200910310015450.jpg



今日は、秋特有の強烈な濃霧のなか3時間コースでスタート。
河口湖はお久ぶりということで、確実に釣れる釣りでディープエリアより開始。

この時期、朝が冷え込むとバスはディープで群れをなして回遊。
日が刺して来たころにシャローに入り込んだり、ベイトの群れに付いてまわったり。
超ビッグバスはいつもどおりシャローに居ると思われるが、一瞬のタイミングでしか食わない。

今日は、ワカサギの群れとバスの群れがビンゴ!!
朝から小型ながら綺麗なネイティブバスを30分でポンポンと2本Get♪
(写真は、あえて余裕の小さいほうのバスです。このあとも釣れると期待!!)
まだ、あと1本ぐらいは釣れそうでしたが、あえて初冬の定番スポットへ移動。

冷え込んだので、バシバシ当たるかなぁ~。と思いきや、既に晴れだして当たらない様子。
お得意の、ディープ深海級ミドスト、いや“トロスト”をスモラバ&ポークで演出。
一発だけ当たり、ロッドティップがいきなり引き込まれた私のバイト35cmで終了。
前日、あれだけ一発大物狙いだけで厳しい様子でしたが、数はまずまず釣れる感じ。
これに、大物が一発加わってくれるだけで、ゲーム性はかなり楽しくなること間違いなし。


200910310018400.jpg

スカッと霧が晴れた瞬間は、人も気分爽快!!
この一瞬のタイミングがシャローでは今後、キーポイントのタイミングになるでしょう!!!
スポンサーサイト
2009.10.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910300010450.jpg

今日は、午後よりハードスケジュールなお客様を乗せて半日出航。
実は、連日ちょこっと秋晴れベタ凪の条件下で水中観察をしていました。

200910290006400.jpg

こんなベタ凪。まるで湖面が鏡のよう。
野鳥の群集が日に日に多くなってきましたね~。鴨軍団、カラス團、カワウ團、カナダガン軍団。
写真は、わかりづらいですが、鴨が50羽ぐらいでぬくぬくと湖面にいました。


さて、前日、さかなやスタート~小海~長浜まで延々と水中ウォッチング♪
今日は、午前中のうちにさかなや~白須エリアまでを水中ウォッチング♪
時に「なんでこんなにデカイんですか?」ヘラ???いやゴンブトの3キロクラス?
わけのわからない一体河口湖はどうなっているのか怪獣クラスが多い。。。

200910290005350.jpg

偏光グラス越しに見えるシャローのウィード。
この時期、バスが絶対に好む、ある特定のウィードのキーを発見する。
必ずと言っていいほど、ある特徴の多いエリア、特定のウィードにバスが集まっている。
ヒントは、ワンドのちょっと奥とか、ワンドの一つ目とか???

そう、シャロー中心に、ハッキリ言って、ビッグバスは居る場所にしかいない現状。
鯉と一緒に泳いでいたり、藻の中に隠れていたり、日向ぼっこしていたり、
なんだか「ガボッ」っと捕食モードではなくまったり系といった感じですね~。


リアクション系トップウォーター、伝統のウイニングラバージグ、ビッグベイト、
ウィードアウトサイド、ウィードスピナーベイトマキマキを駆使して、
一発大物狙いに絞って強気の釣りで攻めまくってみるものの、バスの反応薄。
確実に居る場所にはルアーを狙い撃ちしているのだが、快晴ベタ凪は夕方までつづき・・・
それでいて夕まづめが勝負時!!と思っていましたが、最後まで微妙な感じで完。

秋の大作戦・・・狙っている場所・・・ベイトの跳ね方。
確実に的を得ているはずなのだが、もうちょっとバスの活性に期待したいですね♪

200910300012400.jpg

夕方遅くまで特訓したのにもかかわらず、河口湖のビッグワンは微笑んでくれなかった。
秋は5時過ぎると本当にすぐ暗なる。秋の天高く馬肥ゆる空と、つるべ落としはこのことか。
2009.10.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910280011450.jpg

紅葉真最中♪

秋の紅葉行楽シーズン真最中の河口湖。
山々の紅葉もだいぶはじまり、メイン会場のもみじも今週末が見ごろ。
そんな富士も眺めることの出来る絶景の秋の河口湖のバスフィッシング。

秋を3部作パターン

今回は、秋真最中の河口湖バスフィッシングパターンのヒントを公開。
秋というと・・・初秋の9月上旬~中秋~11月中旬までの晩秋。


タカヒロ足立的に勝手に解釈しますと、夏の高水温期から18℃ぐらいまでを初秋。
水温18℃から14℃までが中秋。そして、14℃以下になると晩秋から初冬。


簡単に言いますと、シーズナルパターンの切り替えが必要。
現在は、適水温期から初冬に向かいはじめていますが、まだ初冬には早い。


初冬は水温が14℃を切った時。
その時、冷え込みで一夜にして、沖で魚が跳ねなくなり、溶岩系パターンが好調になる。
秋のパターンで全く釣れなくなり、完全溶岩系パターンに切り替えが必要になります。


秋のなかごろのパターン

現状、溶岩系パターンも釣れて始めていますが、まだまだバスは散っている状況にある。
河口湖全域にバスが散っている状況で、どこでも釣れる状況にあるが、
いる場所がハッキリしているのと、気象状況やベイトの状況で活性が日替わりパターン。
その中でも、いくつかのキーワードをヒントにバスの居場所とルアーを絞っていきます。


●中秋のバスの特徴

この時期のバスの特徴は、適水温18℃~16℃ぐらいが左右している。
そして、秋のターンオーバーの濁り。朝の寒さと日中の暖かさの切り替えの瞬間。
このキーワードが秋バスの性質と特徴となっています。


適水温では、沖のバスが沖にいたり、岸よりのウィードインサイドに入ったり、
岸と湖の深い部分をベイトについて行ったり来たり、どこでも泳いでいます。
そして、ベイトフィッシュに付いたり、地形に付いて回遊待ち伏せをしています。


濁りは、ルアーの正体をあまりわからなくさせ、濁りの中で光ったルアーが気になる。
障害物の横で待ち伏せしていて、その真横をスピナーベイトが通ったら・・・

透明度が高い時は、遠めからでもルアーが見えますが、
待ち伏せしていて、急に視界にルアーが入ったら思わずバイトするのが特徴。


朝の寒さは、バスを低活性化しますが、実はディープではエサを食っていることも多い。
シャローは朝は沈黙・・・日が昇りだした時に、バイト!!!はよくあります。
寒くて動けなくなっていたけど、さあ、やるぞ!!っていうタイミングですね~。

あとは、冷え込みで水が濁ったり、時間が過ぎて水質が落ち着いたり、
風の吹き方も、水質を左右させたり、ベイトを流したりという要素になっています。


●中秋の河口湖のバスの居場所

岬の先端から両サイドのウィードエリア、冷え込みによりレンジが上がったり下がったり。
ベイトフィッシュが回遊してくるタイミングでルアーにアタックしてきます。
と、言うことはどのレンジでもどこでもバスは居ますが、タイミングが重要。


●中秋のベイトフィッシュ

今年は、ワカサギの育成が順調。モロコの接岸シーズンもはじまりました。
オイカワ・ハス系も岬のウィードアウトサイドで泳いでいていい感じですね。

今年のバスは、ベイトを追い回すより、地形に付いていることが多く、
岬のブレイクでも、ベイトが入ってきた瞬間に捕食するケースが多くなっています。


暖かくなったタイミング、冷え込みでベイトが固まったタイミング、
ベイトフィッシュがブレイクやウィードに接近した時にルアーにアタック!!!


秋バスの特徴として、リアクション系ルアーに好反応。
そして、この時期特有のターンオーバーもあり、
濁りが作用しているので、よりアピールの高いキラキラしたルアーでバスを誘い出します。

水が濁る、透明度が悪くなることで、スピナーベイト・ビッグベイトのキラキラ系。
ラバージグなどのボリュームがあるルアーを打ち込むことで、一瞬のリアクションを誘う。

ルアーローテーションは、ワカサギ系ならワカサギシャロー接岸はスピナベ。
ワカサギがディープ回遊型ならメタルジグ、3/8oz以上のラバージグが出番。


モロコ接岸系は、スピナーベイトが効果的ですね~。
オイカワ・ハス系は、シャローならビッグベイト。湧水スポットに差し掛かったらラバジ。
各エリアの巨大ウィードパッチに潜んでいるようなら、プロペラ系とラバジのマシンガン!!
おっと、岬系の中層クランキング、沖のハンプ系クランキングもハマレば強い釣りに。


まあ、こんなところで、秋の河口湖のバスフィッシングパターンをおさらい。



実際の湖上ガイドでは、絶対的に効果的なルアーをバスの居るスポットに投げ込んだり、
一日の中のタイミングで移動して、ランガンして釣りまわったりもします。

シャローからディープウォーターまで・・・いろいろなエリアにバスが散っています。
ウィード、ブレイク、溶岩エリア、各パターンで楽しく釣っていきます♪


200910280010450.jpg


日中の晴れて風の無い日はポカポカ暖かく絶景の釣り日和となっています。
ぜひ、秋の河口湖にお出掛け下さいませ!!!
2009.10.28 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2009102300072000400.jpg

LAKE KAWAGUCHI Fishing!!

後半戦のお客様は、キャナダからお越しのアレン様。
ハンドボートでお手軽なフィッシングで、さかなやワンド付近をレクチャーしながら案内。

まずは、桟橋でキャスティングプラクティスレッスン。
すると・・・いきなり横っ飛びでラージマウスバスがバイト!!
思わず、アレンさんフッキング!!!もファイト一発で乗らず。


  「オーーーーーマイガーーーーーー!!!」


             「アン ビーーーーリーーーーーーバボル!!!」



そして、キャスティングプラクティス終了後、ハンドボートでクルージング。
ほとんど世界標準のタカヒロ足立のイングリッシュ???のトークばかりで、
ポイントポイントでキャスティング&フォーリング&リーリングetc...

キャナダかお越しになり、iPad?でキャナダのピクチャーを見せてもらったり、
Next day kyoto、Osaka、上海、ドバイ・・・・・どこまで行くんですか!!!
そんなトークをしつつ、肝心のラージマウスバスはノーフィッシュに終わりタイムアップ。


緊急企画!! 河口湖のワカサギ釣りも体験してみよう!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※人気の土曜日、31日に空きが出ました。その他のお日にちもぜひお問い合わせ下さい。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」

2009.10.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910230003450.jpg

本日は、ご新規様2名様を乗せてプランで出航。
秋の河口湖特有の濃霧もそれほどでもなく、まずまず暖かい気温。
タイミング的には、寒暖の差が切り替わる瞬間、晴れ間が出た時が勝負どころです。


本日のメインテーマは、スピナーベイト投げまくり打ちまくりコース。
お連れ様が、バスフィッシングはじめてということで、
まずは、キャスティング練習からはじめてみるも、バス先輩にすでに猛練習済み。
キャスティングはほぼ完璧でした。しかも、ベイトキャスティングリール。

そう、ブラックバス入門のはじめからベイトを使用。
スピニングは使用したことない。というお連れ様の入門スタイル。
まあ~、ブラックバスを釣る醍醐味は、ベイトリールにもあるんですけどね~。

200910230001350.jpg

開始早々、スピナーベイトを投げまくり。
この日のコンディションを確かめるべく、ウエイトローテーション、
カラーローテーション、スピードコントロールを繰り返して、バスのバイトを探っていく。


少し投げにくそうだったので、アドバイス。
野池やシャロースタイルの基本の3/8をご持参でしたが、ちょっと飛距離が足りなく、
ウエイトをやや重めの1/2にチェンジして、ロッドの立て方やスピードでコントロール。

スピナーベイトカラーも、通常、シルバー、ゴールド、この二つのタイプがほぼメインで、
今日は水が少し濁り気味なので、ゴールドブレードタイプをチョイス。

その他、ブラックやホワイトやピンク、チャート、ブラウンなどなど、
今の時代、カラーブレードの登場でありとあらゆるコンビネーションがあるスピナベ。
まっ、基本はシルバーとゴールドなので、基本が重要なのです。

つまり、お客様には、シルバー、ゴールドの2タイプを持って来て頂きたい。
基本はダブルウィローの3/8、1/2の2種類、計4つあれば十分でしょう。


200910230006400.jpg


と、いうわけで、探り続けた結果・・・午前中に2バイト2フィッシュ炸裂!!
気になるのは、この時期特有のモロコ接岸系パターンでバスが釣れましたね~。
ターンオーバーも落ち着き、秋バスの荒食いモードがはじまった予感もします♪


午後は、風もあまり吹かず、陽射しが強く、状況変化があまりなく、スピナベは沈黙。
ず~とやりきりましたが、巻いて釣れない状況はやはりキツク、15時タイムアップ。
そして、帰着すると・・・ローボートのお客様が、英語でしゃべんないと!!!


2009.10.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910170021450.jpg

ポストシーズン

全日本バスプロ選手権も終わり、全力で更新ダッシュもしたいとこですが・・・
先週末から超忙しくて、あまりパソコンに向かう時間がない状況でした。
ちょこっとずづアップしているのでよろしく♪

200910190012450.jpg

あれから、実際は湖上に出て、あることをしています。

2009101900042500450.jpg

日に日に赤みを帯びていく木々。

200910190014450.jpg

あまり、意味はないのですが、河口湖の日常を撮影してみました。
これは、考える人???じゃなくて女神像?

200910200001450.jpg

飛ぶネコ

200910200008400.jpg

昔の釣り人は知っている風景?

200910200004450.jpg

奥河口湖チャプターHPも作製奮闘中です。フォトが出来上がり次第。
写真は最終戦の冠スポンサー「オールドフレンズ」様。

200910200009450.jpg

河口湖の夕方に突如姿を現した、赤富士。
しつこいようですが、まだまだ更新していきま~す♪
さあ、まだまだバスフィシングシーズンはつづくぜ~。

●河口湖釣果情報サイト・スポンサーサイト

10.21 河口湖 40upを含み、釣れてます。
さかなや釣果情報更新!!


緊急企画!! 河口湖のワカサギ釣りも体験してみよう!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」

JB/NBC公式サイト


2009.10.21 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910180025450.jpg

初日

いよいよはじまった、今年の東西プロシリーズ公式戦ファイナル。
全日本バスプロ選手権、東日本大会が河口湖で開催されました。
出場資格300人エントリーの規模で集まる、限られた上位入賞者だけを選んだ大会。
東西プロシリーズの総決算であり、決勝大会なので気合が入りました!!

200910180024450.jpg

朝夕の寒暖の差で、紅葉も色づきはじめた秋の河口湖。
当日の朝はまずまずの冷え込みで曇り空の元、スタートがはじまる。
お天気予報は、時間帯別に見ると15時頃に小雨、風はほぼ無いという。
だが、実際のコンディションは、空模様こそ的中だったが、西風大荒れになりました。

秋のベイトパターン

前日のプラクティスから想定するパターンは、秋のディープのワカサギシューティング。
前週の関東Cブロック大会、金曜日の前日の練習で、
簡単にルアーにバイトする放流バスにプレッシャーが掛かると思い、ネイティブ作戦へ。

そして、前日でもトーナメントタイムに55cmぐらいのバスがバイトして、
ワカサギの群れの集結具合も良く、先週からずっと釣れているので、次の日もこれで行こう!!
そう判断して、当日の予想は、700×3+2500gの4500g前後と予想。


当日、一番フライトの一番スタート付近だったので、真っ先に要チェックエリアへ。
朝はワカサギの群れが入っていなく、バスは単発で明らかな50upが映像に映る。

ただ、なかなかワカサギの群れがスポットに入らず、群れの集結具合も微妙。
鵜の島まわりをぐるっと一周して、魚探映像を中心に様子を見ていく。
風は次第に暴風となり、冷え込んで魚群が固まった瞬間に・・・バイト!!
ようやくザブザブの13時頃に2連発バイトがありましたが、小ネイティブ。


ウェイインするも、サイズが微妙なので、バス持ち写真はなし。
次の日のビッグバスに期待して、バス持ち写真を温存~♪

初日終了


二日目

初日の結果を見ると、やはりネイティブはほとんど釣れていなく、
河口湖特有の放流バスを数を揃えて来た選手が、団子状態で上位に入っている。

だが、もう一歩、上のウエイトを読んで、バスを釣り上げるのには大型を釣るしかない。
二日目も同じ作戦で、ディープのシューティングゲームを中心に展開。
だが、二日目は想像以上にバイトが遠く、ショートバイトはあるが全く乗らない。
同じく二日目も西風暴風でいい感じの勝負時もありましたが、撃沈でした。


結果論としては、もう少し大人になって確実な戦略を押し通せば結果は出たと思う。
だけど、勝ちにこだわる為に、前日の練習内容が良すぎた為に初日から勝負に出た。
バスとの勝負が裏目に出るか、表に出るかは実際の湖上に出てみないとわからない。


野球で言う安打数を重ねるか、ホームランバッターで大量得点を狙うか、空振り三振か。
ビッグバスが潜んでいるスポット、ベイトフィッシュの球種のコースが、
前日に見えてしまっただけに、当日自然に翻弄されてしいまい、
刻々と過ぎ行くトーナメントタイムで状況判断が出来ず、バスを逃してしまった。
この反省を生かし、足りないものも見えてきて、また次に繋がるようにしたいと思う。

200910190003400.jpg

沿道から応援して下さったファンの皆様ありがとうございました。
全日本バスプロ選手権では結果が出ませんでしたが、ポストシーズンも頑張ります!!

まだまだ続く、今年もあとわずかな河口湖のバスフィッシングシーズンをよろしく。


200810030001400400.jpg

このあとは、10月の秋の紅葉バスシーズン、
11月の初冬のバスシーズンが待ち構えている!!
寒さが厳しくなる時期ですが、水中下のバスは元気なので、釣りを頑張ってみましょう!!



おまけ

TEAM


200910180036400.jpg

TEAM SAKANAYA GET REAL 3人は見事予選通過。
だけど、やはり優勝を狙う一発屋集団は、狙いすぎなのか揃って撃沈。

200910180038400.jpg

誰もがそそくさと選手権が終わってボートを引き上げる中、
これでもかっ!!ってほど、反省かなのか?意地なのか夕方までバスフィッシングの練習。
夕日が斜めからキラキラと湖上に映えてとっても綺麗ですね~。


これで、私の公式戦シリーズはすべて終了。河口湖も公式大会は今週のクラシックのみ。
その後のバスフィッシングシーズンファイナルまでは、釣りやすい湖上となります。
ぜひ、沢山のみなさまのお越しをお待ちいたしております。河口湖で楽しく釣りましょう!!!


●河口湖釣果情報サイト・スポンサーサイト

江戸前ばさー

さかなや釣果情報更新!!


緊急企画!! 河口湖のワカサギ釣りも体験してみよう!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」

JB/NBC公式サイト


おまけ その2  湖上のショートコント?



釣りバカです。
2009.10.21 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910150011450.jpg


オフリミット

この日の為に、オフリミット期間中はいろんなネタを考えたりしていました。
業界激震のチューニングをほどこしたり、トーナメント中にどんなトラブルが発生しても
すぐに対応出来るような準備だったり、事前の予防策としてボートのセッティングを行う。

200910130002200.jpg 200910130003200.jpg

エレクトリックモーターの配線系・端子系、スイッチ・ブーツなどを新品に交換。
ゲーターマウントの調整やグリスアップをしたり、必ず大会中に故障がないようにチェック。
さらに、世の中、いい噂を聞かないのでプロップナットも防犯で別製品に交換したり。

200910120002350.jpg

まだまだバスを釣る為のルアーのネタはあるのですが、これはほんの一部。
河口湖でかなりの破壊力がある、某社のプロペラを、破壊したエコ製品の・・・
今話題のダブルスクリュー・・・ではなく、スクリュースピナー的な要素のルアーだったり。
まっ、他の人との差をつけたり、より沢山自分だけ釣りたいネタを作ってました。

公式・前日金曜日プラクティス

前日、金曜日の練習の模様。
先週から炸裂していたあるスポットの様子、湖の全体的な秋のスポットの様子、
シルバーウィーク前日に放流されたバスの様子をみながら、湖を一周偵察しました。

結果的に、朝のモーニングタイムにビッグフィッシュがバイト!!
これは、ワカサギ回遊系パターンで、当たれば連発するスーパーパターン。

地形変化でタイミングを計って釣るのではなく、ベイト付きパターンなので、
ベイトが回ってくれさえすれば、バスもそのベイトを群れで追うので連続ヒットが見込める。
放流バスに関しては、ノーマークの釣り方を探すも、あまり成果が無く、終了。

200910160016450.jpg

秋の河口湖の風景、透き通った空と富士山は絶景です。
ちょうど10月中旬頃より紅葉が見ごろ、釣り日和、観光日和の河口湖です。

200910160020350.jpg

ナイスフィッシュを狙ってウィードアウトサイドを攻めるも、なぜ?マメバス。
もう一匹釣れましたが、マメバス。ビッグバイトあるのだが、中間サイズが釣れなかった。

200910160018350.jpg

湖上で偶然、プラクティス中に横になってしまった、
TEAM:SAKANAYA GET REAL、TEAM:HUMMER・JAPANの長谷黒氏。
絶景の河口湖での釣りがとっても楽しそう♪ あっ、江戸前ばさーはいずこへ?

2009.10.16 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910110011450.jpg

炎のトーナメント

実は先日の日曜日、関東Cブロック決勝大会と併催されていたとある大会。
さかなやボートで密かに行われた、火曜会うるとらぺきん氏を会長とする炎のトーナメント。
10月11日(日)M.O.Fシリーズ 2009年度 第四戦 が開催されました。

 Monster of Fire  火曜会

当日は、参加者個々の事情でなかなか人数が微妙でしたが、
釣りに関しては、超真面目で究極の釣果を求めつつも、おもしろおかしい大会。
 ※火曜会会長・うるとらぺきん氏よりのお言葉。

やっぱ、釣りは楽しくなきゃいけませんね~。今大会は「釣行記」をクリックすると出てきます。
右下のメニューのプレミアムリンクにも掲載させて頂きました。


お見事っ!!!

20091011133908300.jpg

関東Cブロック参加選手もうらやましいほどの4匹、3キロオーバーでウェイイン。
流石に釣り慣れているので、ちょこっと来ただけでも、うるとらぺきん会長SUGOI。

200907040050410.jpg

炎のマラソンランナー、火曜会・裏会長も第四戦の河口湖に参加。
釣りに掛ける真剣さがひしひしと伝わってきます。
実は、NBC奥河口湖チャプター、相模湖チャプターなどにも出場して上位入賞を果たす。

200908220017450400.jpg

(怒°)

たんなるお笑い集団ではなく、戦うトーナメント集団でもあるそうーです。
だから、バトラーなのか。実は、今年は寸止めの入賞が続いた裏会長。

09101120(5).jpg

3人とも見事にウェイイン。ウェイイン率100パーセント。
大作さんも、裏会長を抑えて、見事に入賞だったようです。
また、次回っ!!はどこであるのでしょうか? ありがとうございました。
ポストシーズンの河口湖の情報も、ぜひ、聞かせて頂けたらと思います。



  
2009.10.14 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910120003450.jpg

初ワカサギ

只今、全日本バスプロ選手権のオフリミット期間中の為、河口湖出撃が出来ません。
いつも楽しく河口湖のバスフィッシングをお届けしているのですが・・・・本日は別ネタで更新♪

今日、お昼過ぎよりショウミ君がお友達と二人で今年初のワカサギ釣りに挑戦!!
と、いうことで、デジタルカメラを渡し、今の河口湖のワカサギ釣りのバンキシャに!!


  「ワカサギを釣ってきて、おもしろい写真をみせてきてね~♪」


そう送り出して、今年のワカサギの釣果を期待して、帰りを待っていました。


さて、今年の解禁(10月1日より)になってから釣っている人が少なく情報量が少ない。
ワカサギの群れは、冷え込みとともに大きくなっているが本当にエサを食って釣れるのか?
唯一のデータは、昨年の同時期は12cm前後のジャンボワカサギがコンスタントにヒット。
今年は、まだちょっと小さいと予想していました。絶対数はどうかな~?って感じの前予想。


富士を眺めながらの釣り

いつもバスフィッシングをしていると、魚探に映し出される映像で水中を想像する。
本日、河口湖ワカサギバンキシャのショウミ君は、昨年の実績場所から調べてみたようです。
まずは、この時期の定番・鵜の島東から八木崎公園沖までを魚探掛け。

ちょっとして、ワカサギの群れが映し出されると、仕掛けを投入!!
いい感じで魚探にはワカサギの群れが映っていたそうです。

2009101200064500.jpg

絶景の富士の元、ワカサギがコンスタントにヒット。
いや~、釣れるぜ~♪

そして、ワカサギ釣りのショウミ先生に今日のワカサギのコツを聞いてみました。
こだわりの仕掛けから、誘い、エサ、ポイントや魚探などの一連の動作がワカサギを楽しくする。

200910120007350.jpg

ワカサギ釣りの秘訣!!

今年のワカサギは9cm前後とやや小さいサイズ。
針は2.5号ぐらいの針小さ目を使用すると針掛かりがよくなる。
エサは、今日は赤虫が効果的でした。紅サシだと掛かりがちょっと悪いかも。

仕掛けを着底させて、ちょっと糸をたるませて、エサを食わせる。
たるませて、エサを自然に見せ、たるませたテンションで違和感無く食わせる。
すこしテンション緩めの方が、針に自由度があって掛かりがいいようです。


つまり、こだわりの最高の道具は、小さめ針で赤虫を使用。
釣り方は、糸をたるませて食い込ませて釣るのがコツ。
7点針の仕掛けで、最高3匹掛け。終始アタリが続き、二人でコンスタントにHit。
本日のポイントは、八木崎公園沖9mが好調でした。


200910120010400.jpg

今年のワカサギのサイズは、9cm前後で食べごろサイズですね~。
いや~、ワカサギ爆釣ですね~。今日は二人で58匹釣れました。
一日あれば、「100匹オーバー」も簡単に行くでしょう!!と嬉しいコメント。

ひょっとするとタイミングが合えば、200匹近く釣れるのかもしれませんね。
そんな大きな期待を抱くよーなコメントを頂きました。ありがとうございます。


ちょっとしたこと

ただ、例年そうですが、こつぜんと釣れなくなることもある事を私は知っています。
ちょっとした天候の変化(曇りや早朝と夕方がベストタイム)がキーの時もある。
ワカサギの群れが移動型で中層を泳ぐと厳しい状況もあったりもします。

まあ、一番はポイント選び。
そして、魚探があればさらに細かくゲームを支配することが出来るでしょう。
ワカサギに魚探導入!?と思われてはビックリするでしょうが、群れを見つけるには最高の道具。
本当は、実績場所に行きさえすれば、コンスタントにヒットするのがいいですがね~。

釣りには釣れない時もあります。ワカサギに関しては「釣れない。」って言われると、
少しビックリするかもしれませんが、まあそんな時もあります。

まだまだ暖かい時期なので、暖かい時期にワカサギが釣れるのは貴重な体験!!
ぜひ、一度、秋の暖かいうちに来てみてはいかがでしょうか?



おまけ



ワカサギフィッシングムービー


p.s さて、私情になりますが、これで、ワカサギ王への挑戦状を叩きつけることになりました!!
いつ来るのかわかりませんが、きっと王者はこの釣果ブログをみているはず!!!
きっと、王者が来る時、おそらくはクラシック観戦&ワカサギ釣りになるでしょう。
きっと、ワカサギ王も期待しているはず!!今年はモロコと間違えることはないでしょう。(爆)


釣れるバスフィッシングギアだけを大胆に公開したヒットルアー専用ブログにて、
  番外編:ワカサギ釣り 「同時公開!!」

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」


2009.10.12 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910110010450.jpg

昨日の思い出はそのままに・・・

きのうに引き続き、お客様1名様をご案内。また別のお客様です。
きのうのイケイケモードも印象に残っているので、タックルはそのままに。
フィネスフィシング系を一切積まないで、また勝負に出ることにしました。

※富士山超綺麗ですね~。
きのう、朝がとっても寒く、すでに雪化粧していましたが、ちょい雲が邪魔していた。
今日は、眩しすぎるぐらいに綺麗な河口湖に映えている富士をみることが出来た♪

5℃

本日は、朝は超極寒。早朝夜明けの気温は5℃。やまなかこは氷点下???
そんなわけで、朝の放射冷却がきつく、水面からは湯気が?いや、水蒸気がもわもわと。
この気温差と水温差があればあるほど濁りがきつく、ちょっと気温があがるタイミングがキー。
秋は日替わりなので+α、ベイトの流れやリアルタイムな水の透明度を意識します。


さて、久しぶりに河口湖の釣りにお越しになられたお客様だったので、確実な釣りを展開。
数釣りシャローをスピナーベイトで流してみるも、釣れない。鉄板系の釣りで釣れないと後が。
ウィードの穴打ちをしてみるも、なぜかこれも釣れない。
時たまフローティングストラクチャーに寄り添っているバスもいるこど、これどーよ的な。


すかさず、確実と思われたが、確実ではなかったので、ドライブをすぐにシフト。切り替え。
前日よかったネイティブパターンから再び開始して、いざ仕切り直しでスタート。
まずは、深海タタキ漁法をやってみるも、今日は全くバイトないし。
魚探画像は最高に良く、ベイトが集まっている映像がすっごいいい感じでしたが、あれバスは?
きのうは、ベイトに付いているバスを無理やりラバージグで食わせているような感じでしたが、
今日は、活性が変って、まるっきりパワーフィッシングでは通用しない感じ。


ちょこっとエリアを変えようと思ったら、アルミボートが目の前を通過・・・おやっ!?
前日よかったスポットに直行しているので、横目で打ちまくりフィッシング。
・・・と、横でスーパーHit!! いいサイズですね~。 カリカリ君うまいですね~。
「揃っちゃったもんね~。」と余裕のコメントをいただく事が出来ました。
でも、どーやら本日はフィネスフィッシングに分があるみたい。と判断。


でも、しばらくしてから、打つ続けると・・・ついにスーパーHit!!
おっ!!いいサイズなんじゃな~い。と思って浮上してきたのは40up!!

200910110013450.jpg


と、二人して見ていましたが、実際は37cmFishをGet♪予想以上に引きでした。
その後は、スピナーベイト、ビッグバドを駆使するも生命感があまり感じられない。


午後は、岬周りのディープを同じく深海タタキ漁法を展開してみるもノー感じ。
やっぱりいい時間帯は、ベイトのまわりがいい場所を夕方に攻めてみるもタイムアップ。
う~ん、やはり一日にして変ってしまったのか?
いや真横でゴッツイのが釣られているので、エリアとピンスポットは正解なのだが、
やはり、フィネスフィシングも用意して、臨機応変に修正しないと生き残れない感じでした。


またまた、本日の釣りには関係ないですが・・・
NEWバーションといっても、去年からすでに考案済みでしたが、ギルカラーをアップ♪

200910090006400.jpg

実はシークレット的に使用していたブルーギルカラー。
極上のシマシマ模様とブルーのラメが入ったバージョンは・・・やばいぜ~。
ただ、この極上の蛇柄系シマシマ&ブルーラメの極太はあまり売っていないのが難点。

関東Cブロック決勝大会

同日、3連休の中日、日曜日に開催されていた関東Cブロック決勝大会。
河口湖・山中湖・芦ノ湖・相模湖などの関東Cブロックの各大会お立ち台の選手のみ、
出場権が与えられるローカルチャプターの総決算の大会。

アマチュアの最終的なタイトルは、来週のクラシック・アマチュア部門。
つまり、アマチュアの決勝大会でありながら、前哨戦といったとこでしょう。
ここからは、他人のカメラでアップします。写真提供ありがとうございました。

200910114450.jpg

富士山と紅葉が綺麗になってきました。

200910112300.jpg

メキメキと力をつけてきているショウミ君も5位入賞♪

20091011.jpg

2009101123400.jpg

優勝の刈田選手。
ガイド中に横でどっか~んといいサイズを釣ってはりましたね~♪
河口湖はこのサイズが釣れるからやめられないんです♪

20091011141414400.jpg

表彰

※写真提供は、スパイダーズ様、また大場会長のお友達より頂きました。ありがとうございます。

おまけ ムービー



湖上から見る釣り・絶景河口湖編
2009.10.11 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
200910100009450.jpg

クラウディ サタデー♪

今日は、台風一過で激変した「全く別世界の河口湖」へ1名様を乗せて出航。
きのうのまわりの人のお話では、「非常に厳し~」というお声をききました。

昨日は、あたりは多くありました。だが、フッキングまでは到らない。
だけど、どか~んとベビーバドに54cmが出たりとかいいお話しもある。
マイナス思考は止めて、釣れる雰囲気と気持ちだけを抱いて、いざ河口湖に出航しました。

大物狙ってるゼ!!

朝から、ちょっと湖の様子を見ながらも、ビッグバスオンリーゲームへ走る。
数釣りにはいっさい目もくれず、ひたすら秋のパターンで投げ続ける展開。
そう・・・今日のお客様のリクエストは「大物狙い」なんです。


あっ、天候は一日を通して、気温が低く、超肌寒い。
朝は曇り小雨、10時頃から日が出てきて、ちょっと晴れたり終日曇り空。
風はあまりなかったですね~。朝の雰囲気は超釣れそうな感じでした。



つまり、今日はビッグバス狙いのツアー。
シャロー打ちからはじめてみるも、どうもシャローからの反応はなし。
ワカサギボール系のバスのスクーリングに合いましたが、追ってくるのみ。
そして、トップにこばっちぃがHitしました~。バスは浮いているよーな感じ。


エリアを変えて、さあ、攻めるぞ攻めるぞ!! 的なユキナ勢いで行きましたが、
行く先、行く先、レジャーウェイク、鯉のブッコミ、トーナメントプラなどに、
行く手を阻まれ、全く打つとこありません的なユキナ的な流れになり、
今までの実績場所で、空いている場所で午前中の釣りを展開してみることに。


シャローは不発だったので、一段下のブレイク周辺を狙ってみる!!
ちょうどお天気は、小雨から曇り、そして、ちょっとした晴れ間が見え出した!!

「こんな、お天気がちょこっと変わった瞬間ニャ、
   ちょっと暖かくなったタイミングでバスは食いだすんです。」

と、トークをしていたら、やはりラバージグ&ダディにバイト!!
超大型・・・とは行きませんでしたが、33cmのネイティブGet♪
そして、深海タタキ漁法で36cmがHit!!これもネイティブでいい感じ♪

さらに、ちょこっとエリアを変更してみると・・・ショートバイト多発。
何?ラバージグにショートバイトばっかり。

すると・・・お客様ヒット!!

200910100008400.jpg

おっ、これいいんじゃなぁ~い♪ もうちょいの39cmGet♪
お客様のご都合により、別に顔出しはいいよ。とのことです。バスだけパチリ☆


ここまでオールネイティブの綺麗なバスでいい感じに釣れていますね~。
誰だい。ネイティブ狙いが超厳しいとか言ったのは。今日は好調じゃないですかニッコリ。
だが、低気圧の恵みはこれまでで、それからバイトは全く消えてしまった。


午後も、おもいっきり狙ってみましたが、打てども打てども反応が無く終了。
前半戦、あれだけ高活性でバイトも深かったのですが、
一瞬で変化してしまう、秋の河口湖のバスフィッシングパターンを身をもって身に染みた。
あしたもガンバローーーー!!!


本日の釣果は、こばっちぃ、33cm、36cm、39cm、オールネイティブでした。
トップでこばっちぃ、その他全てラバージグ&ビッグダディのパワーフィッシングにて。

あっ!!今日の釣果とはあまり関係ありませんが、
Dragon jig NEW カラーバリエーション、シルバータイガー、シナモンタイガーを作製!!

200910090005400.jpg

ラバーインナーコア仕様で、さらに魅力UP♪
当社の製法では、かなり手間が掛かりますが、人との差をつけるには、
こうしたちょっとした違いや、釣れるっ!!っていう思い込みが一番重要だと思います。
2009.10.11 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910080001450.jpg

18号 メーロー

大型の勢力を保持したままの台風18号「メーロー」が、
雨風を伴い、山梨県周辺を通過したのが、今日の朝の10時頃。

台風独特の横流れの雨が強烈でしたが、風はそれほどでもなく・・・
今回の台風の印象としては、雨台風で、前日からかなりの降水量でした。
台風の被害ももちろんあるが、減水状態の河口湖は+50cm前後で水位回復。
さらに、河や山からの流入水もあるので、これから数日どうなるのでしょうか?

20091008201833.jpg



台風通過中は、西の空に虹が発生。
雨風と伴に、光の反射が綺麗な幻想的な風景。高い場所からみれば、ダブルで発生。
いや~、逆にこんなに虹がくっきり出ると天気は大荒れ警報。やばいぜ~。


湖、白く濁る

そして、午後からは天気予報通りの猛烈な南風の暴風が吹き荒れる。
かなりの勢いと気温上昇で、なんだか変な感じのする午後の暴風。
あしたは、気温こそ寒いですが、晴れる予報です!!!

200910080002450.jpg

小海浜は「海」の名がつくとおり、海のように波立っていました。
まるで、日本の風景でないよ~な感じの河口湖畔。風はやばいぜ~。
2009.10.08 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910040044450.jpg

にちようびは、大池公園にて未来のバスアングラーの登竜門。
ジュニアインターハイ決勝戦が開催されていました。

200910040049450.jpg

ビッグバスハンターしょうみくん、かなり悔しいの準優勝。

200910040038400.jpg

こ~んないいコンディションのネイティブがスピナーベイトで釣れているのに!!
決勝大会での勝負がいかに難しいか・・・・

200910040051350.jpg

それはそーと、こ~んな新商品を頂きました♪
河口湖に適しているのか?早速、泳がせてみます。
期待十分だぜ~。



まあ、怒涛の金土日を振り返ってみました。
おおざっぱですが、また更新するのでお楽しみに♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※平日の貸切状態!?に大チャンスあり。プレッシャー少な目ですよ!!
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。
10月の土日は予約と予定で埋まっております。3連休最後、月曜日のみ空きがございます。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
絶好調更新爆進中~♪
常に新しいネタを考えているタカヒロ足立は、ブログ内の記事にて、
  “全日本スモラバ研究会”を発足!!!

2009.10.04 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910030014450.jpg

奥チャプ・オールドフレンズCUP開催

本日は「第4回 奥河口湖チャプター最終戦  オールドフレンズCUP」が、
お隣のシッコゴ公園を会場に、参加者名を集め盛大に湖上のバトルが開催される。

1123540244_208.jpg

最終戦の冠スポンサー様は、シッコゴ公園すぐ横のイタリアンレストランです!!
ワンちゃんと同伴オッケーでお食事も出来ます。

200903150006450.jpg

目の前の河口湖の風景は日本屈指のテラス。
オープンテラスでお食事も出来るので、水着?やウェットスーツでも便利なレストランです。

当日は豪雨予報

当日のお天気予報は、集中豪雨的な1時間に10mmという予報・・・
でしたが、何故か朝から快晴の夏日の晴れ模様・・・・でしたが、やはり雨。
長い通り雨的なものでしたが、どばばばばばーーーーー!!っと一瞬豪雨となり、
その後は、曇り空で比較的穏やかな天候になりました。


本日は、所用の為、スタッフ参加出来ませんでしたが、
当日の状況、秋のフィッシングパターンを聞くことが出来ました。

平均、2~3本。4本~5本のリミットメイクもまずまずといったところ。
なかなかウェイイン率もよく、巻き物でも複数匹釣れた大会となりました。
河口湖釣れてるねっ!!

200910030025400.jpg

最終戦もリミットメイクに成功し、見事奥チャプ年間チャンプの松林プロ。
長浜エリアが好調、釣れる時間はまばらで、雨が上がった時とかいろいろ。

200910030021400.jpg

スピナーベイトで4本釣れた人もいて、やはり秋は巻き物に好反応なんですね~。
ほか少しバラシもあり、ひょっとするとハードルアーでリミットメイクな河口湖?

200910030020172.jpg 200910030019220.jpg

さかなやワンドも激戦区でしたが、ポツポツとヒットシーンが目立つ。
ジュニア選手のビッグバスハンターショウミ君、ユアサ君も釣れていましたね~。

リザルト的には、勝負はエリアが重要。出たとこ勝負な感じが濃厚。
長浜・さかなやエリアの激戦を制圧すればリミットメイクでシングル入賞。
ただ、私が気にしていた「スーパービッグバスパターン」は見ることが出来ず残念。
小さいネイティブはスピナーベイトでも釣れていましたね~。

※奥河口湖チャプター詳細は、後日、NBCホームページにて

JB/NBC公式サイト

※お先に、O会長のスパイダーズブログにもアップされていました。

スパイダーズブログ



オープン前の改装中の冬が懐かしい・・・テラスからの風景は最高っ!!!

河口湖は、春・夏・秋・冬・・・楽しめます♪
バスフィッシングの季節は3月下旬から12月中旬頃まで。
本気で勝負を挑めば、冬期1月いっぱいまで釣れるのが特徴です。
2009.10.04 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910020009450.jpg

バズベイト

本日は、高校生の親子様を乗せて湖上ガイドに出航。
お天気はしとしとと降る雨でとっても釣れそうな感じの中スタートしました。
こんなお天気の日はビッグバスが釣れるぞ~!と朝から期待に胸ふくらませる。
やっぱやるしかないでしょう!?河口湖ビッグバス捕獲ツアーへご招待♪

スタートから勝負を掛け、スピナーベイト、プロペラ系トップ、ラバージグで強気の攻め。
この釣りは、出ればデカイのが特徴で、パワーフィッシングで午前中を押し通してみる・・・
湖上の雰囲気がとってもよかったのですが、なぜか出ない。
ひょっとして、冷え込み2日目なので、状況変化で渋いのかなぁ~。


フォローのフィネスフィッシング

このままでは、出ればデカイが出なければ、やばい。勝負の釣りになってしまう。
午前中、1時間ぐらい、スピナーベイト・バズベイトで流してみると1本Get♪
雨の間の、日がちょっと差した瞬間で水中を見ると、結構バスはいるんですね~。
なかなか反応が鈍く、ちょっと渋い状況。


午後より、スモールラバージグ登場、溶岩系ディープ&ウィードアウトサイドをやってみるも、
いっつもアタリがある場所でも沈黙・・・湧き水はこんこんと出ていい感じなのですが・・・
雨降り2日目でかなり渋い状況で、ラスト1時間のドラマも無く終了してしまいました。

200910020010450.jpg

これが値千金の唯一のバズベイトフィッシュ!!
天候が崩れ、出そうで出ないビッグフィッシュ・・・どうなっとんねん!!

本日は、撃沈。。。玉砕。。。
パワーフィッシングを押し通した為に・・・次回に期待です♪
2009.10.04 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200910040054400.jpg

平日の空いている時間でお勉強をしています。
各種ジャンルの釣り雑誌から、車関係の雑誌、カメラ&ビデオなど興味あることなんでも。

いや~時代の進歩とともにいろいろなアイデアを考えさせられます。
魚の釣り方はもちろん、風景・バス持ちのカメラの写し方、いろいろ意識してみるとおもしろい。

2009.10.04 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析