超爆風の中のOSP号

今日は、朝から、相変わらずの爆風っぷりの河口湖に練習で出航してみた。
最近のトレンドのワカサギ接岸パターンからはじめてみたかったが、
かなり風が強そうだったので、気温もまずまずで刺してきてるだろう
ピンスポットのランガン戦略から始めることにした。

だが、プレッシャーなのか、刺してきていないのか、
確実にココだろうって場所を丁寧に通すもノー感じ。





一瞬、大橋の内側でベタ凪ぎのタイミングもあるが、鵜の島方面へ行く途中には、白兎海岸。。。


んで、早めの休憩へ。




午後からさらに強さを増し、大橋の内側で釣りをするも、B級スポットではやはり生命感が微妙。

MAX水温10.5℃ のエリアもあるがヘラのみ。




爆風過ぎて一時間休憩。


そして、後半も粘ってみるが本日は撃沈で終了。




終了、、、終了だったのだが、


今日、すれちがったOSP号では、57cmと43cmの2本あがったと!



プロトタイプのルアー(iウェーバー)で、使い方は、ふむふむと。
突っ込んだ話はしなかったのですが、なんとなくアレをあーしてこーして?

今日の反省は、小さいルアーと釣り方の違いだろう。


いままでのやり方では、刺してきたバスは釣れるが、刺しきってシャローに居残っているバスは、
かなりプレッシャーが掛かってスレているので、もう一味違った攻めを展開しないといけないようですね!
しっかし、爆風でもキッチリ釣ってた超上手い人もいるので、毎日反省会です。
スポンサーサイト
2012.03.30 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



出れない時に限って快晴ベタ凪

今日は、朝からメチャ穏やかな湖面をみつつ、
天気予報でも、気温がぐんぐん上昇で、これは確実にキター!!!
って感じでこのベタ凪のタイミングは、釣れるな~。と思いつつも・・・・・

本日は予約が無いので、ぐ~んと上がる気温と超ポカポカ陽気を味わいつつ、
陸上でまったり作業をしていると、急に出航したくなり練習で出航。




午後よりお出掛け

さて、というわけで急遽、知り合いと合流して12時より出航。
かなりのベタ凪ぎいい感じで流し放題だったのだが、それも30分しないうちに。。。
急にエンジントラブルもあって貴重な時間をロスしてしまうこともたびたび。


さらに、そうこうしている内にモロ爆風となってしまい、お蕎麦を昼食にして、午後も。
午後も、おもいっきり吹いてきて、んがー!!オレ、なにかわるいことしたの?


毎回毎回の荒れっぷりラフウォーターで、早期撤収。そして度重なるエンジントラブル。
なんだか、トラブルで半分費やし、一番いい時間帯がやれない。


まー、いろいろな運勢や年がありますが、それを乗り越えてやってきましょう。
あしたも、マジでやりますが、7回出航すれば、ほぼ100%荒れてくるのだけは、勘弁!!


本日は、何箇所でシラウオっぽい画像、ディープウォーターでも気になる画像を発見!!
これをキーにガツンと仕留めれれば最高なんですがね~。
2012.03.29 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



今日も大荒れ。

今日は、ご新規様2名様と1日コースで出航しました。
早朝は、ガビガビに寒く、-4℃位で真っ白な霜注意報。
早朝の水温は冷え込んで6℃後半とちょっと下がっている感じですね~。




毎日毎日同じ感じの気温上昇、水温上昇、そして刺してくる時間帯が遅い。
そして、毎度毎度おなじみの北西の季節風が強風となってのラフウォーター。
でも、こういった状況でもタイミング次第ではどっかーんと釣れちゃいます。

今日も、黄金のプリスポーンローテーション、
ビッグベイト、ビッグミノー、ビッグシャッド+αバイブレーションで攻め込んでみる。


朝は、流入河川のワカサギパターンでやってみるも刺してきていないのか不発。
10時頃のとあるタイミングでとある激ピンのビッグベイト打ち込みも不発。

チャンスは一回

そして、暖かくなってきてからのチャンスは一回!
最近、好調の有頂天ジョインテッドクロー178に55以上、ロクマルクラスが猛チェイスも、
あとちょっとのとこで、ルアーがピックアップしてしまい。。。

あー、やっちまったー感が。
かなりのデカバスで、確実に今回、新しく刺してきた感じの猛チェイス。
これを仕留めれれば最高だったんですが、ちょっとした動作のタイミングが合わない。


確実に仕留める為には、もっとじっくりとした攻めの煮詰め方が必要ですね!

ただ、有頂天カラーは、確実に合ってる!!

これだけは、言える。




そして風速は増して、毎度毎度の激荒れになる!
風速6m以上の春の嵐で、すでに釣りが出来る大風の目安のMAX5mを超えてる。
何か、わるいことした?オレ?日頃の行い???


そして、かなりの激荒れっぷりになり、ラインコントロールも難しく、
なかなかロングキャスト、ショートも決まらず、
一旦、タックルセッティングを見直すがなかなか難易度が高い1日になってしまう。

確実にキャストからリトリーブの動作が決まれば、釣れる可能性はあるのだが。
風がラインコントロール、ピンポイントキャスティングを邪魔をする。


そして、同じ動きをするようなボートもあり、必要以上にプレッシャーがかかりましたね。
夕方、15時の地合に入り直すもダメ。
通常なら、この15時で狙いすまして、どっか~んと!計算してたはずが。。。。



今日は、刺してくるバスがかなり少ない。朝には氷点下でシャローのバスは、姿を消す。


遅い時間帯に、デカバスのみ刺してきた感があった。
さらに、今日は、デカイバスのみを対象としたストイックな攻めをしなければ、
小型が刺してきていないような状況では結果が出ないような難易度の高い1日になりました。


フィッシングパターンは、合ってると確信するのだが!
氷点下、大風の日は、チャンス少なく、難しくなってしまうが、
その分、デカバスのみバイトが絞れロクマルトロフィーサイズのチャンスっぽいですね。


まだまだ頑張ります!
毎日毎日、新しいバスがたくさん刺してきてくれると助かるんですが(汗)





あっ!! 最後の方に・・・・・・・あがってきたー!!!

まさか、目を疑うかのような、MAX10℃のエリアもあり!
そりゃーあのピンは刺してくるわなー。かなり暖かかったもんね。でも風が吹きすぎ・・・・
2012.03.28 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
00fdaf35.jpg

3月26日(日) 全国の釣具店・書店で発売!!

  Basser   2012  5月号


河口湖の4月メニュー

後半のカラーページにて、4月の河口湖の攻略法の紹介させて頂きました。
4月の河口湖はプリスポーン中盤戦で、個人的にハードルアーのデカバス一本勝負です!!!


  項目 : 127 全国の凄腕プロガイド10人による4月メニュー


4月の河口湖に有効な「3つのルアー」を中心とした4月メニューを紹介。
より詳細な春バスの動きとルアーをアジャストさせたフィッシングパターンを細かく解説。
今、河口湖にお越しになれれるお客様は、ぜひ、河口湖4月メニューを参考にして下さいね。


そして、そして、只今、シーズンインキャンペーンとして春割を開催中です♪

今年の春は、まだまだ水温が低く、寒さも感じるので人の出方も今まさにスタート!!
初バスをまだ釣っていない方、寒くて今からがシーズンイン!という釣り人のみなさん。



期間延長、シーズンインキャンペーンを4月15日まで開催!!


春の河口湖は、ロクマルから50upと極めてビッグバスが出やすい時期となっております。
ただし、その分、出ればデカイがなかなか難しくチャンスが少ないのも事実。
春が初めての方に関しては、マンツーマンでガッツリとお教えして釣って頂きたい。
そして、2名様乗船でも、タイミング次第では数釣りも可能となるでしょう。


  → 詳しくは右メニューの河口湖ガイド・釣り教室ページのリンクにて!


3月はまだまだ空きがございます。今週は、木曜日以降に空きがあります。
トーナメントの練習禁止期間となっており、デカバスを狙うには人も少なくうってつけです!!
ビッグバスを狙うなら平日がかなりオススメの状況となっております!!
奥河口湖方面も、釣れてからではもう遅い。ぜひお待ちしております。お問い合わせ下さい!
2012.03.26 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
P3250136.jpg

今日もビッグビッグベイター?? ~続編~ 

本日は、先週お越し頂いたIKEGAYA様、御一行とと出航。
先週の日曜日は、ボートもぎっしりでしたが船団で48cm・2キロクラスを釣っちまい、
そしてIKEGAYAさんは、ビッグベイトで釣っちまったもんだから。
今日は、前回のとあるリベンジと言うことで、引き続き春の釣りでバスを狙う。

朝一は、やはりというか・・・かなりの冷え込みで真冬日となり、-2℃~日中5℃。
風速予報は、日中正午6mと爆風で、またしても・・・連日の悪夢到来かっ!!!

moblog_e93ed77b.jpg

朝一の水温は、6℃前後。平均して7℃前後。
日中の水温が高い河口湖北岸エリアなどでは、8.7℃までガンガン上がる。
奥河口湖は、鵜の島より東側のエリアより1℃低く、平均5℃後半。


黄金のプリスポーンローテーション

朝一は、ベタ凪だったが、ワカサギ回遊系パターンでやってみるもベイト反応薄く。
鵜の島まわりを攻め込んでもいいが、プレッシャーもきつく敬遠して別の手を打つ!!
いろいろな河口湖のバスの刺してくる具合をエリアごとに計算して攻め込んでみる。

基本は、ビッグミノー、ビッグシャッド、ビッグベイトの黄金のローテーションを適材適所で、
春バスが刺してくるスポットをメインに、ランガンしてバスを狙い撃ちして、釣りまわっていく。


時刻は9時半。

今日のIKEGAYAさんは、冴えていて、ビッグベイトのキャストも決まる!!
ちゃぶ台吊り上げ釣法から、今日は真面目にしっかりと狙いを定めて撃ち込んでいく。
すると、とある刺してくる“土台”(うん。今日は格上げで土台にしよう!)でビッグバイト!!


前回同様、ビッグベイトが水中にダイブして、す~と沈めて、スイスイスイ~と泳ぐ。

すると、ガツーーーーンとバイトがあり、フルフッキングして一気に寄せて来る。


P3250131450.jpg

ヨッシャーーーーーーー!!!!!!!!!!!

ビッグベイト危機一髪!! 本日もデカバス捕獲セリ!!

上がりたてほやほやのプリスポーンダイナマイト47.5cmをビッグベイト!!
いや~、ここんとこ負けが込んいたので、連敗脱出のビッグフィッシュとなりましたね。
しかも、二釣行連続のビッグベイターとなってしまいこのジョイはビッグ3連発の当たりルアー。

P3250130450.jpg

もう一丁、プリプリの写真を行っちゃいましょう!!!
グッドコンディションのプリスポーンのメスバスで、上がりたてのフレッシュなバスでしたね。


moblog_09254d34.jpg

そして、奥河口湖方面も狙ってみるも、水温が低くなかなか釣れる気配が無く難しい感じがする。

P3250139.jpg

ここんとこ、フィッシングプレッシャーもあり、なかなか厳しい状況だったので、
1発いいのが釣れてからは、風裏のポカポカロイヤルでコーヒーブレイクをするとカナダガン。


そして午後へ。


午後はガンガンと水温が上昇してMAX8.7℃まで上昇するエリアもあった。
夕方のバイトを期待して、ワカサギ接岸パターンを試すも、ノーバイト。
いよいよ風も強くなってきて、本日は終了となりました。


本日は、ややシラウオも接岸していて、エリアによっては、シラウオ待ち伏せ系のバスも居る。
この手のバスは、一回上がってきているのでルアーを見てややスレている。
やりようによっては釣れる個体なんですが・・・どうしてもスピニングのシラウオパターン。
タイミングも合わせずらく、フィネスな感じで切られるのも恐い臆病な私の思考回路。
まー、私のパターンは、刺してきた春バスをハードベイト一本勝負な感じで攻め込んで行くのです!!

P32501241500450.jpg

P3250123.jpg
2012.03.25 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (1) トラックバック (0) l top



気合の入っている、Big BASS HUNTER

今日は、Big BASS HUNTERのHosakaさんと出航。
保坂さんは、冬季以外は3月から12月まで狙うストイックな釣り好きバスハンター。
個人的にはデカバスを狙って頂きたいのだが、とにかく釣れるシーズンの釣りを展開する。

今日は、ハードベイトを主体とした春のビッグバス狙い撃ちモードで一発狙いでランガン。
だが、天気予報は、終日風が強く、4ー7ー4mと、日中のMAXは7mと超激荒れモード。

天気予報外れ

だが、あれ!?
朝からすっきりした晴れ間でベタ凪ぎの湖面。
しかも、暖かい朝で雰囲気はバリバリでロケットスタート成功!!


朝からワカサギの接岸パターンをやってみるも出ない!
次にいままでよかったパターンやビッグベイトパターンをやるも不発。
シラウオを発見しつつ、バカ虫の群れをムシしつつ春を感じる今日この頃。
だが、全くと言っていいほどベタ凪すぎるのもあるのか、バイトが無く。。。。。


お昼休みへ。


お昼休みが終わって、再び出航すると、、、
30分もしない内に西から怪しげな真っ黒な雲が迫ってきた。
私は、瞬間に天候変化の危険を察知して、猛スピードで桟橋へ向かう事を説明する。
すると、やはりと言うか・・・・・ヒョウが降り、一瞬で春の大荒れとなる。


一瞬の判断がよかった感じです。


長時間の待機でしたが、風が落ち着いてから再び3時過ぎより出航。
幾分と西風も収まり釣りになる感じだったのだが、やはり当たりは遠い。。。
だが、本日も出そうな気配はあるが厳しい1日に終わってしまった。
2012.03.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



趣向を変えた早朝パターン!

本日も引き続き、昨日のお客様と春の河口湖2連戦で挑む!!
本当は、前日にビッグバスが釣れたら気が楽なんですが、ここんとこボートも多く苦戦気味。
朝イチは、ロケットスタートに成功するも、今日は趣向を変えて攻め込んでみる。


ここ最近の鵜の島・定番スポットは、氷点下だと夜のうち刺してきていないと思う。
おそらく氷点下の夜間から朝方は、きのうのお昼や夕方にバスが刺してくるも、
夜の寒さが応えては、寒くなったらまた一旦深場に落ちるだろう。

そのまま放射冷却の朝になると、深い場所でじっとしてまた翌日の晴れ間で刺してくる。
よって、暖かい朝に関しては、前日刺してきているか、夜に刺して来てステイしてるだろう。
氷点下になってしまう寒い朝になれば、よっぽどベイトが接岸していない限り居ない。

ワカサギパターンへ

んなわけで、ここんとこワカサギが大潮で接岸しているスポットへ。
きのうも、ワカサギ反応バリバリでしたが、風が強く、シャローを打って見切ってしまった。
だが、本当のパターンは、レンジ違いでやや深めを巻物で攻めたお友達は、
-5℃から日中4℃までしか気温があがらない真冬日・爆風下の中でもデカバスを釣った。


そんなこともあり、定番の春スポットのフィッシングプレッシャーを避けつつ、
ひとつレンジを下げて「刺しきった後のベイト回遊系パターン」とコンタクトポイント巡り。




だが、朝から快晴ベタ凪ぎでこれはこれでつらい。そんで、連日のガイドが凍るほどの寒さ。
今日の朝は、ベイト反応がなく、近くで漁協関係者?がついにエリをあげると、、、
なんと!バスの姿もありました(笑)でも40ちょいぐらい。ワカサギも少量ながら刺さってた。


フィッシングプレッシャー

さらに、移動した先では、撃ち込んだはずの場所には、やっぱりバスの姿がある。
バスが刺して来ているスポットを撃ち込んでいるのは、確信と事実だが・・・反応しない。
やはり、この時期になると春に人が押し寄せて、居るけど強い釣りでは食わない。
でも、やはり第2陣と思われる、ちっちゃい40ちょいぐらいのペアでしたね。


仮定しよう。

河口湖のバスの行動パターンとして、
水温4度からの上昇傾向では、春の動きを意識して、産卵場所となる場所を下見に来る。


下見に来たバスはルアーを見る。ルアーを見たバスは、釣れる。そしてスレる。
第一陣のビッグサイズが下見に来た後は、その一陣の大型は、また深い場所に下がる。
第一陣のバスは、それからベイト回遊系になったりと気象条件にあわせて上下左右の動きをする。


つぎの第二陣やや小さいサイズが来る。
サイズ65~50前後が一陣とすると、二陣は50前後~40前後とサイズが下がる。
今、今日この時点で、刺してきてるバスのサイズはエリアにより下がりつつある。


つまり、第一陣の特大サイズは、鵜の島より東側は、ほぼ刺しきった感がある。
つまり、刺しきった一陣のバスを狙うには春の次の段階を仮定しての攻略法がキーとなる。

時間差での現状の第二陣を狙うには、刺してくる場所を狙うのが正解となる。
もう一つの、第一陣の次の段階を狙う作戦も、なかなかピンスポットが少なく難しい。
奥河口湖方面で次に刺してくる第一陣を狙ってみるもこれは、ダメ。



本当に今日も攻めきってみるも、フィッシングプレッシャーもあり、厳しい日に終わってしまった。
それよりも潮周りで差してきていないのか?ベイトが押し下がってしまって食わないのか。
どちらにしても、フィッシングプレッシャーはほぼ80%の鍵だが、
それ以外の20%を分析して少ない確立ながらしっかりとビッグバスを捕獲したいところでした。
2012.03.22 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



ガイド凍る午前中の真冬日

今日は、朝から真冬日となり、かなりの冷え込みで-5℃の河口湖。
日中も気温が低く最高5℃となり、風速は・・・・6mと春の爆風の河口湖。

朝一のスタートダッシュに成功して、ここんとこ好調だったスポットへ直行するも・・・
氷点下の朝は、バスが刺して来てステイしておらず、ベイト反応も薄くバスの反応なし。




全くもって寒い早朝。ガイドも凍り11時まで氷点下でバックラッシュする始末!!




ビッグバス刺してくる!

富士山は超綺麗な感じになっていますが、本当に西風も強く寒い午前中。
お客様はビッグベイトタックルは無いので、ほとんどの時間をビッグミノー&ビッグシャッド。
刺してくるスポットを打ちまくってみるもなかなかバイトは無く、ほんまにどうしたんか?

だが、ポカポカ暖かくなってきてから、ついに刺してきた感があったが!
湖全体では、10時に一回刺してきて、デッカイはシャローに入ってきてウロウロしてるが、
連日のフィッシングプレッシャーなのか、そわそわするだけで食わないですねー。




しっかりと粘って、最後まで春のビッグフィッシュを狙ってやってみるも・・・・
爆風は、ついに15時頃やっと西風止む。いわゆる夕方西風止むってやつですね。


湖全体は、今日の西風ボウボウでかき回された感じ。
晴れ間があったので、日中の風ボウボウ下でも刺してきてると仮定して、
風が止んだ夕方のタイミングで、刺してきているだろう場所に夕方突撃する作戦したが・・・
あまり、刺してきておらへんやんけ。となると、一歩下がったコンタクトポイントなのか???


moblog_aed29f69.jpg

唯一の正解パターン!

やはりコレが正解だったのか。今日出たボートでは、釣れてないなかで、唯一一人だけ。


  「ビッグバス獲ったどー!!」  と、友人がとあるエリアで叫んでいたそうです。


全くもって、爆風、氷点下でガイドも凍る寒波でよく釣り上げた事に賞賛の値。
しかも、芦ノ湖超ウルトラシークレットハードベイトの巻き物で釣り上げるアッパレ!!!
ほんま、いいサイズですね☆しかし、結果論だが掴みかけていた結論が証明された。
納得のパターンフィッシングを反省会で公開してもらい次の日へと挑む。
2012.03.21 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



プリスポーン・ロクマル

いろいろと調査中ですが、、、河口湖の3月は、只今2本ロクマルがあがってますね。
一本は、ルドラにて61cm。もう一本は、きのう、バイブレーションで62cmがあがったらしい。


本当は。。。

時期的には、一発目のロクマル接岸は終わった感じもするが、
接岸~離岸~接岸 と二回目の接岸はベイトフィッシュが重要になる。



日にち的には、このタイミングになれば!
今日は、お昼から2時間ぐらい出ましたが、相変わらず、ビッグバスはわんさかいますね!!
50~55ぐらいが多く、高気圧バリバリで爆風だったから、キャスティングの釣りでは、
まったくもって食わない食わない食いまへんがな。
サイトフィッシングならわかりませんが、あとの食う要素としては、低気圧のみ。

朝イチ、バリバリに冷え込んだら~。。。また、どうなるんだろう!?
と、いうわけで、日曜日からほぼ一回目は刺しきった感があり、
次の一手で、どうパターンに組み立てるかですね♪



最近のレンジ別パターン


1.5m前後は、ルドラ130ライブリーワカサギ

2.5m前後は、ライブXリベンジGGワカサギ

3.5前後は、ソウルシャッドDDR

ソウルシャッドDDRは、新顔なのです。
ワカサギ系のボディはホワイトシルバー、背中がパープルか茶色か黒系がベスト!


2012.03.20 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (1) トラックバック (0) l top
moblog_55edc879.jpg

いよいよ人も春本番!!

今日は、きのうの低気温&爆風とうってかわって気温が最低4℃~最高14℃。
曇りがちながら、最近にしては、快晴の真冬日より気温が高く暖かささえ感じる。
昨年お越しの、もってる2名様のお客様を乗せて、本日は1日コースで出向。

スタートダッシュ

本日も少々出遅れてしまいましたが、期待してスタートダッシュ!!
したんですが、あーーー、お目当てのエリアには、バスが刺してきておらず、朝は終了。
早朝の水温は、5.8℃とまずまず。日中は最近では同じく7℃前後まで。

9時頃より、案の定、ポツポツとボートが浮かぶ河口湖。
ここぞとばかりに、岸釣りのみなさんとトーナメンターのみなさんが、
少し遅い時間帯の10時頃を境にぞろぞろとご出勤のになさって船団化する始末。


個人的には、ハイプレッシャーでは、人との距離が近い方も多く、この釣りはちょっとつらくなる。
だが、少しの晴れ間、気温が上昇してポカポカベタ凪ぎの船団のど真ん中で一発!

moblog_2c8caf5d.jpg

moblog_aa45b090.jpg

う~む。

釣れなさすぎた挙げ句に投げたら釣れた48cm、2キロクラスを捕獲!!
でも、船中のやる気はMAXになるのだが、私が釣れても仕事にならない。
だが、それより前に、いい感じの「春パターンその3」でチェイスがあった。
まだ、低水温ながらこのパターンでバスが入っているスポットや湖の状況などを確信。

午後より雨

少しづつ雨が降るとトーナメンターも5割減と言った感じですぐに退散してくれて助かる。
再び、ランガンコースでとにかく信じてジャークベイトを打ちまくってみて!!!
そして、適材適所でビッグベイトゲームも取り入れる強気の釣りを展開。


やっぱり、もってるゲストさん

すると、15時に突然、ビッグベイトクライマックスは訪れた。
とあるちゃぶ台(うん。ちゃぶ台としておこう。)にビッグベイトを投げましたー。
投げたのはいいのですが、タックルセッティングの強引さで毎回キャストが決まらない始末(笑)
まあ、笑っちゃあいけないのですが、しっかり決まっていればな~と思ってしまうこと多々。
そして、またしても、ちゃぶ台の端っこに乗ったビッグベイト・・・が落水しちゃったーーー。

ライフジャケットを付けていないビッグベイトは、どぼーんと落ちたら水中にダイブする。
すると・・・肝心のビッグベイトが浮き上がらず、ナニカにグググッと引っ張られている。
ここで、ビッグベイトのラインは浮いているちゃぶ台の上の木に引っ掛かっている。
オーマイガー。また、ヒモを釣っちゃたんですか。。。と思ったらお客様が。


「キターキテキテキテますよ!!」



「まっさっかーーー」   はあ~、そんなことありえないね! と心の中で思ってしまう。


だが、、、


  ”  バシャバシャバシャ  ”  (汗)



なに!?  あの水面の叩き様は、コイでも引っ掛けたのかな~???


と、思ったら見慣れた魚体が・・・・??
ちゃぶ台の脇からダイブしたビッグベイトに掛かっているではあーりませんかー。
もちろんビッグベイトのラインはちゃぶ台の上の木に引っ掛かっている。
ルアーは、ちゃぶ台の向こうで宙ぶらりん状態で、針にはバスが掛かっている始末。

moblog_20d35999.jpg


急いでランディングネットを持ってーー! 直行ーーーー!! ピックアップ成功。

なずけてビッグベイトちょうちんフィッシングここに完結セリ!!!!

いや~まさか、こういう結末もあるのかと。

moblog_18c9f1bc.jpg

やったねー。ビッグベイトでぷりぷりの43cm捕獲セリ!!!
いや~、キャッチの仕方は一生に一度あるかないかの爆笑のハプニング場面でしたが、
やっぱ、こういう釣り方もあるんですね~。その釣り方に脱帽!!敬礼!!!


それからは、夕方の一発を再び狙ってみるもヘラの位置がかわらず、バスも居ない。
ハイプレッシャーもあり、なかなか難しい感じの一日になってしまいましたね。

本日は、ちょっとの1日のリアルタイムな変化を先読み先読みした結果。
個人的にしっかりとしたパターン通りに釣れた感じがしましたが、
あの1匹は、釣れた瞬間は爆笑のハプニングでスマートじゃなかったですね(笑)


本日は、48cm、43cmをミノー&ビッグベイトで捕獲セリ!!
風も無く、穏やかな一日は、いい感じのフィッシングが展開出来ますね。
そして、個人的な湖の状況はこれからガンガンバスがあがってくる気配がします。
もちろん、上がってきたてほやほやのバスは、ガツンと一発釣りやすくなります。
来週平日の人が少ない日はとくにオススメ。あとは、風さえ吹かなければ。
適材適所でオススメルアーを使って確立したパターンで揚げていきます。
もちろんルアーの色までこだわった釣りを展開しますのでよろしく♪



さて、あしたから、月曜日、火曜日に空きがあります。
水温があがり、さらに大型が狙い易くなっていますので、ぜひお問い合わせ下さい。
2012.03.18 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_bf5a37fc.jpg

雨と嵐で寒い一日

本日は、朝イチのスタートダッシュに失敗してしまう。
得意としていたエリアは、先行者により、やはいというか釣り上げられる。
しかも、このタイミングこそ風がなく、気温が低い今日1日は、朝一発獲りたかったのだが。

ただ、ここでしか釣れないというのを言い訳にしたくはないので、
朝からハイスピードでコンタクトポイントをランガンするも刺して来ていない感じ。


そして、案の定・・・・大雨&爆風&低気温。

土曜日ということもあり、要所要所でプレッシャーがかかり、
ピンスポットは、ランガン戦法では、タイミング良く入ることが出来ない。

今日一日、ランガンタイム中は、とにかく打ちまくってみるも、爆風もあり、レベルの高い1日。
バスが刺してくる場所にバスがなかなか入ってこないのと、
気温が低く、活性が低く、ハードベイトにアタックさせるのには、別のナニカが必要な感じ。


潔く完全試合に終わってしまった1日。


moblog_1c06c1ab.jpg

んなわけで、あんまりネタがないといえけないので、カッパを乾かしている写真を撮りましたら。
同じく知り合いと合い、やっぱり釣り人は考えることが同じだなと思ってしまう。
と、ゆうかむしろ、コインランドリーにあるジャンプが読みたかっただけなんです(笑)
2012.03.18 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_ca8e0ed1.jpg

バリバリな朝

バリバリに凍ってて、チョー寒いんですけど。

富士山は超綺麗で下の方まで霜が降りてる。

早朝の気温は-5℃。



早朝7時からやってみるも、朝の氷点下のガビガビすぎてバスが刺してきていない。

1時間練習した後に用事があり、陸上で作業を行う・・・・





ピット作業


再び10時頃より出航。

すると・・・あっ!という間に風ボウボウでなすすべなしで撤収。



ガビーン!



んで、再び、陸上でタイヤチェックなどのトレーラー作業を行いました。


朝穏やかだった時にガッツリやればよかったんですが、きのうはその後が強烈な荒れ模様でしたね。
2012.03.12 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_e250bd66.jpg

氷点下の朝

夜間から朝まで小雪が降ってしかも氷点下で寒い朝となった。
ここんとこ、どうしてもフィールドで確認したいこともあり、下見を兼ねて出航。

ビッグバス・リベンジ!!

個人的に先日お客様が獲り損ねてしまったあのビッグバスにリベンジ!!
そして、このスポットは、確実にバスが居て、今一番ホットだと思っている。
いろいろ気になって、その1投をする瞬間は緊張しましたが、やっぱり1投でキタッ!!

P3110294.jpg

P3110295.jpg

キャスト前にほぼ90%釣れるとわかっていながらも、やっぱ投げる時は、緊張しますね。
ジャーク・ジャーク・STOPの瞬間にブリブリの52cmがガツーンと来ました。
あぁ、今日が営業日だったらお客様はどんなに楽しかったのかな~と思いつつ。


P3110296.jpg

P3110297.jpg

P3110299.jpg

人の気配がない、今がチャンス!

この時期、特にミノー&シャッドがおもしろい!!
ちょっと深目のバスには、メガバス・リベンジで攻め、浅いエリアはルドラやワンテンなど。
しっかし、やっぱり居ましたね~。全く同じバスにリベンジ成功って感じです!!!
その後も、3箇所ほど春に刺してくる場所をランガンするも入って来ていないな~。
10頃にあがって、マイボートがさらにやりやすいようにひたすら改造に走る。

しかも、日に日にフィッシングプレッシャーが高くなり、
ハイプレッシャー下では、ハードルアー戦略も早いもの勝ちって感じのシーズンです。

昨年もそうだったのだが、ハードルアーを根気良く引いて一発大物を狙うなら、
まだ、人の気配が少なく、完全にシーズンインしていない貸切の今がチャンスですね!!

8-33811450-300.jpg

さて、ちょっとくどいようですが(笑)
バステク2012に足立コレクション・春のハードルアーの10点が載っています。
ほとんど決まってこのルアーしか使用しないので、すっごく分かりやすい釣りかもしれませんね。



そして、アラバマ研究会へ・・・・・・






アラバマ・試作品第2号

昨年末より、試作していたアラバマリグ。
第1号の"SPRO式ビッグベイト・アラバマ”は、ウエイトがありすぎて断念。

試作品第2号は、芦ノ湖式アラバマバージョン。
スモラバを組み合わせたセッティングですが、、、アクションが悪すぎて、少し考え中です。

しっかし、スウォーミングホーネットは、ルアー取り付け先端部が微妙で、
いつスイベルが外れるか、ヒヤヒヤもんですな~(-_-;)








アラバマ・試作品第3号

一部の地域のみなさんに、先行発売しているアイテム。


LOCO BAITS キャンディ


昨年より、極秘に行われたアラバマミッション、キャンディのプロトモデルについて。
実は、琵琶湖では、昨年11月に67cmもあがっており完璧に強度抜群の仕上がりになっています。

ルアー取り付け金具先端部のかしめかたにもこだわっており、
絶対にルアーが外れないような仕様になっております。


ハードルアーの特性を生かして、

ブレード = 小魚の群理論でやってみましたが。



ウエイトバランスが難しいですね。

これはこれでありなんだけど、まだまだ改良の余地あり。

ってゆーか、スピナーベイトでよくね???



ごくまれに、一部の地域のみなさんはお目にかかるかもしれません。



P3110301.jpg

最後に只今の状況ですが、さかなや桟橋の前の早朝の水温は4.8℃。
10頃になりますと、湖平均で5.5、漕艇場~河口湖北岸エリアは6.5℃前後。
以外にもロイヤルワンド方面が暖かいといえばそうでもなく、
湖岸沿いほど雪解け水で冷たい感じになっております。ボディウォーター沿いが暖かい。


明日、月曜日から三寒四温の暖かい日になる予定のようですね!!
春は50UPもいいですが、ロクマルも狙えるシーズンです。
まだまだ空きがございますので、ぜひ、お問い合わせ下さいませ。
2012.03.11 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
img60342151360.jpg

3月10日(日) 発売!!

Rod & Reel : 別冊  バステク2012 春号

後半のページになりますが、少し春のハードルアーを紹介させて頂きました。
おおよそ時期は、3月から5月までに50UPが炸裂するヒットルアーのコラム。

もうすでに河口湖は、水温は底を切って上昇傾向にあり、春バスが釣れだしています。
春の河口湖にお越しになれれるお客様は、ぜひ、ヒットルアーを参考にして下さいね。


8-33811450-300.jpg

3月~5月の厳選10アイテム

【1ルアー】 × 【1テック】 100カタログ コーナーに掲載。
数々の足立コレクション・春のアイテム10個を惜しみなく、ルアー写真と活字で紹介。
ちょこっとしたチューニングや、カラーへのこだわりなども見れば分かります!!
ぜひ、3月~5月までの河口湖へお越しの方は、これらのアイテムを持ってきて下さい♪

そして、そして、1名様限定で、シーズンインキャンペーンとして春割を開催中です♪
春の河口湖は、出れば50を超えるデカバスが釣れるがそれこそチャンスが少なく、
初めての方に関しては、マンツーマンでガッツリと釣って頂きたいものです。
ただ~し、ハードルアーオンリーのゲームになりますのであらかじめご了承下さい。


  → 詳しくは右メニューの河口湖ガイド・釣り教室ページのリンクにて!
2012.03.10 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
チャンスあるも!寒い風の無い一日。

今日は、昨年、55cmを筆頭にデカバスキャッチ率が高いお客様と出航。
朝から相変わらず、早春のビッグミノー&ビッグシャッドで丁寧に丁寧に流してみる。

今日の天候は、気温2℃、日中は4℃、正午前後に晴れ間があるほぼベタ凪。
まー、新しいバスが刺して来ておらず、なかなか食いませんが早春のスポットをランガン。


朝一は、昨日、確実にバスがいるスポットから丁寧に丁寧に流してみること1時間。
岩場にビッグシャッドが差し掛かった時・・・ガツンと来ましたが!!
これは、根掛かりかー。と思って外していた時にビッグバスで水面付近まで来てUターン。
ちょっと浅掛かりでしっかりフックアップが決まっておらず残念。
シーバスみたいに細長くてデッカイおさかなさんでしたのに。


それから早春のスポットをランガンしてみる。水温は5℃~6℃。平均して5.5℃
漕艇場から河口湖北岸エリアに関しては、水温がMAX7℃まで達し、
いよいよコンタクトポイントに・・・・・な~んて考えていたら刺し網が。。。笑

ビッグバススクールスポットを発見するも・・・

朝一のバラシの後、いろいろまわってみるも、なかなかバスの姿すら見なかったが。
あるエリアで・・・ビッグバスのスクーリングを発見して・・・(漕艇場じゃないよ)
MAX55cmぐらいの7本ぐらいのスクールとまわりにもバスがちらほら。
かなりのホットスポットだったのだが、どうもこうもこの位置だと食わない。

別のエリアにも、ヘラの群れの中にもバスが居たりと、きのうよりは刺して来ている感じ。
だが、散々早春のスポットをまわり、投げた押してみたが、朝一の反応のみで終了。

2012.03.08 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_1659a94c.jpg

早春、初釣り!!

今日は、昨年からお越しのお客様で、今年はこれが初釣り。
もちろん河口湖ならではの、春のハードベイトゲームを展開すべく、今日もランガン。
朝一は、前日反応があったスポットから流しはじめてみる。

きのうの気温5℃~14℃の暖かい春の日と変わって、2℃~8℃の少し肌寒い一日。
朝のうちは濃霧となりかなり寒く、霞がかって、次第に晴れとなりややポカポカ。

生命感あるスポットを丁寧に丁寧に流してみるも・・・生命感はあるのだが、反応無し。
う~む。きのうから新しいバスが刺して来ていない感じでどうもこうもプアーだ。

moblog_6c83edea.jpg

写真の水温は、見えずらいが5.4℃をマーク。
水温こそ、早朝は4.8℃から日中は5.5℃くらいまで上昇していい感じなのだが。

夕方、刺してきた!!

それから、ここ数日いい感じのスポットをまわってみるも、ヘラの回遊だけ。
越冬系バスが潜むピンスポットは今日はニジマスの群れに変わってしまいダメな感じ。
日中を過ぎても全然刺してきていない感じで、やはりきのうからの雪解けが効いているのか。

最後の最後に朝から生命感あるスポットへ行き、再び丁寧に丁寧に流すと・・・
ビッグシャッドのジャーキングの後のピックアップで45クラスが猛チェイスするも・・
水面付近まで来てしまいUターンしてこの日のイベントは終わってしまった。
2012.03.07 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_4009f458.jpg

寒暖の差

お天気予報は、晴れで日中の気温は8℃。早朝は-2℃。
さて、今年一発目の河口湖ガイドフィッシング出向です。

朝のうちはとても寒く霧が出ていて、寒さが厳しいまるで12月のような気候。
なんと・・・早朝の水温は2.8℃と超ローな感じの低水温。
こうなれば、早朝はシラウオ系ディープウォーターから。といいたいがパス。
それよりも、雪が入って低水温化してディープを釣るのも釣れんのか???


春にシャローで入ってくるスポットを中心として、やや深めからベイトタックルの攻めの釣り。
だが、水温は一向にあがらず、かなり厳しい状況も10頃より霧が晴れる。
さぁ、このタイミングで日差しも出て水温もあがり、いい感じで釣れるかーーー。
と、思ったがありとあらゆる春のスポットをランガンして打ちまわってみるも終了。

今日は、シラウオシャロー回遊スポットを2箇所押さえ、ワカサギ浮上系スポットを1箇所。
あとは、ここのスポットにバスが入ってくるだけ・・・・といったとこでしょ。
水温は、平均して3.5~4℃まで上昇。日照時間が長いエリアは、4℃~MAX7℃ぐらい。

ロクマルサイズは出そうな雰囲気。
そして、シラウオごっそり系エリアのシャローは、40サイズも釣れだしている感じ。
まあ、しばらくはやることは春のコンタクトポイント系をタイミングを読んで打つだけ!!!
2012.03.03 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析