庫あり!
オーバー7やダイラッカをお求めの方は、ぜひ、一緒に購入してみてはいかがでしょう!?
2015.11.05 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここ最近、ノリーズブランドでは、秋に新製品ラッシュとなってしまい、
いろいろと試行錯誤でバラバラになってしまった、タックルセッティングを一から構築。

こうやって、一つ一つのルアーを、目的に合わせた究極の極意とも呼べる使い方に合わせて、
より快適、より繊細、よりビッグフィッシュを誘えるやり方をセッティングを決める事っと本当に重要。
ロッド・リール・ライン・ルアーのバランスで快適さやバラシ率など全て決まってしまうので案外と難しい。

さて、秋の新製品ラッシュですが、私がきになっているセッティングは、プロトルアーも含めて3種類。
かと言え、3種類と言えど、すでに、3年前から完売御礼で発売中のルアーもありますが。

・ショットオーバー7

・ダイラッカ

・パワーロール


Shot Over 7

ショットオーバー7ですが、結構、ここ数年で、アメリカン製品のXDクランクを投げまくっており、
それなりに結果も出ており、それらと比較したり、色々セッティングを煮詰めてみたりしました。

or7_edited-1.jpg

詳しい事は、今回、ノリーズプロスタッフインフォメーションに公開されましたので参考までに。

ショットオーバー5&7で狙う、エクストラディープクランキング講座!



ダイラッカですが、新しく、LTTブランドの発足と共に、LTT6100が発売されましたね。
これは、これで、ロッドの軽量化により、リールもちょっと変更してみたりもしてました。

Power roll

さて、来春頃!? 今、プロトサンプルで一番熱いのが”パワーロール”です。
昨日も、ちゃっかり1本、パワーロール1ozでグッドサイズを釣る事が出来ました。

power loll

通常、私は、トレーラーフック付ける派(ヘッドがホログラム効果の為)なんですが、
まだまだプロトサンプルの為、ノーマルのままでしたが、ガッチリフロントにフックアップ!!

powreloll57.jpg

そうそう・・・・・中国エリアの田中大介パイセンが、強烈にデカイバスを釣っておりました。
パワーロール 3/4oz だそうです。カラーはプロトですが、おそらく、パールブルーシャッド (S/S)

12205082_768098673335980_1074599922_n.jpg

魚に優しい田中パイセンは、さっと計って、さっと撮影してリリース。
一応、正式に計ってみると、55オーバーの57cmのモンスターサイズだったそうです!!

スピナーベイトと言えば、ミノー・シャッド・クランクなどと並べても、王道のルアーです。
王道のルアーでこそ、いろいろと難しいのですが、あっさりプロトでも結果が出てしまう。
結構、あっさりデカバスが釣れる!という事が重要なんです。
投げて、巻いて、すぐ結果が出るという事は、本当にちょっと投げても釣れるルアー。
まだまだ未知数な部分はありますが、ぜひ、河口湖でもモンスターサイズの結果を出してみたいですね。


*告知*

11月、バスフィッシングシーズン・ラストスパート募集中!!
4日、5、6、7、8日と空きがございます。
次週、9、10、11、12、13日空きがございます。(土曜日は予約済み)


寒い早朝は、ちょっと苦手な方に、オススメプランもございます。

通常コース (7時~16時まで)    1名様 27000円 2名様 30000円
半日コース (実釣5時間 ~16時まで)1名様 22000円 2名様 28000円
遅出早上がりコース(9時~15時まで)1名様 24000円 2名様 28000円
朝のみ遅出コース (9時~16時まで)1名様 25000円 2名様 28000円

2015.11.02 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


本日は、リピーターのお客様1名様と出航しました。
フィネスフィッシングもここ最近、取り入れたりもしたりしなかったりですが、
本日は”パワーフィッシングでビッグバス狙い”ということで、ベイトタックル2本で攻め込んでみる。


モーニングバイトが無く、そのまま日中になっても、寒暖の差で暖かくなってもバイトなしっ!
そのまま・・・なぜか、本日はボートフィッシング、岸釣りも多く、
レジャーボートも11月の激寒なのになんで!?っていうぐらい走っており、観光船も多い。

そのままハイプレッシャーになってしまうも、夕方にはさすがに、静かになってさぁランガン!
そして・・・・・只今、プロトサンプルで投げ込んでいる”パワーロール 1oz”でついにヒット!!

power loll

グッドサイズがガッチリと掛かりましたね!!

yuuhi_20151102151937abd.jpg

そのままタイムアップ寸前まで粘ってみるも、それからはバイトが無く終了。

2015.11.01 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析