hyou1_73.jpg


2014 8月号 Basser誌

今月号のバス雑誌各社もいよいよ25日を皮切りに発売されていますね!!
バサー誌は、26日発売予定です、全国に入荷予定とのことです。


今回は、お馴染みの田辺道場にて、あの田中大介プロが中国エリアで取材協力。
かなりコアなゲーム展開だったということで、とっても内容が楽しみですね♪

1402003229117.jpg

色々な駒があるノリーズルアーですが、ハードルアー・ワーム各種ラインナップ。
とりあえず釣れるアイテムを使って釣る。王道の釣り方もいいですが、
そうではなくて、その現場でのストロングなパターンでハメるゲーム展開は尊敬に値しますね!!


また、別件ですが、田中大介プロブログにてスピナーベイトの記事がありました。
田辺プロのスピナベ特集の撮影で、かなり内容の濃い解説になっているようです。






あっ!!


そう言えば、伊藤巧プロのブログにも・・・・・・


伊藤 巧プロのブログ TOP

伊藤巧プロ 津久井湖プラ H1グランプリ


津久井湖にて・・・
言っちゃっていいのかどうかわかりませんが、

hira_crank_gill.jpg

こんなのなや!

dairakka_2014062420583476d.jpg

こんなのでデッカイのが釣れている様子・・・・・

dr_02_201406290914156b3.jpg

オイカワですね。


ハイクオリティーなルアーは、どのフィールドに行っても、いとも簡単に!?
いやいや、そう簡単じゃないけど・・・結構簡単そうにビッグバスがキャッチ出来ます!!




スポンサーサイト
2014.06.29 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、ご新規のお客様2名様と出航しました。
はじめて・・・という事で、ここんとこ夏っぽくなり日中パワーヒッターは厳しく。

「本日は、どういう釣り方をリクエストですか?」的なことを聞いてみるが、
どうせなら、ビッグフィッシュを狙って釣りたいですね。というご返答です。

ただ、やはりノーフィーは嫌なので、私的には、とりあえず朝は必ず釣っておきたいとこ。
でもね~。お客様は、ほとんどM以上のパワーヒッターベイトタックルばかりなんで。
だいたい平均値がHで、XHとか、普通のタックルに組み込んであるのでこれで戦うしかない。
これは、これで釣れる感じのバスを釣って行くしかないんだけど、現実は厳しいぜ~。

雨のあさイチ

あさイチから、まずは、数釣りフィッシング~♪ と、行きたかったとこですが、
雨でも岸釣りのみなさん超大混雑大賑わいで、第1箇所目は、全く入れるスペース無し。
しかたがないので、2箇所目へ~♪と思ったのだが、やめた。。。。。。。。。。
そのまま小雨になり、トップで釣れそうな雰囲気だったので、トップウォーターで流し打ち。
だが、さっぱりバスからの反応が無く、いったいどうしたの~?って感じなんです。

嫌な東風

そのまま、トーナメントもはじまってしまい、全くノー感じのまま、東風でさらに状況悪化。
まー、基本的にビッグベイターであり、パワーヒッターなんで釣るのは難しいでしょ!?
いろいろ試行錯誤して、エリアも細かくローテーションすると、突然、ビッグバイト!!!!

20140628_0555555_666666.jpg


タカヒロ足立・黄金の伝統ラバージグフィッシング!!

ガンタージグ&ビッグダディでビッグアフター捕獲セリ!!

ちなみに、サイズは、51cmのビッグバス!!

20140628_072800_555555.jpg

いきなりのしびれるバイトでしたね~!!
サイトマンやライトリガーとは、また一味違った、ハイクオリティーな釣り方。

gunterjigflip_20140628204438233.jpg

昔ながらのガンタージグ&ビッグダディで捕獲!!
ただ、ガンタージグにはちょっとした秘密があるんですが・・・・・難しい。



サマービッグスプーン!!

ただ、そこからは、全くなにも起きずに、ライトリガーな方は多かったけど、どうなんだろう。
・・・・・と思っていたら、いきなり、私のビッグスプーンにダイラッカフィッシュがバイト!!

20140628_13.jpg

おおっ!! プレミアムなゴールドのダイラッカフィッシュ!!

DR_10_20140628204437bb3.jpg

No. DR10 プレミアムゴールド 2014 NEW


午後も、東風爆風

午後もいろいろと試行錯誤しながら、ベイトラインを見ての釣りになるがバイトが遠い。
ビッグベイトもしっかりとキャスティングコントロールが出来れば、バイトチャンスはあるのだが。

私が投げると、1撃で猛チェイスしてくるとこを見ると、やはり最初の1投とコントロール次第。
まあ、こればっかりは、タイトキャストと着水点のコントロールと技術がいるところです。
つまるとこ、毎回毎回ビッグベイトを投げてビッグベイターになればいいんですけどね。


さて、、、、、、、、いろいろチャンスはありそうなんだが、やっぱなかなか難しい。

20140628_282500_5555555.jpg

15時より小雨が降ってくることが多くなり、ちょっぴり雨に濡れる感じで東風強風。
締めフィッシュは、ラバージグ&ビッグダディでビッグサイズも捕獲セリ!!

いや~、なんだかんだ言って、一回もあの場所へ行かずに数釣りもすることはなかった。
ラバージグ&ビッグダディで2発、ダイラッカ(プレミアムG)で1発。
3バイト3フィッシュ、最大魚51cmのアフタービッグ3発で終了~
いや~、ここんとこブラインドゲームは厳しいけど、なんとかなった感じですね♪
2014.06.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka_2014062420583476d.jpg

夏こそビッグスプーンマスター!

ここ最近、よく聞かれるのが、「ビッグスプーンでの釣り方」や、
もっと奥に踏み込んだ、ビッグスプーンマスターのみが到達した究極の極意の世界。

一投、一撃。
ダイラッカをキャストしてフォールさせるだけで、ビッグバスが簡単にキャッチできる。
実は、キャスティングからランディングまで、様々なコツが幾つかあるので紹介します。

キャスティングフィール、リフト時のストローク幅、ピックアップリトリーブ。
フッキングからランディングまで、実は一つ一つの動作を丁寧にやることが大切。
スプーンマスターへの道は、奥が深く、システマチックにすでに完成された釣り方。

また、既に完璧に完成したビッグスプーン(ダイラッカ)ではあるが、
なぜ、このスプーン:ダイラッカだけが、ビッグフィッシュを効率よくキャッチ出来るのか?
その理由とは? 実は絶妙なバランスで出来ている。その秘密も公開しよう。

ビッグバスキラー、ダイラッカの秘密

●ハイスピードフォールスピード

毎秒60cmという、ハイスピードなリアクションフォールスピード。
ハイスピードリアクションフォール時には、強烈なフラッタリングでアピールし、
かつ、ビッグフィッシュにルアーかどうか認識させる前に、リアクションで慌てて食わせる。


●スケールカラー & プレミアムカラー

初回、全8色(ベイト系 6色、ゴールド系 1色、クラウン系1色、)
さらに、プレミアムなゴールドとシルバーの2色が追加され、現行版は、全10色。

20130829_02_20140624184421c25.jpg

ステインウォーターでも最も効果が高く、TVやmovieでも、ビッグフィシュを連発していて、
大人気だったのが、初回発売された、ゴールドラッシュ。これに、もう1カラーゴールド系が追加。
ゴールドラッシュは、塗り金で、どちらかと言えば、少し落ち着きのある味わい深いゴールド。

20140623_07.jpg

現状の河口湖はクリアですので、シルバー系統の方が反応がいい感じですが、
ちょっとステインウォーターになれば、このプレミアムなゴールドは相当イケてます!!

20140412_07_20140624184127df7.jpg

プレミアムゴールドは、ゴールドラッシュに比べて、よりフラッシングピカピカ。
フォーリング中のフラッタリングアピール時にまばゆいほどの光を反射してそれはもう最強!!

20140628_13.jpg

ぜひ、絶品なプレミアムなゴールドをご堪能下さい。


●フロロ20lbライン

基本は、ロングロッド7フィートクラス~7フィート3インチぐらいまで。
HアクションからXHのパワーのあるロッドを使用します。
また、レギュラーでもファーストテーパーでも構いません。お好みで。

フロロラインは、推奨は20lbで、これは、よりディープで伸びの少ないフッキングを実現。
ランディングも決して切れることが少ない20lbという太目が使えるのも、
ビッグバスをキャッチする上で、ラインブレイクの危険性を取り除く上でもアドバンテージ。
スプーン自体のアピールが高く、糸の太さでバイト率が変わることはありません。
これは、ルアー本体の波動が大きいビッグベイトでも同じことです。

●ブラックパフォーマンス

ダイラッカの標準セッティングのティンセルフックは、ブラックパフォーマンス with フラッシャー

20130929_01_201406241832484ae.jpg


科学研磨による超シャープなフックポイントはもちろんのこと。
ややスプロートベンドであり、ガッチリフックアップしたら、
よりフックが食い込み、かつ、内側のベンドがバスをホールドしてバラさらない。

少し硬めのティンセルは、スタビライザーで整流効果を生み出し、
スプーンの動きをトータルバランスで支えている、重要なパーツになっております。
かつ、バイトポイントにもなっております。
さらに、ティンセルがバラケにくい束ねているパーツ構造は、ガンガン使えていい感じですね!!



ロッドやリールのトータルバランスセッティング。
根掛かり時に、より回収出来る小物アイテムなどは、以前にも公開しましたのでぜひ、そちらをご覧ください。
ではでは。今回はどこよりも絶対的に釣れる、違いの分かるビッグスプーン講座でした。
2014.06.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
アフター・パワーヒッターで全力投球!!

本日は、パワーヒッターのY様と全力出航しました。
朝から雨予報が、晴れのお天気となり凪で、かな~りタフな感じになってしまう。
サイト封印で、あらゆるパワープレーでハイクオリティフィッシュを狙う展開。

140623_080959.jpg

あさイチ、いろいろやってみるも反応が悪く、それでもランガンすると一発!
まーまースピーナーベイフィッシュでしたが、これで満足いくはずもないので、作戦シフト。


もうちょっと踏み込んでやってみると、50UPが激チェイスも船べりでUターン。惜しい。
まあ、快晴ベタ凪と、シャローエリアなので難しいと言えば難しいが、もう1回チャンスもあるが。



月曜日という事もアリ、人も少ないが、全くノー感じでそのまま曇りの東風のバットパターン。
そして、今日イチの、いい感じに決まるかと思った、ビッグベイトパターンも水面まで出ない。
く~、そのまま突っ込めよ~。って感じでしたが、一発勝負ですんで・・・食えばデカいけど。


終了間際の一撃ビッグフィッシュ!!

それでもやり続ける事に意味があるのかないのか分からないけど、
結局薬局、やっぱりスピニングまでも封印してしまう展開になってしまう。
いいタイミングを見計らって、ビッグフィッシュに絞ったパワープレーなんで諦めずにやってみると!

20140623_55333_450.jpg

ついにビッグバイト!!!
ロスタイム直前についにやりました!!!
伝統のラバージグ&ビッグダディゲームで夕マヅメの一撃で捕獲!!


それから、トップウォーターでダメ押しで流すと、もうワンバイト出るもミスバイト!!
ブラキオスティックにちょっといい出方をした後に、さらに猛ダッシュできましたけどね~。

20140623_07.jpg

私は、重厚感のあるプレミアムなカラーも試してみるも、今日は出なかったぜ。
プレミアムゴールド・ゴールドラッシュともに、金の輝かしい素晴らしさを、只今再発掘中です!!
2014.06.23 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
wrapping_minnow_201406220852144eb.jpg

ラッピングミノー

「ラッピングミノー」
セオリーにとらわれない柔軟な発想を持つファクトリーチーム石井真。“スクールしているバスは全部釣る”と考える彼が全く新しいタイプのルアーを生み出した。その狙いはジグヘッドワームのスイミングよりもアピールし、テールスピンジグよりもフィネスなルアー。ボリュームは小さく、ディスタンスが取れて、レンジコントロールが自在で、バスをスレさせずに攻められる物。そんな夢のようなルアーを具現化したのが「ラッピングミノー」。一見、通常のプラグにも見えるボディは、ジグヘッド系フレームに浮力体となる発泡プラスティックを組み合わせたコンポジット。飛んで沈められる小粒なI字系ボディに、プロップをセットすることで微波動アピールとレンジコントロール性がプラスされ、ボディロールまでも発生します。ハードルアーとしては最弱に位置づけられるアピール度を持ち、やや頭下がりのスイミング姿勢で巻きはもちろん、ジグヘッド的なボトムトレースにも対応するという全く新しいタイプのハードルアーです。その「弱さ」ゆえにバイトが続きやすく、メジャーレイクのバスが相手でも連続ヒットを可能にします。

WRAPPING MINNOW REPOAT

先日の河口湖でのラッピングミノーのレポートがノリーズHP内にてアップされました。

山上湖のサマータフを打破するラッピングミノー!

私なりの河口湖におけるラッピングミノーの使用方法などを掲載されております。


6g_8g_10g.jpg

SIZE VARIATION

直近の発売では、最軽量の6gがすでに店頭に並んでいます。
先行発売では、8g、10gもありますので、ぜひ3サイズ揃えてレンジコントロールを!




各色エエ感じの色です。
カラーに関しては、大きくわけて、渋銀、ライブワカサギ、チャート系など。
そこんとこもレポートにちょこっとですが、掲載しております。
色の光り方の違いは、ボディがロールした際の銀色の点滅効果にあります。

ラッピングミノーの私のお気に入りカラーは、ライブオイカワカラー。
ボディローリング時にフラッシングが強いのがライブオイカワ・ライブパープルワカサギですね。

インターネットカタログ上では、色彩やPCのスペックなどにより色が分かりにくいかもしれませんので、
やっぱり実際に店頭で手に取ってみてからカラーを確認するのがいいかもですね!!

noriese/ecogearmovie ラッピングミノー




釣具&ボート センターフィールド

甲府・プロショップバレル


富士五湖地域のお馴染みのショップにも入荷中のようです!!
ダイラッカも、まだ在庫がありますようなので、通販でご利用の方は、
自信のあるルアー達なので、ぜひ、ご一緒にお求めいただけれと思っております。
もちろん、オーバー4・5、クリスタルSディーパーレンジなどの定番商品も豊富な品揃え。

2014.06.21 Sat l ノリーズ・ラッピングミノー l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日は、一応、あしたの下見をやってます。

「ちょっと練習」という名の、久々のプライベート釣行!!




新しいビッグペンシルのプロトサンプルのテストもあったりと。


そろそろ、ハスやオイカワも出てきたんで、ビッグペンシル・ビッグベイトが楽しい季節。


モチロン、ビッグスプーンもお忘れなく。





いや~、しっかし。

厳しい。



ただ、ここんとこ、真夏日よりか、気温が下がっていい感じ。


ぱっちゃらーらー!!
2014.06.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakkacl.jpg

ダイラッカに関しては、ゴールドラッシュ、プレミアムゴールドが人気カラー。
アフター・半プリの一時の季節のタイミングでハマったのが、ブルーギルカラー。

dairakka22.jpg


もちろん、これからのサマーディープを攻略する上で、ワカサギ・ハスカラーも欠かせない。

dr_04_select_edited_20140622133751ba1.jpg

DAIRAKKA_proto_201406221338136ca.jpg

2つのワカサギカラーがありますが、湖によってワカサギの色が異なるのでお好みで。

dr_02_201406221337538bc.jpg

dr_07_20140622133752b32.jpg

岬まわりを回遊するオイカワならオイカワカラー。
ハスがいるレイクで、ハスが産卵期で接岸しているならハスカラー。




1403345860177.jpg

ちなみに・・・・・昨日。
中国エリアの田中先輩から頂いた写真では、プレミアムゴールドでハイクオリティーな魚。

いや~、ゴールドラッシュ・プレミアムゴールド。 この2つのGoldカラーやばい!!
塗り金のこってり金、プレミアムなゴールドの輝き。 両方とも、マジ、イケてますんで!!

ちなみに、先行者が居ても、関係ね~ぜ~。って感じで、
釣り方やアイテムが違えば、一撃ハイクオリティーフィッシュが出るという事です。


20130823_24.jpg

Rod : 6100H SLOW ROLLING & HEAVY COVER(スローローリング&ヘビーカバー)
Reel : ハイギアリール メタニウムMg 7
Line : DUEL T-7 20lb (ノースナップ・スプリットリング直結)

voice_original.jpg

田中先輩からタックルデータも頂きました。
もうおなじみの”マイベスト・ダイラッカスティック”のオリジナル6100Hが神推しロッド!!!!!



そして、田中大介先輩、マイブログを更新されました。

Picture2012-2.jpg

Easy Action! 菊川釣行 その4



2014.06.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
パワーベイトタックル&ビッグベイト戦略

本日は、ご新規カップルのお客様2名様と出航しました。
レイド的なノリ??の釣りガールゲストは、ベイトタックルで釣りたいとのこと!
「近距離キャスティングは微妙ですが、ロングキャスとはまあまあできます。」
ということなんで、巻きモノメインにスタートすることに。。。。。

男性ゲストさんは、ロマンのブランドロッドにビッグベイトパワーを注入したいと!!
結構、お二人さん、快晴どピーカンのこの状況では無理難題なんですが・・・・・・・
もちろん、No.Sight, No,look な釣り方をご希望でしたので、
サイト封印、オーソドックスでありながら、普遍的であり極意のスペシャルな釣り方で展開する。


どピーカンのスピナーベイティング!

朝一は、やはり真夏日、快晴どピーカンで、結構厳しい・・・・・
いろいろランガンするもなかなか反応が無く、ど~しよ~。と思ったけど投げ切ってみる。

8時頃、モーニングタイムラストぐらいで、ついに、レイド的なスピナーベイトにビッグバイト!!
女子力全開で、45cmのブリブリコンディションをゲットされました。

※そういえば、写真は無しです。すいません。お嬢様、結構イケてましたよ!!

それから意気揚々と、調子に乗って、このままビッグベイトフィッシュを釣りたいとこですが、
なかなかサイトフィッシング以外のビッグベイト使いは極意が必要で一朝一夕には難しい。
もちろん、ここぞっていうタイミングでは、伝家の宝刀のラバージグを投げたり、

午後のビッグベイトの一撃!!

午後からは、小雨が降ってきたタイミングでビッグトップも試みるも。
小雨が降ってきたタイミングでは、かなりのバスが回遊して、活気づいているものの、
全くルアーには、反応せずに、やっぱり曇ってこないと難しいのか。

20140628_09.jpg

さて、いろいろとランガンするもなかなかタイミングが合わないモノの、投げ切ってみる。
すると、ついに、菊さんのハス・ジョインテッドクロー178展開で変化が現れはじめる!!
いきなり、もんどりうって、ガボーーーンと、水面がビッグ炸裂です!!

20140616_10.jpg

キターーー!! 水面炸裂!! ビッグフィッシュ!!!


今日は、エエ感じのビッグフィッシュ2発出ましたね~。
今の河口湖にはいろいろなパターンがありますが、No,sight , No,look でも全然遊べます。
むしろ、こちらの方が、キッチリとしたタックルセッティングで挑まないといけないので難しい感じの釣りですが。
いい状況にハマれば、ビッグベイト、スピナーベイト、クランクベイト、ラバージグなどなど、
パワーフィッシングでデカバスだけをブラインドで狙ってパターンで釣ることが出来ます。

いよいよ、No,sight No,look でいい感じに釣れる時期になりました。
ガンガン、ランガンしてパワーフィッシングで攻めていきまっせ~!!!



※ご新規のお客様募集中です!! よろしくお願いします。
 また、7月から夏時間になり、早朝6時スタートではトップウォーターゲームも楽しめます。
 もちろん、梅雨空を狙っても一日中投げ倒せばアフターモンスターの登場もあります!!
 TOPウォーターやスピナーベイトで釣ってみたい方、ぜひ、お待ちいたしております。
2014.06.15 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20140616_13.jpg

本日は、リピーターのお客様1名様と出航。
梅雨の合間の晴れの日の土曜日という事もアリ、ここぞとばかりに人が多くハイプレッシャー。
ハイプレッシャー&鯉釣り大会なので、エリアも制限されてやや釣りづらい状況。


ここんとこ、72時間大雨が降ったかと思えば、真夏日の快晴どピーカンの日が続く。
本日も快晴どピーカンの真夏日でかなりの陽射しで風が吹かず凪の厳しい状況。

こういった日は、基本的にスモールラバージグなどのフィネスでエビ族の一味を狙うのが
いい感じなんですが、お客様は、巻きモノベースで展開されているので、巻くのみ。
そして、新調されたビッグベイトタックル&ジョインテッドクローで釣りたいものです。




そして、お客様は、スピナーベイト、クランクベイトを中心に投げまくってみるもノー感じ。
私は、ノリーズ新商品のラッピングミノーを「6g、8g、10g」ローテーションテストしたり、
あとは、ノーマルバージョンも完璧に完成されているルアーですが、
私なりに、今の状況の河口湖向きにプロペラの角度をチューンしてボディロールの幅を見たりする。

今日の状況で一番良さそうな感じのウエイトや動きが決まり、6gをチョイスする。
ウィードの上っ面を、ただただスローにただ引きすると、もんどりうってビッグバイト!!!
明らかにゴーマルサイズが、食ってから、反転してそこからスピニングファイト!!!


フロロ6lbなんで比較的安全なんですが、久々のスピニング使用という事もアリあたふた。
ドラグをゆるゆるにし過ぎて、さぁ、取り込もうと思ったが全く動かない。
実は、走られた後に、ボトムまでバスが潜って、すでに、ビッグバスが岩化け。
ルアーだけが岩に刺さっており、ジ・エンドでした。
こればっかりは腕次第なんで、毎日スピニング練習しなくちゃ!!



それからは、お客様にKTFベイトフィネスタックルでラッピングミノー6gを投げてもらい、
ど厳しい・快晴どピーカンながら、35ぐらいのナイスバスをナイスファイトでゲット。

風が吹いてきてからジョインテッドクロー展開するも、その後はノーバイト。
午後からは、お客様ちょっとベイトフィネス投入で、いい感じの映像に、
スモールラバージグを入れてみるも・・・・・元気なニジマスさんファイトとなってしまう。

なかなか厳しい一日だったが、どピーカンでもラッピングミノーが有効だという事がわかり本日終了。
今後のラッピングミノーの私なりの河口湖でのローテの位置付けが重要と判断した日でした。
2014.06.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20140613_12.jpg

湖上は、西風爆風

今日は、Y様と出航しました。朝から北西風爆風予報。
すると、朝は天気予報とは逆の弱東風の凪になって少しシュミレーションを変更。

いろいろやってみるも朝一ビッグスプーンでワンバイトあったのみ。
いよいよ西風が吹いてきて、巻きモノデーな感じなので、巻いて打っての繰り返し。
モチロン、パワーフィッシングでビッグバス狙いなので、フォローはあまりせず。

スピナーベイトにどっかんバイト!

朝の早い時間帯に、スピナーベイトにバイト~。も、35cmぐらい。
すぐその後にY様の45UPぐらいのがスピナーベイトにどかーーーんと!!
フッキングがガッチリ決まり、もらった!!と思うも、なぜか、ジャンプでバレ~。

やばい展開になったところで、流入河川チェックをしつつ、表層系をやってみる。
すると、ロクマルサイズを発見して、ジャイアントベイト投げると、ちっちゃいのがすっ飛んできた~。

20140613_06.jpg

う~む。微妙に納得の行かないサイズ。。。。横にブリンブリンのロクマルさんが居ただけに。
しっかし、大潮回りと暖かくなってシャローにわんさかバスがいる。
ただ、基本的にはシーズナル的な感じのゲーム展開で、ブラインドで釣りたい感じ。
日中は、ライトリグで釣れているシーンを見るが、パワーフィッシングではアタリ無し。

ラッピングマスター!?

20140613_11.jpg

夕方の地合いに、ついに、ラッピングミノーバス登場です!!
いよいよマスターしたのか!?オレ。


さらに、エリアを細かくランガンして、ついに、伝統のラバージグで、もうビッグバイトY様にあるが・・・・・
ディープから寄せてきたところで、なぜかバレル。。。。マジ!??
く~~~、今日はデッカイのからバレて終了の悔しい一日になってしまって。


今日は、スピナーベイトで45UPバレ、ラバージグで45ぐらいのがバレ、
ジャイアントベイト展開で45ぐらいのをキャッチ、ラッピングで40ぐらいのを釣り、
スピナーベイトで35ぐらいのが釣れて、結果的にはまあまあバイトだったんですが。
トータル的には結構、ナイスサイズが掛かっているんですがね~。



※日曜日以降、空きがございます。
6月は、河口湖がトーナメント開催日に当たる場合もございますが、ご応募お待ちしております。
2014.06.13 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


ノリーズ バス丸飲み!チビエビガエル 西村嘉高

ソフトボディのスナッグレスポッパー「エビガエル」を、「よりコンパクトなボディで魚­が吸い込みやすいように」というコンセプトでリサイズした「チビエビガエル」。そ­の特徴と実力をノリーズファクトリーチームの西村嘉高プロが実釣をまじえて解説します­。

chibi_ebigaeru.jpg

CHIBI EBIGAERU

「チビエビガエル」

「よりコンパクトなボディで魚が吸い込みやすいように」というコンセプトで作られた「チビエビガエル」は、オリジナル「エビガエル」同様、まずボディを設計し、そのシェイプに合うフックを独自設計するところから開発を開始。微妙なバランスセッティングを必要とする小型化にはオリジナルフックが必要不可欠でした。こうして生まれた「チビエビガエル」は、水噛みやドッグウォークをオリジナルから継承しつつ、飛ばなかったり、浮力が足りなかったりという小型フロッグが多い中、高いキャスタビリティと浮力を確保。
近年、バスはプレッシャーによってボートでは近寄れないようなシャローの奥の奥のカバーまで入り込んでいく傾向があります。ディスタンスを取って狙ったスポットへ魚を驚かせない着水音でプレゼンテーションでき、なおかつバスを浮かせる強いポップ音を立ててバイトに持ち込み、さらにはしっかりと吸い込ませフッキングさせられる「チビエビガエル」が、より"狙って釣るフロッグゲーム"を可能にします。

EBIGAERU_SIZE_COMPARISON.jpg

オリジナルの「エビガエル(76mm)」に対して、「チビエビガエル」は68mmのコンパクトボディ。よりバスが吸い込みやすいようにサイズダウンしながら、それでいて十分な浮力とキャスタビリティは確保しています。


こういう、ファクトリーチームの方々の完全にルアーが仕上がった動画いいですね!!
なんか、こう。みんなで作ってクランクアップしました!!的なノリで最後は番宣みたいな感じ。
いや~、トップにどっぱ~ん!!とか、フロッグゲームメッチャおもしろいですね!!
2014.06.11 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
Picture2012-2.jpg

中国エリア バスフィッシング絶好調 !!

私の家の近所は、今、出雲大社の遷宮、宮司さんの婚約などなど、
それはそれは、いろいろな話題でもちきりで、山陰ながら明るい話題が多い今日この頃。

中国エリアと言えば、島根・鳥取・山口・広島・岡山と広いのですが、
今回は最西の山口県の古い歴史を持つリザーバー:小野湖での釣果。
小野湖と言えば、過去に大規模トーナメントも開かれる程のメジャーレイク。

先日、その小野湖に行かれた、ノリーズプロスタッフ・中国エリアの田中先輩より、
トーナメントながら、ダイラッカ&エスケープツインで強烈に爆釣したと言う情報を頂きました。


当日の前半は、ダイラッカフィッシュ!!

dairakka-67c54.jpg

トーナメント中、ノリーズ:ダイラッカフィッシュ!!

岬付近に回遊するビッグバスをダイラッカで少し深い水深にあるカバーを狙い撃ち!!
前日プラクティスでは、デカイのばかり掛かったそうで・・・・・・
詳しくは、クリックして記事をご確認下さい。

dr_02_20140610204257264.jpg

ヒットカラーは、プラクティスでは、クラウンカラーでデッカイのばかりバラシ。
本戦では、オイカワカラーで50近いビッグバスを捕獲セリ!!


後半戦は、エスケープツインで爆釣!!

escape_twin.jpg

後半戦は、ノリーズ:エスケープツインで爆釣!!

熱血なトーナメンターなら当たり前ですが、反省会と題して、今日のパターンを確認。
そしたら、一気に5本で7キロオーバーとか驚愕のウエイトが釣れたそうです。
やっぱ、永遠の定番のこのエスケープツインはすごいぜ~。



1402003229117.jpg


あと、田中先輩のブログを見ていると、直近で田辺さんが来られてるみたいですね。







2014.06.10 Tue l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
volcano_gripper_20140610052215954.jpg

VOLCANO GRIPPER

ビッグサイズの4枚フィン“グリッパーブレード”を搭載するバズベイトが「ボルケーノグリッパー」。オリジナルデザインの特徴的なブレードが強力な水噛みを発生し、今までのバズベイトの感覚を覆すような強い水押しとそこから生まれる大きな引き波、さらに強い揚力によって驚くほどのスローリトリーブが可能。それにより今までのバズベイトのアピール力では呼びきれなかった深いレンジのバスや、気づかせられなかったカバー奥のバスまでもターゲットとすることができます。ショートアームの「ボルケーノ」スタイルの効果と、よりスローに引けることによってフッキングも高確率で決まります。全てのルアーが無力だと感じてしまうような真夏のドピーカンや、生命感を全く感じられない秋のターンオーバー。そんな最悪のタフタイムでも突破口を見出すことができるアイテムです。

昨年度リリースされた、ビッグバズベイト。
秋頃のリリースで、好評につきみなさんよく投げられていたようで、ビッグバス釣果も聞いております。
一番いいのが、水面まで生えたウィードをバシバシ通すのがいい感じですね!!

今の季節はちょうど梅雨時。
ウィードが日に日に伸びて生えつつあり、トップウォーターが熱くなる時期です。
こんなグッドタイミングでのボルケーノグリッパーの再リリースで、投げるしかないでしょう。



山中湖センターフィールド

20140605_06.jpg

そういえば、これからの6月以降のサマーな時期の商材。
ボルケーノグリッパーをはじめ、クリスタルSなどなどエエ感じにたっくさん並んでましたね~。

20140605_01.jpg

最近、ここ河口湖でもじわりじわりと噂を聞くようになってきたラッピングもありました!!
次回は、6gも発売されるようなので、リリースされてから、6g、8g、10gを揃えるのもいいかも!!

20140605_02.jpg

すみませんんが、ダイラッカは、シルバー系のみで、あとわずか。
特に、ブルーギルカラーは釣れてからは瞬殺!!
河口湖はハスが出てきて今が釣れはじめ!!西湖は、今の表層系が終われば時期になる。
いや~、もう夏に余ってるかどうかが嬉しい心配。
2014.06.09 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、高橋ストロング親子様と出航しました。
まずは、高橋パパに釣ってもらいたいという事もあり、No sight , No look でブラインド。
基本的なフィッシングパターンはアフターを狙ったランガンスタイルで湖をまわる。

20140608_07.jpg

朝一に、いきなしのグッドサイズを捕獲セリ!!
やりましたね~。ここからアフターバス全快!!お得意の釣りで釣りまくりましょう。


さぁ~、この調子でガンガン行きますよ~。的なノリでやってみるも、、、
アフター場をランガンするも、今までどこのいたの?ってほど、シャロー側の人たちが沖へ。
まー、アフター自体は、ムーンチャートで5月半ばから釣れていて、
本当にキースポットは誰も居なくて、やりたい放題、2キロフィッシュ連発で、
3本で6キロオーバーだったり、超いい感じにストロングな感じだったんですが。

そして、前日の大雨で出船出来なかった人たちもここぞとばかりの日曜日に出航。
結局、ハイプレッシャー化してしまい、さらにスピニング封印でなかなか厳しい状況。


ラバージグ・スピナーベイト・ビッグスプーン ありとあらゆる方法で、アフター攻略を試みる。
Gパターン、ハスパターン、エビパターン、いろいろな方法でアフター攻略を試みるも。

20140608_12.jpg

途中、雨雲レーダーで予想していた通り、大粒の雨が降ってきてザァザァ降りに。
まあ、これも想定内で、これは、これで、夏っぽいサマータフを打開!!
トップウォーター・スピナーベイトの反応が良くなるのでウェルカムなんです!!!!!
がっ!!ボイルしているバスはちょこちょこいるもなかなか難しい感じでバイトが無い。


夕方、ここぞ!!っていうタイミングで浮きモノパターン・ハスパターンシフトして、
ついに、ビッグスプーン・ダイラッカ(ブルーギル)でビッグバイト!!



・・・・・も、いきなりのバイトでアワセが効いていなかったのか途中でバレル。
う~む。ハスパターンなんで、確実に45UPだと思うのですが残念。
2014.06.08 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
b_hirara_deep.jpg

B-HIRARA DEEP 68

飛距離・潜行能力・障害物回避能力・・・
全てパーフェクトなフラットサイドディープクランク「ビーヒララディープ68」デビュー!


サスペンドしたニュートラルフィッシュをも食わせてしまう絶妙なアピールの「B-ヒララ68」。その優れたアクションを踏襲し、1レンジ下を探ることができるのが「B-ヒララ ディープ68」です。ヒラヒラとした明滅をしっかりと発生する高浮力ボーンボディと極薄クリアーABSリップの基本構造はそのままに、リップをラウンド&ロング化し、さらにリップ内にタングステンウエイトをビルトイン。それにより軽いリトリーブ感でありながら驚くほどの急速潜行を見せ、プロダクティブゾーンを長くとりながら、しかも障害物へコンタクトしてもコースを逸らしすぎないトレースが可能です。これらの特性は通常のリトリーブはもちろんハイスピードシャッド的な使い方でもその効果を発揮。誰もが手をこまねくニュートラルフィッシュをスピーディーに攻略できるアイテムです。


潜行深度は、12lb ― 2.2mという事で、春先にぜひ使ってみたいアイテムでしたね!!
秋口のターン期の終わり頃、ウィードパッチの脇を高速巻きなどなど、
フラットサイドボディのシルエットを生かした釣り方が必要な場合にグッドですね!!
2014.06.07 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20140606_02.jpg

今日は、Y様と梅雨入りの雨の河口湖に出航しました。
朝からどんよりやや小雨で、ロッドとリールなどのタックルフィッティングを確かめつつ・・・
すでに7時スタート時には、大雨となり、ちょっと嫌な感じ。


朝一から、ビッグバス狙い全快で、ビッグスプーン&ラバージグゲーム展開。
なんにもアタラナイノデ、少しパターンシフトするとすぐに38サイズ。
さらにジャイアントベイト展開で、50ぐらいのと45ぐらいのが猛チェイスも捕獲ならず。
すぐに次のバスを狙いアフターラバージグゲームで40UP!!


20140606_01.jpg



この時点で、いろいろな釣り方を試して、アジャスト出来るエリアと釣り方を絞り込む。
ここ最近のストロングなGパターンをやってみるも不発。


午後もおもいっきり大雨となってしまい、いろいろなゲーム展開で攻略。
まずは、グッドサイズを捕獲です!!

20140606_03.jpg


もういっちょ、40ぐらいのがラバージグゲームで釣れましたが写真サイズではないのでパス。

20140606_04.jpg


夕方のタイミングで、45UPの1600gぐらいのが私のスピナーベイトにフィッシュ!!


ラストタイムは、アフタービッグトップウォーターにガボーーーンと出るも・・・・・

前回と同じく、バラシて終了になってしまう。本当に惜しい。


本日は、46ぐらいのサイズをスピナーベイトフィッシュ!!
42、40cmぐらいのサイズをラバージグフィッシュで2発!!
45ぐらいのサイズをジョイクロフィッシュ!!
でも・・・一番デッカそうなバスは、ビッグトップに出るも。。。。。。
その他は、フィネスな釣りで38ぐらいのを1本と、合計5本でまずまず。
2014.06.06 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
6月を境に連日雨模様

新緑の候、新緑も美しく薫風さわやかな5月も、一気に過ぎ去り6月。
一気に真夏日を迎えたと思いきや、紫陽花の花も綺麗な梅雨の6月になってしまった。

雨、雨、雨と雨3連チャンで、日曜日にようやく晴れそうで梅雨入りですね。



さて、6月より7月中旬までは、
18度~22度台の適水温でゆうゆうとバスが泳ぎ、バスフィッシングシーズン絶好釣。
ちょっと鬱陶しい雨の日もありますが、逆に雨はプレッシャーを和らげ、
昨今のアングラーは、雨を嫌がる人も多いので、湖は空いてていい感じです。
風が吹いたらスピナーベイト、浮いているバスはスイミングラバージグ。
極秘ビッグベイトパターンなどなど、ありとあらゆる方法で狙って行きます。


タカヒロ足立が大得意な6月からのアフターの時期ですが、
バスがこれから身を潜めるウィードの生え始めが見逃せず、捕食するベイトの動きも見逃せない。

色々なデータ分析の結果、快晴べた凪の日もこれはこれで狙えますが、
曇りや雨の日のバスフィッシングは、巻き物やラバージグをマスターするのににバイトがあっておもしろい。



さぁ~、みなさん梅雨の対策、きたるべきビッグバイトの覚悟はいいですか!?
基本的には、ベイトリール8割駆使してキャスティングをするフツーな釣りだけど、
さまざまなルアーで、楽しくもテクニカルな展開のフィッシングで釣りまくります♪

あっ!
あと、スピニング展開なら、ソウルシャッド速巻きとラッピングミノーが見逃せない。
2014.06.05 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今、私の中で話題になっている=マイブームのルアーの動画を一挙公開!!
マイブームって表現は古っ!!って感じですが、私が今、極めたいルアーだったり、
ちょっと気になるリメイク・新発売のプロトルアーの動きだったり、今後も要注目です!!

特にヒラクランクに関しては、数年前に発売。
大人気で売り切れ、その後は、未発売で私もお店でも中古店でも見たことがない幻のルアー。
・・・・・ですが、ノリーズファンの方々はみんなタックルBOXに入ってるんですよね。
そして、この度、発売の兆候があるということで・・・逆にお客様から聞かれたり。

ヒラクランク・ギル リトリーブ編




ヒラクランク・ギル トウィッチ編




ラッピングミノー

ここ数週間で、一気に話題に上り詰めた”ラッピングミノー”です。
私は、正直、まだ、ベイトタックルスタイルの関係上、マスターしておりませんが、
アフターのバスに効くようでして、岸釣り、ボート釣り、各方面から話があがってきます。
そりゃそうですよね。アフターは浮き気味で、かつ柔らかいローリング回転波動を好みますから。

・・・・と、いいますか、実は、スピニングにもこだわらずに、
ベイトタックル10lbラインで使用出来るそうです。やっぱ早くこの極意をマスターしないと。






ダイラッカ

そして、アフター期から初夏にかけて、大注目なのが、説明不要のビッグスプーン。
昨年夏のディープウォーターからど定番になった、ノリーズ・ダイラッカ。



お陰様で1万回の再生ヒットです!! ありがとうございました。
2014.06.05 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
140603_180729_ed.jpg

真夏日の凪の灼熱

今日も、蒸し暑い真夏日の灼熱の凪の河口湖にY様と一緒に出航。
ファーストフィッシュはなかなか釣れず難しい感じでしたが、
ジャイアントベイト展開で、なんとかちょい早い時間帯にビッグバイト!!

P6030795.jpg

いい感じにビッグバイトしましたね!!
その後も、釣れそうで釣れない難しい個体も多く、55サイズの猛チェイスもあったりするんですが・・・

午後は北東風ザブリング

午後より曇ってきて、東風が強風になってきて、木々も大きく揺れ、
北東風ザブリングモードになってきたので、一気にパターンシフトして、巻き展開へ。

ビッグベイト&スピナーベイトメインで、打ちモノはラバージグでビッグバイトを狙う。
最後のラストワンキャストで、ビッグサイズが掛かるものの・・・・ジャンプ一番で!!!
すでにサマーパターン全快的なバスで、油断は無かったが、超引いてバレル。
もう1発、いいサイズをあとちょっとで捕獲!!だっただけに悔しい一日。


※6月は、多く空きがございます。お気軽にお問合せ下さい。
 今週は、水曜日、木曜日、土曜日が空き日になります。








2014.06.03 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dairakka22.jpg


5月~6月 河口湖タックルインフォメーション

トップウォーターセレクト

●トップウォーター(ノリーズ)

トップウォーター

volcano_gripper_201309051328336fa.jpg

ボルケーノグリッパー 1/2oz

ボルケーノグリッパー(ロッド:HB680M、ナイロンライン16lb)


ビハドウ110

ビハドウ110セッティング
  (ロッド:HB680L、HB640ML、ナイロンライン16lb)



●河口湖実績トップウォーター

スパイラルミノー、バズジェット

ビッグバド、マイキー、ボイルトリガー


クランクベイトセレクト

●クランクベイト(ノリーズ)

ディープクランク

shot_over5_201309051330103de.jpg

ノリーズ ショットオーバー5
(221 ナチュラルゴールド、238 ハーフミラーワカサギ、241 パールアユオレンジベリー(ボーン
  207H ホログラムフラッシングギル(ボーン)、230 セクシーシャッド(ボーン)

 基本色は、シルバー、ゴールド、ホワイト、ベイトフィッシュ系をご用意下さい。


お客様のお手持ちでしたら、メガバス:ディープ SIX、deps カスカベル DC400、
IMAKATSU IK-420、IK-500、ティムコ マッドペッパーマグナムなどが過去実績があります。


とは言え、昨年は、オーバー5で秋にかなり実績が出ていますのでオーバー5オススメ!
もしこれから秋の生産時期が合えば、ぜひ、お早目にキープをよろしく!!


ショットオーバー4、ショットオーバー5

ショットオーバー5セッティング
  (ロッド:HB-760M、フロロカーボンライン14lb)


スピナーベイトセレクト

●スピナーベイト(ノリーズ)

deeper_range_20130619095610.jpg

クリスタルSディーパーレンジ1/2~3/4oz
(ロッド:オリジナル6100H、HB760M、フロロカーボンライン10~16lb)


●河口湖実績スピナーベイト

Dゾーン 1/2oz~3/4oz

Bカスタム、ヒュージスピナーベイトなど  5/8~1oz

OSPタイフーン ロングキャスト 1oz



フローティング&シンキング ビッグベイト

●ハイフロートビッグベイト

ジョインテッドクロー178 フローティング(有頂天ワカサギ、中平鮎、菊本ウグイ)

(ロッド:ビッグベイトロッド:H~XHクラス ナイロンライン20lb)


表層系は、風や波を利用するので、ピカピカフラッシングするぐらいのカラーがオススメ。
ハスカラーなどの渋めの銀はチェイスのみが多くなるので、微妙です。
ホログラムカラーに関してはまだ、未知数ですのでご了承下さい。


●スローシンキング ビッグベイト

ジョインテッドクロー178SS + 板オモリ

     1.菊本俊文 ハスカラー
     2.有頂天 ブリーディングシャッド

moblog_18c9f1bc_20130301025720.jpg  P3250123_20130301025721.jpg

ピカピカに光るシルバー系の銀より、少しくすんだ渋い銀色がオススメカラーです。

●ギル型ルアー ジュニアサイズ

ブルシューター jr


●ギル型ルアー ジャイアントベイトサイズ

ブルシューター
ギルギルMAX


ビッグスプーンセレクト

dairakka.jpg

●ビッグスプーン(ノリーズ) ダイラッカ

ワカサギ、パープルワカサギ、アユ、ワカサギ、
ゴールドラッシュ、ライトニングハス、ブルーギルなど全てオススメ!!



●シャッド
ソウルシャッド62



●ラバージグ(ノリーズ)

ガンタージグフリップ(1/2~3/4oz、ブラック、ブラックブルー、ヨシノボリ、コーラ)
オーバルヘッドジグ(1/2~3/4oz、ヨシノボリ、コーラ)

ラバージグロッドセッティング
  (ロッド:ST670H、ST700H、ST680MH)

 ●一例

  ルアー ガンタージグフリップ + ビッグダディ
  ロッド ST680MH、または、ST670H
  リール メタニウムMgDC 
  ライン フロロカーボン14lb
  カラー ブラックジグ + ブラックダディ  ブラウンジグ + ブラウンダディ

DSC01077.jpg


ウィード打ちなら、Hクラスのロッドがオススメ!!
水深6m~10mのフットボールジグの釣りなら、やや短めの670H,680MHがオススメ。



●河口湖実績フットボールジグ

OSPハンツ
キャリラバ
EGフットボールジグ
depsヘッドロックジグ


●アーキーヘッドジグ
OSPジグゼロワン
イマカツ・マムシジグ


ラインセレクト

●キャスティングジグ用
  クレハ R18ハード 10~16lb
  サンライン ニューFCスナイパー 10~16lb

●ビッグベイト フローティング
  サンライン マシンガンキャスト・アルミーロ20~25lb
  ダイワ デュラブラ トリプルテン20lb

●トップウォーター

  ビハドウ110・サンラインアルミーロ16lb

  スパイラルミノー、バズジェット・R18ハード16lb


●スピナーベイト用
  クレハR18ハード 10~16lb


※6月まだ空きがございます。お気軽にお問合せ下さい。
2014.06.02 Mon l ノリーズ・ダイラッカ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、木村家の皆様と出航しました。
朝から、ビッグバス狙い全快でスタートするも・・・なかなか目的のサイズがおらず、
一気に真夏日となり、水温も上昇してしまい、ベイトがシャローにわんさか。
スーパービッグサイズがなかなかおらず、代わりにどシャローのベイトフィッシュパターンに、
55サイズとかロクマル級が多くおり、これは、ちょっと季節進行。
少しパターンが変わったかなぁ~。
なんて思いつつ、釣り方にこだわらず、別パターンにシフトしてみる事にする。

ディープ・フィネス

10時過ぎ、いよいよアフターバスが出てくるタイミングにて、ディープウォーター。。。
ここでフィネスなスモールラバージグなるものを投入して、ナイスサイズを捕獲!!!

20140601_02.jpg

そのまま、このアフターパターンをMIXした複合的なモノでイケるか~。
と思ったのですが、真夏日の晴れ予報の土日は、釣り人とレジャーで大混雑。
沖目もボートプレッシャーの音と、高気圧バリバリでそれ以降は沈黙・・・・・


だが、しかーし、ボートプレッシャー対策で、別スポットをランガンすると・・・
ついに、ビッグバイト!?も・・・途中で外れてしまい、珍しく、水揚げならず。
そのまま、そのままのアフターパターンメインでやってみるも沈黙で終了。



2014.06.01 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析