moblog_688a6221.jpg

バスボ・メンテ

文字省略しちゃいました。
只今、バスプロ選手権オフリミット期間中なのでしばらく出航お休み。
今週末、金土日の湖上は300人規模ということで戦々恐々青くなりそうだ。。。

moblog_9d105b68.jpg

微妙な不具合だったが、インジゲータのシールが剥がれたので貼り直し。
クロガネーゼ(※くろがねや)になかったので、ダイソー100均。事務用で大丈夫か!?

moblog_ed88d8d3.jpg

不具合その2というか、微妙にサイドのロッドストレージの立て付けが悪かったので。
チョウバンを外して・・・というか、リベットかよー!!リベット大嫌い!!!
リベットをインパクトでもいで外して、ボルト式にして再度調整を行う。

moblog_466cb586.jpg

某有名ボートカバーメーカーによるワンオフのキャスティングシートカバーも装着してみた。
Ranger純正のキャスティングシートは、やはり、複雑な縫い目で水を吸いやすい。
既製品もいいけど、ちょっと座り心地が違うんですよね~。


あとは、ロッドのデッキベルトも切れていたので新調しましたが!!
450mmのロングタイプを買ったのはいいが、ベルト長いぜ~。

moblog_051025f1.jpg

そんなこんなでいろいろと複雑で頭がパンクしそうな時に。。。
疲れているので、ホットひと休憩・・・コーヒータイムという時に。。。



ガラガラガラガラガラ。。。。。 ドスンドスンドスン。。。



120円で、5本出てきちゃったー!!!

あ~~~、これはこれで困る。ほんっっっっっっっとうに疲れるぜ!!!

先月は、ホットQooも出てきたし。
スポンサーサイト
2011.09.28 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



台風後の増水パターン

いやはや、台風が2発も来てしまい、増水しっぱなしの河口湖。
さながら、水の色は砂漠のような茶色でところどころ緑色のミルク色も。
突発的な増水なので少し様子見をしながら、キャストしてパターンを模索。




王道・流入河川スピナーベイティング!

台風後の王道パターンの流入河川パターン。徐々に人が多くなる前に仕留めたい!!
んが、私のチョコレート色のスピナーベイトにガツンと44ぐらいのサイズだぜ~。
お客様のスピナーベイトやラバージグにバイトはあるがことどとく乗らない感じ。




マングローブパンチ!

おおっと!
急な増水でマングローブ畑のような冠水ブッシュが多数出来ている。
1ozの河口湖流パンチングでサンゴーぐらいのゲットするも微妙なサイズだぜ~。
でも、やっぱり増水・冠水ブッシュの爆撃ラバージグパターンでありかっ!!




やっちまったスピナベフィッシュ!

日も昇り、今日の様子からするとお客様にここは、1ozラバージグの爆撃でっせ~といいつつ
スピナーベイトの捨てキャスト気味に投げていると、あれれ~。また掛っちまったぜ~。
よんごーぐらいのを釣ってしまい、あぁ、場が悪い。。。。
2011.09.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (1) トラックバック (0) l top
moblog_78246ce5.jpg

お久ぶりの河口湖釣行

今日は、以前よく来ていただいた久しぶりのお客様をご案内。
約2年振りぐらいの釣りで、準備もあり10時半スタートになりました。


少し水が濁っている今日の河口湖。
快晴・夏日だが、簡単に釣れるかもしれないスピナーベイティングで開始する。
一流しやってみるも、全然ノー感じでモーニングサービスはすでに終了。

本日は基本的にスピニングは無かったので、スピナベ&ラバージグの展開。
魚探映像はすこぶる良く、これは、簡単に釣れるかな~と思いきや釣れない。
試しにラバージグを投入してみるも、じっくり丁寧にやれば釣れるのだが、
かなり高レベルな使用方法で、一朝一夕とはいかない感じの難しさ。


午後になり、複合パターンで河口湖パンチングをしてみるとゴツン!
ゴーマル特有のロッドが水中に持っていかれるようなビッグバイト!!
しかも、秋にデカバスが入ってくるスポットでこれはいい感じだね~♪
ちょっと強引だったのだが、パンチングジグタックルに切り替えてもらう。
だが、2度目のバイトはこのエリアでは無い。


最後の最後の17時過ぎまで粘っていたのだが、ソウルシャッドで豆1本で終了。
まー、釣れればデカイのですが、かなり難しい今日の河口湖でしたね。
チャンスはあります。確実にゴーマルサイズのバイトはあるのだが、次回に期待♪


女性・中小学生の為のベイト講座

さて、ここで一つお話を。
最近、いろいろなお客様がいらっしゃいますが、女性、中学生以下のお客様。

基本的に、今の今までの時代、成人男性がメインでベイトリールを使っております。
大男と違って、腕力が少ない女性・中学生アングラーはベイトリールのチョイスが難しい。

昨今、確実に時代は変わっており、釣りガールも登場ということですが、
今現在、市場に出回っている女性・中学生に扱いやすいベイトリールがとても少ない。
スピニングリールならロッドのしなりを生かせば遠心力で勝手に飛んでいくのですが、
ベイトリールは、結構、精一杯、やや重たいルアーを腕力で飛ばさないといけない。

そこで、今の今までで一番使いやすそうで飛距離の伸びるリールは、
シマノ: メタニウム DC がフルキャストで投げてスピニングに匹敵するぐらい飛ぶ。
もちろん、そこまでお値段が・・・という方にはスコーピオンDCもオススメ。

基本的に河口湖は飛距離を出さないとベイトタックルの釣りの成立は難しい。
トップの間合い、キャスティングジグの間合い、スピナーベイトの潜行深度コース。
あと、もうちょっとで釣れる!!というケースも湖上でしばしばあります。


ロッドチョイスも重要で、実は6.6ft以上のややロンググリップで
両手持ちで投げられるのが一番のコツだと感じました。
トップ用などの、ショートグリップは、実際、かなり苦戦を強いられます。


スピニングからの入門もありですが、バスフィッシングこそベイトリールだ!
スピニングリールからもう一歩上達して、いろいろなルアーで楽しく遊ぶ。
気持ち良くルアーをブッ飛ばして、バスの醍醐味を味わっちゃいましょうね!!


大雨の影響で明日22日の釣り案内は、お休みとさせて頂きます。
週末3連休、23日、24日にまだ空きがありますのでよろしくお願いします。
週明けの26日以降はバスプロ選手権ウィークとなり、
9月26日~10月2日までの期間は受付出来ませんので、よろしくお願いいたします。

2011.09.19 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_688a6221.jpg

3連休中日、夏日再び!!

今日は、近隣の県からお越しのK様ご夫妻と出航しました~♪
いつもの釣り方は、スピナーベイトDゾーン投げまくり一代目で、
とにかくいいサイズを鵜の島周辺などで釣ってくるという印象が強いお客様。
本日はバスボートフィッシングなのでどーでしょー!????

3連休の中日。連日の激混雑。ハイプレッシャーとは違う、騒音プレッシャー。
今年の夏はもう慣れた感もあり、保安解禁でエリアも増えたということもあり、
ウェイクボードやジェットスキーの騒音が走っているエリアを除外しながらの釣り。
加えて、中日はボートも多いので、バスが確実に居るスポットではじっくり腰をすえて。

モーニングサービス!!

前日、河口湖パンチングでバイトがあったエリア。
加えて50手前ぐらいが、スピナーベイトガーグリングにバイトするも反転してバラシ。
確実にバスが多いスポットなので、朝はルアーローテーションして粘ってみる。


1流し目はスピナーベイトとプロペラルアー。
スピナーベイトにキロフィッシュが掛かってしまってごめんなさ~い。
つづいて奥様のプロペラルアーにナイスサイズが掛かるもバラシ。あぁ。

つづいてつづいて、2流し目はパンチングでウィードの内側を攻める。
35cm~40手前ぐらいまでが、お客様に2ヒット2キャッチもサイズが伸びない。
この釣りではビッグサイズが出るはずなんですが~。携帯を忘れたので写真なし。



午後は深海レクチャー!!

それからアタリが消えて午後の部へ。

午後は、まずはスピナーベイティングで35ぐらいのサイズを旦那さんDゾーン。
携帯電話、デジタルカメラも持参したが、これは、まだ写真無しのサイズでしょう。
それからランガンモードで走ってみるも、やはり様々なプレッシャーでノー感じ。


15時頃からの地合い、西風も強くなってきたので湧き水系スクバゾーンへ向かう。
西風・東風で釣れるスポットが違う。さらにボートの引き波でシャローの湧水は壊滅。
少し沖目の湧き水をランガンすることに決定してレクチャーをする。
いろいろと深海ラバージグをレクチャーして、見た目のロッド裁きは完璧だったのですが。

moblog_9ca0204a.jpg

やっぱり細かい部分が違って、スポットには居るがなかなか食わない状況。
実演レクチャーで釣っちまった~ブリブリコンディションのキロフィッシュ。
さらに、もう1発ウィードのアウトサイド跳ねラバでヒットするもバラシ。

moblog_02497e62.jpg

マイナスイオンたっぷり~の放水口にも言ってみました。
ここにも、単発ながらデカバスが居たりディープの映像はすっごく良かったものの。


なんだかんだバスの居るスポットや釣り方はほぼ確定しているものの、
投げて巻いて食ってくるとか、打ち込んだだけで釣れるとか、
フォール中に食ってくるとか、簡単にヒットするわけでも無くちょっと難しい感じです。
でも、釣れればキロフィッシュから上のナイスサイズが掛かるいいコンディションですね!!


今日は、船中7ヒットぐらい。サイズはMAX40ぐらいまでかな~。
お客様は、河口湖パンチングで2本。プロペラルアーでバラシ。スピナーベイトで1本。
スピナーベイトで1本。深海ラバージグで2ヒット、1バラシのち1本。

トータル的に全てキャッチ出来ていれば5本で4500ぐらいですかね~。
ナイスサイズが掛かってきますが、肝心のMAXサイズが出なかった一日。
2011.09.18 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top



ビッグスプーン炸裂・序章!!

今日は、所用で一緒に同行は出来なかったのですが・・・
いつも来てくださっているガイドのお客様がビッグバスを求めて出撃!!
そして、ゴーマル、51cmのビッグバスをスプーニングで捕獲セリ!!!

moblog_b158ec42.jpg

前回の同行釣行では、河口湖ビッグスプーンの使い方をレクチャー!
そして、急ピッチでビッグスプーンをお近くの釣具店でお取り寄せ。
そして、いろいろバサーも読み直したりもしてモチベーションUP!?




いよいよ河口湖流・ビッグスプーニングが煮詰まってきた今日この頃。
極めれば・・・きっととてつもない武器になりそうなビッグスプーニングだ!!
2011.09.16 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_5bfd84ec.jpg

フィネスで最終章!?

いよいよEKB(イースタン河口湖Bシリーズ)最終戦。
今年の成績は快晴どピーカンが多く散々な結果だったので反省を生かした釣り。

当日は、フィネスフィッシングで5本、2kgを目指してやっていく。
実は、まだバスプロ選手権の権利すら取れていないダメっぷり。
やはり、今回も快晴どピーカンで、やってもやってもギルバイトのみでかなりヤバイ。
あー、今日もノーフィッシュで今年最後の結末を終えてしまうのか。と意気消沈。

閃いたランガンパワーフィッシング!!

あまりの釣れなさに精神崩壊、ブチ切れてしまい、玉砕覚悟で普段の釣りに戻す。
東風がそよそよと吹いた瞬間。風の当たる大石の沸き水まわりへ直行する。
ほとんど釣れないと釣れないとしていたが、ここで深海のホンガリング開眼!!!

説明しよう。
深海ホンガリングとは、水深6m以上で使用するラバージグテクニック。
一旦、ボトムを取るが、そこからバシバシモコモコ底を叩いたり、
ホンガリングのように水中を漂わせたり、決してボトムには付けずにライブ感を出す。
かなり高レベルで難しいテクニックだが、ズル引きでは釣れない魚を釣る。
サイト同様、極めれば深海でも1投で釣ることが出来る超ウルトラ必殺技なのです。




今日に限って、ズガーーーーーーンと50up・2400クラスが掛かり、ヤバッ。
船首右舷から釣っていたのだが、走られまくり、のされ、
最後はエンジンの裏に回られ、左舷側でランディングネットを持てずハンドランディング。
シャロー側いた、ENGEN・浅見さんによっしゃーって叫んでしまいましたね。


ラバージグをガッツリ丸呑みしていることから、いや、その前に切られなくてよかった。
ラバージグを丸呑みしていることからこのパターンが完全に成立している。
そして、今日は、デカイルアーでもガンガン食う日ということを確定する。
むしろ、フィネスフィッシングでは豆からギルしか釣れず、バスを釣るならパワーで押し通す。


もう、残された時間は無い。

気付くのが遅かった。


だが、この2400gのままでは、優勝どころか表彰台でも難しいので、
もう1匹、もう1匹キロクラスを求めてディープパターン炸裂する場所をランガン。
おおよそだが、3本・4500gラインで上位3位以内と考える。
これは、前日にシャローを見てまわった時にもフレッシュなデカバスがたくさんいた。

真夏のどピーカン時は、まったくやる気ない感があったが、
台風以降の増水は、明らかに見てわかるやる気満々のフレッシュなバスが多かった。



そして、もう1本、奥河口湖の通称:山田うどん前に3度目に入りなおす。
フィネスばっかりでは、豆しか釣れなったが、ラバージグに切り替えるとドスン!
強烈な引きでもう1本2キロクラスか~。と思ったが1200gぐらいネットイン。


それからは、なにも起こらず終了してしまった。


110915_124710.jpg

エアーが心配で1番帰着。
2本ながら54cm・2400g、45cm・1200gぐらいでウェイイン!


10310_20110915_134118.jpg


「今回釣れたのは、水深6m~7.5mぐらいのアウトサイドウィード+ベイト。
そして付近に湧き水があるスポットで魚探に水温の層が出ている場所。
ベイトはオイカワとブルーギルで、快晴の状況だと8時以降にベイトが徐々に、
深い場所へ移行する時にコンタクトするような感じのピンスポットをホンガリング」

10310_20110915_133215.jpg

デジタルカメラも忘れてしまったダメっぷり。
ほとんどNBC・NEWSから拝借でカメラマンTさんありがとうござます。

moblog_9c4f7776.jpg

と、いうわけで帰るまでが遠足です。と学校の先生が言っていたように、
家に帰るまでがトーナメントです。

moblog_d2e3c2f1.jpg

そして、夕方のガイドの部。全てが終わってからお客様のリクエストで出航。
だが、4時半から6時前までやってみたものの、何にも起こらず終了。
おそらく、最終的な地合いは15時~17時ぐらいだったのかな~と思ってみたり。


終~了。


なぜか、バスプロ選手権へと続く。
2011.09.15 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10310_20110915_122743.jpg

短時間の河口湖Bプラクティス

ここんとこ、トーナメント情報を詳しく書けていませんでした。
と、ゆうか、今年は成績散々だったので久しぶりに釣れたので公開。

moblog_a1abba34.jpg

最近、現在のHONDEX最高クラスの魚探・HE-840を導入!!
これは、マジで湧水、ベイトの流れ、サーモクライン、魚群判別がすぐわかる。

前日プラクティスは、いろいろと忙しくて、所用の為、2~3時間の魚探掛け。
シャローはほとんど庭みたいなものなので、水深6m以上のディープをチェック。
ところが、ちょっと寄ったシャローでも台風の影響で陸でも湧き水がもこもこ。
水深50cmぐらいの浜辺でも湧き水の泡だったり、岸とインサイドウィードで
まるで魚道というような浜辺がベイト&鯉などが泳いでいる河口湖。

溶岩の隙間からも、ボコボコと目視できるぐらい湧き水がわんさか出ていました。
毎年ながら、ちょっとずつ、湧き水のラインが変わる河口湖。これに翻弄されるのか?

moblog_c1ef1891.jpg

練習・所用が終了後、、江戸前ばさー、、、じゃなく長谷黒さんとショーミーに連れられ、
山中湖センターフィールドに買出しに行ってジュースダーツをしたもんだから
ほとんどまともな準備も出来ずに、夜12時に寝て4時に起きる睡眠不足。

タックルセッティングも前回の反省を生かし、フィネス×2 & ベイト2本。
前日からのお天気予報は快晴ピーカンでほとんど風が無い予報の真夏日。
まー、状況は同じでしょ!?ということで、ハードルアーを全て置いておく。



で、最近、釣れているのかと言うと、秋晴れになると例年同様厳しい感じ。
厳しいというか、攻め切れればビッグバスが釣れるが、限りなく難しくテクニックを要する。
中途半端な攻めだったり、一つの必殺技を完成させていないと釣れることは少ない。

風が吹いたり、低気圧だったりすると、適当に投げた巻き物でガツンと食ってきたり、
ラバージグでもフォールで食ったりするのだが、高気圧だとそうは言えない。
まさに、釣れるか釣れないか。紙一重の高気圧・絶好の秋晴れの河口湖なのです。

2011.09.14 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
moblog_4c0cf3d5.jpg

メンテナンス休養日

ここんとこ、携帯ブログ更新では送りっぱなし。
自分のブログを送りっぱなし状態でほとんど確認もせず少々反省です。
台風12号の接近に伴い、金土日とご予約を頂いておりましたが、
大雨警報と土砂災害の恐れもあり、安全確保の為に出航を見合わせました。
相変わらずフジサンケイクラシックはやってたようですが。。。

雨の日は雨の日でやることはいっぱいあり、そして日頃のメンテナンスを継続。
メンテナンスと言えど、休養なんですが。夏が長かったものでしばしの休憩。

moblog_fa2ce24b.jpg

そしてそしてアニメ見放題・・・??って、んなわけでは無く文字活字を吸収。
まったく文学と空想に耽っている今日この頃で、ひたすら図書館にいりびたる毎日。
まー、大雨だったら、きれいな図書館で読書をするしかないでしょ。

moblog_c124f0a1.jpg

今日は、12時より14時まで、いろいろと作業もあったので2時間出航。
ビッグバスオンリー狙いの、オールスティーズ&T3&ブラックレーベルで攻める。
いろいろとランガンしたのにもかかわらず、湧き水の恩恵は全く無く、
ディープウォーターにベイトの集まりが悪く、シャローウォーターが良かったようだ。

P9050121.jpg

もちろんターンオーバーの対処法を施せば・・・出ました2kgオーバー54cm!!
ビッグサイズ釣れますね~。僕が釣ったんじゃないけど。
匿名希望のお客様が、ベイトフィネス&プロペラルアーで釣ったのを私がパシャリ。

P9050118.jpg

お客様曰く、ハマちゃんのホバリングのおっきい方ですわ。
最近ほとんど売ってないけどね。だそーです。公開しちゃってよかったかなぁ~???
まっ!売ってないんだから買えないか。買えないと使えないかと内心安心!??

その他、スピナーベイトで53cmが釣れたりと釣れる9月の河口湖ですね!
明日からの高気圧の張り出しが気になるとこですが。


さぁ~、台風で小休憩した河口湖ですが、本格的に秋・爆釣のスタートです!!
晴れて高気圧でも湧き水系に入るタイミングでデッカイのでまっせ~。
朝のトップウォーターゲームも水温が23℃あって引き続き出そうな気ムンムン。
それに、突発的な濁り対策のスピナーベイティングも熱くなってくるでしょう。
今週まだまだ空いておりますので、ぜひ、お問い合わせ下さい。
2011.09.05 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

今年の傾向として、オイカワ・ハスなどの大型ベイトフィッシュが多い河口湖。
現段階では、大型を狙えばオイカワ、ハスパターン。+αギルパターン。

小型、中型狙いは、エビパターンと両極端に分かれる。


それぞれ、朝夕・日中の時間帯やタイミング、
秋に入ってくるスポットの爆発具合、気圧(秋晴れ、秋雨)などがあります。


今年の傾向として、オイカワ、ハスパターンでデカバスを狙うならトップウォーター。

毎日日替わりで、ほとんど回遊魚となってしまったデカバス。
毎日毎日釣れるエリアは違えど、トップで獲れるスポットや通し方、流し方などのトップを極めたパターンがあります。

まぁ~、連日デカバスばかり掛かってはいるのだが、
いかんせんバスがデカすぎて、ヘビーのロッドものされてジ・エンドみたいな。
あとは、運ですかね~。
フックアップやその後の対応は事前にレクチャーするんですが、なんとも歯がゆいばかりです。



さて、日中になると、基本的には、スピナーベイト、ビッグスプーン、ラバージグなど。

スピナーベイトは、層の釣りになるので、
3/8、1/2、3/4、1ozをレンジ別に使い分け。
ルアーは、夏場のクリアウォーターでは、タイトバイブレーション系のDゾーンがイチオシでしたが、
秋になってウィードの中を引きづらくなると、細軸ワイヤーもいいですが、
クリスタルS、ミニブロスなどもオススメです。

裏技として、スピナーベイトのディープハングオフリアクションとして、コロラドタイプも。
ドラゴンスピナーベイト、ウィンドレンジなどをディープのウィードで使用します。

昨年の秋、一番デカイバスは55cm、シャローのウィード巻きマシンガンキャストで捕獲してます。
秋のターン期間こそ、リアクション重視のスピナーベイト炸裂です!!


ラバージグも水深やウィードの密度にあわせて、3/8、1/2、1ozを使用。
細分化すると、キャスティングジグ(3/8、1/2)フットボールジグ(3/8、1/2)パンチングジグ1oz です。

基本的なトレーラーは、アンクルジョッシュ・ビッグダディでカラーは黒。

1ozに関しては、ウィードの密度や貫通力を考慮して、ポークリンドの浮力を考えて色々チョイス。
ビッグダディがいい感じに釣れますが、ウィードの底に貫通しない場合、デプス・フラットワーム110mなど。アンクルジョッシュのストレートのポークリンドもいいと思います。


秋は、ラバージグは、ビッグバスキラーでもあり、
通算58cmを筆頭に55upも何本か釣って頂いております。

それぞれ、キャスティングジグ、パンチジグなど各種パターンであがってます。
釣り方を極めているからこそ、レクチャー時に、確実にデカバス率は上がっています!
ビッグスプーンは、今月号のバサー誌を参考に。


つづいては、ビッグバス狙いのビッグベイト。

まだまだウィードの多い秋口は、砂浜系、桟橋系をジョインテッドクローで狙い打ち!

増水でウィードの上、およびインサイド側に間が空いた時で、なおかつ、低気圧。
詳しい使い方は、まだ秘密。

ほとんどスパイス的な釣りになりますが、釣れればビッグバス!!
あと、ティンバーJrも、台風前、秋雨の時にはドカン!と出ますよ。


最後は、スモールラバージグ。

基本的にスピニング、または、ベイトフィネスで攻めます。

スピニングは、3~4lb。
ベイトフィネスは、7lb前後。


ミドルレンジ~ディープの湧水系のベイトフィッシュ狙いでやります!
メインベイトは、ギル、オイカワ、ハスなど。

ラバージグのボリュームで食わない場合に使用します。(重さは、2.7、3.5g)



小型、中型狙い。
基本的にエビが居そうな、魚探で映像がいい場所で粘りの釣り。
低気圧だと、入れ食い状況になったりもします。

スモールラバージグ単体でのエビ色(銀)、スモールラバージグ&ポークリンドなど。
(重さは、1.8g、2.2g、2.7g)



まだまだたくさんパターンはありますが、秋の王道パターンは以上!
秋になって、大型も釣れる!釣れる!釣れる!!
一日中、夏とは違い、にチャンスがある感じなので、一日コースがオススメ。
じっくりと狙えば、ビッグバスがきっと出るはず!
2011.09.01 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析