選択肢の多い春

ここ最近、めまぐるしく変化している春のバスフィッシングシーズン。
3月中旬、イチ早く、春の爆風クランキングに気付き、モンスターバスが登場!!
そして、ここにきて、なぜか、まわりでもクランクを投げている人を良く見かける。

bassmouth_201503221836459d5.jpg

いや~流行っていいですよね~。
それでも、ちょっと時期がズレると、第二陣が釣れどんどんレンジアップしないと、
ちょっとずつサイズダウンするので、その読みのタイミングが本当に難しい。

20150324_32_edited-1450_20150325222544542.jpg

なんか、このパターン終わったかな~。
なんて思ったら、今度は、賢く水温や気候に敏感なフロリダ系も追わないといけないし。

20150324_11_20150324214019dee.jpg

そして、ジャークベイトゲームがハマりつつありそうで決定的にハマらない・・・・・
ジャークベイトがハマるレンジに必ずバスは居るはずなのだが、
ハイプレッシャー過ぎるのか、あまりこのレンジのバスの反応が悪い気がする。
それは、ビッグマーマーも、40前後のオスも同じく、今年はジャークベイトがスパイス的?



そうこうしているうちに”スーパーサブ”の登場により、
どんどん春めいてきて、いろいろなパターンがありすぎてタックルが多くなる。


遅れてきたスーパーサブ!

20150328_10450.jpg

そう、スーパーサブはラバジゲーム!


20150328_12cpp_edited-2.jpg


Rod : ROAD RUNNER "STRUCTURE" ST680MH "MID COVER TEXAS"
Reel : メタニウムMgDC 6.2ギア
Line : フロロカーボン 14lb


湖上の出来事ですが。ほんの雑談なんですが。
いろいろと、ちょっとした話を聞くと、今年のベイトフィッシュの種類が分かる。

実は、ワカサギがいたり、モロコがいたり、シラウオがどっさりいたり。
つまり、春のラバージグゲームが成立するということは・・・・・・・・・


ただ、本当に春は難しく、タイミングはほんの一日の中で一瞬。
その一瞬と季節感を先取りして捉えることで、限りなくモンスターサイズを仕留めることが出来る。
つぎは・・・・・あれでしょう。あれ。去年も4月中旬頃からよくなってきたパターン。


ただ、かなり無理がある。

ただし、イチ早く季節を先取りしないと・・・・いいパターンで釣れないんですわ。







スポンサーサイト
2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ST680MH "MID COVER TEXAS"

春のラバジゲーム・ジグマスターを語る上で必要なのが、タックルシステム。
これは、春のみならず、アフター時期までずっと使えるのが特徴です。
夏場は夏場で、ややウィードをカットしやすい、ちょっとパワーのあるロッドもいいでしょう。
とにかく、春とアフター期は、ST680MH を使用して、秋の湧き水・ハードボトム系もST680MH

今回、おそらく、水温上昇で、湖で、おっちゃんと話しているととあるベイトがいると。
まあ、これは、後になって明かすとして、そのベイトがすでにシャローに差していると、
このラバージグパターンが有効になってくるのです。
必然的に、厳冬期の冬を迎えた後の春はウィードが無く、シャローカバーがメイン。
そのなかでも、”とあるベイト”が付きやすく、差してきやすいカバーを撃つのがラバジゲーム。
まさに、ミッドカバーテキサス。ジグ&テキサスに最も適しているのが、ST680MH。


20150328_10450.jpg

Rod : ROAD RUNNER "STRUCTURE" ST680MH "MID COVER TEXAS"
Reel : メタニウムMgDC 6.2ギア
Line : フロロカーボン 14lb
Lure : Fine Rubber JIG 1/2oz + ビッグダディ

春ならではの、気難しいプリスポーナーを仕留めるには、気難しさを利用した釣り方が有効的。
今回は、昔ながらのファインラバーを使用して、ボリュームデカめで攻めてみました。


structure_20150403213232b57.jpg

ロードランナー ストラクチャー
 ST680MH MID COVER TEXAS


ど定番のノリーズのジグロッドのストラクチャーシリーズの680MH。
もう説明不要ですが、ボトム感知能力や、高機能ガイドシステムでしっかりとフッキング出来ます。

zidori_20141225220708289.jpg

昨年の12月のリザーバーでも、フットボールジグテクニックで50サイズを3発!!
もちろん、アーキーヘッドのカバー打ちにも使用出来て、ジグ&テキサスでは一番バランスがいい。


ST720H バルキーベイツ

yamaguchi.jpeg

夏場のウィードの壁打ちなど、もう少しパワー強めなら、ST-720をチョイス。
あと、ST-720Hは、ダイラッカなどのヘビーなメタルジグベイツにも使用できます。
これもテレスコピックシステム搭載のバットパワーが生かせるセッティングですね。


ST670H and ST700H

ちなみに、ST-680MHと近いのがST-670Hで、こちらは、ややパワーアップバージョン。
ST-700Hになると、ST-680MHより大味でトルクフルに仕上がっておりまして、
どちらかと言えば、700Hは、ボトム感知能力より、カバーぶっこ抜き性能、
ウィードのカッティングパワーを秘めた感じに仕上がっておりますね。



そんなわけで、少し話がそれてしまいましたが、
ラバージグ&テキサス 1/2ozベース での使用なら、間違いなくST680MH。
確実にバスを引き連れてくれて、いい結果が出る、いいジグロッドに出来上がっております。
とにかく、ジグ&テキサスのバランスの良さは、ST680MHがオススメで~す。




2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
しばし大会です。

何も更新が無いと、おもしろくないので。

・・・・・というか、一日一日、精一杯、「必ず何か行動的に!」やりたいので。

一日一善、出来るだけ、一日一記事やってみたいですね。


新商品の発売から少し時間が経過しましたが、経過してこそ結果も出てくる。


nories/ecogear movie
 人気のアップロード ・ コマーシャル


伊藤巧プロのYouTubeをご覧下さい!!



ハイスピード・フィネス

ST620MLS-Ft "HIGH SPEED FINESSE"- Spinning Model -

main_201504042003172c4.jpg

1/16oz.前後のジグヘッドやスプリットショット、ダウンショット、ノーシンカーリグに対応する汎用性を持ち、ボートゲームだけでなくオカッパリでも威力を発揮するアイテム。食い込みを求めたカーボンソリッドティップながら、リグをミリ単位で動かす操作性と、シンカースタックを起こさない絶妙なハリを持たせたティップセクション。チューブラー部分はST630MLS-ULFtよりもベリーからトルクのあるファストテーパーで、ついばむようなバイトを一瞬で掛けていくことが可能。「待ち」になりがちなフィネスを攻撃的に、ハイスピードにこなせる至高の一本です。


早速、各地からハイスピード・フィネス釣果が!

tanaka_edited-1.jpg

Easy Action! 田中大介プロのブログ


早速、中国エリアの田中パイセンもネコリグでガッチリ釣ってましたね!!




あー!

ネコリグやりたいなあー!!




ちょっと、ハッスンとか、ラッテリーとかに憧れるのでした!!



河口湖は、ハードベイトandジグ・オンリーだからね。。。




2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月18日からの早春ビッグバス情報になります。
今年の春は、いかにリアルタイムに動く事が重要で、なかなか厳しいという中、
出航すれば、7割ぐらいの確率で釣れて、ほとんどが、50オーバーのプリスポーンダイナマイト!!

4545bigbass.jpg

春一発目のスーパービッグは57cm!

P3191187.jpg

同日、ビッグバス53cm現る!!


P3210932.jpg

もうちょっとシャローが良くなってきた感すると、アイウェーバーフィッシュ!!

P3221210.jpg

モーニングフィッシュも頂きました。

53cmのアイウェーバーフィッシュ!!


20150324_28_201503252219486f5.jpg

オープニングから少し経った週明けの月曜日は、
超・人も少なく、超・釣れそうでしたが、こういった日に当たらないんですよね。
週明けから風も吹いており、晴れ間もあって日照で確実に差してきて釣れるんですけど。
そして、やっぱり超・人が少なかった火曜日は、ビッグ2発アタリ、両魚とも50UPの好釣果。


20150324_19450.jpg

どデカイのが、ジャークベイトで!!

毎年恒例のタダマキモンスター炸裂!!!

20150324_41450.jpg

誰もやらない、爆風ディープクランキングも!

春のスパイス・ショットオーバー4!!


20150328_10450.jpg

春のジグハンター

ジグハンターフィッシュ・ダイナマイト!!


P4021230_edited-1.jpg

超ウルトラS級テクニック!!

〇〇〇〇〇〇フィッシュ!!!



P3221198.jpg


連日、いろいろなエリアをまわって、前日にバスが居ないスポットも、
当日の午後になるとわんさかバスが入ってきたり、やはり、このシーズンは潮汐も含めて、
低気圧・風・ベイトフィッシュののっこみなど、いろいろなファクターが重要となっている。

20150324_29_20150325222327ff4.jpg

そして、やっぱりプリスポーン季節先取りして、フレッシュな個体を目指して、
いろいろなエリアを感で巡って、あらゆる釣り方でアジャストしないと釣果は生まれない感じでした。


もちろん、ベイトフィッシュが全てでは無く、ベイトが入っていなくても、釣れる釣り方もあります。
それは、この時期特有の威嚇系バイトを誘うのですが、それが成功すればビッグパパですが釣れますw


20150324_32_edited-1450_20150325222544542.jpg

基本的には、スーパープリスポーンダイナマイトを目標にしていますが!!
例年通り、風が強い日も多く、そういう日には、普段、誰もやらないクランキングが重要ですね。

20150324_11_20150324214019dee.jpg


もちろん、攻めのジャークベイト千本ノックもしてビッグフィッシュを狙います。
ようやく、シャローエリアでのジャークベイトも好調になってきており、いよいよシーズン到来!!


実は、メインタックルにアイウェーバーをチョイスして、浮けば簡単な日。
ただ、浮かない日やフレッシュな個体をスピーディーに釣る場合は、ジャークベイト。
強風時はクランキングマスターと化して、時折、ビッグベイトも混ぜる展開です。
これから、さらにクリアウォーターで深くなると・・・・・スーパーサブでラバージグも登場します。
全5セットぐらいで、春中盤戦のプリスポーンダイナマイトゲームを展開いたします。
平日は割とハードベイトゲームが成立する感じでもあると思います。ご応募お待ちいたしております。





2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



3月中旬からのオープニングで、もう、4月になりますね。
いよいよ、ジャークベイト、クランクベイトの出番も増えて春本番ですね!!
お陰様で、オープニングから、まずまずのスタートダッシュといったところ。

tadamaki132right.jpg shotover4.jpg


今年のアベレージは、なぜか良く、プリスポーンダイナマイトのビッグマーマーさんだと55cm前後。

zyoi178.jpg iwaver.jpg

ビッグパパさんだと、52cm前後で、いい感じに釣れてましたね。
でもね...なぜか、40前後のアベレージパパがあんまし釣れない。
モンスターサイズを意識的に求めてるパターンでもあるけれど、もう少し数が釣れてくれればなあ。

P4021230_edited-1220.jpg 20150328_10450220.jpg



それでも、連日、もう2丁の50UPを追加セリ!!!
釣れれば50UP率が高く、2キロオーバー、3キロフィッシュも登場!!
ほんまは、65オーバーの6キロオーバーを密かに狙っているんやけどね。

春一発目の賑わいも終わり、週末のみ人が多い河口湖。
3月中旬の人の出始めと比べ、3月下旬は、平日はグッと人が少ないですね。
平日は、ガンガン、フレッシュな魚が上がってきてモンスターチャンス到来!




春バス難しい。
なかなか春に釣ったことが無い方。
春バスの行動パターンを読み解く攻略法や、春の大物パターンを湖上でご案内。

ぜひ、人が少ない時期はチャンスですので、ご応募下さいませ。




※春のバスフィッシングシーズン! まだまだ空席あります。
4月の河口湖ガイド、5月河口湖ガイド募集中です!!
大潮初日や週末など、人気の日などは、お早めにお問い合わせ下さいませ。

2015.03.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_a578fd61.jpg

スーパーサブの登場!

春のバスフィッシングパターンも中盤を迎え、少しづつ差しきった感のある今日この頃。
加えて、春の週末のハイプレッシャーで、なんとかしのがないとバスの姿すら見えない。
いや、たくさんバスはいるのだが、奇妙で微妙な動きをしているのを昨日から見つけ、
それに、アジャスト出来るかどうか?そして、船団へ加わるか否か?ここが分かれ道。

基本メインパターン

基本通りの、ジャークベイト(タダマキ132)クランキング(ショットオーバーシリーズ)、
本日三番手になってしまったアイウェーバー、スパイスのジョイクロ、そして、スーパーサブをも投入して展開。実は、もう一つ、スーパーサブがあるんですわ。でも、まだ結果が出ていない分野でどうかなぁ~。

・アイウェーバー
・タダマキ132
・ショットオーバー4&5
・ジョインテッドクロー178


全くと言っていいほど、たぶんいるだろうけどなかなか反応しないバスが多い感じ。
だけど、色々やってみると、ふとした私のメインタックルで無いスーパーサブに消える魔球。


春バス、ジグハンターの極意

そう、スーパーサブは、ラバージグゲーム・ジグハンターなんです。

20150328_10450.jpg

ドカン! と、 55cm、2825g
 ビッグプリスポーンダイナマイト登場!!


一瞬、何をやっているのか分からないような、消える魔球のようなバイト。
その消えたリズムを、ヘラに当たったような違和感を一瞬でも逃さないように、
フルフッキングすると、登場しちゃったよビッグマーマー!!


20150328_12cpp_edited-2.jpg



午後の北西風の巻き

午後は、いい感じに北西風も吹いてさぁやるぞ。
そんな感じのノリだったのですが、正午頃になるとボートもショアもいっぱいで打つとこ無し。
結局、本日は、船中、このスーパープリスポーン・2800オーバー1本で終了。

もうちょっと、キャスティングコースとか、巻きのリズムとか、いろいろありますが、
釣れる日は簡単に釣れちゃうんで、そういう意味でもなかった気がする。
ただ、一日の流れの中で、ルアーコントロールで獲れる消えるビッグバイトもあるかも。
これこそ、ちょっと難しい日に当たってしまった日でも釣れるか否かの一日の流れ。


20150328_081120.jpg

超エエサイズのバスやったけどなぁ。これをガイドゲストさんが引いてくれれば。
まあ、今年の春はなかなか釣れないという噂もあるようですが、船中釣れる率はまあまあ。
自分自身、とにかく引かないように心がけてはいるものの・・・・・まあそんな感じです。


春爛漫、天候が穏やかな日が多くなってきました。
引き続き、4月・5月も合わせて、春のバスフィッシングシーズン募集中です。気候のいいこの時期は、楽しめます。宜しくお願いいたします。








2015.03.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_e673f7ab.jpg

ポカポカ陽気

本日は、お久しぶり!のお客様1名様と出航しました。
いつもと変わらない3月・春のお天気で、朝は氷点下で霜が降りるほど。
日中はポカポカ陽気で、お決まりの北西風も吹いていい感じの春爛漫。


タダマキ132フィッシュ!

あさイチは、浮いてこないかな~。なんて期待して、アイウェーバーフィッシュを探すもノー感じ。
そのまま、風が吹いていないけどクレイジークランキングをするもノー感じ。
そのまま、ジャークベイト千本ノックへ出掛けると、朝2ぐらいでタダマキフィッシュ炸裂!!

20150327_02.jpg

ナイスサイズですね!!

そこから、日中、ポカポカ陽気で表水温も10℃を超え、ガンガン差してくる。
かなりのスーパービッグフィッシュがうろうろしていて、釣れそうなバスにアプローチ。
1時間半ぐらいかけて、いろいろとやってみましたが、
アイウェーバーに、もうちょっとの寸止めばかりで、はがゆい感じでお昼休憩。


午後からは風も吹いてきたので、新しく差してきそうなエリアを探るもノー感じ。
要所要所にビッグバスはいるものの、なんだか今日は反応が悪くて終了。

途中、爆風系になったので、もうちょっとガツンといって欲しかったのですが。
ここのところ、釣れる日と釣れない日が激しい。
つまり、新しいプリスポーンダイナマイトが入ってきてるとOKだし、
新しく入ってきてないと、なかなか釣るのが難しい傾向にあるのかなぁ~。
ただ、ポークの切り身サイトをすれば、釣れているような感じはあるみたいです。








2015.03.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
bass3_140430.jpg

東京都内、四国、甲府などではすでに桜の開花で春めいてきておいりますね。
まだ、河口湖は・・・ゴールデンウィーク前後が桜の開花予報なのであと1ヶ月ちょっと。
まっ!あくまで春っぽいイメージ写真でした。そんなわけで早春のクランキング紹介。

早春のクランキング

3月中旬から4月中旬頃まで有効なのが、早春のクランキング。

晩秋のクランキング

一気に季節が進んで10月下旬頃より復活するのが晩秋クランキング。
つまり、春と秋に出番があるのがクランキングですので、ディープクランクは必需品。


早春・爆風クレイジークランキング

早春の爆風クランキングは、風が強い日や濁りが入ったタイミングなどがキー。
そして・・・・・あまりみなさんがやらないようなので、ここのへんも意外と盲点でキー。

moblog_fde0ac76.jpg

ショットオーバーシリーズの使い分け

実は、私自身も春は、ほとんど3m以内をジャークベイトの使用が多く全く使っておりませんでした。
いろいろな方のお話によると、他のプロガイドの人もほとんど使用する人もおらず、
トーナメンターは基本シラウオポークフィネス、一般アングラーに関してもまず投げているところを見たことがない。

もちろん、動きの大きいクランクベイトのようなルアーが、クリアウォーターで効くはずがない。
私も数年前まではそうでしたが、意外と、春の爆風時と、秋のターン期のウィードアウトサイドで効くんです。


そして、ここ数年で、このショットオーバーシリーズが最強に釣れることが分かりました。
だいたい春にセッティングされているのが、ショットオーバー4&5の2種類
です。
これを、レンジ別スイミング、プリスポーンダイナマイトがコンタクトするステージングスポットを狙い撃ちするのです。


P3191181_edited-1.jpg

すっごく、雨とローライトで魚探映像が見えにくいですが・・・水深は3.5~4m
秋と違い、春はウィードがありませんので、必然的にボトムストラクチャーは、
2次反射や3次反射まで映る”ハードボトム”や沈みモノがキー。

この場合、水深4mまでなら射程圏内でロングロッドを使用すれば、ボトムノックします。
水深5mでしたら、ショットオーバー4は、ドラッギングしないととどきませんが、
逆に水深5mのゴロタ岩などのスポットでしたら、迷わずショットオーバー5をチョイスしましょう。



moblog_2de2fc42.jpg

あと、偶然、撮った写真にいいのが映っておりました。
今年の河口湖は昨年の冬からの枯れウィードが堆積しており、結構ストレスです。
ディープクランキングで底ガリガリやっていると、たいていファーストコンタクトで、
枯れウィードを拾ってしまい”モシャ”ってしまい、動きが悪くなってしまいます。

必要以上に潜らず、狙ったスポットだけをトレースすることが出来るのが、
このショットオーバーシリーズのシステムクランキングの強みなのです。


それでいて、釣れるウォブリングアクションと、ベイトフィッシュライクなカラーリング。
特にホログラムフラッシングカラーは、ウォブリングの動きにプラスしてクランクのロールで、
水中で光を集めて、細かい反射を醸し出すようで、よりベイトフィッシュライクですね。


P3191169nsfs_edited-1nsre.jpg

なにはともあれ、今が旬の早春クランキングゲーム!!
必要なアイテムを持って、風のやや強い日に、巻いてみてはいかがでしょう!?


moblog_ddd3a7fc.jpg

    ※写真はバレルさんより



ちなみに、下記店舗では、まだ若干、河口湖で人気カラーの在庫があるようです。

●山中湖センターフィールド

山中湖センターフィールドHP

●甲府プロショップバレル

フィッシングプロショップ バレルHP



なんせ、ショットオーバー5は、大人気でよく再リリースされますが、隙間を埋めるショットオーバー4はチョイスしにくいもの。ショットオーバー3などは、琵琶湖のフラット向けでいい感じに釣れているようですが・・・・私自身も、ここ最近でようやくショットオーバー4の良さを発掘したところでございます。ショットオーバー4は非常にレアで、数年間で一度の発売時期も多いので、みんなが使って楽しく釣れれば、いいかなと思っております。楽しいたのしい巻きのクランキング、ビッグバス体感しちゃいましょう!!





2015.03.26 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20150324_28.jpg

寒気団・早春プリスポーンダイナマイト!!

本日は、連対率が高確率な50UPperな吉田さんと出航しました。
もちろん、早春のモンスターサイズを狙っての、ハードベイトスプリングゲームです。

三寒四温の早春、寒の日の今日。寒気団の襲来で朝はマイナス5℃の寒い山上湖。
そして、日中も7℃ぐらいと風も強く、極寒の冬修行モードな一日だったが釣果は熱い!!


必殺技のi字からのローテーション

朝の30分は静かだったものの・・・ど寒気の影響で強い北西風となってしまう。
あさイチのモーニングフィッシュを求めて、一撃必殺のi字系スローリトリーブを試みるも出てこない。

20150324_29.jpg

そのまま、風がやや強くなり、クランキングフィッシュを求めてやるも不発。
ジャークベイトとクランキングが風がある日の釣り方の目安なんですが、ここのところ反応が悪い。

だた、今週の月曜日からガラリと人が少なくなっている。
 みんな、春一発目の釣行で満足してしまったのか・・・今週こそチャンスなのに。




早春のタダマキ132ゲーム!

ショアもボートも平日で人が少なくなったし、風もあるので、そのままハードベイトゲーム続行。
すると、細かく丁寧にエリアローテーション、ルアーローテーションをすると、
ほぼありえないほどのどシャロー・タダマキ132ゲームでガツンと一発アタル。



キターーーーー!! ほんまか!?

 そこ水深1mぐらいしかないし、タダマキ底ガリガリやん。

  跳ねる巨体!! 本当にバスだった!!!



風が強くて、どシャローで、ファイトもやばかったのですが、焦りつつもランディング成功!!


20150324_19450.jpg

キタ――!! 56cm、2690g 捕獲セリ!!

今年一発目釣行で、これは、やばいでしょう。
今か、今かと待ちに待った、ジャークベイトゲームがここで成立です!!



20150324_11_20150324214019dee.jpg

217_20150324214212201.jpg

神推しは、オーロラゴースト

238_20150324214214682.jpg

激推しは、ハーフミラーワカサギ

そして・・・そして・・・・・・

240_20150324214215f3a.jpg

タダマキ132 3つの神カラー
 今回はライトニングハスがよかったようです!!


※ライトニングハスは、近頃、お店に並んでいないと思われますので、
クリアウォーターレイクへお出掛けの方は、ぜひ、色々と探してみて下さいね。

P3241221450.jpg

お見事な55UPでした!



ど定番、爆風クランキング!!
 ショットオーバー4が只今炸裂中!!


そしてそして、お昼休憩を挟み、次なるチャレンジを試みて、色々やってみる。
だが、しかーし、やっぱり、寒気団の低気温と爆風は厳しくなかなか結果が出ない。

必殺のi字系も風が弱まったタイミングで要所要所腕流すもバスは浮いてこない。
だけど確実にバスはいるであろうスポットで、今日は、レンジ・アジャストしてみることに。


一度、アイウェーバーで流した後のスポットだったのだが、次にクランキングを試すと。
ショットオーバー4がボトムノックした瞬間に、ガツンと一発!!!

真剣なファイトで、超引きが強かったが、ガッチリとルアーを咥えて針掛かりを確認。
ゆっくりゆっくり焦らず、急がず、タイミングを見計らってランディング。

20150324_41450.jpg

もうイッチョ、クランキンフィッシュ!!
 53cm、2170g 捕獲セリ!!


P3310770s_20150314224257d21.jpg

昨年度から、実は、ファイブと間違え釣れた、吉田さんのショットオーバー4シリーズ。

20150324_32_edited-1450.jpg

今回もフォーは、ガッチリとビッグバスを引き連れてくれましたね!!

207H_20150324215558095.jpg

今のところ、激推しは、ホログラムフラッシングギル!

238_20150324215559056.jpg

ですが、ハーフミラーワカサギもやっぱり湖に合ってる。


20150324_48.jpg

本日、二本目の50UPお見事です!!

moblog_50e10611.jpg

只今、テスト中のデジタルスケール。
事前にスラスイ250も計ってみて、このスケールが正しい事を確認。

P3241225.jpg

その後は、上空の寒気団が流れ込み、一気に暗黒の世界と、雪が舞う。
超寒くなってしまったが、再び、ビッグバスチャレンジで時間はあるのでまわってみる。

20150324_49.jpg

そして、「夕方、西風止む。」 これって、何かの格言ですね。。。
再び寒気団は遠のき、一気に晴れ間が出て、おやおや平和なお天気になりました。
夕方のチャンスに賭け、新しいエリアを探索してみるも、今日はこれにて終了しました。


今日は、55UPを含む、ビッグサイズ2本で、約4900g!!
きのうも人が少なかったし、今週の平日はガンガンあがってくるモードで超狙い目かな!?




タダマキ132 ライトニングハス!

20150324_11.jpg

本日のビッグマーマーの56cmは、タダマキ132にて!


ショットオーバー4 ハーフミラーワカサギ!!

20150324_32_edited-1450.jpg

もうイッチョ、53cmは、ショットオーバー4にて!!


ここのところ、風が強い時には、ショットオーバー4がキテます!!
 一推しカラーリングは、ハーフミラーワカサギと、ホログラムフラッシングギルがいいでしょう。




明日以降、空席ございます。募集中です!!
 今の平日は上がってきたてで超オススメ!! ご応募お待ちしてます!!







2015.03.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_2904eb3e.jpg

3月中旬からのプリスポーンゲーム

晩冬のメタルバイブレーション&シラウオポークの時期も終わり、
いよいよ春へ向けての早春・プリスポーンダイナマイトゲームが開幕!!

河口湖の最低水温期を脱した水温上昇傾向。一発目・大潮はやはりモンスターが接岸!!
このプリスポーンダイナマイトのモンスターサイズを狙ってハードベイトで仕留める!!

大寒から春分へ向かう。

moblog_0acd38aa.jpg

3月13日 まだ冬っぽくて、水温も5℃と低く、冬型のメタルバイブレーションな日。
低水温期でかなり厳しかったですが、なんとか一発オープニングフィッシュありがとう!


春分の候
 大潮プリスポーンゲーム開幕!!


4545bigbass.jpg

ここから一気に、春らしくなり、大潮1発目で超接岸しだした感があり、
やっぱり、こういうタイミングで、いいパターンにハマれば、スーパープリスポーンが炸裂!!

bassmouth_201503221836459d5.jpg

晩秋でもお馴染みのショットオーバーシリーズ。
私は、ショットオーバーファイブとショットオーバーフォーの2種類をよく使用します。

それぞれ、潜行深度は、表示の通り、フルキャストで5mダイバーと4mダイバー。
これを、ステージングポイントに合わせてチョイスして投げまくってみます。


over4.jpg

207H_2015031920475450b.jpg

ロングロッド:HB-760 & ローギアリール & ショットオーバー4

P3310770s_20150314224257d21_20150322185049608.jpg

昨年も、ショットオーバー4は、この時期、スパイス的に投入してよかったアイテム。
強風時など、水が撹拌されて、通常のルアーではアピールが弱いと感じる時に、
クランクベイトのよりはっきりとしたウォブリングがプリスポーンバスにアピールします。



P3191191450.jpg

大潮の日はやっぱり熱い!! 午後からも差してきた感があり、ビッグパパもゲット!!
ジャークベイト・クランキング・ビッグベイトといろいろなゲーム展開で狙います!!!


春のハイプレッシャー!

P3221210.jpg

もちろん、毎回毎回、ジャーク・クランク・ビッグベイターが効果的ならいいのですが・・・
いろいろな状況に合わせて、i字系もチョイスして、シャローのスレバスも視野に入れて狙う。


ここのところ、最低5セットぐらいのタックルセッティングで状況に合わせて攻めて行きます。
毎日めまぐるしく変わるバスのレンジやバスの性質などを読み切って、状況に合わせてルアーチョイスをすると、いきなりビッグバスがドカンと出るのが春の特徴。


来週も水温上昇傾向にありますので、まだまだチャンス到来です!!
ハードベイトゲームで釣ってみたい方。みなさまのご応募お待ちいたしております。
2015.03.23 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


只今、Gillda i wake モデルもテスト中の模様です。


ヘッドを左右に振らない・揺れない。

不自然にルアー全体が、クネクネするような動きでは無い。


ボディのヘッド部分は控えめな動きだが、テール部分がちょっと揺れる程度の動き。

真っ直ぐのリトリーブで釣れる。

つまり、ワームレイクで言う、スコーンやシャッドテールのノリでストレートリトリーブ・ただ巻きで釣る。


実は、急な水温上昇や、季節風などで水が濁った春のタイミングでは、ビッグベイトのスイミングが良くなる時期がある。去年も4月中旬前後で50UPのプリスポーンをハードベイトのスイムベイト(まだ未公開)で釣っているし。
ただし、この未公開ビッグベイトは、ボディがクネクネ動きすぎて、もうちょっと好きになれなかった感がある。


不自然な動きを排除した、ストレートリトリーブで釣れるビッグベイト設計。
この動きを、改良・開発中のようです。
2015.03.23 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P3221215.jpg

冷え込んだ凪の朝

本日は、高橋名人親子さまと出航しました。朝から予報通り風は弱いが昼から強風。
冷え込んだ朝だったのか、風は弱く、軽く霜が降りて地面は凍っている。
あさイチ、モーニングフィッシュを狙って、流し始めるといきなりのビッグバイト!!

P3221210.jpg

アイウェーバーフィッシュ!!
 一撃必殺のi字系で、ビッグパパゲットです!!



その後も、アイウェーバーフィッシュ & ショットオーバーフィッシュ
 あーんど、タダマキ132フィッシュで、プリスポーンダイナマイトが差してきそうな。
  そんなスポットをまわってみるも、ショアもいいスポットもボートが多くハイプレッシャー。


午後から西風が吹き、いい感じになってきて、ついにビッグバイトタイム突入か!?
そう思ったのですが、ちょうどここでハードベイトが効くはず!!
そう思ったのですが、高気圧バリバリなのか、結局モーニングフィッシュで終了。


P3221213.jpg

ハイプレッシャーのなか、お見事でした!!

P3221196.jpg

2015.03.22 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P3210932.jpg

本日は、毎年恒例でお越しになられるお客様と出航しました。
めまぐるしく変化する、最近の河口湖で、いかに春の賑わいのハイプレッシャーで結果を出すか。

今週は、春一発目の人出の多さで、ハイプレッシャーになってしまいましたが、
なんとかモーニングフィッシュのプリプリ・グッドサイズをキャッチされていい感じです。


・・・・・ちょっと小雨でいい感じ。

と、思ったのも束の間、かなりバスはシャローで多く、
かつ、モンスターサイズも多いのだが、大潮初日のような、差して感も少なく難しい感じ。
いろいろ作戦を練ってみるも、今日は、このサイズ1発で終了となってしまう。
見えない水深では、まだまだチェイス多数でしたが・・・・一発で食ってくれないのが歯がゆいですね。
2015.03.21 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_f7dfbf11.jpg

今日は、室さんと出航しました。今日もおっきいバス釣るでー。
なんて、いってましたが、不吉な東風弱いお天気予報の一日となりました。

あさイチから、ステージングフィッシュ・プリスポーンダイナマイト!を狙うも何も起きず。
そのまま、春場所巡りでこまめにフィッシングパターンをシフトしながらまわるもノー感じ。

1箇所、バスが10本以上いる場所や、おきまりのビッグベイティングで、
3本以上・50UPが出てきたり!?したようなエリアもあるが、どれもバイトまでいたらず。
それでも、i字系でいい感じに50UP真っ黒クロ助が追ってくるも、本気バイトせず。

そのまま午後の曇り空でさぁ、バイトチャンス到来か!?
そう思ったのですが、巻けど巻けど、撃って撃って、走って走ってみるもノーバイト。
タイムアップギリギリまでやってみたものの風景が綺麗なハルウララ完敗の一日。
2015.03.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P3191150.jpg

春の低気圧通過

本日は、お馴染みのビッグバスハンターのお客様1名様と出航しました。
朝から低気圧通過の余波も残り、爆風で、1時間様子を見て、ディレイスタートとなる。

そんな、風が強い爆風の日でしたが、爆風の日こそハードベイトの真っ向勝負がイケる!!
大潮パワー・低気圧パワー・春の陽気パワーを頂いて、爆風クランキングでモンスター捕獲!!
何気なく、私が手にしたディープクランキングシステムだったのだが、
プリスポーンダイナマイトのメスが差してきそうなスポットを流すとガツンと一発!!

やばっ! デカッ!?
 一瞬、ガイドゲストさんも「ロクですか?」の衝撃が走る。

ブッとい巨体が見えてきてから、いざ、ランディング!!


4545bigbass.jpg

ステージング・プリスポーンダイナマイト!!

春の爆風クレイジー・クランキング!
 57cm・3キロフィッシュ捕獲!!

やばい。デカイ。太い。
春の爆風クランキングは、たま~に成立するんですが、今日この日がきちゃいました。
ベイトフィッシュがのっこみ、バスも差してきた瞬間、低気圧と風があれば激バイト!!!
一年のうちで、一日あるか無いかのタイミングですが、
確実に、そこに”早春ステージング・クランキングパターン”があるんですわ。


shot_over_4_20150319204753b79.jpg

そして、昨年、この時期に、スパイス的に投入して好調だった、ショットオーバー4シリーズ。
2014年秋に、久々の再生産となり、河口湖で超釣れそうなカラーもあり試すと即バイト!!
河口湖のようなクリアウォーターレイクでオススメなのは、以下の通りです。

207H_2015031920475450b.jpg

今回は、ショットオーバー5でもお馴染みの”ホログラムフラッシングギル”を使用。
通称:ホロギルと私が呼ぶ、河口湖でロクマルを含める数々のビッグフィッシュカラー。

238_20150324215559056.jpg

もちろん、河口湖・山中湖で安定のクリアウォーターカラーのHMワカサギもお忘れなく。



午後ののっこみ 大潮パワー

その後も大潮パワーで差してきていそうなエリアを丁寧にチェックするも居そうだがノー感じ。
そして、お昼過ぎまで風が強かったのだが、夕方は、ほんのりと風が止む。
このタイミングで、一気にいろいろパターンシフトして、新しいエリアを開拓すると!!!
ついに、沈黙を破る、ビッグベイトゲームにビッグバスが猛直進、突撃ビッグバイト!!

P3191194_edited888888.jpg

キッ! キターーー!!
いきなりの突撃ビッグベイトに、53cmがバイト!!



なんと、ビッグパパのジョイゲーム

P3191184_edited-1.jpg

ビッグベイト確立!おめでとうございます!!

おそらくオスっぽいコブダイのようなビッグモンスター2キロオーバー!!
第1陣の差したてほやほやのビッグパパパターンを垣間見たような気がします。



そして・・・・・そして・・・・・似たようなスポットをランガンすると。
もう1発、ズガーーンと、55ぐらいのが突っ込んでくるもこれはノルことなく終了。
いや~、今日は、久々に大潮パワー・低気圧パワー・爆風パワーを体感した一日だった。

本日のビッグバス釣果は、57cm・3キロフィッシュ、53cm・2170gの2本!!
 もう、一本獲れていれば、3本で8キロぐらい感もある、ハードベイトゲームでしたね。




2015.03.19 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



暖かい一日

本日は、お馴染みのお客様1名様と出航しました。
朝は、まだ凍ってて、ひんやりした感じでしたが、気温が高く風が暖かい。
いざ、ビッグマーマーを求めての旅へ出ます!!


あさイチからジャークベイトで流してみるも全くのノー感じ。
ただ、徐々にベイトはシャローに差してきている感もあって期待がもてそうで持てない。


そのうち、一部のエリアでは、珍しい北東風のざぶんざぶんでこれまたイケる!?
そして、お昼過ぎからは、徐々に風も弱まったり、東風が吹いたりで変化もあるけど。
釣れそうで釣れないまま、14時を過ぎたあたりで、諸事情によりタイムアップで終了。
・・・・なんだか、もうちょっと簡単だといいのですが。
晩冬のメタルバイブパターン期の方が釣れていたような釣れていなかったような感じもする今日この頃です。
2015.03.18 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_587bc06c.jpg

三寒四温

3月初旬、依然として寒気団が居座り、日本海側では雪も降らせるほど。
ただ季節は確実に春へ向かって、三寒四温で、ちょうど”寒”の日が続いているこの頃ですね。
さて、そんななか、水温が依然として5℃台で低く、冷たいのだが、
最低水温期を脱して、上昇傾向で潮周りも何度かまわり、確実に差してきてる感がある。

春一番!!

ただ、春が進み、本当の春の第一陣はロクマルオーバーなのだが、
これが、超低水温期(3℃前後)で動いてしまった感があり、只今の状況は少しサイズダウン。

それでも、平均アベレージは45UP~と言う、釣れればデカイ事には間違いないのだが、
水温が低水温の5℃台では、なかなか2~3mのシャローに差しずらく、
なぜか、今年はベイトフィッシュも多く、メタルバイブレーション祭りのような感じになっている。

max.jpeg

先日の爆風・低水温のメタルバイブレーションフィッシュの模様。
いかんせん45UPのナイスサイズの写真になってしまったが、口が真っ赤で差したて一発目。
つまり、もう第二・第三陣ぐらいは動き始めている感じなのだがいかんせん動きが悪い。

低水温と側線

つまり、いわゆる本当のシャローに差す状況(1~3m)では、バス単発は居るが、
あまりベイトフィッシュがおらず、必然的にルアーに反応がいい個体はミドルレンジ。
そして、低水温期の特徴として、バスは”動きが鈍く、側線の感度も鈍い”そんな気がする。

P3310770s_20150314224257d21.jpg

2014  3.31 ショットオーバー4 HMワカサギの爆風クランキングフィッシュ!!

本来の春のプリスポーンダイナマイト期の水温8℃以上だと、
ABS樹脂系のジャークベイト、クランクベイトなどのハードベイトが好調なのだが、
今年の3月初旬の低水温は、側線をビリビリ刺激するメタル系ベイトが有効になっている。
もちろん、真逆のシラウオをイメージしたポークミドストもありなんだが。。。
そこは、ポークの達人におまかせしよう。


ミドルレンジの鉄板系の裏ワザ

そんなわけで、ウルトラディープ(6~12m)でもビッグバイトはあるのだが、
深シャローからミドルレンジの3~6mのハードボトムの起伏が激しい箇所も差してきている。

ただ、ここを、メタル系バイブレーション・基盤系バイブレーション、
ヘッド下がりのスタックレスバイブレーションで攻めるのが王道になってきているのだが・・・
やはり、いくらダブルフックやヘッド下がりと言えど、根掛かりはするもので、
この3~6mの激根掛かりスポットを、いかにスタックしないで攻略するかがキー。
水温が上がれば問題ないのですが、いまのところ、この要塞を攻略する手がかりが欲しい。

up3.jpg

そんなちょうどいいタイミングで、今、一番釣れているメタルバイブレーションのウエイト。
約10g、3/8ozがメインなのだが、ちょうどラッピングミノーも10g再発売中。

whook.jpg

これを、フロントフックを無しにするか、ダブルフックにすることで、
より、メタルバイブレーション的なリフト&フォールで、岩場や溶岩質のブレイクを攻める事が可能。
関東ではまだ結果が出ておりませんが、関西ではすでに2014晩秋で実証済み。

ラッピングミノー・ダブルフック仕様で、秋のボトムべったりのバスを、
ボートポジション・アップヒルでボトムガリガリ引いてくるのがキーとなっているようです。
ただ、根掛かりが気になるようでしたら、河口湖のバスは口が大きいですので、
フロントフックを外してもいいでしょう。いろいろと試行錯誤して策を練ってやってみましょう。


3月中旬から下旬は、春らしくなり、釣り人の一発目のシーズンインでもありますので、少し混み合う事もございます。ちょっと狙いをずらせば、3月下旬から4月上旬の平日が春2番目ぐらいで人も一段落して狙い目ですね。

2015.03.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
wrapping_minnow_20141112114400506.jpg

関東のフィネス・ストロング!

2015年 只今、全国のお店でラッピングミノーSW 14gが先行発売中。
続いて、ラッピングミノー 10gも合わせてでデリバリー中で、店頭に並んでいると思います。

関東の高滝ダムなどで生まれたフィネスな小さいアイテムですがその効果は絶大。
2014年は、関東の青野ダムで大流行のようでした!!フィネスストロングでデカバス!!
もちろん、河口湖もロクマルがあがっておりますし、その破壊力は凄いです!



――― 下記は2014年の記事ですが参考までに ―――

10月末・青野ダムの釣果 50cm!

10月末・青野ダムの釣果 その2. 51cm!




moblog_e9f39bff.jpg

ラッピング・マスター

20140613_11.jpg

これは、アフターの時に釣ったラッピングミノーバス。
あまりにも小ささと、ミノー=小魚というイメージでなかなか使いにくかったアイテム。

だけど・・・いきなりこの扉を開けば、ビッグフィッシュ連発とかになっちゃうんですよね!!
アフター期がウィードの伸び具合で一番好調でウィードが伸び切る前まで効果的です。


復唱ですみませんが。

まだまだ、私も完全にはマスターしたアイテムでは無いのですが・・・
少しだけコツを。一つは、ベイトフィネスでやるかスピニングPEでやるか。


1.ベイトフィネス(ローギア)
2.スピニングPE

ベイトタックル推奨。
なぜかと言うと、ベイトでは、ラインテンションが掛かるのでエビ(フック絡み)を防ぎます。
ラッピングミノーは、着水した際の姿勢でエビるかエビらないかが決まり、
ラインテンションが掛かり易いベイトタックルでは、基本的にカーブフォール気味になる。

スピニングタックルでフリーフォールだと、糸が放物線状にまわってエビりやすい。
スピニングタックルの場合、サミングのテンションフォールがいいかな?


ベイトタックル推奨
あまり世の中に出回っていない、6フィート~68ぐらいまでの、UL~Lクラスのベイト。
ノリーズロッドブランドでは、LLクラスだと6g~8g Lだと8g~10g推奨。
ラッピングミノーSWでも基本的には、スローリトリーブが基本ですので柔らか目でもOKでしょう!!



2015.03.14 Sat l ノリーズ・ラッピングミノー l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_e7d0bf58.jpg

春・オープニングフィッシュ!!

本日、2015 河口湖オープニングで出航。
今日は、お決まりの北西の季節風で、正午から爆風予報。

moblog_93fa90e8.jpg

朝イチもまずまず風もあり、水温も寒気団の連日の居座りで、全くの停滞気味。
やや上昇傾向ではあるが、終日5℃をキープするという水温が連日ひんやり変わらない日。
さて、朝イチから、先日のガイドプラで反応が良かったエリアをじっくりやってみる。

moblog_c446d2aa.jpg

オープニング・ナイスフィッシュ!

基本的に私もお客様もちょっとポークミドストが苦手意識がありようで・・・
いろいろなハードベイト&メタルゲームで展開して、丁寧に丁寧に攻めると!!!
ちょっと根掛かりそうなスポットにおもむろに投げたメタルバイブレーションがカツン!!

いきなり、ドスンと45UP!!
 メタルバイブレーションにナイスサイズ炸裂!!



いやー!! オープニングフィッシュがバレへんでよかった。ありがとうございます。
2015初フィッシュは、やっぱり気持ちエエもんやね。そして、次はプリスポーンダイナマイト作戦。
いろいろ差してきそうな、3m前後のロングビルゲームなんてものもやってみるもノー感じ。


夕まづめ時のビッグバイト!

爆風の夕まづめタイム。
夕方のタイミングでもう1発、最低50オーバーのプリスポーンダイナマイトが欲しいとこ。

再びメタルバイブレーションフィッシングで、ザブザブの中・・・・・
ざぶんざぶんでわけわかんない中でも真剣にやり続けるお客様に...
リフト&フォールしたメタルバイブレーションに、カツーーーーンと、ついにビッグバイト!!


キターーー―!!

って、思い、爆風で真剣ファイトするも、アクシデントでビッグサイズが浮上途中にバレる…

moblog_678d7691.jpg

あー!!!!!

この時期は、バイトが出れば45UP確定なだけに…

爆風ざぶんざぶんの中、極寒の寒さと悔しのまま終了。



まー、もう1本ですね!

でも、メタルアクションは完璧でした。 オープニングフィッシュありがとうございます。

20150313_03.jpg

45UP × 50UP

両魚、獲れていれば、いいパターン成立として完璧でしたが、またの機会に・・・・・




ツイッターはじめてみました。


  ヤフー検索などでキーワード 「ツイッター タカヒロ足立」 で出てくると思います。

  フォロー? よろしくお願いします。使い方よくわからへんけどね・・・






2015.03.13 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



すでに一部の小売店さんでは、お取り扱いがあると思いますが、ギルダファーストシンキング=FS 発売中です!!


使い方は、人それぞれあると思う。

そして、特殊素材のハンドメイドルアーには、浮力やウエイトの個体差もあり、若干ながら動きも違う。

その違いを生かすも殺すもアングラー次第。

さらに、人それぞれ、十人十色、気に入った動きもあるでしょう。


これって、昔のバルサのアメリカンルアーみたいでワクワクするよね。



さて、Gillda FS は、スローシンキングモデルなどとは違い、全く新しい動きを追求しているように思える。


水平姿勢で、フォーリングするのではなく、前傾姿勢でフォールする。


ラインテンションの掛け方次第だが”シミーフォール”するのも特徴。

つまり、垂直落下式S字ギルベイツ。

または、シミーフォール・ギルベイツ



続く







2015.03.12 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_0b718673.jpg

オープン戦

2015年 山陽の冬季キャンプ・冬山修行も終わり、いよいよオープン戦から本番です!!
昨日は、オープン戦予定でしたが、あまりにもの爆風過ぎで出船不可能。
今日も、やや風が強い予報でしたが、朝のうちはベタ凪。
風が吹かないうちに、いざ、オープン戦(ガイドプラ)でしっかりとチェックです。

moblog_a12dbb6f.jpg

只今の水温は、寒気団の影響もあってか、5℃...
まあ、2℃でも3℃でもシラウオが大群でいれば、
越冬系バスがポークミドストとメタルバイブで釣れるんですが、もう少し春っぽいバスを探したい。


いろいろ探しましたが、やはり、正午頃が爆風のピークとなり、ルアーコントロールも難しい。
越冬系エリアやベイトフィッシュの多いフィーディングゾーンをチェック。
春に差してくるスポットも何か所かチェックするものの、爆風と濁りでノー感じ。


でもまあ、5℃からの上昇傾向は、確実にバスが春場所へ差してくる。
これをリアルタイムに追って、ジャークベイト・クランベイトでハメれば、
季節先行型は限りなくモンスター級となるので、釣り方も拘って春バス捕獲したいですね!!



2015.03.11 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_ba06282f.jpg

低気圧通過後

本日は、オープン戦という事で、湖上に出たかったところですが・・・・・
日中・正午の風速が10mという事で、陸でいろいろと作業と用事を済ませて。
やはり、穏やかな時間帯もありましたが、正午過ぎより、寒気と爆風になってザブザブ。


ただ、ここのところ、3月としては、記録的な暖かさなのか?
まだ3月初旬なのに、昨晩は雨となり、雪が全く降らない。


春が早いとか、夏が早く来るとか。そういう事は無いと思います。
なぜならば、全ては自然で帳尻が合うというか、結果的に日照時間だったりするので。

ただし、この暖かさで、確実に水温は上昇開始。
水温の動向で少し早目に動き出すバスは出始めている感がありますね!!
2015.03.10 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


皆さん、あけましておめでとうございます。

ワタクシ的には、先に取材で初バスフィッシングを終え、なかなかのスタートダッシュも決まったかと思います。



大変、告知が遅れましたが、3月中旬の14日(土曜日)より、河口湖ガイドの募集開始をいたします。

ぜひ、本年度もよろしくお願いいたします。




ウインターバスフィッシングの釣果ですが、昨年のシラウオ大量発生の恩恵。

冬の残り、春のはじまりで、エリア限定的、釣り方も限定的ですが、今年はボーナスフィッシュをすでに捕獲されてる方もいらっしゃるみたいですね。





本格的な春のハードベイト勝負はこれから!!


ジャークベイト道場、i字系フィッシュは、まだまだこれからですので、皆さんご応募よろしくお願いいたします。




※去年も、タダマキ132フィッシュが連発しましたね。このダイビングジャークベイト(ノーマル2.5mを泳ぐ)でしか獲れないバスも必ずいます。

ぜひ、今のうちに、三本の矢のカラーをゲットしてみて下さいね。
2015.03.08 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
タダマキ132のカラーセレクト

春と言えば、ジャークベイトの季節。
今回は、タダマキ132のロッドチョイス・カラーセレクト。

三本の矢

217_20140325083013504.jpg

238_20140325083011949.jpg

240_201403250830127c0.jpg

オーロラゴースト

ハーフミラーワカサギ

ライトニングハス

2014 過去の実績を踏まえ、河口湖は三つのカラーが実績大!!
ハーフミラーワカサギ・ライトニングハスは、すでに何度もビッグフィッシュをキャッチしているカラー。

58cm.jpg

ただし、2014に大ヒットしたカラーは”お馴染みのオーロラゴースト”
この実績のある3色【オーロラゴースト・ハーフミラーワカサギ・ライトニングハス】が三本の矢。


ちなみに、タダマキ132の直近発売は、2013年度末。2014年度中は発売無し。
春に向けて欠品してはならないアイテムですので、店頭には少量在庫があると思いますが、
ライトニングハスはしばらく発売が無かっただけに、ライトニングハスをお求めの方は、
2012年度末の生産分の商品のみとなりますので、血眼になって探し尽くしましょう。
オーロラゴーストだけは、超レア化しているので・・・・・見つけたら爆買いですね(笑)



217_20140325083013504.jpg

オーロラゴースト

タダマキ132に新しく採用された”オーロラゴースト”というカラーリング。
シャロー・ディープ問わず”一瞬の煌めき、ナチュラルフラッシュ”が最大の特徴となります。
インナープレートと、ABS樹脂の壁が生み出す「究極の小魚の光」がよりライブなカラーでしょう。


238_20140325083011949.jpg

ハーフミラーワカサギ

ハーフミラーワカサギは、ワカサギ系の特徴を捉えたカラー。
眩し過ぎないハーフミラーなフラッシングと、背中のワカサギ特有のブラウン色。
これが、よりワカサギ食いを意識したクリアウォーターのカラーでしょう。


240_201403250830127c0.jpg

ライトニングハス

ハーフミラーワカサギとライトニングハスのカラーによる使い分けですが。
正直なところ、あまりありません。ただ、ライトニングハスの方が、
”ライトニング ”という言葉の通り、リトリーブ時に少しフラッシングが強くナチュラルなカラー。
つまり、雨や曇りなどのローライト時に、チョイスすべきカラーとなってくるでしょう。



タックルセレクト : 一例

20140321_13450_20140325082731950.jpg

基本ベースは”ロードランナーヴォイスオリジナルの680MH” ライトピッチングレスポンス
フラッシングプレートが目立つオーロラゴーストでは、ジャークでフラッシュさせます。

P4270172640s_201403250827333ac.jpg

同じく”ロードランナーヴォイスオリジナルの680MH” ライトピッチングレスポンス
2.5mレンジを視野に入れたロングキャスト&ジャークでは、680MH ライトピッチングレスポンス
フロロライン12lb~14lbにすることで、水切りが良く、より深く潜ります。

P4020108640s_2014032508273239f.jpg

こちらは、テレスコのロングロッドの760M アウェイディスタンスミッド
長く続くロックエリア、サンドバーなどのストレッチを、大遠投で飛ばして2.5mを泳がせる。
ジャーキングは、はっきり言って無理ですが、クランキングミノーと言うように、
ローリングを主体とした、フラッシングを伴うハイインパクトな泳ぎとストップで誘います。

2015.03.01 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析