今年もいよいよ終わりですね。


本年度、たくさんのお客様にお越し頂き、誠にありがとうございました。


また、来年度も宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
2013.12.31 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
dr_0122_20131229231517653.jpg

12月、ダイラッカフィッシュ!!

つ、つ、ついに、富士五湖制覇! 関東制覇!! 琵琶湖制覇!!!
東北・四国・九州まで巻き込んで釣れまくっていたビッグスプーンですが、
この寒さ厳しき真冬に入った12月・・・ついに近畿エリアの津風呂湖でも炸裂!!!

bass3_13122855.jpg

アユカラーですね!!
この12月に55cmに迫るダイラッカフィッシュ・本当にお見事です!!


ノリーズ・プロスタッフインフォメーション バス 近畿エリア 和田プロ


ノリーズ公式HPのヘッドラインに突然、記事がアップされてビックリです!!
フラチャットでソルトウォーターの記事もありましたね。釣りっておもしろい!!!


dr_04_select_20131229231516da2.jpg

ワカサギカラーもいい感じだったようですね!!
2013.12.29 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
rangerboat.jpg

2013 Deep Impact Best 5

みなさんこんばんわ。タカヒロ足立です。
昨日で仕事納め、土日で仕事納めの方も多いとおもいますが、私は一足先に帰郷しております。
結構、雪が多くなってきた日本海側で、なかなかいろいろと忙しかったのですが・・・・・
まだ、いろいろ書いてない記事も多いのですが、なんせ気分と肩の痛さの具合で書くので。
今日は、今年2013年、一番インパクトに残ったルアーを紹介させて頂きたいと思います。

新しいジャンルを築きあげたルアー、また、ロクマルサイズばかりを仕留めたルアー。
いろ~んなルアーがあると思いますが、サイズや重量などそういったモノサシ的な実績では無く、
私自身がディープインパクトを受けた、新しい異次元の扉を開けた衝撃のルアーランキングです。

もちろん、スポンサー様に提供して頂いておりますアイテムも多数ございますが
私自身、お客様には「湖・バスという自然に対峙しての真剣勝負」をしていただき、
真剣にモンスターバスと戦って欲しいというのがモットーでございます。

なにがなんでもノーフィッシュで帰って頂くケースは、かなり避けたいので、
他社ともいろいろな釣り方やルアーを比べたり発見したりして、次のステップへ向かいます。
その日に合わせた条件のあったルアーをチョイスすることこそモンスターへの近道。


釣り方の好き嫌いを言っていては、まず、その日に釣れる可能性のあるモンスターサイズを
仕留めることがひょっとすると出来なかっただろう。と言う日がやっぱあり、やはり超悔しいので。




gorillajig.jpg


No.1 Gollira jig ゴリラジグ (ドラゴンルアーズ)

毎度のことながら、実は・・・・・ある時期を境に、私の超ど定番となったゴリラジグ。
あえて、あまり言いませんが・・・・ロクマルモンスターサイズ含め、かなり水揚げしてました!!
本当に言いたくありません。本当に誰でも簡単に釣れるのですから。
2104は、さらにバージョンアップしてヒュージ?????




shotover5.jpg


No.2 Shot over 5 ショットオーバー5 (ノリーズ)

今年は、超減水の後、台風2発で超増水となってしまい、12月まで満水状態が続く。
ウィードラインがすでにかなり水没してしまい、ウィードパンチングジグで太刀打ち出来ない状況で、
シャローウォーターをあえて、ディープクランキングで、まるでパンチングするような使用法。

deep_impact.jpg


連日、晩秋の厳しい状況ながら、高確率でディープクランキングで、モンスター獲れてました!!
湖上では、”クランキングパンチ”ゆうて、ビッグサイズを釣ってましたね!!!



P326004145_20131228232356789.jpg


No.3 i Waver

冬の間から、兼ねてから、ちょっとづつ調査していたi字系ルアーなのですが、
まず、このルアーのリトリーブスピード、流すコース、スポットなど、結構極めるのにコツがいる。
春のほんのわずかな1週間でマスター出来て、i字系ブームに乗り遅れることなく、
プチフィーバーして、おまけに、お客様に57cmも釣って頂きましてなんとか完結!!




P5060066_20131228232419641.jpg


No.4 ジョインテッドクロー

日本各地で10年現役バリバリで生きるビッグベイトとして売れ続けているルアー。
いろいろな使い方があるのですが、今年は、あわや45~50サイズのトリプルヒットとなりかけ・・・
(実際は、45サイズがダブルヒットとなり、内、1本だけ獲れた)
新たなる使用法や使い方をマスター出来たような感じがしたと同時に再び衝撃を感じた。




P4260156_20131228232509a1d.jpg


No.5 タダマキ132 (ノリーズ)

ハッキリ言って、まず、各メーカー、今までかなりのジャークベイトを投げ倒してみた。
もちろん2013も当初は各メーカー・実績のあるジャークベイトを投げてもみたりしたが、
徐々にタダマキ132の本当の実力・最強の神カラーまで突き詰めることが出来て、
このタダマキ132と言う、ジャークベイトこそマスター出来れば、春に強いこと間違いなし。
だって、2.5m潜るジャークベイトは、業界内でも今春まで存在しなかったのですから。




ビッグスプーン ダイラッカ

130927_222727_ed_20131228235304e46.jpg

究極の衝撃的な釣り方。ディープインパクトと呼べるのかどうかは、
私の中で、超熱いものが込み上げたかどうか?それは、ちょっと燃える炎はやや弱かったのだ。
なぜなら、ビッグスプーンでバスが釣れる事を、ガッツリ釣り込んだ上で知ってたから。

だからこそ、今まで以上であり、全く違ったビッグスプーンでもあり、釣りまくりたいとか。
秋林プロが考案してノリーズが作り込み、誰一人妥協することなく、
しっかりしたアイテムの試作品も完成して、一気にプロトサンプルまで特急で到着。

dairakka1.jpg

dairakka2_2013122823530733a.jpg


そして、河口湖・西湖をはじめとするテスト釣行で素晴らしい結果が出せたのは良かった。
一番感動したのは、本製品が全国各地でリリースされ、河口湖・西湖・芦ノ湖・相模湖
津久井湖・亀山湖・高滝湖・津風呂湖などなど、どのフィールドでも、完全に釣れている!!

もちろん河口湖でもいろいろな方々が使って頂け、結果としてビッグフィッシュが簡単に釣れる
ルアーとしての一つの位置付けとして、そういうアイテムが定着しつつあるのが嬉しい限りですね。
2013.12.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
bitepowder_ebi.jpg

バイトパウダー・エビ 使用法 公式ページ

バイトパウダー EBI

ノリーズ・バイトパウダー・エビが発売されました。
上記リンクにバイトパウダーエビの使用法が掲載されておりますが、私もやってみた。

基本的にワームにふりかけるタイプのパウダー状のエビ味のフォーミュラーに仕上がっています。
そして、実践的にエスケープツインを調理実習してみました。
 ※以下 ET(エスケープツインに省略)

20131228_03.jpg


雨や湿気などで、油断していたうちに、ベトベトになってしまったオイリーなパッケージ。
そのパッケージに入っていたETを小さいタッパーに入れて保管。

20131228_05.jpg

ここから、ジップロックにETを入れて、粉(バイトパウダーエビ)をまぶす準備をします。

20131228_06.jpg

たぶん、よく瓶を振ってからの方が、粉の粒子がバラバラになっていいと思います。
絶対にこぼさないように(笑)適量があるのでいい感じの量をジップロックに入れときます。
ET入りのジップロックをよ~く振って、まんべんなくETに粉を付着させます。

20131228_07.jpg

こんな感じで、粉っぽいベト付き感のないETが完成しました。
というか、粉をまぶすとカラーがわからなくなるので、事前に何色だったか覚えておく必要がありますね。
なんだか、お正月の餅つきの後に餅を小分けする時の餅取り粉をまぶすような作業に似てる!?

20131228_08.jpg

そして、完成したら再び、新しいタッパーに移し替えて、姿勢を整えて終了。
これで、ワームが使用可能なレイクやリザーバーに行く時は、ジップロックに移し替えて持っていくだけ。


20131123_11.jpg


実は、密かに・・・越冬型船団でみんなよりより多く釣る為に・・・・・
越冬船団が沈黙している中でも自艇だけ入れ食いとか、まわりに聞くとショートバイトばっかとか、
いろいろな食い渋った状況にこそ、こういったパウダー系フォーミュラーが有効。

小賢しいことかもしれないですが、10本オーバーとか異次元的に釣った状況など。
こういう本当に小さい事なんですが、小さい事こそ大きいことで、
小さい事を使用するルアーに積み重ねると、大きいパワーを発揮する入れ食いルアーになる。


もちろん河口湖では、スモールラバージグ・ポークにしか使用できませんが、
実は・・・・・効くんです。もちろん魚探画面を睨めっこしてのシューティング技術もいりますが。


2013.12.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



まあまあ、よく雪が積もったなあー。


今日は、大掃除だなっしー!!



ってか、ファンヒーターに近すぎるんじゃない?

たまに耳が熱鉄板に当たってるし。
2013.12.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


お好み焼きじゃけえ!




お好みソースに、かつおぶし、青海苔まぶして、マヨネーズで!!

イカとエビとブタ肉。


いやー、ソースも奥が深い。





なんで、関東のファミレスって、トンカツ定食を注文したら、
出てきたトンカツの後ろの千切りキャベツやサラダに、ドレッシングを選ぶ選択肢が無いんだろう。


ドレッシングを小皿に持ってきてくれないから。


「あれ?店員さん無いんだけど、ドレッシング忘れてる。」


なにかの間違いかと思い。

キャベツをじっくり見て、マヨネーズもついてない。




どーしたものか?

と、思ってたら、ソースでお召し上がり下さい。には、ビックリした!!




ソースっか!?
2013.12.26 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今日も、行ってます。



米子鬼太郎空港ターミナル



というか、鬼太郎空港に行く途中の江島大橋が、テレビCMに出てた。。。



ベタ踏み坂って、、、と言うか、結構、登って行く時に恐いんです。ジェットコースターみたいで。
2013.12.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P4270170_2013122316463196f.jpg

タダマキアクション&ジャークベイト

古今東西・春はミノーイングと言うように、春先のプリスポーンバスを釣るのに有効なのがミノー。
いつの時代も日本的流れで”ミノーイング”でよかった。思っているのだが時代は進化する。

いつしか時代が流れ、ミノーイングとジャークベイトと2種類のワードが使われるようになった。
そんなわけで、春のビッグバスを釣るには、ど定番なのがジャークベイトでプリスポーンダイナマイト!!


2013年・1月 タダマキ112の追加ラインナップとして登場したタダマキ132
オリジナルの「タダマキ112」に加え、ワンレンジ下を攻略するためとして開発された
クランキングミノーという新しいジャンルをも築きあげた13cmのビッグミノー。
このタダマキ132を駆使して、かなりのモンスターサイズのビッグバスが河口湖であがっていたという事実。



モンスタークラスのプリスポーンダイナマイト!!

P4260157_20131220214230e87.jpg


2013年度 タダマキ132 最高のビッグフィッシュは58cm!!
 (2013年 春頃のBasser誌 田辺道場後のタダマキゲームで奥義習得のライターさん)


P4260156_2013122316403340f.jpg

58cm・3300g TADAMAKI 132・Fish !!

240_20131223164402c39.jpg

神カラー No.2 ライトニングハス







P3280075_20131226204807923.jpg

2013 プリスポーンダイナマイト1発目!! 52cm

238_2013122620505051c.jpg

神カラー No.1 ハーフミラーワカサギ






P4020123450_201312262051459af.jpg

2013 プリスポーンダイナマイト 2発目!! 54cm

240_20131223164402c39.jpg

神カラー No.2 ライトニングハス





P4270191450_20131226205351321.jpg

2013 プリスポーンダイナマイト最終便!! 53cm

238_2013122620505051c.jpg

神カラー No.1 ハーフミラーワカサギ



もういっちょ、50UPをBasser誌の取材にて、タダマキ132 ハーフミラーワカサギで釣ってます。
いや~、本当にビッグバスキラーのビッグミノーですね。
2013.12.23 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


出国の為、空港行ってました。




鬼太郎空港




米子空港がいつの間にか、米子鬼太郎空港に!
2013.12.22 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
PC180573.jpg

山口県・タンデム釣行

今日は、中国エリア・ノリーズプロスタッフの”田中大介先輩”と一緒に、山口県のダムへタンデム釣行で田中先輩のバックシーターで出航。田中先輩のサブネームは、『山口のストイックバスアングラー』 と言うことで、ビッグフィッシュにこだわる、攻撃的・戦略的で、ストイックに道を追求するスタイルがとても楽しみでした。


早朝、真冬の予定時刻を間違えたかのような、6時集合で、当たり前だが暗闇。
さらに、かなりの極寒でみぞれ交じりの、かなりキツイお天気になってしまう。
この状況下で本当に釣れるんだろうか。でも、山陽地方は暖かいので、水温に期待が持てます。


いろいろとタックルセッティング、さまざまな釣り方に対応できるように荷物を積み込む。
ここで、超久々に5年ぶりぐらいに、ワーミングなるバス釣りをやってみることにする。

IMAG0370.jpg

リザーバー上では、みぞれ・雨・とっても寒かったのだが、とりあえず、田中先輩のバックシーターの元、いろいろフィールドに対するアプローチなど参考にして、私もリギングしてお邪魔してキャスティングする。


14℃の高水温と+15mの満水

水温は、平均して14.5℃。満水・増水しすぎの本来の12月の平均推移+15m程度。
今、釣りをしているブッシュなどは、普段の水位だと、斜面に切り立った木なっている。

もちろん、いつも釣れるであろう、ピンスポットや好調なエリアなどは、
すでに15m下に水没状況で、まったくの白紙から探さないといけないので、ここのところは、難しいらしい。
それも、超減水だと、水面の面積が狭まり、逆に超釣り易い。
増水時だとエリアとダム全体の水の体積が増えるので、当たり前なんだが、水面の面積が広がり、木や枝のオーバーハングが多くなり、その下のボトムが狙いにくくなり、やはり、エリアやスポットを広く探ったり、バスの密度も薄くなってしまうので難しい。

PC180568.jpg

さて、超ど定番とも言える、テキサス・ブッシュ撃ちからスタートして、なんなく2本キャッチ。
40ないぐらいのサイズと、35cmないぐらいのまあまあサイズと言えばまあまあサイズ。

structure_buttom_20131221225752f70.jpg

Rod : ST680MH "MID COVER TEXAS" - Baitcasting Model

352.jpg

Lure : "ESCAPE TWIN" ブラッシュパイルクロー (荻野プロガイドセレクトカラー)


いや!?結構、簡単で楽勝なのか!?
この時間帯の時点で2本も釣れてればいまの上出来とか・・・・

IMAG0372.jpg

田中先輩もエスケープツイン・カバーテキサスでポツポツHitもサイズが物足りない。
やはり、このサイズが何本釣れようと、私も満足しないし、田中先輩も満足しないはず。
でも、確実にサイズが伸びなさそうなので、田中先輩にいろいろリクエストする。

奥義・ビッグフィッシュパターン

ここで、ブッシュ打ちを何度しようが、サイズが選べない。本命は50UPのビッグサイズ。
エビやハゼなど小さいベイトを捕食しているタイプではなく、ベイトフィッシュに回遊しているバスに標準を絞ってめぼしいエリアをまわって、ストロングな釣りを目指すことにした。と、思う。


「ここんとこ、ウグイが超入れ食いで、メタルワサビーで二桁は楽勝なんですよ。」


など、ウグイがかなりのベイトフィッシュの割合で生息するようで、魚探にもぎっしり映る。
これを追いかけると、最近は、いま一つのようで・・・でも、ビッグフィッシュも出てないとか。

私的には、確実にビッグバスは、大きいベイトに依存しているケースが多く、
ベイトフィッシュダイレクトにビッグスプーンやスピナーベイト、ディープクランクを撃って、全く反応が無い場合・・・こういう時は、ベイトがいるエリア付近のハードボトムをラバージグで・・・・・。
なんて、楽しくおしゃべりを会話をしていると・・・・


オーバルヘッドジグ&バグアンツを撃っていた田中先輩。

ロッドティップにガガガガッっとハッキリとしたアタリが!!

水中の段々になったスポットをフォールの階段落としをした瞬間にビッグバイト!!

ロードランナーヴォイスがブチ曲がるが、パワーのあるロッドなので勝負はあっさり決まった。

PC180569.jpg

リアルに、ハンドランディング成功でついに手がたう!!!!!

PC180570.jpg

キターーー!! 田中先輩、ブチ!デカイよ!!!


54cm・2kgフィッシュを捕獲じゃけええ!!

このサイズが12月にパワーフィッシングで捕獲できるナンテ!!
いや~、季節は私的にシーズナルの羅針盤を当てると、季節は初冬に当てはまる。
厳しい状況ながらも、素晴らしいビッグフィッシュパターンのパズルが組み合わさった。


<田中先輩タックル>
ロッド:ロードランナーヴォイス 680MH
ライン:T-7 14lb

IMAG0385-thumbnail2.jpg

ロードランナーヴォィスらしい、いい感じのバイトで、ゴン飲み・深いバイトで楽勝だったそうです。
そんで、このフットボールジグタックルが気になる!!久々に見るエリマキカットのラバジなんで。
しかもゴン飲みと言うことは、実際、バスが本物のエサだと思ったり、噛み殺したいベイトだったに違いない。

ルアー:NORIES オーバルヘッド1/2oz (二ホンザリガニ?)
トレーラー:ECOGEAR バグアンツ (クラシカルシナモンブルーフレーク?)


それからは、カバー打ちをすれば、まあまあサイズが釣れるような雰囲気はわかったので、
徐々にベイトフィッシュが絡むスポットをランガンスタイルでまわってみる。極寒の中で。
途中、出会うボートは皆無で、当たり前なんだが、みぞれ・雨の12月の早朝からストイックに釣りをやるアングラーは少なく、やっぱり、田中先輩も「釣り人同士でもこの雨で行く人は少ないとか。。。」ハハハ。


フットボール&カバーテキサス

ブッシュ打ちで田中先輩に38ぐらいのが再び釣れ、下流へ流しながら行く。
途中、ハードボトムのフットボールジグでこれまた35ぐらいのが釣れ、数はまあまあ。

PC180580.jpg

structure_buttom_20131221225752f70.jpg

Rod : ST680MH "MID COVER TEXAS" - Baitcasting Model

139.jpg 352.jpg

Lure : "OVAL HEAD JIG" 3/4oz ソリッドコーラ
 トレーラー "ESCAPE TWIN" ブラッシュパイルクロー (荻野プロガイドセレクトカラー)

さらに、いつもベイトフィッシュが回遊する岬、ワンドのインサイド側を魚探を掛けながらまわってみるも、先週から少し様子が変わったよう。そう変わったんです。季節が進行しつつある感がするんです。
少し季節が進んだような感じが私的にして、だったら初冬に入るタイミングでなおさらチャンス。


リザーバー・タダマキゲームの神髄

下流域は、ベイトフィッシュは多いものの、田中先輩がこれまで数々のビッグフィッシュを仕留めている、期待を寄せたタダマキゲームを展開するも、流せど流せどノーチェイス。一発来たら、超デカそうな雰囲気もするんですが。
私は、バックシートで魚探を見ながら、水深6mぐらいを狙ってラバージグをジギング風に撃ちまくる。

bass3_120227.jpg

田中先輩曰く、ミノーゲームのメインはタダマキ112で、自分の軸となるのがパールアユオレンジベリー。
とにかく、綺麗なジャークで寄せて、チェイスまで見えるぐらいで、浮かせて食わせるのがベスト。

PC180581.jpg

ロッドはショートロッドで、確実にブッシュや冠水植物付近を狙って打ち抜くことが出来る、HB630L CIRLE CAST SIDE HAND(サークルキャストサイドハンド)がオススメと言うことでとにかく、テンポよく、目標物を定めて撃ちきって行くフィネスアプローチながら、パワフルミノーイングスタイル。

実績のあるカラーで確実にビッグバイトをものにする!!と、言うことですが、今日はウグイ将軍のみ。
この状況からすると、ベイトフィッシュはいるが、バスがブッシュなどにサスペンドしておらず、浮いてこない感じがする。となれば、ボトムフィッシングがメインゲームなのか!??

PC180574.jpg

今回、田中先輩のノリーズフルタックルなのですが、個人的に以外にもフルタックルでビックリ。
完璧なフルタックルがあると、いろいろな駒があって、ビッグバスパターン奥義により近道ですね!!


14時半頃になり、再び、夕方刺してくるバスを狙って、本命スポットへ入るもノーバイト。
バスの密度が比較的多いだろう上・中流域を狙ってみて、今日のキーとなる4~6mのハードボトムメインの戦略。

latterie.jpg

最後の最後は、私は、実は積んでいた、ロードランナーストラクチャーのカーボンソリッドのロッドで、弱気のネコリグドラッギングをやってみて、結果的に15時~ラストまでで4バイトぐあいあって、1本マメバスと、40ないぐらいを水面ジャンプでバラシ、田中先輩はブッシュ根元のボトムでフットボールで35ぐらいのを追加して終了となる。


今日は、本当に12月らしい寒さと、真冬らしい悪天候で、みぞれ・雨で超寒かった。
リザーバー上に出ているストイックなアングラーは皆無で、逆に言えば、プレッシャーは無し。
そういった感じなので、普段のプレッシャーも考慮するのだが、結果論から言えば、ルアーのカラーがどうのこうのとか似たカラーリング同士でちょっとの差がでるとか、クリアウォーター・ハイプレッシャーレイクからすると、全くそういうことを考える必要が無く、逆に、ルアー本体が持つポテンシャルがいかに発揮されるかが試されるリザーバー。そして、ランガンしようが、タイミングを見計らって入り直そうが、絶対にピンスポットに人がプレッシャーを掛けていない。この点においては、タイミングごとでスムーズに入り直すことが出来て、人的プレッシャーを考えずにおもしろい釣りが展開出来るのが最大のメリット。だけど・・・人がいない分、釣れなきゃ釣れないで腕も試されると。ここんとこは、おもしろいリザーバー釣行でした。

PC180583.jpg

Rod : HB640ML TECHNICAL LONG CAST(テクニカルロングキャスト)
Lure : TADAMAKI 112 ブルーフラッシャー

Rod : HB760M AWAY DISTANCE MID(アウェイディスタンスミッド)
Lure : SHOT OVER 5 ホログラムフラッシングギル

Rod : ST680MH "MID COVER TEXAS" - Baitcasting Model
Lure : "ESCAPE TWIN" ブラッシュパイルクロー (荻野プロガイドセレクトカラー)

Rod : ST680MH "MID COVER TEXAS" - Baitcasting Model
Lure : "OVAL HEAD JIG" 3/4oz ソリッドコーラ
 トレーラー "ESCAPE TWIN" ブラッシュパイルクロー (荻野プロガイドセレクトカラー)




2013.12.21 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


某所に来て、加湿器を買ってます。



基本的、エアコン家でなく、石油ファンヒーター家です。

ちなみに、朝方、雪の影響で、たぶん、何かがスリップして電柱にぶつかったようで、極寒の雪の家で停電。。。

こんな場合は、石油ファンヒーターもコンセント使用なので意味がなく、昔の石油ストーブを引っ張りだしてこなきゃなりません。


まさしく、ドバイの石油王。




ちなみに、ファンヒーターの設定温度は、高めに設定すると微妙だから、15℃にしてある。

ファンヒーターを使用すると、雨で濡れたレインウェアやロンTは、すぐ乾くけど、やっぱり空気が乾燥して、喉がガラガラ。

以前は、タオルを掛けて室内湿度の調整をしていたんですが、今回からは加湿器です。





600ml と 2L タンクがあったけど、600mlって水の入れ替えがかなり面倒だなー。


もし、こういった質問があれば、店員さんは、どう答えるのだろうか。
2013.12.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



雪降りました。


朝、屋根瓦から落ちる雪が音がしてちょっとビックリ!!




除雪車がない国なんで、アイスバーンみたいに雪が凍ったら大変だな。
2013.12.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



風速11m ~ 16m ~ 8m

平野部なのに、MAX16mですか。


みぞれ混じりで風が強いですねぇ。


なにをやろうかな!?
2013.12.19 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


山中湖センターフィールド

釣具&ボート センターフィールド

究極のクランキンミノーNORIES/ノリーズ TADAMAKI /タダマキ 112


ちょうどいいタイミングでタダマキシリーズ2機種が入荷しましたね!!
先行してノリーズショップでオススメカラーなどが入っているようですので、
お気に入りのカラー、または、富士五湖地域で実績のカラーを押さえておこう!!


甲府・バレル

プロショップ バレル ネットショップ

  ※タダマキ112 & タダマキ132 新色・各色入荷中です!!





山中湖センターフィールド

釣具&ボート センターフィールド

究極のクランキンミノーNORIES/ノリーズ TADAMAKI /タダマキ 132



なかなか記事書けてませんが・・・・・。


  つづく~
2013.12.19 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



広島じゃけえのお!!




眠い。


大丈夫だとおもったけど、

だいじょばない





また、走るぜ!
2013.12.18 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



海朝練です。


まあまあサイズの50ぐらいのサゴシ2本。

今日の夜明けは、チャンスタイムが短すぎて、単発で無念の終了。。。
2013.12.18 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


TOYOTA86


スカイライン GT-R も超いいけど、ハチロクもカッコイイ!!




で、なにをしにTOYOTAに来たかと言うと、おいしい「珈琲」を頂きに・・・

じゃなくて、カーナビのアップデートについて聞きに来たけど・・・



カーナビのシステムが無知すぎて、CPに接続して、ネット更新で無料アップデートだと思ってんだけど、SDカードのメモリー差し替え方式で、微妙にお金が掛かる仕組みなんだね!!
しかも、半年前のデータを元に夏冬モデルって。。。

かなり都市開発されてる地域って、バイパスやインターが表示されず、毎回半年事に買わなきゃならないじゃん。


ビミョー




でも、もし、湖の50cm刻みの湖沼図がSDカードに入ってたら買うよね!?
2013.12.16 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (1) トラックバック (0) l top




今日は、早朝から近所に獲物を狙いに。

50cmぐらいのサゴシが4発当たって、3匹ゲッツ!!



防波堤釣りなだけに・・・・・



堤防ジグ @40g



いいね!
2013.12.16 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



大寒波襲来ちょっと前に蒜山高原を走る

今年は、まだ雪が少ない。
今から除雪車も走る



帰宅したらラッキーがいた
2013.12.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
TADAMAKI_112_286.jpg

TADAMAKI 112

今回、新色を含めて8カラーの登場ですね!!!
新色のレモンパールシャッドやトランスパールシャッドもいい感じですが、
ベーシックな金のナチュラルゴールドと銀のハーフミラーワカサギが必須アイテムですね!!

特にクリアウォーターでのハーフミラーワカサギは絶対的なカラーですので、
早春の河口湖のミノーゲームでモンスターバスを仕留めたい方は、今のうちが買うチャンス!!



さてさて、河口湖などのクリアウォーターにおける、
ビッグミノーイングの有効性とタダマキ112と132に関して談話を書こうと思っていますが・・・
また、お話がまとまった次第で次回ということです!!


※個人的にタダマキ132を投げていることが多く、今年は50UPが船中4本獲れましたね!!
 ガイド中には、私が2本釣っちまい、バサー誌の田辺道場の時に、田辺さんと私が1本ずつの2本。
 そして、本当は、タダマキ112と132の使い分けもあるんですが、、、、
 とりあえず、タダマキ132の写真ですが、オススメカラーなども参考までに。


bass3_130408.jpg

※写真は、今年仕留めた河口湖プリスポーンダイナマイト!!
  (タダマキ132 ライトニングハス)


bass2_130501.jpg

※(タダマキ132 ハーフミラーワカサギ)



c10_p1_20131213220541230.jpg


山中湖センターフィールド

釣具&ボート センターフィールド

238_20131213215941973.jpg

圧倒的・1番人気!! ハーフミラーワカサギが気になりますね!!


甲府・バレル

プロショップバレル・ネットショップ

タダマキ112も入荷中!!
あわせて、ショットオーバー5 ホログラムフラッシングギルも気になりますね!!!



キャスティング 岩槻店

キャスティング岩槻 2013 12月12日 北見ブログをチェック!!

  カリスマ店員・北見プロがいる岩槻インター店にも入荷中!!


博多・ハニースポット

ハニースポット



琵琶湖・セブンパームス

セブンパームス

※Web Shop → 左の欄 ”ルアー” → ”マルキュー/エコギア” でノリーズ製品を検索出来ると思います。

関西・九州、遠方ですが通販もありです!!








タダマキ112の動画

2013.12.13 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_f00f05a4.jpg


今日は、午後よりご新規のお客様1名様と出航しました。
まー、もう12月で今日の朝の最低気温は、-4℃と一段と冷え込みが厳しくなる。
そんななかでしたが、日中は晴れて陽射しも強く、水温も10℃まで上昇。


せっかくなので、いきなり夕方まで粘り切りの作戦は微妙なので、
クランキング場をまわって、14時までディープクランキングをいろいろ撃ちきってみる。
越冬シャローを丁寧に丁寧に撃ってみるも、やはりそう簡単にはビッグバスは出ない。
おきまりの西風が強くなり、まあ、これはこれであんまし関係ないけど、
やっぱり日によってビッグバスはシャローに刺したり刺さなかったりと・・・・・

moblog_31a2e556.jpg


14時過ぎから確実性のある釣れる釣りを展開して、エリアに到着して、わずか1投目。
お客様のウルトラフィネスタックルにバイトして、幸先良くヒット!!

moblog_ce4e3a90.jpg

パタパタパタッと、4連発バイトのラッシュで3匹釣り上げる。
そして、意味不明の沈黙となってしまい・・・船団もなかなか厳しい様子・・・・


が、しかーし、やっぱり、もう1回バイトラッシュはあるはずだと思い。
しつこくやってみると、16時近くなり、終電のラッシュがはじまり、再びバイトラッシュ。

moblog_73aa5f2b.jpg

moblog_c7da2b10.jpg

今日は、微妙にサイズが小さく30cmぐらいのが多い・・・・・
モチロンお客様にも釣ってもらっていますが、匿名希望様でバスの写真のみ。
さらに小さいバスは、すぐにリリースして再び越冬エリアにお帰りになって頂いております。

moblog_0a8f99fa.jpg

締めフィッシュはお客様に!! と、行きたいとこでしたが、ラスト20分は苦戦で出ない。
ラストタイム間際のまあまあサイズです。最後の最後はクランキングをするもこれは不発。
越冬船団では、わずか2時間ぐらいでしたが、お客様3匹?私4匹?のだいたい7本ぐらい。
もうちょっとバイトがあったぽかったので、確実にノセたい感じでしたね。
2013.12.07 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_65532087_201312072043087e1.jpg

超タヌキバス!!


衝撃的なメール。


おかしいよね!?


縦と横幅が一緒のような超タヌキバス!!



どうなったら、こんなタヌキになるんだろう!


48cm 3060g



50満たない3キロオーバーって(;´д`)





このバスさん、食欲旺盛なんだけど、頭良くて、はじめて、ルアーを口にしたのかな。


あと、専門家が調べて欲しいことは、バスって魚の命の寿命。
縦と横の成長過程の伸び率の成長比率がかなり気になるとこ。
通常、バスの成長速度で超早いのは5年で10lb。(心拍数が早い熱帯地域)
温暖地域、寒冷地など心拍数が遅い地域では、通常10年で10lbぐらいと言われてる。
このバスは何年ぐらい生きたのか!?そして、普段からジョイクロばっかり食ってるのか。


偏食屋さんなんかなぁ。
最近のスレンダーな美バスさんが多いんで久々に見た衝撃的なメール。
2013.12.07 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (1) トラックバック (0) l top
20131206_14.jpg

連発劇で大苦戦脱出!!

本日は、ご新規ですが、お馴染みの室さん御一行様と出航しました。
まー、昨日は、朝から大苦戦。まったくのノーバイト地獄で今日はどうなるものか。
12月にも入ったことですし、だんだん1本が貴重になる時期になってきております。

朝一は、やっぱり冷え込んで、たぶん10日連続ぐらいとなる、マイナス気温で霜降り日。
ガンガンに冷え込んで嫌な気がするんですが、とりあえず、いろいろやってみることにする。

朝の通勤ラッシュ!!

moblog_de953ce0.jpg

まずは、幸先良く。ナオキさんに、ファーストフィッシュ!!

moblog_b50e1c45.jpg

おっと! 室さんにもHitで連発炸裂中です!!!

moblog_8b933a51.jpg

さらに、もういっちょ、室さんにHITで3連発!!!

その後、ナオキさんにもビッグバイトがあるも、久々にゲットならず・・・・・

いや~、今日のモーニングは楽勝♪ ・・・と思いきや、陽射しが強くなりポカポカ。



少し、みんな、たるんできたところで、しっかりやってみることにする。

moblog_fa19e55b.jpg

ちゃっかり私もフィッシュ!!

Rod : ST630MLS-ULFt "Shaking Rhythm" - Spinning Model


moblog_554b5480.jpg

もういっちょフィッシュ!!!

Rod : ST630MLS-ULFt "Shaking Rhythm" - Spinning Model



いい感じに釣れる釣り方をすれば釣れるんですが・・・ポカポカするとちょい難しい!?



さぁ~、朝の10時の時点でまずまず釣れたので、まあ、もういいでしょ的な!?
ちょっとしたコツがある感じでもあるんですが、10時の時点で6本でその後はクランク勝負!!
そして、西風爆風となってしまい、風表では、全く釣りが出来そうにないので11時まで流す。


午後のビッグフィッシュ

午後からは、水温がほんのわずか、上昇してきたと思い、やっぱりビッグバス狙い!!
相変わらずの爆風で、寒くメゲながらも流されながらも、撃ちまくってみることにする。

いろいろディープクランキングで撃ちまくってみるのノーバイトでやっぱり厳しい。。。
中原さんオススメのショットオーバー5(ブルーミラーシャッド)に賭けるも。

247.jpg


と、ゆーか、なぜ、ブルーミラーシャッド??? 強すぎんでない???
ワタクシのオススメカラーは、もち、【207H ホログラムフラッシングギル】なんですが。
そんな、強力なシルバー&ブルーバックカラーでしたが、これが功を奏した!!!



ロングキャストして放たれたショットオーバー5。


ガンガンガンガンゴーーーン!!! 何度、ウィードにぶち当たったことか。


それでも、勢いよくガッチリあがってくるのは、ビッグバスだっーーー!!!!!

ウインタービッグバスが見えた時、正直焦ったのだが、力強いファイトを振り切ってランディング成功!!

20131206_02_01450.jpg

ウォー――!! キターーーーー!!!

ウインタービッグバス・捕獲セリ!!!

冬のディープクランキング炸裂です!!!

20131206_04.jpg

デカィ!! 太い!! ヤバイ!! 最高のビッグフィッシュ!!!

冬の超貴重なディープクランキングバスを捕獲ですね~。



それから、もう1匹と、いろいろとクランク場を撃ってみるもそれからは、なにも起き無い。


夕方終電のラッシュ!!

ラストタイム1時間に賭けて、数を釣って、宝くじを当てる作戦へシフト。
朝とは狙うスポットも微妙に違い、またしても、タイムラグで難しい感じだったのだが、
ちょっとしたコツを掴めば、きのうと同じく、夕方にラッシュが掛かる感じで数を稼ぐ。

20131206_07.jpg

1投目で午後1フィッシュ!!

20131206_09.jpg

さらに、午後2フィッシュ!!

20131206_10.jpg

午後3フィッシュと連発です!!!

20131206_11.jpg

私もちゃっかりフィッシュで、いい感じにバイトが続きます!!!!!

Rod : ST630MLS-ULFt "Shaking Rhythm" - Spinning Model


20131206_12.jpg

終電に乗り遅れないように、室さんにもHit!!

20131206_13.jpg

最後の締めフィッシュでありがとうございました。


本日の船中釣果は、この時期にしては、ビッグバスを含む14本前後のナイス釣果でした!!
まだ、写真を撮ってないバスもたくさんいますが、まあいいでしょ。
朝夕のタイミングで、一日スポットで粘らなくても釣れていい感じでしたね!!!



※明日以降、土日に空きがございます。月曜日はウインタープランのみ募集中です。
 
2013.12.06 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は、今シーズン4回目、そして50UP×3釣行・連続捕獲中の吉田さんと出航。
さぁ~、朝イチからガンガン釣るぜー。的なノリで行ってみるもバイト無し・・・・
全くのノーバイトで日替わりパターンと言えど、これは、やばいぐらいにバイトが遠い。

メタルジグ・フィッシュ

9時30分くらいに近くのローボートにHit!!
これが地合いのタイミングなのか・・・にしても、今日はモーニングが遅い。
あまりにも釣れなさすぎて、いろいろリアクションパターンも合わせて煮詰めてみる。

moblog_6c250e3c.jpg

ヨッシャ!! キタっ!!! ホプキンスフィッシュ!!!!


Rod : ST670MH-Ft "COVER BAIT FINESSE" - Baitcasting Model

Lure : HOPKINS SHORTY


10時頃になり、そのまま近くのボートにまたしてもHit!!!
やっぱり、ここからが地合いのスタートでいよいよ本日の開幕だっ!!
と、思ったのだが、クランクベイトパターンも気になるのでクランクを撃ちに行く。
だが、やっぱり、今日は少しバス&ベイトのレンジが深いのかヒットは無し。


午後の30分間ラッシュ!!

午後からは、クランクベイトをじっくりやり込んでみるも、西風強くバイト無し。
15時を過ぎてホプキンスフィッシュ1発では、いよいよヤバイ感じになったので移動。


ラストタイム・・・・・わずか30分でラッシュが掛かり、5連発でプチ入れ食い!!
もちろんお客様に釣って頂きましたが、ラッシュ中は地合いタイミングがもったいないので、
すべて写真は無しで、すぐに釣って、また、すぐに釣って。とにかく手早く釣りまくる。
サイズは、30~35cm×4 & 豆1本。なんとか船中6本で終了。
2013.12.05 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
131204_154342_ed.jpg


今日は、とあるお客様と7時~14時のショートタイムで出航しました。
本来ですと、一番の水温上昇後のバイトラッシュタイムの14時以降の夕方がいいかな!?
そんな予感もしたんですが・・・・・この時間帯でのゲームをやってみる。

お題は、釣れる釣り。要所要所でロクマルクランキングゲームも展開。

moblog_c8673ca7.jpg

朝一からガンガンやってみて、どうせ水温下がって釣れない。
だろうと、思って試行錯誤してやってみると・・・・・釣れる!!!
偶然のバイトだよな~。と思って続けてやってみると・・・・・

moblog_10e677a6.jpg

やっぱり釣れる!!
今日は、冬の釣り方を見てみたいというお客様のリクエストでしたので。
私も要所要所でじっくり狙ってみることにする。
いろいろなエリアチェックとピンスポットコントロール法をすると・・・・

moblog_e29887d3.jpg

やっぱり、釣れる!!今日は、時間帯関係無しにバイトが続く日なのか!?

moblog_1caaa6df.jpg

モチロン、お客様にもグッドサイズを釣ってもらっていますが、今日は写真NGなんで。
私がモッてパチリと。でも、写真以外のバスもモチロン釣れてます。


早々にグッドフィッシュも続いたので、9時に早々とエリア移動して、
クランキングゲームも兼ねて、いろいろな釣り方で、今の河口湖のチェックも進める。

moblog_289ffa84.jpg

残念ながら、ガンガン釣れます。
このバスは、エアーが入ってしまったので、エア調整も兼ねてライブウェルでキープ調整。
一気に巻きあげるとやばいので、ちゃんとファイトを楽しむぐらいがちょうどいいですね!!

131204_130144_ed.jpg

午後二、フィッシュも釣れちゃいました。



お客様リクエストで、

「一度釣れたスポットでは、もういいです的」な、かなりセーブしている感もありますが・・・

私的には、モチロン、ガンガン釣って欲しいのですが・・・まあいいでしょ。



それよりも、超ハイスペックHDS魚探は、真冬のゲームでマジ解像度が違うことにショック!!
このことで、季節ごとに魚探メーカーを変えてみたくなった私ですが。
スマホも扱えない、ガラケーなシンプルイズベストのタカヒロ足立頭脳では、
現状、日本語ホンデックス派なんで無理ですな~。まず、ハイスペック画面がややこしそう。


moblog_a3ea2765.jpg

ラスト14時の締めフィッシュは・・・・・お客様に来たのですが!!アレッ!?
要所要所でクランキングもしましたが、やっぱりなかなか出ない感じで難しい。


本日は、お客様3本、私が4本ぐらいで、船中7~8本。いくつ釣ったかわからないぐらいで終了。
2013.12.04 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_6e55b0fe.jpg

今日は、いろいろと”最強のディープクランキングシステム”を調査してみた。
この前から、ロードランナーヴォイス・760M & カルカッタコンクエスト100DC
with イナーシャハンドル 92 のセッティングを少し変更して、
カルカッタコンクエスト100DCからメタニウムMgDC6.2に変更してやってみる。


巻き心地の軽さやハンドルの巻き易さなど、いろいろ試行錯誤してやってみているとこです。
極論を言うと、メタニウムMgDCは、超優秀なリールでバックラッシュはいまのところ
一番少ないリールなんだなと思いますが、最高到達点(飛距離)が少し不満です。


お客様からリールの質問があったので、今日はこんな感じの話になっておりますが、
クランキングロッドに合わせるリールは、どんなリールがいいのか!?

そこを、ビッグバス釣果優先第一で結果が出ているセッティングを言いますと、
ギア比が6.2以下で、5~5.8ぐらいまでが今のところベストセッティングのような感じです。
もちろんハイギアの7でも釣れましたが、どうも巻くリズムがぎこちなく感じてしまいますね。



さて、ハンドルチューンも大切と説きますが、やはり、純正の70mm前後では不満で、
最低80mm以上で、100mmぐらいあってもいいのではないかと言う結論です。
なぜかと言うと、リールのスプールを一回転するのに、短いハンドルだと、
スプール一回転するのに、勢いよく回転させなければなりません。
大きいハンドルだと、ゆとりがもて、じっくりハンドルまわして連動してスプールが回ります。
例えていうなら、ウインチとテコの原理の要領で、大きいウインチであればあるほど、
大きくまわせば、さほど引っ張っているものの抵抗を感じませんが、
小さいウインチのハンドルですと、引っ張っているものの抵抗をかなり感じるのだと思います。


ただ、ギア比7以上のハイスピードクランキングを実践するなら、考え方はまったく別です。
ここらへんは、まだハイスピードクランキング自体、釣れるかどうかは実践データ無しですので、
いまのところ、考えていない分野でもありますが、水温が18℃ぐらいだったらありですね!!


対極の話ですが、ビッグスプーン、パンチングなどは、ハイギアであればあるほどグッド。
ビッグスプーンは、フォールが早く、せわしなく、忙しいほどに巻かないと、
すぐにビッグスプーンが着底するので、フォールスピードをイメージすると、
必ず、リズムに合ったハイギアというものがベストセッティングであるはずです。
パンチングも今や当たり前ですが、6.2だとお話にならない感じになってきている世界です。
そこのところのセッティングをよく煮詰めることでさらにロクマルに近づける感じがしますね。
2013.12.02 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析