B0IzpIdCUAAhFMH.jpg

DAIRAKKA オータム・ビッグスプーン

いよいよ季節は、11月に入ろうとしておりまして、いよいよ秋全開と言ったところでしょう。
関西のお話になりますが、阪神タイガースのメッセンジャーっていい投手ですね。
・・・・・ではなくて、今が旬の琵琶湖のスプーンフィッシングブームについて。


本日のプロスタッフインフォメーションのヘッドラインに記事がありましたね。
  ノリーズプロスタッフ 琵琶湖の若獅子 諸富真二プロによる記事


10411207_581954935263314_3155962157569707732_n_edited-1.jpg


ノリーズHP:このポテンシャルは計り知れない!琵琶湖でダイラッカ38g大爆発中!


今の琵琶湖・南湖ならでの、ストロングパターンがビッグスプーン。
実は、まだまだみなさんに実践的にはお伝えすることが出来ていない感じで、
キャストからシャクルのはモチロン、本当はリズムが一番大切で、根掛かりを外すのも。


だから、ビッグスプーンマスターの称号こそあれば、バラシは皆無で根掛かりも抑えられる。
モロシン君は、短期間ながらガッツリやり込んで、いい感じにロッド捌きをマスターしてるようです。

そして、状況分析もいい感じにレポートされていますね。
昔は、近所の川にも、里山の川にも、どのにでも水系に多かったワタカ。
ワタカって浮釣りをしていると、フナと一緒になってよく釣れる魚種だったのを覚えている。

そんな僕を育ててくれた景色も、今は、護岸整備と都市開発でほとんど何もいない川ですが。
久々に、ワタカっていう魚種の名前を聞いた気がします。
ただ、山間部のリザーバーなどには、ワタカやウグイなどまだまだ居るようで安心。


ボート魚探映像と岸釣り

琵琶湖では、秦さんが釣ってるムービーにもありましたが、いろいろな奥義がある中で、
桟橋や橋脚などのマンメイド撃ち以外は、魚探映像が全てでしっかりと分析すれば釣れる。

もちろん、秋のコアユの接岸で、遠投からの超高速リトリーブ(北小松周辺)などでも、
超炸裂しそうなアイテムではあるんですが(過去に浜からメタルで30連発ぐらいした。)
本来は、ボートフィッシングで、魚探映像を中心に中層のバスをリアクションバイトさせるのです。


ちなみに、岸からのダイラッカフィッシュをゲットするコツは、
桟橋などや橋脚などへのバックスライドフォール、ベイトフィッシュに当てて使うような高速引き。
勇気がいるのは、溶岩帯の沖のちょっとしたウィードスポットを遠投して釣るなど。

オータム・ビッグスプーン 中層回遊パターン

bass2_130829.jpg

またまた河口湖の魚探画像を使用するようですが、こういう中層映像もキー。
本当に上手い人は、魚種がハスなのか、ワカサギなのか、
夕方に入ったタイミングで、どの魚種がどんなタイミングで入ってきてバスも付いているのか?
魚探映像を全部、頭で理解してわかった瞬間、次にクルぞ!!っていうタイミングで、
ズドーーーーンっと、ロッドが引き込まれて、ビッグフィッシュが釣れるのです。
これを、何度も経験していると、まるでデジャブのように、次いつくるかが分かるのです。



秋のターンオーバー期の切り札。
  ブレイクレッジのディープのジギングスプーン


bass2_140715.jpg

秋になって、いきなりターンオーバーがはじまり、水が茶褐色になる時がある。
この時のターンオーバーの対処法としては、まずは、濁った水が行かないどシャロー攻略。
そして、澄んだ水が湧いているであろう、湧き水ディープウォーター。
それでも、湖全体的に濁りが拡散してしまった場合、かろうじてブレイクエッジに、
わずかならが、綺麗な水がストックされて、岩場に寄せられるようにバスが溜まることがある。

唯一、出来ない事がある。それは、水中・ウィードピッチン・ビッグスプーン
もし、この奥義が完成する日が来るならば、
ヘビーダウンショット、パンチショット(ジカリグ)、パンチングジグに続き、
スプーンピッチンという、フラッシングを伴うメタル系奥義があるかもしれない。


確かに、私もシングルフックの70mm・20gぐらいのスプーンで試したことがあるが、
これは、ほとんどメタルジグの延長線上でマメこそ釣れるが、ビッグバスパターンになり得ない。
だが、マグナムスプーンでやると、、、どんなん?
やっぱり、130mm前後で、フックをカップに入れるようにフックバランスを考えれば、
ひょっとしたら凄いモノが出来るかもしれない。これは、リザーバーの立ち木もしかり。
そんなわけで・・・想像が膨らむ秋の日替わりパターンに対応するべく考えております。




あーーー、でもねーーー。 お陰様で、
ほとんどのショップで完売となってしまい、売ってないんです。


moblog_05849a83.jpg

ゴールド系統は、3色しかございませんので、見つけたらぜひ、買って試してみましょう。
いつもは、ロードランナーオリジナル6100Hですが、HB-680XHのような、
6100Hより、ちょっとショートピッチなロッドで、ジギングがいいと思います。

voicehard_bait_special2_20141014202028396.jpg

果たして、来春まで待つことになるのか・・・また、あるのか!? 超気になるとこです。
そして、みなさんの沢山の支持を頂きまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト
2014.10.31 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20130918_02_01.jpg

中秋・ハイライト

前回は、9月1日~9月29日までの秋のビッグバスシーズンのハイライト。
今回は、9月30日~10月25日までの中秋のビッグバスシーズンのハイライトです!!

image65748.jpg

今年の中秋は、週末は必ずと言っていいほどのトーナメントレイクでハイプレッシャー。
平日は、月曜日はちょっとですが・・・火曜日から木曜日はプレッシャーが弱く狙い目でしたね。
なのですが、このビッグワンは、土曜日の開始10分後に釣れた!!!


シラウオの発生とウィードの減少

今シーズン、一番釣れる中秋に、なぜか、シラウオが大量発生。
そして、東風が弱い、秋晴れの快晴どピーカンの日が続き、なかなか苦戦続き。

B01x1KfCMAAo1JW.jpg

快晴の日は、富士山が綺麗。 そして、弱い東風が巻きメインではネック。

B0IzpIdCUAAhFMH.jpg

そして、快晴な日は、夕日がとっても綺麗だけど、釣果はすこぶる悪くむなしい。


さて、例年に比べ、昨年度の大減水で、地面が硬くなってしまいウィードの生育が早くない。
その影響で、夏場以降のウィードの伸び率が遅く、かつ減水で少ないウィードの年。



imagerain3.jpg

台風通過と雨の日のチャンス

さて、10月頭からの台風18号(ファンフォン)と、19号(ヴァンフォン)の連発台風。
2週続けての日本列島、台風横断により関東甲信越も大雨で、一気に減水から満水へ。

imagewabe2.jpg

ここまでは、想定内で、これ以降のモンスターバスパターン対策はあったのですが、
いかんせん、シラウオの大量発生と秋晴れでバスが浮き気味でライトリグが優勢。

PA110446_20141029221717465.jpg 20131029_02_20141029221718b34.jpg

昨年の10月は、秋場所のミドルレンジ攻略と、増水後のどシャローパターンなど。
基本ベースは、クランクベイト&スピナーベイトでよくビッグサイズが釣れていましたが、
今年は、西湖放水口よりの水量の流入量が多く、クリアアップしてなかなか決まらない。

deep_impact_201410292224205b5.jpg

ただ、確実に言える事は、ディープクランキングとディープスローロール。
つまり、ショットオーバー5(ホロギル)と、ディーパーレンジがキーになるのが巻きの秋。

ストロング・ウィードパターン

今年は、いい感じにターンオーバーしていても、あまりウィード付近にバスが居らず。
また、今年のウィードの生育状況で、なかなかいいウィードに差してくる気配がない。

20131006_04450_20141029222156392.jpg PA090440_201410292221574aa.jpg

昨年は、流入河川沖の極秘パターンも決まっておりましたが、今年は、ライトリグじゃないと?
昨年は、ウィード撃ちもいい感じでしたが、今年は、どうも中層回遊傾向が強い気がする。

20141004_04.jpg

ややストロング・ウィードパターンでも釣れてますが、やはり、ちょい浮気味。
ウィードにラバジが突っ込んだ時のフォールバイトや、ハングオフのリフト時に食ってくる。


ウィード + 雨・浮パターン

20141013_04.jpg

ただ、大雨や大風の日に限ってデカイのが出ているんですが・・・
増水後のミドルレンジの少し背が低い、しょぼウィードですが、スピナベを浮かせてバイト!!

こういう日こそ、低気圧接近でチャンス日なんですが、なかなかお客様とのタイミングあわず。
冷たい雨で身体的には厳しいんですが・・・実はこういう日は釣果的には、熱い!!!


image248220.jpg 20141005_08220.jpg

そんで、 MAX 50cm・・・40UPもいい感じには釣れてましたが・・・・・・
ただ、毎日、ハイリスクハイリターン、かつ、トロフィーサイズ狙いをメイン。
そして、ライトリグ封印で、巻くか撃つかの釣り方なんで、決定打を決めるとデカバスなんですが。
そういった状況で、初秋にお越し頂いたお客様が、マイボートで同じパターンでロクイチ!

中秋の一瞬のロクタイミング!!

IMG_1463_edited-1_20141005200659f70.jpg

10月5日 台風前の荒食い

ちょうど、この日は、それまで全然無反応だった日々が、一気に活性化した感じ。
快晴・秋晴れ続きが、どんよりとした曇り空で台風接近2日前で、雰囲気ムンムン。

image98765_edited-1.jpg

こういった、秋のXデー的な日は、本当にロクチャンス!!!

image98765_edited-2.jpg

ロクイチ現れる!! これには、ビックリ!!
ただ、釣り方は、私が狙っているサイズのやり方なんで、やっぱ中秋に出たか!!
そう思っていましたが、そこから台風の通過で一気に湖は変わり、ウィードラインも変わる。


ただ、驚愕の事実を発見!!!昨年は、11月半ばぐらいがモンスター最終便だった。
と言うことは、もう、余すとこあまりタイムアップで時間が限られてしますんです!!
水温は16℃前後でだんだんと水温低下に向かっていく・・・もう、釣るのはいましかない!!
2014.10.30 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


8月初旬・国内最速便

ベンパーカーマグナムスプーン。
スプーンフィッシングの凄味を分かっている私としては、
すでに、2014年・8月初旬、国内最速便でハニスポさんから速攻複数個入手。

そして、密かにテストを繰り返していたが・・・・・なんせ、100gオーバーは重たすぎて、
しかも、夏場を迎え、さらなる灼熱で体がパンパンに張るので釣れるとはわかってても断念。
まあ、釣れるアイテムと動きであるとは、わかるのだが、もうちょっとマイルドに出来ないモノかと。

t02200147_0720048013020291683.jpg

8月中も琵琶湖北湖で、
   サマービッグスプーン炸裂中!!


まあ、この8月中の時点で、国内最速で入手した方?で北湖に釣行に行かれる方にお話を聞くと、
夏でも、アラバマリグ並の超集魚力があって、ビッグバスも連発して超面白い釣りですよ!!
と、琵琶湖の北湖に行く人に、逆にオススメを頂いちゃいましたよ。

t02200147_0720048013022174593.jpg

もちろん、7月30日頃に琵琶湖・北湖に出掛けられた中原店長もビッグスプーンでプチハメ。
まあ、そういう過程を踏まえて、やはり、ベイト絡みの秋には、超釣れる事実は事実なんだが、
これを河口湖バージョンでやると、一発、ミスバイトしたバスを獲れるかどうかが重要な要点。

つまり、表面積が大きいマグナムだと、河口湖のようなハイプレッシャーレイクだと、
逆に、表面積のボディの真ん中をアタックすれば、次は無いな。。。と。
ビッグスプーンを知り尽くしている私だからこそ、このスプーンアタックの仕方はよくわかる。
つまり、一回アタックして、次に、もう一回バイトする連続バイトがあまり無いのだ。

これは、河口湖のハードベイトアラバマしかり、ワーム禁止レイクだと夏はチェイスのみの終わってしまう。
だから、追わせる前にリアクションで食わす、ちょうどよい大きさでティンセルに興味を持たせる。
こういった、数々の工夫と、河口湖のオイカワ・ハスのシルエットに合わせた大きさがキー。



・・・・・・と、やはり、秋になって・・・やはりかと言うと・・・・・わかっちゃいるが大爆釣!!!
アメリカンなルアーなんで、ルアーメーカー関係無しでプロガイドがプロモーションできる。
ただ、いろいろな映像がある中で、まだまだ、スプーンチューンに関して改良の余地あり。
そんで面白いのが、私が、2013年・夏のビッグスプーンPVと同じようなセリフ。
そして、ランディングから、何から何までやっぱり古今東西・スプーンフィッシングですね!!


dairakka_2014102622084924a.jpg

ダイラッカ 水中映像



ちなみに、2013年・夏のダイラッカのPVでは、フォールするスプーンの姿が鮮明に!!
フラッタリングフォールがどう起きて、フックの位置がどうなっているのか。より鮮明な映像で参考に。


宮崎プロをはじめ、そこから私も含め、何年、ビッグスプーンフィシングをやってきたことか。
ようやく、スプーンと言う、古来からのルアーが釣れるという事が、みなさんに伝わってよかったです。


琵琶湖・ダイラッカフィッシュブーム

さてさて、本来のストロングスタイルは、フリッピングやパンチングの琵琶湖の諸富君。
エスケープツイン&フラチャットと言うイメージが強い彼ですが、なんと、ブームに乗っかる!!


1382046_580901695368638_2164159541201803785_n.jpg

お見事なサイズです!!!
  パープルワカサギで釣ってはりますね!!

dr_04_select_201410262159344a0.jpg



10411207_581954935263314_3155962157569707732_n_edited-1.jpg

そして、セミナーを挟んで次の日も、ダイラッカフィッシュの修行だそうで!!
  やばい。 55UPのモンスターキターーー!!

dr_04_select_201410262159344a0.jpg

やっぱり、パープルワカサギなんやね。



・・・・・誠に申し訳ないんですが・・・夏にSEASON3の出荷がありましたが、
お陰様で一部の地域では、やはり秒殺で品切れとなってしまいましてありがとうございます。
現状、ほぼ、どこのネット店舗でも売り切れ、そして、中部・関西はまだまだ大型量販店の
エイトグループさん(エイト・エサ一番)やブンブンさんには、まだ、あるかと思いますが、
今が旬の釣り方だけに、ブームに乗り遅れないように、お早目にお求め下さい!!

ネットショップのかたでも、人気カラーを超仕入れたにも関わらず・・・
そこから追加注文で集めきれず、超売れて売切御免など良く聞きます。。。
まっ! 次回を待てばいいですかね!! って、次回はいつなの!?
2014.10.26 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10733508_627157967407511_1881884165_n_201410241921012a4.jpg

欲針仕様

先ほどは、完全にアタックしてきたバスを掛けたい”欲針仕様”の説明でした。
今回は、真逆の、完全ウィードレスフックセッティングについて。


10735766_627160030740638_310235315_n.jpg

サクラマス用フック

サクラマス用のシングルフックを用意しまsう。
あと、シークレットな小物を2点用意して、サクラマス用シングルティンセルフックを作成。

10749225_627160770740564_250000316_n.jpg

わずか、30秒でシングルティンセルフックが作れちゃいます。

10748565_627161967407111_834060327_n.jpg

こうすると、完全に、ウィードレスセッティングになりますね。
基本的に、ダイラッカは、針が上を向く。
(スプーンは、裏面=ペイント無しの面)が上で、ペイントしてる面が左右にフラッタリングして落ちる。
だから、ペイント無しの面が上なら、フックはほぼ上向き。
こうすることによって、桟橋のロープですら、クリアスルーする。ウィードはまた試しておりませんが。

ただ、一つ言えるのは、このシングルフックセッティングで釣ったことは無い。
絶対的に、ノーマルの状態のままの方が、アクションがいい。


バラシは皆無

それでいて、タックルバランスさえしっかりすれば、ほぼ、バラシたことが無いのが私の記憶。
ビッグスプーンはバラシやすいと言われるが、おおよそビッグバスを含め、95%の確率で捕獲出来てる。
大型になればなるほど、キャッチ率があがっているのも事実。
つまり、スプーンにバスがバイトする前から、フッキングの体制だったり、
確実にバーブを貫くほどのフックアップ、そして、ジャンプさせない。一気にネットランディング。
いろいろと合理的に考えれば、欲針を使わなくても、ほぼ確実にキャッチ出来ていると言うのが事実。


☆祝☆ 視聴者の皆様ありがとうございます。
お陰様で、18000回オーバー再生!!




ダイラッカフィッシュの釣り方を余すとこなく、河口湖・西湖で伝えたつもりです。
ラストシーンの絶対にバスを跳ねさせん!! 一気にネットランディング!!
  ・・・・そして、指クラッチで口切れを防ぐなどなど、バラさない秘訣を探してみよう。
2014.10.24 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_311e4012.jpg

マグナムスプーン アシストフック

そういえば、琵琶湖マグナムスプーンの事で、スプーンについていろいろと聞かれます。
基本、マグナムスプーンやビッグスプーンにアシストフックを装着すると欲針のようでカッコ悪い。

moblog_683256abs_20141024190816884.jpg

そう思っておりますが、まあ、シーバスジギングをはじめ、ソルトジギングをやり込んだ、
いろいろな経験上、絶対に獲りたいという事であれば、時と場合にアシストフックも必要でしょう。


ビッグスプーン アシストフックセッティング

ちょうど、マグナムスプーンは、まだセッティングしてないので、ダイラッカで説明。
フックは、フロント(頭:ヘッド)にガマカツのシーバスアシスト♯1(段差針)を装着します。

なぜ、段差針かと言いますと・・・これは、シーバスジギングの原理。
みなさんで、どう、金属がフォールするかイメージしてみてはいかがでしょう。

10733508_627157967407511_1881884165_n.jpg

ただ、ダイラッカに装着すると、S字系ウォブリングが弱くなり、泳ぎが悪くなる。
ほんのわずかなセッティングですが、実は、ギリギリでフォールと泳ぎを実現している。


マグナムスプーンみたいにバカみたいに、縦にバシバシ、しゃくって落としての釣りだと、
ぶっちゃけ、アシストフックがあろうが無かろうが、フラッタリングフォールのバランスは変わらない。
だから、アタックした瞬間に欲針で掛けちゃおうと思えば、絶対にマグナムスプーンには必要でしょう。







2014.10.24 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
rain2.jpg

気温一桁・激雨のホットな一日

今日は、日中でも気温一桁の降りしきりる雨の中。
こういった日には、低気圧で巻いてデッカイのでちゃうんですよね~。

さかなやボートのお客様が、ノリーズルアーでデッカイの釣ってこられました。

  ↓    ↓

ボートハウスさかなや 釣果情報 10月23日



ディーパーレンジ 3/4oz

おっと! 私がここのところ、気にしている 755 タナベセレクトタイガーですね!!
ライブハスは、昨年同様、ど定番ですが、今年のロットのタナベセレクトタイガーイケる!!

PA210480_201410232005066b1.jpg

  751 ライブハス(G/G)  3/4oz

20131029_04_20141023200629d61.jpg

  748 ライブゴールドアユ(G/G) 3/4oz



昨年の10月は秋が深まれば深まるほどに・・・・・
 スピナーベイト・クリスタルS ディーパーレンジが大炸裂!!!



やっぱ、クリS、エエ感じですね。



本日のタックルをお客様より・・・

range2.jpg

クリスタルSディーパーレンジ 3/4oz タナベセレクトタイガー
今年は、やや発色のいい、黄色系のゴールドに仕上がっているタナベセレクトタイガー。
ライブハスもいいですが、ちょっとしたブレード色のトーンの違いがまた、そそるんです。


ボートハウスさかなや 釣果情報 10月23日





2014.10.23 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka_20140901041640f14.jpg


DAIRAKKA SEASON 3
  サマービッグスプーン 完売御礼!!


DAIRAKKA SEASON 3  2014年 真夏の入荷したダイラッカ。
河口湖・西湖をはじめとする、サマービッグスプーンの時期に当たり再び爆発的ヒットとなった!
そして、亀山湖で、大・大・大・フィーバーすると共に、房総半島でも効果的な事が証明。
もちろん、津久井湖・相模湖などの関東でタフと言われるレイクでもビッグバスキラーとして存在

そういった流れで、多くのビッグスプーンに興味を持っていただいております、
”ビッグスプーンマスターを目指すアングラー”に支持され、今日ここまできました。
そして、小話ですが、10月中旬頃から実は河口湖も、ターンオーバーがはじまると共に、
50後半の限りなくロクマルに近いサイズが、連日あがっていると言うのも事実。
つまり、これは、オータム・ビッグスプーンの幕開け!!


DAIRAKKA オータム・ビッグスプーン

いよいよ季節は、11月に入ろうとしておりまして、いよいよ秋全開と言ったところでしょう。
ちょうど、このタイミングで、ネットショップ各位様のウェブサイトでは、かなり品薄。
正直、ここ数日で凄まじいほどの勢いなんですが・・・・・ひょっとして。



DSC_1642_20141021231229e09.jpg


河口湖・西湖は元より、本当は、琵琶湖ビッグスプーンでも強烈に効くはず・・・・・でも。。。
実際は、2014年度中盤まで、ごく一部の北湖アングラーに支持されておりましたが、
私自身「ついに上陸してしまったか・・・・・」と思えるアイテムが、ここ数日賑わっていますね。

moblog_311e4012.jpg

ただ、このヒュージサイズのスプーンは、私も散々テストしましたが、しんどい・・・・
正直、体がしんどい。。。なんせ、100gを激しくシャクルもんですから、ちょっと難しいかなと。

そこで、原点回帰という事で、圧倒的に使用感と使用しやすいビッグスプーン市場が、
かなり活発に動いているのではないのかな~。と思っております。


オータム・ビッグスプーン 中層回遊パターン

bass2_130829.jpg

秋のベイトフィッシュ回遊シーズンでは、浮いているベイトに付くバスを狙い撃ち!!

bass3_130829.jpg

昨年は、9月初旬頃、ダイラッカ38g(※アユカラー・プロト)にて56cm捕獲!!

ダイラッカ38g 中層のベイトフィッシュ回遊パターン攻略



秋のターンオーバー期の切り札。
  ブレイクレッジのディープのジギングスプーン


bass4_140715.gif

ダイラッカ38g 次の必殺技はディープジギングスプーン

これは、真夏の台風接近時の大荒れの天気の模様になってしまいましたが、
秋のターンオーバー期でも同じような釣り方が成立することが多々あります。
ターンオーバーで、冷え込みがきつく、ディープのピンに居る時に狙い撃ちするパターン。

moblog_05849a83.jpg

必然的に濁っていることが多いので、ゴールド系カラーをお勧めします。
いつもは、ロードランナーオリジナル6100Hですが、HB-680XHのような、
6100Hより、ちょっとショートピッチなロッドで、ジギング的に狙うのがいいと思います。

voicehard_bait_special2_20141014202028396.jpg

まあ、そんなわけで、いよいよ今シーズンも品薄になっちゃったダイラッカ。
果たして、今年の秋冬の再発売ストックはあるのか!? 超気になるとこです。
そして、みなさんの沢山の支持を頂きまして、ありがとうございました。



2014.10.21 Tue l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
10590595_624096211047020_7386612013365277101_n.jpg



2014 Fall & Winter

2014年 9月より続々とオータム&ウィンターアイテムが発売されております。
おっと!これは、Columbia社の秋・カタログでしたね。
ファッション業界も同じく、秋冬モデル発売となり、いい感じに季節の移り変わりを実感。

ここにきて、ノリーズルアーに関して、あまりにも新商品・再生産の出荷が早すぎて、
この秋に徹底的な補充や、使い方のお勉強が、なかなか追いついて行きません。
まあ、秋の巻きに代表される、リアルタイムな製品の登場は、かなりありがたいことです。
それでいて、いろいろと現場で試してみたいものですし。


tadamaki_2013_20141020215803974.jpg

タダマキ112

今や、ど定番になった、水平ローリングアクションのクランキングミノー。
水平ローリングアクションを「これがスゴイ!!」って感じで、よく広告で見たり、
噂で聞きますが、実際は”ローリング + ジャークベイトの飛び”の融合が高次元で必要。
そして、やや深い、2mのレンジを通すことが出来るのが、このタダマキ112


112_138.jpg

NEWカラー登場と神推し!!

今回、新色を含めての登場ですね!!!
新色のライブハスやセクシーシャッドもいい感じですが、次に挙げる神カラーがヤバイ。


   ↓   ↓  ↓


112_219.jpg

神推し!! リフレクトワカサギ

まだ、河口湖で実績もあげてないのに、勝手に神推し水深カラーに決定!!
特に春先のクリアウォーターでのは、ど定番になったオーロラゴーストをはじめとするリフレクトカラー。
これをワカサギちっくにイミテートすると、背中のブラウンは、実は絶対的なカラーです。
来春の河口湖のミノーゲームでモンスターバスを仕留めたい方は、今のうちが買うチャンス!!

※でもね~、タダマキ132にも、採用して欲しいカラーです。


112_297.jpg

もう一色。激推しカラーは、ライブパープルワカサギ。
背中のパープルが、ご当地のカラーをイメージしていていい感じですね。



hulachat.jpg

フラチャット各種 + 14g新登場!!

発売時から、爆発的人気で、安定した釣果をもたらすフラチャット。
よりディープレンジをキープ出来る、14gが発売されましたね。これは、超期待。

・・・・・と言いましても、私自身、ワーム禁止レイクでの釣行が多いもので、
ハッキリ言って、山中湖では、パッケージそのまま使用でいいと思うんですが、
河口湖流のチャターベイト使いは、トレーラーにちょっと工夫が必要な感じです。

1897790_618276004962374_8699151419056803979_n.jpg

最終的な、チャター&ポークトレーラーの結論は、だいたいピンテール。
全ての動きを見て、カーリーテールがダメな事は、ハッキリわかった。
でも、まだまだ、出口が見えない。最終形態が出来上がるはずなので、
また、ビッグバス連発のフラチャットが出来たら、お見せしたいとおもいますね。
しかも、フラチャットは、エコタックルなので、エコ&エコ(アンクル)でやりたいとこ。





c10_p1_20131213220541230.jpg

山中湖センターフィールド

釣具&ボート センターフィールド

238_20131213215941973.jpg

現在の1番人気!! ハーフミラーワカサギは、いつでも定番色。




甲府・バレル

プロショップバレル・ネットショップ

タダマキ112も入荷中!! フラチャットも各種入荷中!!
ああ、ショットオーバー4のホログラムフラッシングギルの登場が待ち遠しい。




10176229_1719478364943373_5094905593232803267_n.jpg

キャスティング 岩槻店

キャスティング岩槻店

  カリスマ店員・北見プロがいる岩槻インター店にも入荷中!!
  おっと!! 光輝く、キャスティングのトーナメントシャツの北見プロが準優勝。
  優勝の初澤さんをはじめ、準優勝の北見プロ、おめでとうございます。




博多・ハニースポット

ハニースポット





琵琶湖・セブンパームス

セブンパームス

※Web Shop → 左の欄 ”ルアー” → ”マルキュー/エコギア” でノリーズ製品を検索出来ると思います。

関西・九州、遠方ですが通販もありです!!



岐阜県・コアなバスショップ

ルアーショップ アンドウ






タダマキ112の動画




2014.10.20 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ヤバイ。

実は、近日、モンスターバスがビックスプーンで炸裂してんやね!!

噂を聞くと、今週、58cmとか57cmとか釣れてんねんや。



うらやましいっす。

私も出遅れんように、早く釣らんと。


みなさん、キッチリ、動画とかみて、ビックスプーンマスターしてんやね。
2014.10.17 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka_20140901041640f14.jpg

norise/ecogear-movie

ノリーズHPのインフォメーションにて、norise/ecogear-movieが公開されました。
今回は、田辺先生が”ダイラッカ38g 本気の使い方”と題して、
ツーレイク & 2dayで、トレイルして、ダイラッカを投げて、超解説してますね。



全レンジ・全ストラクチャー攻略

相模湖編では、ダイラッカで何でもやっちゃう的な解説が超参考になります。
マンメイドストラクチャーはもちろんのこと、どシャローのブッシュ攻略、
ちょっとしたショートポイントの岬エリア、そして、ど定番のディープフラット攻略など。


でも、なんでもかんでも、ダイラッカでやっちゃっていいの?
そう、思ってしまいますが、いいんです!!いいんです!!いいんです!!!



相模湖では、なんでもやっちゃっていいんです!

2013・プロトサンプルからダイラッカが上がってきた当初から、
田辺先生が、相模湖にて、それはそれは、すごい釣果を叩きだしていたのは内輪の事実。
ダイラッカオンリーで、夏に約15本、MAX48ぐらいのスコアで最高だよ!!
そういう話をタイムリーに聞いていた事を覚えております。


ロッドチョイス2本

今回の相模湖では、オープニングでロッドを確認出来ますが、田辺先生は2本のみ。
ビッグスプーンのど定番スポットでは、HB-680XHでしっかりしゃくって、
ブッシュやオダなどのカバー打ちでは、ST720H仕様で、カバーはこれだ!!
そんな、適材適所でロッドチョイスを合わせていくというメッセージを受け取ることが出来ます。

voicehard_bait_special2_20141014202028396.jpg

ディープフラット攻略

HB680XH EXTRA ENERGY DRIVE HVY

今回ディープフラットで登場している、ダイラッカスティックは、HB680XHモデルですね。

structure_20141014202202cb2.jpg

ST720H "BULKY BAIT"

ブッシュなどのカバー打ちで、ショートディスタンスで決めるのは、ST720H!!



image234.jpg

そう言えば・・・・・・最後の最後にダイラッカのカラーリングの解説がなかったんですが。
これは、きっとメッセージなんでしょう。

みなさんが、気になっているシャクリ方、カウントダウン、ロッドセレクト。
そして、根掛かり、巻いた時のスイミングなど余すとこなく伝えた今回の本気のダイラッカ。
基本的な部分を抑えつつ、多くを語ったこのムービーは、一つのビッグスプーンの方向性。



さて、語らなかったカラーリングについてですが、これは、みなさんで見つけてみましょう。
よ~く、ダイラッカフィッシュの釣果写真を見てみると、それぞれのレイクカラーがあります。
つまり、ベイトフィッシュをモチーフにした、ご当地カラーが存在するはず。

それと、人それぞれこだわりがあって、西さんが、亀山はシルバーっすよ。
って言っても、田辺さんが、あさイチ、そのストレッチ、ゴールドでも釣れたし関係ないんじゃない?
とか、いろいろ、カラーリングにおいても、楽しみや人それぞれの語りが多くなりますよね。



私的には、一応の、マイ基準はあるんですが、まあ、見つけてみましょう。
一番好きなのは、プレミアムゴールドとゴールドクラウンなんですけどね。。。





2014.10.14 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
imagewabe2.jpg

可航半円と北の前線

今回の台風19号は、北に伸びる前線の影響で夕方から雨量が多くなった感じ。
そして、深夜頃の通過でしたが、一番雨量が多い雨雲スポットは外れた感じですね。
前回同様、甲信越は、可航半円で、風は、それほどでもなくて、無事ホッとしました。
ただ、写真は、今回は東の等圧線が迫っており、吹き返しが強いと思ったらやはり。

今回も、台風前から冷たい雨でした。水温20度から、どれだけ低下するのか?
どれだけ水中が冷えたかが、今後のゲームにどう影響するかですね。
放水無く、水の流れがなければ、ターンオーバーが進行して、ウィードエリアに、
バスが留まることが多くなり、状況によっては、スーパービッグバスゲームが出るかも?
2014.10.14 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
imagerain3.jpg

台風前の荒食い!?

本日は、石原様と一日コースで出航しました。
気になる台風の接近も深夜頃という事で、台風北に延びる前線により、
しとしと降りながらも、低気圧接近前の荒食いに期待して、いざ、出航する。

天気予報では、夕方頃から雨脚が強くなる気配だったので、
夕方スパッと切り上げるようなプランで、朝からビッグゲームを開始する。
ここんとこ、西湖放水口が開いているので、期待したターンオーバーも無く、厳しい展開。

前回の台風後には、クランベイトが一瞬、ターンの濁りで炸裂していたのだが、
その後は、クリアウォーターになってしまい、なかなか難しい展開を余儀なくされる。
まあ、そんなことは言ってられないので、水の流れを意識したゲーム展開。

変化するウィードエリア

朝から、連日チェックしているウィードエリアをランガンしてみるも何も無し。
ベイトフィッシュは接岸しているピンもほんの10m×2箇所ぐらいなんだが、あることにはある。
だが、この決定的なエリアで何も起きないので、東奔西走・・・・・ニシヘヒガシヘ走る。
そして、暖かくなったタイミングで、ズバッっと石原さんが決めてくれました!!


ヨッシャ!!キタ!!

スピナーベイトスローロールにガツン!


20141013_04_edited-1.jpg

  ナイスフィッシュをスピナーベイトで捕獲!!

これで、なんとかタフタイムを打破出来ましたね~。
その後も同じような秋のウィードエリアってやつをランガンするも、後が続かない。



スピナーベイトスローロール!!

10710604_619421594847815_4982535122698542362_n.jpg

私のこの秋のビッグバス捕獲率が高い、必殺技のディーパーレンジ3/4ozスローロールも・・・・
バイトがあるのだが、実は、30cmぐらいがチェイスしたり食って来たりするだけで、フックアップもせず。


午後から東風強風

そして、ごごイチは、東風強風のタイミングも合ったり、
東風強風は、かなりの確率で釣果が伸び悩むのが難点で、かなりヤバス。
その後も、ディープウォーターもチェックしてみたりするも、ディープウォーターはさっぱり反応無し。
いろいろとB級スポットもまわってみるも、厳しくタイムアップで終了となってしまう。



2014.10.14 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka_20140901041640f14.jpg

norise/ecogear-movie

ノリーズHPのインフォメーションにて、norise/ecogear-movieが公開されました。
今回は、田辺先生が”ダイラッカ38g 本気の使い方”と題して、
ツーレイク & 2dayで、トレイルして、ダイラッカを投げて、超解説してますね。



カウントダウン

亀山湖編では、カウントダウンの解説が超参考になります。
自分的には、20m~30mのキャストのテンションフォールでは、60cm/秒となります。
つまり、タカヒロ足立流では、約12mボトムでは、20秒での着底が目安となっております。
あくまで、キャスト飛距離、フリーフォールなどでフォール速度は、
フラッタリングの水流抵抗で変わってきますので、自分なりのスピードを求めてみよう。

20091204002250_201410090855174f2.jpg

縦ストと根掛かり回避

そして、亀山湖特有の橋脚や立ち木などの縦ストラクチャー攻略編。
当然カバー打ちになると、ラインの太さ(20lbがベスト)根掛かりの外し方も参考になります。


voicehard_bait_special2_201410082144584c4.jpg

HB680XH EXTRA ENERGY DRIVE HVY

今回登場している、ダイラッカスティックは、HB680XHモデルがいい感じですね。
自分的には、オリジナル・6100H SLOW ROLLING & HEAVY COVER ですが、
大きいリフト&フォールアクションでは、6100Hクラスのロングロッドでやり、
ジギングスプーン&カバー打ちのような、しゃくるゲームとキャスティング精度が生きる場合は、
6100Hよりちょっと短めの680XHのロッドチョイスもいいという事なんでしょう。


ビッグスプーンゲームは、かなりやり込んでみると、結構、人によっても違いが出ると思います。
一回で1m50cmリフトする人もいれば、小刻みに50cmずつ3回しゃくる人も居たり、
ロッドに関してもオリジナル・ストラクチャーシリーズなどいろいろありますので、
ビッグスプーンで釣り込んでみて、それから、開眼すればきっとベストタックルが見つかるはず。

kutimoti_20141008215254af3.jpg


あとは・・・巻きスプーンも奥義中の奥義の一つにあります。
ビッグバスが本気でチェイスして、ガツーーンと後ろからひったくるようなアタリは最高です!!
何気に、私的には、ディープ中心のアイテムでしたが、ダイラッカは、
意外や意外、全レンジ対応のオールラウンダーという事もわかってきました。
その辺は、続きの相模湖編も、要研究です。
2014.10.08 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



可航半円と北東の前線

台風の北東に伸びる前線の影響もあってか、かなり雨量はあった感じですね。
雨台風、甲信越は、可航半円で、風は、それほどでもなくて、無事ホッとしました。

ただ、台風前からかなり冷たい雨でしたので、水温23度から、
どれだけ水中が冷えたかが、今後のゲームにどう影響するかですね。
ターンオーバーが進行すれば、初期の段階ではスーパービッグバスゲームが出来ます。




台風一過

台風一過後は、すっきりとした凪の秋晴れとなりました。
少し水はターンオーバーして、オータム・オリジナル・ビッグバスパターンが楽しめそうです。
ただ、この秋晴れも今週の平日いっぱいそうで、週末は次の台風の影響も出てくるかと。
2014.10.06 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
center2.jpg

山中湖センターフィールド

先日は、密かに、大急ぎで山中湖センターフィールドへアイテム補充。
店内をゆっくりしたいんですが、なんせ、いろいろフォトも溜まっており更新しないと!

lure2.jpg

秋の巻きモノシーズン開幕!!

ノリーズ・クリスタルSシリーズ & ボルケーノグリッパー いつでも買えます!


CS2.jpg

ディーパーレンジ 3/4oz

個人的に、推しクリSは、ダブルウィローのディーパーレンジシリーズ。
一番使用頻度の高いのが、3/4oz。ウィードのアウトサイドや溶岩帯を引きます。


NEW! 2014 追加カラー

実は・・・・・今年のNEWカラーが気になっているところです。

755.jpg

755 タナベセレクトタイガー(G/G)

733.jpg

733 マッディインパクト(G/G)


この時期のターンオーバーの激濁りになったら、ハイアピールのカラーチョイス。
あと・・・実は、上記の2カラーをよ~く見てみると。濁りに強いことがわかります。
あと・・・クリアウォーターで濁った時の、レッドスカートのスパイス的な効果も!!


右メニューにある通り、個人的にオールラウンダーは、ライブハスですが、
シルバーブレード・ゴールドブレード・ガンメタブラックの3種類を用意して、
クリアウォーターなのかマッディウォーターなのか透明度で使い分けましょう。



あっ! ダイラッカもまだまだありました!!

ただ、肝心な超売れ筋カラーは、なかったんで・・・~♪ ありがとうございます。



そうこうしている内に、田辺先生が、亀山湖と相模湖で超解説。










2014.10.06 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
IMG_1463_edited-1_20141005200659f70.jpg

オータム・ロクマルモンスターの話

そう言えば、先日、ほさかさんがロクマルモンスターを捕獲した話。
ちょうど、この日は、台風の2日前で、速度の遅い台風(30km/h)以下ほど、
前触れの低気圧接近の初日(気圧が変わった初日)は荒食いモードとなり、
直前では、お天気崩れているのに、意外とテンションダウンで食わない。という事もある。

まあ、そんな感じなんですが、事前の状況は、連日、秋晴れで日中は凪の夏日でタフ。
そこから、一気に気圧が変わり、曇り空で食い出す状況にあった。

image887960.jpg

もちろん、私の方も、あさイチから1発エエのでて、いい感じだったんですが。
あさイチフィッシュのUP50でいい雰囲気になってしまったのが、ちょっと甘かった(笑)

moblog_1975c9e4_2014100822490678d.jpg


そこに、いきなり、ガラケーに写メが送られてきて・・・・・しかもデカイ!!
55UPぐらいかな~。と思ってたら、ロクマルモンスターという事でヤバス。

image98765_edited-1.jpg

ちょうど、ほさかさんが釣った時に、助さんが立ち会ってくれて、ありがとうございます。
必ず、デッキとメジャーを水に濡らし、または、クーラーを置くシートなどで
サイズ計測すると、バスにとって、魚体のダメージが少なくいいと思います。
もちろん、助さんはバスのケアを熟知しておりますので、ちょうどよかったです。

P5100085450_2014100822231389d.jpg

これは、以前、計測した時ですが、クーラーを置くPVCマットのようなモノ。
水が張れて、魚体のダメージを最小限に抑えるようにしたいですね。


かれこれ、いろいろやっていると、全く同じバスを何度か釣ることがあります。
つまり、ネイティブバスなんですが、リリースフィッシュを何度か釣ることがあります。
それは、バスの魚体のホクロの位置であったり、片目の傷だったり、
いろいろな特徴があってこそわかることなんですが、
写真の撮影時間を短くしたり、エアーレーターを使用したり、ケアして、
ちゃんと元気にリリースすれば、意外や意外、近場でまた釣れたりするんです。

さらに、細かく言うと、エアーの入り具合、プリのバス、夏場のバス、冬のバスなど、
いろいろなタイプのバスがいるので、そのバスの身体的特徴にあわせて速やかにリリース。
時期によってエアの入り方が違ったり、水温で酸欠具合が決まるのは当然の知識で。


image98765_edited-2.jpg

お見事な、ロクイチ!!

おっと! 話がそれてしまいましたが、ロクマルハンターお見事でした!!
私がこの秋、求めていたサイズだっただけに、ちょっと内心複雑でしたが、
やはり、今までのやり方でロクマルモンスターが出たか!!って思ってしまいました。
ただ、私はその時間帯(タイミング)に、そのスポットに向かい、
その釣り方を展開することは、当日構想外だったので、おそれいりました。


そして、何度も何度も潜られたようですが、よく耐えて、無事キャッチしたことはお見事!!
超特大をバラシタとか切られたとかいろいろありますが、ちゃんとしたタックルシステムを
駆使すれば、フックアップさえすれば、バラス確率はかなり低くなるはずなんです。
なおかつ、求めるサイズだけを釣るパターンを煮詰めれば、怪獣が出るのがこの秋。





2014.10.05 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20141005_11.jpg

タカハシ名人登場!

本日は、高橋名人親子様と出航しました。
昨年も同時期にロクマルモンスターをキャッチされておりますので、今日も期待!!

DSC_0113_20141006085513662.jpg

これは、昨年の9月14日のロクマル写真でしたね。
オータムビッグバスシーズン開幕期(だいたい8月下旬か、9月上旬が開始号砲の合図)
その時に、あがったスーパーモンスタービッグバスのUP60!!

台風前2日目は沈黙!?
  オータム・オリジナル・パターンで挑む。


がっ! 昨日、台風2日前の荒食いモード(Xデー)と私は予想しており、
今日は、台風直前でひょっとしたら、スーパーモンスターは食わないかも!?
なーんて、思っていたけど、雨も降っていたし、いろいろなパターンで楽しめそう。

moblog_92e32bcf.jpg


秋雨のオリジナル・パターンメニューは、スピナーベイト・ラバージグメイン。
ミドルレンジを中心に巻く・撃つ、シャロー側はバズベイトでリアクションバイト!!
・・・・・あとは、条件次第で、スーパービッグバスを仕留めるべく、極秘テクニックも駆使。


雨だったのでいろいろやってみると、1時間後にようやく、ビッグバイト!!
ここ最近、ドラグやラインチェックなどの凡ミスが多かったので事前にしっかりチェック。
ビッグバイトしたら、ロードランナーロッドパワーで一気に引き寄せて、無事ランディング。

image248.jpg

ナイスな1本をおめでとうございます。

moblog_664008fe.jpg

ロードランナー・ストラクチャー 670H に ハーフオンスジグ 相性抜群セッティング。

最近、パパさんが絶好調のようで、今回もミッションクリア~。ですか!?


それからは、同じようなオータム・オリジナル・パターンで攻めるもノーバイト。
似たようなエリアをランガンするも、なかなかバイトが得られず、
午前中の最後は、トーナメンターが沖目でライトリグで結構バスを釣っていたが、
私のオータム・オリジナル・ビッグバスパターンではないので、別のビッグを探す旅。

10686976_615841188539189_7830368361800910117_n.jpg

なんせ、グリーンの竹林状態。
ロードランナーシリーズの巻き・撃ち用のベイトロッドでやってるもんですから。

ごごイチフィッシュ炸裂!!

そして、雨は降っていたのだが、後半戦スタートで、ごごイチフィッシュが出ました!!
パパが、手首周りのグローブセッティングを構っていたら、先を越されました的Fish!!
まー、ストロングな釣りは、最初の1投でタイミング良く投げればルアーが強いので釣れる。

20141005_08.jpg

これまた、ナイスな1本をお見事です

10626622_615799005210074_547859934258000819_n.jpg

モモ君は、ロードランナー・オリジナル 6100H に ハーフオンスジグ セッティング。
ロードランナー・オリジナル・6100H ネーム:SLOW ROLLING & HEAVY COVER
一家に3本あってもいい!!と言うほどの使用頻度が高いRR6100H。

・ダイラッカ
・スピナーベイトスローローリング
・ラバージグ

パワーフィッシングを何でもこなせる、ヘビー系オールラウンドロッドのテイストが最高。
個人的には、ダイラッカスティックで6100H&エクスセンスDCが最高にマッチ。


夕マヅメ時のビッグバス狙い

まあ、このままでは、サイズ的に、まだまだ満足が行かないので、サイズアップを狙う。
一発大物が出そうなエリアをくまなく回ってみるも、だんだん寒くなってきてしまい、
ベイト反応が一旦、下がって沖目のような感じでさらにゲームは難しくなってしまう。
16時頃、再び、ビッグバイトがあるも、これは、一瞬掛かったと思ったがバレて終了。
雨で寒い中、お疲れ様でございました。ちなみに、私はフル防寒でした。


気温12℃の雨天のコンディションのウェア

ハッキリ言って、激寒で冬の防寒防水が必要となってきております。
一日中雨ですと、防寒防水は、だんだん染みこんでくる傾向にあるので、ガッチリ着込みます。
ちなみに、ゴアテックスですと、快適なんですが、暖かいゴアがまだみつかってないので。

気温12度・雨天のウェアデータ

  ・シマノ STRV7
  ・ティムコ・フォックスファイアー
  ・無地トレーナー
  ・ノリーズロングTシャツ

  ・シマノ STRV7
  ・ティムコ・フォックスファイアー
  ・無地ジーンズ
  ・パイルタイツ


  平均4枚の重ね着・防寒防水の下に、さらにレインウェアを重ねると言うダブルレイン。
  トレーナーなどの暖かいウェアを挟んで、下にはさらに、ロンTやパイルタイツで保温。
  まあ、ここまでしないと、極寒の河口湖で正確に、正常な判断で戦えないのです。
  あと、補足で、さらに寒いなら、ホカロンをご用意下さい。
  冷え症なら、体を温める作用のあるさらに、麻黄附子細辛湯などの漢方も(笑)
2014.10.05 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
cloud2_20141006191818157.jpg

久しぶりの低気圧&曇り空

今日は、ちょっとお久しぶりのもろとみ様と出航しました。
ちなみに・・・・・ここんとこ”求めているサイズを狙いすぎ”感があったり。
ハードルをかなり高くしてしまったモンで、連日、超集中してやってみるもノーフィッシュ。
3日間、のべ、約30時間ノーフィッシュだったんです。
ギュイーーン!!とベイトタックルが引き込まれるようなチャンスはあったんですけどね。

そして、ここ数日のお天気は、決まって快晴で、日中は夏日のどピーカンとなる。
大型ベイトにボイルしているバスがいたり、スポットは当たっているがどうも、
ガッツリルアーで狙えるバスが少なく、どうにもこうにも、東奔西走だったのです。

遅い台風の2日前の低気圧

前置きはさておき、本日は、台風接近2日前の久々の曇り空となり、これはチャンス!?
タカヒロ足立的には、台風前の荒食いは確実にあるんですが、それが、何日前なのか?
速度が遅い低気圧ほど、その前触れがあり、その前触れの日はよく食うんですが、
翌日も小雨や雨で超釣れそう・・・・なんて思っても、実は前日に食べ過ぎて、
逆に、バスの食欲という点においては、なかなか厳しかったりもするのです。


開始早々、15分のビッグ決着!!

開始早々、今日のオリジナルパターンをイメージしながらランガンすると2箇所目でHit!!


キターーー!! 右へ左へギュンギュン走るビッグバス!!



image65748.jpg

お見事!! モーニングフィッシュ!!

開始早々、久々のフィッシングながら、UP50を楽勝で捕獲!!
快晴どピーカンから解放された、久々の曇り空で決着は15分でついた!!

20141004_04.jpg

フォー―――!! エエさかなですね!!!

image887960.jpg

メジャーでは、51cmに見えますが、口閉じお開きで、実寸は50cmのビッグ!


ただ、それからとは、いうものの、同じようなスポットをランガンローテーションするもバイト無し。
いつもと同じように、スーパービッグバスを求めてのオリジナル・パターンを試すもノーバイト。
スピナーベイト・クランクベイト・ラバージグをメインにローテーションするもバイト無し。
そして、午後からもバイトは無く、かな~り寒くなってしまったので16時前には撤収。
お久しぶりの釣りながら、いきなりのUP50捕獲でお見事でした。


初秋のXデー・ロクマルのタイミング!

さて、いつもと同じオリジナル・パターンで、秋のモンスターバスを、
差してくるタイミングで、だいたい同じスポットをタイミング良く狙うのがオリジナル・パターン。
やっぱり、キャストしている場所には居て、食欲がある日は、簡単に食っちゃうんですよね~。

IMG_1463_edited-1_20141005200659f70.jpg

同日、ロクマルモンスターもあがっていたし、湖全体で考えると、
バスの食うタイミングの平均値としては、かなり高いレベルにあったのでは、ないかと思いますよね。

ただ、ロクマルモンスターに関しては、絶対的なタックルシステムや、
かなりシーズナルパターンを煮詰めた、究極のレベルでしか獲れないのは間違いない。
運の要素もあるんですが、やっぱり、テクニックと技術で釣るのがバスフィッシング、。
2014.10.05 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
初秋のハイライト

9月30日までの河口湖釣果情報です。
8月25日~9月16日までの模様をお伝えできたらと思います。

fukei.jpg

お盆台風後に、夏終わり。

まずは、秋のはじまり感があったのが、8月21日前後の通過した台風11号。
この台風11号の影響で、お盆期間中は、曇りや雨が多くなっていました。
一年で、一番暑い真夏日の終わり頃が、逆に涼しくなってしまい釣りやすかったですね。
そして、台風通過後は、やっぱり、涼しくなって、完全に夏終わりって感じでした。

スピナーベイティング

securedownload44_edited-1.jpg

夕方のタイミングで50近いビッグバスが、クリスタルSで釣れてましたね。

deeper_range_20140826220251000.jpg

クリスタルS ディーパーレンジ 3/4oz

moblog_92e32bcf.jpg

クリスタルSディーパーレンジ 3/4ozは、河口湖の秋のウィードアウトサイドを引く。
一番実績があり、3/4ozというウエイトが使用頻度多く、3~6mをカバーするアイテム。
個人的には、ライブハスのような、ゴールドブレード&ブラックヘッドがいい感じ。


オーバル・フットボーラー

imagegogog_edited-1txw.jpg

8月30日の秋の小雨の日では、55cmのモンスターサイズもあがる!!
オーバルヘッドジグ(改)のフットボールジグのアウトサイドウィード撃ちで捕獲。

10612670_589900497799925_7174542025732353325_n.jpg

オーバルヘッドジグ 5/8oz(改)

oval_head_jig_20141003090811b90.jpg

河口湖対応・ポークリンドトレーラー、 ”ビッグダディ専用・仕様” に改造したオーバル。
基本ウエイトは、1/2oz、5/8oz、3/4ozと、風や流れでフォールスピード調整する。
実は、一番実績があり、5/8ozという中途半端なウエイトがいい感じなんですね。


トップ道はつらいよ

20140910_07_edited-1.jpg

9月10日には、まだまだ水温が高いのでトップウォーターで出ました50UP!!

imagetop9994567890.jpg

はじめてのお客様が、お気に入りの”レアなウッドペンシル”を投げてました。
ロマンメイド製でちょっと品名までは分からないのですが、オイカワっぽくぴちゃぴちゃ。
いろいろなルアーで釣れるのって本当に楽しいですね。日替わりメニューはつらいけど。

あっ!!この前後で、やっぱりトップで50バラシとかいろいろあったんです。
フィネスフィッシングで50近いのも釣れたりしましたけど、一応、ハイライトなんで!!



さて、さらにさらに、9月16日の保安区域解禁を境に、平日・土日を問わず、
一発大物を期待したら、ワンバイトワンフィッシュながら、大型が突然、釣れてましたね!!


初秋ハイライト その2.

9月30日までの釣果情報です。
9月16日~9月30日までの情報をお伝えできたらと思います。

image4807889.jpg

スカッっとした、快晴凪の夏日

お盆台風通過後ですっきり涼しくなったと思った河口湖でしたが、
やっぱり例年通り、秋晴れの日が続きました。
ただ、秋晴れといっても、かなりの猛暑という感じで日中は半袖でも暑く夏そのもの。
朝夕は、12℃前後の冷え込みもあるので、防寒と半袖の両方が必要ですね。

9時を過ぎると、夏日・凪のコンディションで、なかなか難しくなった今年の9月下旬。
朝はかなり寒いので逆に寒暖の差のタイミング次第もありましたが、
日中は、フィネス日和になってしまい、なかなかデイゲームがキツかった時があります。

そして、なぜか、西湖放水が止まっても、この時期のターンが収まってしまい、
逆にクリアアップしてしまい、さらに、このクリア独特の難しさ、
そして、秋晴れで雨が降らずに、減水でウィードが浅くなってしまい、さらに激ムズ。
まあ、それでも、なんとかかんとかビッグバスを仕留めることが出来ました。
ただ、やっぱり、少しのミスやあわやバラシと言うミスや、
バスの活性が夕方でも低いのか?ブレードバイトだったりちょっと厳しめの9月下旬。


保安区域解禁日の一発!!

20140916_04color.jpg

そして、期待大の9月16日は、惜しくもロクマルに届かなかったが。

  58cm・3070gが出ました!!


再び、おかわりフィッシュのタイミング

20140923_15_edited-1_20141003093500a6f.jpg

そして、次の週ぐらいには、55UPのまたまたモンスターサイズ。

56cmのモンスターバスを捕獲です!!

image3456_edited-1.jpg

なんか、流すようですが、これも50近いビッグサイズ!!
ただ、この日は、午前中でUP50をバラシているだけに、タックルを修正しての捕獲!!
まあ、リベンジフィッシュでよかったとしましょうか。

20140924_072587_edited-1.jpg

もちろん、秋のスピナーベイティング・スローロールでも52cmが釣れました。

voice_buttom_20140906172338d18.jpg

ノリーズ・ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャル
巻きモノど定番、超巻きやすく、ロングロッドで飛距離を稼げるハードベイトスペシャル。
HB-760M & 3/4oz スピナーベイトでのスローローリングは河口湖の定番スペック。

image45890.jpg

ベイトフィッシュが沖を回遊しているタイミングこそ、スピナーベイトスローローリング。
ウィードのアウトサイドをロングロッドで飛距離とトレースコースを稼ぎ、キッチリ通します。
タイミングさえハマれば、一撃でガツンとビッグバスがスピナベで釣れるのが快感!!!



秋のはじまり、初秋の陣、ビッグバス安打率は、まあまあといったとこでしょう。
MAX58、56、52cmをはじめ、50前後が3割3分3厘ぐらいの確率でヒット!!
まあ、バラシが無くてノーミスだったら4割ヒッターぐらいに到達する感じなんですが。
ただ、本当にチャンスが少ない日もあるので、一日平均でここぞって場所で仕留めたいとこ。

image98655.jpg

誠にすいませんが、ここ最近で、ちょっと小さ目の印象なのが47?48サイズ。
でも、この日は、スピナーベイトで朝バラシや、ビッグバドで50ミスバイトとか、
まあ、いろいろあったんですが、今年の初秋のスタートダッシュは少しミスも目立つ。

キッチリガッチリ、釣る前から、ドラグやタックルバランスを調整しないと。
私自身もお客様にいいワンバイトをものにしてもらいたいので、事前にチェック致します。
まあ、これで、獲れなかったらしかない。ぐらいの勢いで台風明けの中秋に挑みます!!

2014.10.03 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析