200909250021450.jpg

暑さ寒さも彼岸まで・・・秋の空

日本の秋の季節感を表す慣用句として、
暑さ寒さも彼岸まで・・・女心と秋の空・・・という風に秋を表わす。

暑さは「秋のお彼岸の中日」を境に、夏の暑さから開放され過ごしやすくなる。
女心と秋の空は、変わりやすい秋の空を女心に例えたもので(と言ってもしってるでしょう)
真夏のピーカンから、秋雨前線の季節になる曇り空が多くなることをいってるでしょう。


ただ、風は吹かない。
秋の空の特徴で「天高く馬肥ゆる」などと言っていますが、
秋は大気の状態が安定して、風が吹かない。湿気を帯びた雲がチリやゴミを沈める。
だから、秋の空は澄んで天高くみることができる。ということだそーです。なるほど。
ついでに、日照時間も短くなって気温が下がり、水温も下がります。なるほど。
10月初旬の釣りが出来る時間帯は、朝は5時半頃~夕方は5時半頃まで。

秋の日替わりパターン攻略

さて、現状、夏の高水温期から、秋の適水温期への以降の時期です。
バスも秋パターンに入るに釣れて、女心と秋の空のように日替わりパターン。
過ごしやすい時期になると同時に、水温が下がり、適水温でバスがどの層でも泳げる。
風が吹かなく釣り易いけれど、晴れたり曇ったりの日替わりパターンなのです。

20070930081533.jpg

雨の日もあれば・・・

20071005064317.jpg

晴れの日もある・・・

200909250020450.jpg

そして、決まって秋は夕日が綺麗。
ちなみに、今年の秋は降水量が少なめです。減水でシャローがマットカバーだらけ。

タカヒロ足立的・トリプルパターン

河口湖・秋のフィッシングパターンとして、通常:ベイトフィッシュと移動パターン。
さらに、対処法:ターンオーバー期のトリプル3層パターン。があります。


今年の秋は、ハッキリ言って、あまりベイトフィッシュを意識しないでいいでしょう。
特定のベイト(ワカサギやオイカワ)にぴったし付かなくタイミングで捕食体勢に入る。
それより、ターンオーバー期対処法:トリプルパターンがキーになるのではないかと。

水温が下がり、フォールターンが起きると水が濁ります。
一夜にして、夏のシャローパターン壊滅、一夜にしてシャロー復活は大いにありえる。
まず、先に自然の状況変化に敏感な湖で一番大きいバスが移動し始める。

この瞬時に移動したタイミングタイミングを見計らって効果的な攻めをしないとやばい。
つまり、シャロー&ディープを行ったり来たりの日替わりパターンとゆーものです。

20071005093837.jpg

タカヒロ足立的に考えているターンオーバー期のトリプルパターンとは・・・
どしゃろー、ウィードアウトサイド、湧水系ディープの3層のパターン。
濁りを嫌って、濁りが入ってこないプロテクトされたシャローか?
上と下の濁りが入り、ウィードアウトサイドにサンドイッチ状態なのか?
本当に底が綺麗で湧き水が湧いているような場所に避難しているのか?
おおまかにそんな3つの層(シャロー・ミドル・ディープ)の日替わりパターン。

パワーか?フィネスフィッシングか?

こんな各エリア・各レンジにに散ってしまったバスを、
ビッグベイト・スピナーベイト・ラバージグでビッグバスを選んで釣るわけなのです。
ターン期はバスが付く場所が限られ、濁りも入っているので実はバスを騙しやすい。
バスの活性さえ上々なら、どかーーーんとビッグバイトするのが特徴なのです。

加えてとても渋いこそ、ビッグバスだけに照準を搾れば、大型だけ釣れる傾向も。
小型・中型が食わない時こそ、おもいきって、自然環境に強い大型のみが反応する時も。

200909280005350.jpg

ラバジ・スピナベ・ビッグベイト

特にラバージグは確率が高く、ビッグバスキラーとして秋の定番。
ドラゴンジグHPは、近日、デカバスが炸裂!!シャローウィード&ロックエリアに投入♪
その他、ジョインテッドクロー・ティンバーjr・バズジェットがビッグベイト飛行部隊!!
ドラゴンプリズマ・Dゾーン・クリスタルSディーパーレンジ・Bカスタム・イマカツジンクス、
スーパーイラプション・ハイピッチャーなどなど、好きなメーカーのスピナベを信じて投げよう♪
ウエイトは3/8、1/2の2タイプを用意しておきましょう。
ブレードはダブルウィローで、ワカサギ・ハス系「シルバー×シルバー」、
アユ系「ゴールド×ゴールド」、ブルーギル系「ブラック×ブラック」の3タイプがあれば完璧。

近況では、ここ1週間で、58cm、58cm、57cmと特大が単発ながら釣れている。
シャローウィードラバージグ、ディープスモールラバージグ、S字形ビッグベイトと、
使用しているルアーやレンジはさまざまだが、夏より確実に大型は揚がって来ている!!



さて、抑えとして、渋い時にスモールラバージグ、ミノーなどでエビ・小魚を演出。
パワーフィッシングが効果的なのか、フィネス・マッチザベイトがいいのか?
そこのとこも、状況状況、地合の判断で湖を釣りまわっていくのです~。

タカヒロ足立的な河口湖フィッシングパターンでは、要所要所をランガン。
パワーフィッシングでは、ビッグベイト・スピナーベイト・ラバージグ!!
抑えとして、スモラバ・ミノーなどで探っていきます。投げて投げて投げまくろう!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※平日の貸切状態!?に大チャンスあり。プレッシャー少な目ですよ!!
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。
10月の土日は予約と予定で埋まっております。3連休最後、月曜日のみ空きがございます。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
絶好調更新爆進中~♪
常に新しいネタを考えているタカヒロ足立は、ブログ内の記事にて、
  “全日本スモラバ研究会”を発足!!!



防寒対策も忘れずに・・・

200909280001400.jpg

ちょうどロンTがいい時期に、ジャスト・タイミングでハマージャパン様よりイカしたロンT。
この車模様・・・ちょっと渋さが出て、カッコイイですね~♪ありがとうございます。

上着にはパーカー、フリース、時にダウンジャケットまでご用意下さい。
秋の朝はとっても寒く、気温14度前後もあたりまえ。山の上の寒さを体感しよう(爆)
スポンサーサイト
2009.09.29 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


秋の朝の動画:グッドモーニングエブリワン♪

200909250001450.jpg

平日はパラダイス???

湖面が静まりかえった、シルバー大型連休明けの金曜日。
レジャーボートも少なく、バスボートもまばらでひっそりとしている。

ただ、今日の敵は、フィッシングプレッシャーではなく、快晴というウェザープレッシャー。

実際、ピーカンべた凪の日はバスが動き出さなく、厳しい状況が多い。
まっ!快晴べた凪であろーとどんな状況であろうと釣らなくちゃならない。
それに、快晴時のパターンもあるので、それをやってみることに。


そんなわけで、実際、巷の噂で、河口湖は難しい~・・・と言われているが、
私、タカヒロ足立的にプライベートで下見をするとど~でしょうかと思い、夕方2時間だけ出航。

ぼちぼち

今日は3時より5時まで短時間の下見釣行。
56cm、35cm、35cm、1本バラシとまずまず。

56cmは、ウィードジャングルをラバージグのパンチング!!!
まず、出船場所さかなやからほど近い、鵜の島南エリアをチェック。
河口湖は減水傾向で、シャローの姿とディープの水深が変化している。


ここからは、試行錯誤して釣れるまでの気持ちを言葉にして表してみた。
まるで、絵日記ですな。



「あれ、全然、さかないないぞ~。」

「どこ行ったのかなぁ~。ちょっと濁りがきついなぁ~。」



-- スピナーベイトを投げまくり、シャローのシェードをジグでパンチングしまくり。 --




「でも、こういう日は中型が渋く、突然、ビッグワンが釣れたりするんだけどなぁ~。」

「ターンの濁りを嫌って、どシャローか、ウィードアウトサイドが吉とでるんだけどなぁ~。」

「あれ?ここ、干上がってるよ~。減水しまくりやね。
  でも、こんなところにウィードのジャングルあったけな?よし、打ってみよう。」


-- ドラゴンラバージグ タカヒロ足立巻き 11g 
        gamakatsu ブラックフラットラバー × ビッグダディ・ブラック投入 ---

ラバージグをウィードの束にパンチングしてみると。


「おっ!!アタッタ???」

「ギュイーーーーン。。。やばい!やばい!!やばい!!!」



ドラグがOFFで巻けないし、わけがわらないし、糸を押さえて3回フッキング。
ドラグをきつく締めて、リーリング開始して草だらけであがってきたのは、実際計測58cm。

はっきりパターンを秋のパターンを意識しながらですが、ラッキーで釣れちゃった♪
ただ、桟橋であらためて計ってみると縮んで56cm、2550gでした。
やっぱり、だんだんと釣れだしている!!動いている!!秋のビッグフィッシュを確認。

200909250003350.jpg

ウィードぱんちんぐで草だらけ。

200909250004300.jpg

ドラゴンジグ!! リアクションバイト!!!


夕方のトップウォーターゲームも楽しんでみる♪
すでにネタバレ、噂になりつつある、チロチロ系トップを投げると~。
これまた簡単に水面「どっか~ん」を体験することが出来た。
1時間ぐらいで3発水面炸裂といい感じのレイクコンディションですね~。
平日だからこんなに簡単にネイティブが釣れるのか?日がいいのか?

200909250019350.jpg

ナイスフィッシュ。

200909250020450.jpg

夕方の河口湖はとっても幻想的で綺麗な夕日が湖面に映える。

200909250015400.jpg

さぎ


いや~。河口湖釣れますね~。
あれの影響で数もぼちぼち狙えてそれはそれで釣れて楽しい。
ただ、釣り方は制限されて一応それなりにバスが遊んでくれますが・・・
でも、どうせいい時期なら、河口湖産の50upのビッグバスを目指して、狙ってみませんか?


河口湖全域を走って、ダイナミックな釣りこそ、理想のバスフィッシング!!
ハードルアー、ラバージグ、この二刀流を駆使して、パターンを求めて楽しく遊びましょう♪
走って、投げて、打って、走って、投げて、打って、笑って・・・・・
サイズにとらわれることなく、どこでも行けて、羽が生えたように伸び伸びと楽しく釣ってみよう。



あっ!!
やっぱり、河口湖ご当地ルアーブランド「LOCO Baits」ドラゴンラバージグっていいですね。
河口湖のシャローウォーターに本当に適して、さらに釣れるから最高にいい感じ!!

ドラゴンの贈り物、ありがとうって感じだね♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※シルバー連休後の平日の貸切状態!?に大チャンスあり。プレッシャー少な目ですよ!!
今週末の土日もまだ秋、いや空きがございますので、ぜひ、お問い合わせ下さいませ♪
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。
10月の土日は予約と予定で埋まっております。3連休最後、月曜日のみ空きがございます。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
絶好調更新爆進中~♪
常に新しいネタを考えているタカヒロ足立は、ブログ内の記事にて、
  “全日本スモラバ研究会”を発足!!!

2009.09.27 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909060001450.jpg

つづき

すべてはココからはじまる。
入り口に見えるのは水槽・・・だけど、水槽の上にあるのは?????


今回も、ワカサギ系・ミノーに関するコネタです。
ずばり、テーマは“オレの塗り” オレの釣りとか買いじゃないよ。(ごめんなさい。)


200909230005400.jpg

ブランク・・・モデル

200909230006450.jpg

これが、オレの塗り・・・(爆)
単純な塗りです。



これを、ルアービルダーの巨匠・Dragon AKI がペインティングすると・・・


200909230008450.jpg

オイカワバージョン。


200909230004450.jpg

リアルワカサギフィニッシュ


これらをさらに、リップを削って、フックに羽根を生やして、ライザー調整。
完成品は、あるパターンにて・・・やばいぜ~。


ちなみに、この「HMKL K-1 65」ペイントルアーは、
甲府のフィッシングショップ・グッドフェローズにて、「こだわりの一品」という品で発売。
渓流ファンには、たまらない極上の手作りの塗りの一品だそうです。


おまけ

200909230007400.jpg

こんな古い古いハンドメイドウッドミノーも出てきました。
リベットという、当時、一世風靡したミノーだそうです。わからないぜ~。
一つ、ルアーの歴史と文化、奥ゆかしい遊び心がそこにあったと、勉強になりました。
2009.09.26 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
200909230003450.jpg

今年が史上初めて
  秋の大型5連休も終わり


もう、秋の特別編。大型連休シルバーウィークも終わっちゃうんですね。
国民の休日の「楽しい河口湖の休暇」も終わり、明日から平日に突入ですね。

さて、今日は、朝から3時間ショートコースで湖をまわってみました。
お客様は、小学生の男の子とお父さんのお二人で朝から釣ってみる。
連休最終日は道路も混むのが早いので、お昼前にあがるのも一つの手ですね♪

曇り空の秋の気配

まずは、前回、西風で打ち付けられるウィンディサイドの岸に、
ワカサギの群れが溜まっていたので、ひょっとすると今日もいるのかも?

トップ、ミノー、ミノーその2、スピナベなどを投げまくってみたら、
小学生のお子さんのシャッドに幸先良くHiーーーーーt!!
綺麗な綺麗なネイティバスバスをまずGet♪

200909230002450.jpg

ちょっとづつ船は湾の奥に進み・・・・・
ベイトフィッシュがぴちゃぴちゃ跳ねているエリアでミノーを引くと、
いや、水面の藻に引っ掛かっている状態で、モワーーーと波立てて影が。。。

偏光グラス越しに見ると、30~40ぐらいのバスの群れでもらった!!
と、思って、すかさずペンシルを投げていただくも、バスは沈んだまま浮上せず。


ウィードの釣りに偏光して、お父さんに3バイト、1バラシ(船べり)、2抜けでした。
本日は、ウィードの見えバスも、ちょっと浮き気味で姿を見せていて、
ルアーを投入すると、底まで追っていたので、何度かチャンスがあったんですけどね~。
なんとかして、ポンポンとテンポ良く釣らせてあげればと思いました。
と、いうわけで、やっぱりあっという間の3時間で終了となりました。


今日の釣果は、小学生のお子さんがバス1本、お父さんが1バラシ、
2すっぽ抜け、そして、バスのスクーリングのチャンスが1回と雨が降って状況変化して、
当日も曇り空のチャンスでいい感じだったんですけどね~。残念無念。



本当にチャンスはありましたが、やはり私にとって結果が全て。
せめて、お客様が掛けたバスは全て獲るぐらいの勢いで、レクチャーしたかったです。
う~ん。自然相手とはいえ、私自信のジレンマと悔しさが残るモーニングでした。


さぁ、次回へつづく


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※シルバー連休後の平日の貸切状態!?に大チャンスあり。プレッシャー少な目ですよ!!
今週末の土日もまだ秋、いや空きがございますので、ぜひ、お問い合わせ下さいませ♪
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。
10月の土日は予約と予定で埋まっております。3連休最後、月曜日のみ空きがございます。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
絶好調更新爆進中~♪
常に新しいネタを考えているタカヒロ足立は、ブログ内の記事にて、
  “全日本スモラバ研究会”を発足!!!

2009.09.24 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909210001450.jpg

久々の河口湖釣りのお客様

今日は、久しぶりの釣りにお越しになられたお客様と、
はじめてのバス釣りのお連れ様と2名様で半日コースで湖をまわってみました。
前回は、梅雨空で半日でもスピナーベイトでかな~り釣れたイメージがありましたが、
本日の秋の気温低下のコンディションはいかに?といったところです。


朝からいかにも釣れそうな曇り空で、気温こそ低く肌寒かった山の上の湖。
スタートして間もなく、スピナベとスモラバの2本立てでまずスピナベでGet!!
っっっっと、掛かったバスの後ろからわらわらと10本ぐらいバスがチェイス。
すかさず、ライトリグをフォローで投げてもらうも、なぜ食わない??!


数釣りをメインに何箇所かまわってみるも、
岸よりのウィードはプレッシャーが高めで、巻き物にも反応がなく大きく作戦変更。

秋のシーズナル

ズバリ!秋のシーズナルパターンを中心にパターンをシフトレバー。
この時、かなりの水の濁りが入っていることに気が付き、今日は厳しいと感じた。
そう、またしても気温の低下でターン気味で、泡ぷくぷく、水が茶色く濁る感じ。

溶岩系ディープをやってみるも、たま~に反応があるも、微妙な感じ。
サイズを問わず、最近好調のウィードをやってみると、
のんびりフィッシングのお客様にグイグイと引くバスがHiーーーt!!!
これが、まずまずのサイズで36cmのとても綺麗なネイティブバスGet♪
それから、もう1本、バス釣りはじめてのお客様にヒットしましたがこばっちぃ。
最後にエリア移動して、再びウィードを攻めてみるも反応がなく、終了しました。



そして、午後の部へ。

午後はエンジョイフィッシング

午後は、魚種を問わず、釣りを楽しみたいということで、親子様を乗せて出航。
お昼過ぎから、夕方までの3時間ショートコースでしたが、
親子で河口湖をまわって遊ぶにはぴったりでしょう。いい思い出になったでしょうか。


まず、いるか船の付近にいってみるも、小魚すらいない状況。
ちょっと今日の河口湖は、ターンが入って魚の居場所が激変している感じ。

溶岩系ディープで、オオダイ1本、移動して、桟橋でオオダイ1本。
さらに、溶岩ディープのピンでオオダイ入れ食いになり、ルアー狙いで移動。
大橋橋脚をお父さんがスピナーベイトを投げてバスGet♪ちょっと小ブリサイズ。


午後より西風激荒れで、冷たい秋風も吹き、かなり厳しい状況。
だが、やっぱり投げて巻いて釣れるイメージで再び移動して、
おやっと思い、あるエリアでワカサギ接岸系の魚探映像が出る。
いい時間帯でさらに巻いて巻いて巻いて巻いてみましたが、本日は反応異常なし。
もうちょっと食いがたっていて「ガツン!!」と行ってくれればおもしろかったですが。



午前中は、20cm、33cm、36cmとまずまずの釣果となりました。
36cmは、綺麗な河口湖生まれ河口湖育ちの綺麗なバスでしたね~。引くし。

午後より、オオダイ入れ食いとなり、最初の1時間はかなり遊べた感じでした♪
バスはスピナーベイトで1本Get♪夕暮れのドラマを期待しましたが出なかった。。。





・・・と、連日のダブルヘッダーであしたへつづく     かも?



さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※シルバー連休後の平日の貸切状態!?に大チャンスあり。プレッシャー少な目ですよ!!
今週末の土日もまだ秋、いや空きがございますので、ぜひ、お問い合わせ下さいませ♪
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
絶好調更新爆進中~♪
2009.09.22 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
岸釣り教室

午前中の朝は、7時より2時間・2名様の岸釣り教室。
こちらも親子様で、バス釣りをはじめてしてみようということ。

お子さんはチャレンジの景品、組み立て式ロッド&リール

まずは、お持ち頂いたチャレンジの景品のリールを組み立ててみる。
継ぎ竿の繋ぎ方、リールのセッティング、ルアーの結び方、キャスティング。

お子さんはなかなかのセンスで開始30分でキャスティング完了。
ただ、肝心のブラックバスのほうは、連日の人のプレッシャーで厳しい感じ。
もう、あれの効果は終わりを迎えつつあるんでしょうか?もっと巻いて釣りたかった。


・・・というわけで、少しスモールラバージグ&ポークなどのセコ釣りにシフト。
桟橋を打ち続けること、ちょっとした時間。だいぶバスのポジションが見えてきた。

すると、お父さんにHit!!

わけがわからないままにあがってきたのは35cmぐらいのブラックバス。
お子さんにも何とかして釣らせてあげたかったのですが、あっと言う間の2時間終了。


お昼前より、快晴の夕方まで釣りコース

お昼前より、半日コース+夕まづめタイムで中学生のお客様をご案内。
朝は、かな~り西風も吹いて放射冷却の影響で寒く、もうダウンジャケットが必要。
だが、午後より快晴西風ボウボウ。つまり、快晴で雲一つ無い絶好の観光日和。
こんな日は、ブラックバスの釣果の方はチャンスが少なく、厳しいんです。
おまけに風ボウボウで、普段釣り慣れていないとなかなか難しいかな~と思いスタート。

●湖上のランガンツアー

確実にキャッチするために、4箇所をランガンするも、見えバスはいるが反応無し。
ウィードのパンチングで一本掛かり、フォローでスモラバ投入もまたバイトだけ。


さらに、ウィードアウトサイドパターン、溶岩系ディープパターンへシフト。
すると、ウィードアウトサイドでHi~~~tするも、こばっちぃ~(笑)
ワカサギ系の単発ボイル系、ボイル打ちをやってみるが、これはハスGet。濁点足りない。


夕方のワンチャンスを決めようといろんなエリアをまわってみるが、タイムアップ。
夕暮れ、西風ボウボウではあるエリアにワカサギ接岸していましたが、どうも・・・
次回は、お天気がちょっと崩れている日にリベンジをお待ちいたしております。


本日の釣果は、午前中・岸釣り教室にて中型バス1本!!
はじめての釣り開始2時間にしては、釣れてホットしました。

お昼過ぎよりの釣果は、バス1本こばっちぃ~。ハス1本。バラシ1本
雲一つ無い快晴で、レジャーボートも多く、かなり厳しかったと思います。



あしたへつづく


2009.09.22 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909190005450.jpg

秋は巻き巻きスピナーベイト

今日は、八王子の小学5年生佐藤秀太君とまたまた出航。
朝は、数釣りメインで一直線でスピナーベイトを巻き巻きに行きました!!

だがしか~し、朝からなかなかの人手ですでにバスにプレッシャーが掛かっている。
スピナベマキマキで釣れるハニータイムはわずかで、船中5ヒットぐらいで朝終わる。
日中、日が昇ってからは見えるバスをメインにサイトフィッシング攻撃を仕掛ける。
いきなりダッシュで「バフッ」と行っちゃうバスもいるんですが、ちょい難しい。

本当は、佐藤秀太君の新調されたベイトリールで飛んで飛んで飛んで飛んで
巻いて巻いて巻いて巻いて巻いて回って回って回って回ってキラリーーーン的な、
スピナーベイトで釣れまくるといいんですが、ピーカンでは浮いてボーとしている。
午前中は、何回ヒットしたのか覚えていませんが、まずまずのキャッチといったとこ。


午後よりがら空きのビッグバス狙い

午後より、大人気エリアは大混雑の為、おもいきってビッグバス狙い。
湖の状況としては、ターンが入りはじめで、秋の入り口のパターンといった感じ。

溶岩帯系ディープ、ウィードアウトサイドマキマキ、湧水系ディープなど、
午後からでしたが、タイミング、天候、風向きを見計らってランガンする。
鵜の島ディープ深海級もまずまずバスをストックしており、ナイスサイズもあがったりした。


だが、肝心の佐藤秀太君はバスフィッシングスタイルこそセンスが光るんだが、
どうも今日はおとうさんに釣果が恵まれ、ちょっとツキがないよ~な感じ。
投げ続ける根性、キャストフォームは綺麗だけど、今日足りないのは引き運のみ。

200909190006450.jpg

日も暮れ始め、いよいよラストタイムに突入・・・
最後の最後までビッグバスを求めて、いろんなエリアをめぐりめぐって、決して諦めない。
もう、あと5分ぐらいでタイムアップ寸前に・・・

  「キタッ!!」

ラバージグ&ビッグダディのウィード打ちから引きづりだしたのは、ナイスサイズ。
綺麗なネイティブバスの35cmをGet♪いや~やっと最後の最後でヒットしました。
(写真、一番左が河口湖生まれ河口湖育ちの綺麗なバスです。)
次回こそ、「+10cmを目標」にして、秋のビッグワンを釣りたいと計画中です!!!


天然バスは、3本キャッチ(25cm、35×2)
そうでない、バスは、7本ぐらいだったのではないでしょ~か?合計10本ぐらい
バラシも数回あったりと、もうちょっとバイトが深ければなぁ~と言った感じでした。
2009.09.21 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909200009.jpg

河口湖OPENトーナメント

春の陣に引き続き、後半戦は秋の陣。
まるで、競馬で言う天皇賞春・秋のようですね。

このオープン大会は、誰でも参加でき、プロ部門、アマチュア部門、岸釣り部門にわかれる。
春に第一回が開催され、今回の秋が今年2回目の大会。スポンサーはマーキュリー。
春と秋の成績で年間優勝を決め、今年で最後となるクラシック出場権が獲得できる。
その年間で一番のみの狭き門のクラシック権をアマチュア部門で優勝したのがショウミ君。

今回は、さかなや溶岩帯の激戦区の叩きあいを制して、アマチュア部門優勝♪
表彰式を見にいけなかったですが・・・コメントを聞きたかったですね~♪
・・・というより、バス持ち写真も撮って来て欲しかったです。

200909200015350.jpg

ちょっとロゴが見えにくいですが・・・世界のSUV・ハマージャパンキャップ♪
これからバンバン優勝して、早くプロ選手の土台に上がってきて欲しいですね~。
というわけで、おめでとう。

200909200012450.jpg

冠スポンサーはマーキュリーマリンジャパン。
オープントーナメントならではの景品がすっごくいいですね~。
ちょっとアメリカンな草トーナメントのオープンらしらを感じる大会です。
2009.09.20 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909050004450.jpg

秋も後半戦へ!!

いよいよ秋本番!!
9月も15日を過ぎ後半戦へ入りました。と、同時に今日より保安区域解禁。
かわりに、夏時間6時エンジンスタートが終わり、7時からのエンジンスタートとなります。

前半は自己記録更新の秋

さて、9月の前半戦は、気温の穏やかさもあって、大型バスが釣れていました。
それも、50前後のビッグバスばかりで、一日やってみての大勝負となりました!!
数は出ないが、デカバスが好む釣り方をやり続ければ、"自己記録更新”夢のビッグバス。
まっ、釣れれば夢のある秋の河口湖のバスフィッシング前半戦となりました。


後半は、数釣りも狙える!!

さて、金曜日は、数を狙えば、かなりのバスが釣れるに違いありません。
ご新規さまでも秋の河口湖を体験するのにはぴったし!!
初心者さまでも、必ず釣れること間違いなし!!
ベテランの方は、全域をまわってビッグバスを狙ってみるのもいいし!!!
秋の大型連休前の最後の平日になりますが、チャレンジャー募集中です♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※来週、平日にまだ空きがございます。シルバーウィーク19日、21日はご予約済み。
その他のお日にちは、お問い合わせ下さいませ。人気のお日にちから埋まるのでお早めに。
釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
2009.09.16 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20090915141031


20090915141029.jpg

20090916083437.jpg

日替わりパターン

秋になり朝夕涼しく、釣果も上々となっております。
たま~に、冷えすぎて厳しい時もありますが。
まっ!秋特有の「日替わりパターン」ですね。


最近、涼しくなり再びビッグバスがコンスタントに釣れてます。
ラバージグに特に反応がよくなり、シャロー、ディープ問わずいい感じ。

おーるラウンダーラバージグ

自分でいうのも、何ですがドラゴンラバージグで釣れます。
やや上向き、斜めアイで後方重心♪
ビッグダディ系の大型トレーラーにマッチするガマカツデカフック。


ビッグダディを装着した時の、よこのスライドフォールは芸術的で、
溶岩帯や軽い岩場、ウィードがいい感じ。
ガビガビなカバーはアウトですが、ある程度のカバーはいい仕事をしてくれます!


きのうは、52cmをドラゴンラバージグ11gにてヒット。
釣れてるぜ~。



なお、気になるドラゴンジグも個人販売もいたしてます。
タカヒロ足立手巻きによるスーパーヒットドラゴンジグは、
  おひとつ700円、極太タイプ800円です。


只今、ブラックを中心にタイイングしてます!
欲しい方は、お電話にてお申し込みいただければと思います。店頭でも販売してます。
この秋、ぜひ、お試しあれ。
2009.09.15 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909140001450-.jpg

バスの行方は

今日は、通常コースで1名様を秋の河口湖にご案内。
きのうの低気温より、わかりにくいが少しターンが入った様子。
シャローから、まずはじめに一番大きいビッグバスが姿を消し・・・行方は。。。


秋は、まずは、TOPから

今日は、まだひんやりとした朝はリアクション系トップウォーターでスタート。
バスが確実に居るであろうウィード絡みをトップウォーター大作戦。
途中、チャプター開催中で漕艇場付近でガッツポーズがあったりしました。

朝は、バスがいるところにはいて、ポジションと釣り方次第で簡単に食ってくる。
だけど、どうせ狙うならビッグバスを仕留めたいので確率の高いプロペラ系を
チョイスしたんだけど、ちょこっとボイルはあるものの、バイトはなし。
関係ない場所で、スピナーベイトにヒットするも30cmぐらい。
だけど、渋い状況では、コレが貴重なんです。

ターンオーバーの応用方法作戦

さて、少し日が出てきてからターンオーバーの応用方法大作戦に出る。
まず、湧水系ディープをラバージグでお客様に叩いてもらうが、
いると思うんだけどアタリがなく、ちょっと沖目のフラットを私が泳がせていたら、
なんと、ズドーンと40cmのナイスフィッシュをゴボウ抜き。


このターン応用大作戦は、時間帯、風、気温が大切で朝一より朝二がいいかな。
ただ、このエリアのポテンシャルはこんなもんではなく、55も出る大場所。
ちょこっと風が吹いたタイミングで、お客様にビッグバス~!!
といきたかったとこですが、バイトは無く、湧水系ディープその2へ移動。
ここも深海級でなかなかいいポジションに魚探画面ではベイト&バスは映るけどダメ。

何度か移動するも、午前中は30cmと40cmのちょっと消化不良。
午前中は、50オーバーも飛び出しそうな、いい感じの雰囲気だったんですが。。。


午後より、数を釣ってみる

午後より、ちょっとライトリグも合わせてターン応用編その3へ向かう。
やはり居ました。バスとギルとベイトの群れの映像。
じっくりやってみると、3キャスト1バイトぐらいでオオダイやバスがバイト。
魚種やサイズを問わずプチ入れ食いになりましたが、アタリが止まったところで移動。
実は、隣で見ていた長嶋さんって上手いですね~。


かなりの夏日でピーカン激荒れになり、ラスト1時間は再び大場所を攻めるもノーバイト。
う~む。夏日の時間帯が長すぎて、かつ大風も影響して出なかった。。。
ライトリグを駆使すれば数は釣れ、一発を狙えば・・・まだはじまったばかりでチャンス。

あっ、さかなやボートでもビッグバスが釣れていましたね~。
ラジコン岬まわりのウィードをスピナーベイト大作戦だそうです。
やっぱり、水が濁ったらヒカリモノで攻めてみよう!!


さかなや釣果情報更新!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
2009.09.13 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909120006450.jpg

ちょい寒。秋の河口湖

今日は、久々の佐藤秀太君親子様と秋の河口湖に出航。
朝からかな~り寒く、気温は16度前後で一日を通してかわらず。
ところどころのエリアで湯気が出ていましたね~。これは水温が気温より高い証拠。
只今の水温は、23度前後。水質はやや濁りであまりよくないような気がします。


朝のスタートダッシュ、ペンシル&ポッパーのトップウォーター。
朝一はよくビッグバスがボイルしている場所を2箇所ランガン作戦。
朝二は、サマーパターンの名残でドラゴンラバージグ攻める。
そして、天気予報のちょっと崩れる時からシャローのウィードプロペラ作戦。
午後はおもいっきり、スモールラバージグ作戦などなど。
要所要所で秋の日替わりパターンで臨機応変に高速ランガンして湖をまわる。

秋の日替わりパターン

早朝・・・最近好調のベイト付き岬まわりを攻めると・・・
やはり、どっか~ん! ボイルを発見。水深にして、シャロー50cm!!
ラーメンが絡んで絡んでどうしようもなかったですが、少し様子見もボイル一発のみ。


ワカサギ溶岩接岸系パターン、サマーパターンの名残的パターンをしてみるも不発。
どうやら連日より少し気温がだいぶ低くちょっと湖がおかしいような気がしました。


ちょっと曇ってきて、さあ、いよいよ秋のプロペラ大作戦。
タカヒロ足立的に秋パターンは、シャローウィードラバージグ、湧水系ラバージグ、
湧水系スピナーベイト、シャローウィードプロペラ系、浜系ビッグベイトなどなど。


毎年炸裂する秋場所を曇ったらプロペラ系。
晴れたら早朝スピナーベイト。気温があがる頃にラバージグ。
突発的な濁りは湧水を意識して湖をまわっていくのがキーポイント(湧水はわかるかな?)
それに、河口湖のバスが好きなルアータイプがあるので、ここが最大の秘密かな。


ランガン、根性のキャスト!!

さて、曇ってきたので、ひたすらウィードパッチを打ってはランガン。
そして、打ってはランガン。強気で根性を見せながら小学生がマシンガンキャスト。
この釣りはいつ出るのかわかりませんし、打ち続けることで結果が出る炸裂パターン。


時刻は11時頃・・・

 「バシューーーーーン!!」

   水面が丸い波紋で炸裂して、一体どうなったのか意味不明。


よし!キタッっと勝手に思い込んでいましたが、やっぱり来てました。


すると・・・ロッドから生命感が消える。。。。。


いや~~~。・・・・・と思いましたが、ひょっとして藻に絡んでいるのはないかと。
すかさず「ロッドにテンションを掛けておくよう」にということでエレキで接近。

200909120005450.jpg

するとやっぱりいました!!ウィードジャングルでもじゃもじゃになりながら、40cm!!
写真のウィードが今年のウィードばりばりを物語っていますね~。


午後より、天気予報は外れ、日が出るとちょい渋くなるのでスモールラバージグ作戦。
だが、これもちょっと渋く、アタリが少ないながらも、バス1本、オオダイ3枚?


いよいよ夕まづめタイムに入り、
ここぞとばかりにビッグバスを狙ってみるも、出そうででなかった一日でした。
最後は・・・ワカサギ系ウェイクパターンで後ろにそれらしき波紋が出ましたが。



もーーーちょい秋のビッグバス炸裂してくれると思いましたが、もの足りない結果に。
気温の低下で、シャローにバスが少なく、バスはちょっとターンの体勢に入ったかもですね。

本日の釣果は、40cmを筆頭にバス3本。
曇り空でいい感じ~♪と思いきや、ちょっと渋かった感じがします。
来週は、木曜あれの後なので爆釣まちがいなし!!と、思います。
巻物(スピナーベイト)やパンチング(ドラゴンジグ)で釣りまくっちゃいましょう!!
事前のタックル準備はお早めに♪フィッシングは計画的に♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
※来週、平日にまだ空きがございます。シルバーウィーク19日、21日はご予約済み。
その他のお日にちは、お問い合わせ下さいませ。人気のお日にちから埋まるのでお早めに。

釣り易い平日に限定して、ご新規様限定、秋のゆっくり釣りプランはじめてみました。


タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!」
2009.09.12 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


今回は、ちょっとしたコネタをアップ。

ワカサギ系ミノーイング

今回、JB2河口湖シリーズ最終戦、優勝へ・・・導いてくれるはずだった、
2度のビッグバスを逃した「ワカサギパターン必勝法」の鍵となるミノー。


さかなやワンドの溶岩帯で、偶然はじまった真夏のワカサギパターン。
当初、ワカサギとバスがまだフィッシングプレッシャーが掛かっていない時、
朝夕日中も問わず、ピーカンベタ凪ぎでも活発にボイルしていた時がある。

そんな時はペンシル、ポッパー、フローティングミノー、
水面ピクピク系ミノー、今話題の真っ直ぐ泳ぐミノーとか、今話題のダブルスクリュー、
そして、改造したミノーや改造したプロペラ付きルアーとか、
キモを押さえたありとあらゆるルアーで、釣り方さえ分かれば意外と簡単に釣れた。

ビッグサイズは、50~55までが群れで回遊していて、時折、バスが協力して狩りをします。
そんな状況に出くわしたガイド時のお客様は、ゴーマルがペンシルにヒットしたりもしました。


まあ、長々となりましたが、最終的にはバスがルアーを見切り、
本当に“ベイトフィッシュに近いルアー”のみ反応して、バイトしてくる渋い状況。
つまり、本物そっくりに似せないと、そこまでしないとバスを騙せなかった。


そして、、、ある大御所ルアービルダーに塗っていただいたこのミノー。
超リアルに「ベイトの光加減」や「ベイトの各部の特徴」をイメージペイント。
ただ、リアルにペイントするだけじゃなく、改造することによっとさらにいいルアーになる。
まっ、改造については業者秘密ですが。このリアルペイントは、凄く釣れそうだぜ~。


朝夕は気温が15度前後

9月に入り、朝夕はすっかり涼しくなりました。
いや、すでに寒いと言っておいたほうがいいでしょう。
山上湖は、すでにフリースやパーカー、ウインドブレーカーが必要です。

200909090001450.jpg

世界の4WD・SUVブランド“ハマージャパン”仕様のパーカー。
山上湖では、一足先に早朝はパーカーを装着してフィッシングに行きます。
一足先にパーカーをいただだきまして、ありがとうございました。


秋になり、徐々に釣果は上向きになっています。
平日はいろいろなエリアをまわることで出来て平日こそチャンス!となっております。
まだ平日の空きがございます。ぜひ、釣りやすい秋に釣りはじめ募集中です。


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2009.09.10 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200909080003450.jpg

そよかぜ涼しい秋の鉄板湖上

今日は、バス釣りがはじめてのお客様とベテランのお客様を乗せて一日出航。
朝からほんっとうに快晴で、ちょっと出遅れ気味でしたが、
確実に釣ってもらおうと、まずはスピニングリールの釣りからチョイス。
ベテランのお客様にはバックシートでぶんぶん投げてもらいました。

追ってる!追ってる!!朝まづめ

さて、7時ちょっと過ぎにスタートしたのはいいが、ちょっと朝マズメが終わった感。
だけど、かなりの勢いで、フローティングストラクチャーから強烈なボイル!!
まるで、どっかの動画サイトの今話題のアメリカンルアーみたいな強烈な水飛沫。
でも、このボイルしているバスは釣れず、どっかにいっちゃいましたね~。

朝、2時間ぐらいトップウォーターを投げ続けるも、まるで生命感が無いウィード。
もう、ちょっとパターンシフトかなぁ~。そう、諦めかけていたが、急に「出たっ!!」
小ぶりなサイズながらペンシルベイトに幸先よくヒットしました~。


日中、日も上がり、風も穏やかになりつつあり、ウィードパターンへ。
初心者のお客様でもお手軽に釣れるスモールラバージグをメイン。
ベテランのお客様はドラゴンジグ+ビッグダディの組み合わせで、どんどん行くぜ~的な。

すると・・・ウィードに落としてちょっとほっといた瞬間。
バス釣りはじめてのお客様に、わけのわからずナイスフィッシュがバイト!!
ぐんぐんと引いていましたが、まずまずのキーパーかなあと思っていたが、
なんと40近い綺麗なネイティブバスが釣れているではありませんか。
はじめて釣ってみて、おどろきの40cmを午前中に釣りました。

さらにさらに、ベテラン様にも試しにラバージグ大作戦でスーパーヒット!!
「おしっデカイ!!」ジャンプしたバスを見ると45ぐらいのいいサイズだっ。
だけど、ジャンプ一番が終わった後に・・・運悪くロッドから生命感が消える。

午後は投げまくり

午後になり、ウィード大作戦をしてみるも、小型から中型も釣れずに、大型狙いへ。
日中、渋ってしまった場合、大型を釣るのも小型を釣るのも同じ難易度に突入。
そこをいかに上手くリアクションを生かした釣りでバスにバイトされるかがキー。


さて、後半戦はどうしてもハードルアー勝負。
ベテランのお客様は、たくさんのハードルアーを持ってきており、コレで釣りたい。
いろいろなルアーがあって、ちょっと細身の水面直下型ビッグミノーをチョイス。
気になる溶岩帯を投げ続けたら、コレまたボッっとかなりいい大型のバイトの瞬間。
まるで、ネズミやへびを捕らえたような爆弾的爆裂波紋が上がり「よしっ、もらった」
これは、デカイッ・・・と思うも、今日はツキがないのかまたしても逃げられてしまう。


湧水系、ウィードアウトサイド、やってみるも午後は激渋で終了でした。
ウィードには50cmを含めいっぱいバスは居たんですけどね~。
やはり、いるところにはいる。それをどうやって釣り上げるのかがキーです。
って、あたりまえのことですよね(笑)

200909080007350.jpg

本日の釣果は、40cm一本、40up2本バラシ、25cm一本でした。
快晴できっと朝からヤバイ!と思いきや、徐々に釣果は上向きになっています。
平日はいろいろなエリアをまわることで出来てチャンスとなっております。
まだ、平日の空きがございます。ぜひ、釣りやすい秋に釣りはじめ募集中です。

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2009.09.08 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
200909050004450.jpg

真夏に逆戻り

今日は、9月の最初の週の土曜日です。一日コースでご案内。
本日のゲスト様は、前回お越しになられた時に感じたのですが、キャスティング技術は完璧。
なら、あとはタイミングをあわせて、しっかりルアーを動かしてバスを誘うだけです。

本日、前日の夜は雷雨で豪雨となった河口湖。
朝もまだその名残は残り、曇り空でいい感じ。だが、その後・・思いもよらぬ真夏日。
快晴ベタ凪、雲一つ無い状況で、ピーカン・・・・・やばす!!!


回遊魚を追えっ!!

まずは、最近好調のエリアから入ってみるものの、ワカサギの群れがこつぜんと姿を消す。
ブレイク周辺からはこばっちぃが時折顔を見せるものの、微妙な感じ。
なら、バスは回遊して、はるばるどっかいっちゃったはず。

朝からトップでバコッ!!

すかさずエリア移動を決断。
すると、やはりワカサギ×バスの群れが移動したようで、移動先の魚探はいい感じ。
トップウォーターから流してみると出ました「ガボッ」っと40前後のナイスファイト。
だけで、魚体をみただけで、鯉の滝登り的な風景画でしたね~。

ここでは、エリアごとに有効なサイズのミノーがあり、それを投げるとチェイス。いい感じ。
ちょっと渋い感じがしたので、タカヒロ足立的な改造ミノーをチョイス。いい感じ。

さらに・・・やはり恐ろしいことに好調エリアのスクーリングがはるばる海を泳いで
マグロのように回遊していたようで、10本ぐらいの群れがルアーをチェイス。いい感じ。

ただ、ここには壁が無い。バスがベイトを追い込む壁が無く、回遊魚もきまぐれ。
一度、ビッグサイズの群れが沈んでしまうと、付近を回遊してなかなか姿を現さない。
追い込むべき、壁も無く、水面だけがベイトを追い込む壁ならば、
バスの活性があがったタイミングのみ「ガボッ」っと咥えてくれる感じがした。


それは、風。

ベイト流され系の風向きなら、ベイトが流されバスが流れの淀み溜まる方式。


つまり、いいパターンでありながらも、バスが居たとしても、風待ちということで移動。
まだ曇り空で朝マヅメが残っているいい時間帯。移動先でもペンシルベイトレクチャー中に、
でちゃいました。がコレも乗らず。お客様の投げたペンシルになぜかギルがビッグバイト!

雨上がりは、こんこんとでる

200909050001350.jpg

さらに、まだ雰囲気がいいので、ビッグバスを狙いにスピナーベイト大作戦。
前日の雷雨で湧き水こんこん。ウィードもベイトもいい感じの反応でしたが、なぜか?
さらにさらにポッパーパターンにシフトしてみるも、シャローにバスおらず。



こんな感じで湧水がこんこんと湧き出ています。

日中のお昼休み。。。


全てをシフト。ウィードモード

午前中の作戦を全てシフトして、日中ピーカンウィード系モードに切り替え。
東風爆風予報で案の定、大橋付近は5mぐらいでいい風ですね~って感じでしたが。。。

東風が吹くと好調なエリアでこばっちぃ2本追加。タイ1枚。
それからこれから秋、秘密のスポットを様子を見に行くと35cmがHit。
最初のエリアに戻って、こばっちぃ1本追加。

いろいろ数はポツポツと釣れましたが、今日の朝一番が勝負どころ!!
う~ん。今日は小型のヒットが目立ちましたが、朝のトップ大型が乗らない。
ナイスサイズは群れで姿を現していますが、あともうちょっとといったところでしょう。


200909050006300.jpg

夏休みが終わって以来の土曜日は、レジャーボートが多めでした。
ウェイク・ジェット・カヌー・ヨット・パラグライダー・・・そしてラジコン岬ではラジコン旋回♪♪♪
バスフィッシングボートも全快で走っていましたね!!!!!


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

JB/NBC公式サイト

2009.09.05 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200908240004450.jpg

9月の秋場所巡業スタート

月日が流れるのがあっ!という間でもう9月初旬がスタート!!
今年の河口湖の秋場所デカバス巡業の結果はいったいどうなるんでしょうか?

あっ!という間に金曜日まで来てしまいましたが、連日曇り空で釣果上々。
今日、まわりの人がスピナーベイトでの釣果を聞くことができ、いよいよ秋らしくなってきた。
そんな穏やかで高水温が落ち着いた河口湖の水温ではウィードがキーになります。

その「秋のウィード+ベイトフィッシュ」攻略で有効なのがトップとラバージグ。
タカヒロ足立お得意のトップウォーター・プロペラベイト・ウェイクベイトです。
さらに、昨年は57cmを筆頭に次々とビッグバスを仕留めたのがラバージグ。

200909030007350.jpg

伝説のラバージグ

今日は、あの伝説のドラゴンラバージグを作製してみました。

今、密かなブームで静かに売れ続けているドラゴンラバージグ。
今回、さらに少量生産ながら、極太MiXバージョンを限定タイイング。


これは、やばいぜ~。
昨年からの釣果で、
57cm、57cm、今年も55cmともう55以上のビッグバスしか釣れん!

200809040005300.jpg

2008.9.4   57cm  去年の今頃。秋がいいねっ!!


200807150001_01350.jpg

2008.7.15   57cm   真夏の沖のハンプ系にて

090503_135201350.jpg

2009.4.30   55cm   鵜の島まわりの流れ込みにて

200905170009350.jpg

たま~に小さい45クラスも掛かりますがアタリが出るのがとっても楽しみなラバジ。
これは、今年の初夏に釣れた半プリの46cm。 信号下


当たればスーパービッグ宝くじ的な、極太バルキーラバーを使用している。
このラバージグには目には見えないいろいろなシークレットが隠されているんです。
実は琵琶湖でも知り合いが60クラスを掛けたようですが・・・


今年はこのジグで秋の特大ビッグバスを仕留めてみたいものです。
もちろんラバージグトレーラーはビッグダディで決まり!!っていいたいですが、
また新しいジグトレーラーが出るかも?それがバス釣りの楽しみってやつですな♪
少量生産・発売もしておりますので、ぜひ、お問い合わせ下さいませ。(少々割高)爆♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

JB/NBC公式サイト


2009.09.03 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200908280011450.jpg

秋本番!!

さあ、いよいよ秋の行楽・アウドトアシーズンになりますね!
秋の気配と共に、朝夕は暑さも和らぎ、釣りやすくなってきてます。

ただ、曇りや雨はちょっと肌寒いのでロンTやウィンドブレーカーなどをご用意。
すっきりとした秋晴れは、残暑の夏に逆戻りで、とっても暑いかも!?


河口湖近況

今年のバスフィッシング春からの前半戦は、スポーニングダラダラ続き、8月まで産卵。

「さぁ、アフター回復傾向、食欲旺盛でビッグバスが連日好調かなぁ~。」

と思いきや、すぐに真夏がきて暑くなり急な水温上昇。

バスもシェードメインに隠れ、急に渋くなってしまった今年の真夏の河口湖。
まだ、9月のはじめは、そんな夏の名残はあります。



急なベイトパターン発見!!

いや~、でもですねぇ~。
8月中旬から発見した、ワカサギ補食系ストロングパターン。
今年の河口湖、ワカサギが豊富に繁殖しているので、秋以降は釣果に期待してみましょう。
ワカサギボール付きのバスはテクニックさえあれば、釣り易いのが特徴です♪

200908190004450.jpg

ヒントを言うと、ワカサギパターンではトップ・ミノー・シャッドが連日好調!!!
 ※詳しくは楽天のルアーブログにて公開中♪

季節の変わり目

さて、話は戻りまして、今ちょうど季節の変わり目です。

200809100003.jpg


夏から秋の変わり目。
今年は、減水傾向ですが、台風一発、秋の長雨で変化します。

IMGP1841300.jpg

それは、水。

雨が降り、水が入れ替われば、適水温化、酸素も増え、魚が活発化します。
理想の水は、流れ込みの流水、湧水で湖の流れや水質が変化します。


やはり、今月の台風シーズン、秋雨で水が入れ替わるとチャンス。
水温が下がり、今まで以上にバスが幅広いレンジに散らばり、活発に餌を追います。
自然いっぱい、ベイトフィッシュもいっぱいな河口湖は、バスも活性化しています。

まぁ~、昔からのいい伝えでは、バスフィッシングシーズナルパターンでは、
「秋はベイトフィッシュ」です。
河口湖の秋のキーワードは、ズバリ、ベイトフィッシュ・ワカサギ、オイカワでしょう。
遅れて、モロコパターンへシフト。


これらのベイトに対応したハードルアーや釣り方があります。
それは・・!
また、湖上で会いましょう。

200809010001450.jpg

現在9月2日

さて、現在9月2日、まだ夏日は、朝夕が一番釣れますが、日中は厳しい。

一日を通して、夏の日中の休憩日陰パターンから、
秋の補食体制、ウィードに入るタイミングが最大チャンス。
つまり、マンメイドからウィードのタイミングがデカバスのチャンスとなります!
季節の変わり目、天候の変わり目を狙って、ベイトをを意識した釣り方をしてみてはいかがかな?

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

JB/NBC公式サイト


さぁ、休日は釣りに出掛けよう。
きっと秋のビッグバスが待ってるはず♪
2009.09.02 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析