シーズン始動!!

本日は、朝から「今シーズン始動のお客様」がどしどし押し寄せて大忙し。
決して簡単とは言えない今のシーズンですが、釣りをしたいお客様は河口湖へ!!

そんなわけで、朝7時集合だったのにも関わらず、ほとんど休む暇も無く、
トークとボートセッティングなどで、あっという間に朝食が昼食になってしまいました。

ハードスイムベイト

さて、今日も空いている時間でハードビッグベイトのスイムチェック。
トラウト系8インチのフローティングビッグベイトを針だらけチューンにしたり、
ジョインテッドクロー(オイカワ)を偶然にも「i⇔S」な動きになったりもしました。
ギル系ビッグベイトもウエイト調整、重心調整次第で動きがワイド→タイトになることが
わかったり、フックの微妙な重さ、ジョイントの輪ゴムチューンなどで・・・・・


いろいろやってみましたが、完成は今日は、やっと2つ!!
なかなかいい動きで自分自身でも「コレは釣れそう!!」って感じの出来栄えでした。
なかなかルアー名を好評出来なくてすみません。
お客様ガイド時、または、トーナメントで表彰台に立った時は必ず公表します。


さて、投稿動画釣りブログシリーズも3日目に突入。
果たして、写真として、アルバムとして記念に残るような画像形式がいいのか?
リアルタイムに河口湖の「今」を映す河口湖釣り動画シリーズがいいのか?
これからのお客様のお声に期待ですっつ!!
スポンサーサイト
2009.02.28 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


再び、投稿動画です。
ちょっとデジカメじゃ画面がみずらくて大変かなっ!!

ビッグベイトフックがようやく到着です。
納得のいくビッグベイトフック(2/0)が無く、ようやく入手したところです。
画像ではフックを白くする文房具も登場ですが、ほかにもいろいろなチューニングパーツが。
考えた瞬間にルアー具現化するようなパーツがあればあるほどルアーはパワーアップ!?
2009.02.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


雪景色

去年は、日本のバスフィッシング界においてもブログブームでした。
いろいろな方々がブログをはじめた結果、私のブログは釣りブログの渦にうもれてしまいました(笑)

そして、昨今のインターネット社会のお陰で、誰でも簡単にお気軽に情報が伝達された。
その結果、誰でも河口湖の釣り情報を見ることが出来るが、
いままで通りですと、みなさまも同じようなブログでおもしろくないと思います。
そーゆーわけで、ちょっと新しく「最新版釣りブログのあり方」としてコレをやってみました。

さらにこれからは、文章をより行を少なく、短い言葉でまとめて、
皆さんに簡単に伝えやすく、短い文章でブログを書きたいと思った今日この頃でした。

雪がゴウゴウと降り積もる河口湖で、
虎視眈々と今年の目標とガイドのお客様への完全対応を目指して作業中です。
2009.02.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200902260011450.jpg

再び極寒到来。

きのうの暖かい雨の一日とは違い極寒の河口湖。
前日は日中でも曇りながら14℃で、その後の午後は雨も上がり時々晴れ間が。
今日は、朝から2度~5度を行ったり来たりと極寒仕様の河口湖でした。

本日も春を求めて、湖上の偵察。
只今のバスのポジショニングを確認しようと、真剣に朝からお昼過ぎまでチェック。
冬型の気候で、春を求めて・・・とは言え、シャローにまだまだ春バスの姿は少なく、
多くは越冬系シャローのバスが、フィーディングでスポットに張り付いている状況。

冬型バスのポジションチェック

気持ちは春本番!!
シャローの新しく入ってきた春バスを探したいのだが、
今日はサブパターンとして、冬型の天候も踏まえ越冬系ディープゾーンをチェック。

魚探画面ではなかんか映りづらいが、ある方法によりシラウオらしき影を2箇所チェック。
時たま、ジョーズのような背びれを立てた大きな40~50ぐらいの正体不明のサカナ?
表層でボイルするシーンが4~5回あり、今後の春パターンを攻略する上でのヒントかな!?

ディープゾーンも、おととしのシラウオフィーバーの状況と似ていて、
水温が5度前後と高い厳冬期(2月~3月)にはシラウオが多い傾向で、
シラウオが回遊してくるルートも只今の魚探画面を見ている限りでは似通っている様子。
今後、このディープシラウオ回遊バスをどうやって仕留めるのかがキーとなりそうです。
さらにここからボール状になったシラウオパターンに発展していくと・・・フィーバー???


越冬系ディープゾーンの泥フラット系直撃フィッシングも不発。
今日は、泥の中にバスがあまり映っていなく、どこかに移動したのか???
そして3時頃には、それまで雨で極寒だった河口湖にも晴れ間がのぞく。
一日で、雨と晴れといったり来たりと激変には正直まいてしまいますね。


今回は、バスのポジショニングのチェックがてらに河口湖偵察でしたが、返り討ち。
正直、超真剣にやっていただけに、まんまと裏目に出るフィッシングでしたね。
やっぱり、季節進行形のシャローの春バスを探したようが、夢がある気がします。

さぁ、春を探して!!
春のビッグバスを探して・・・「Big Catch!!」に挑戦ですよ!!

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
  ※冬季限定プラン開催中~♪

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
  ※河口湖の防寒対策を要チェック!!
2009.02.27 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200902230004450.jpg

月曜日も冬季プランで出航!!

本日月曜日も冬季限定・暖かい時間帯フィッシングプランで出航。
朝から暖かさを感じて、小雨もぬるく気にならないぐらいでした。
しかしながら、午後から晴れる予報も見事に裏切られ小雨混じりの状況。
日中あがってほしかった気温も逆に冬型となり、小雨で極寒となりました。

暖かい朝

低気圧の接近だけど、朝の雰囲気が暖かかったこともあり、今日はシャローで釣れそう。
春に向けてバスが上がってくるシャローをメインにルアーを投げ続けるも反応なし。
途中、春なのか冬型なのか?チェックがてらに越冬系シャローに行ってみると・・・
やはりというか・・・ビッグバスが沢山でこれは冬型モード。
ビッグベイトに寄ってきたり、ガン見したりしましたが、次第に見切りモードとなった。
湖全体が冬パターンの影響ということなら、すかさず、シャロー&ディープの冬パターンシフト。

午後は冬型ディープへシフト

午後から、かなり気温が下がり、じっくり越冬系ディープウォーターをやってみる。
う~む。越冬系の底にバスが映っている雰囲気バリバリだが、バスが動かないような感じ。
途中シラウオの群れが通ったり、シラウオが水面で泳いでいたりしましたが、
バスの活性がヒートアップするでもなく、今日も終了の時間が来ました。

見えバスも多く、ディープもバスの居所は高確率で掴めているもののちょっと難しい。
地合でディープでもバスが浮けば釣れるのですが、もうちょっとアジャストが必要ですね。

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

釣れればデカイ!!冬季限定プラン・冬に挑戦してみたい人は是非っ!!
2009.02.24 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200902220001.jpg

冬季も闘魂・熱血バサー

今日は、常連のお客様を冬季限定釣りプランでご案内。
たとえ冬で寒くても、どうしても釣りたい♪休日には釣りに行きたい!!
湖でキャストしたくてたまらなぃ。日常生活で釣りに行きたくていてもたってもいられない。

そんな熱血なバスアングラーを応援してくれるのが、今年の暖かい陽気の2月の気候。
一見、山上湖で寒いと思われがちですが、まあ実際、極寒地なのですが、
今年は雪も少なく、道路に氷も少なく、湖も氷結していないので、普通に釣りが出来る。
水温こそ5℃以上と冷たいが、すでに水中のバスは、暖かい日中はシャローで生活ので、
すでに春に向けての動きで、フィッシングもプレオープン・シーズンインな感じでしょう。

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

冬季限定プランやってます!!伝説の豚の記事も。

春なのか、冬なのか!?

さて、前半戦の感じでは、春らしさを感じつつ、冷え込みで水温が下がっていたので、
冬の実績ピンポイントを中心にシャローも織り交ぜて釣りを展開する。

低水温でも地合やベイトのタイミングさえ合えば、
冬のディープでも釣れるので、様子をみながら、ピンポイントピンポイントで粘る。
スモールラバージグを駆使した流し釣り。一本釣りのメタル・テールスピンジグなどの冬の釣り。
春のシャローも流し流しスピナーベイト・ミノーなどを投げるがノーバイト。

後半戦は無念のボウボウ

後半戦は、西風ボウボウ。
爆風状況で、釣りが出来るであろうエリアも限られ、タイムアップ。
無念の終了となりました。

2009.02.22 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20090221183951
今日は、強風注意報も発令されるほどの大風。
・・・と言いたいとこでしたが、午後にはピタリと止む。

週末の偵察の為にも「ここぞっ!」とばかりに出撃。
小春日和でポカポカ暖かく、とってもいい感じの湖上。
ディープはメタルジグ。シャロービッグベイトを投げる。
冷え込みの影響なのか?バスの姿はなく時間終了。



午後の暖かさで、少しバスが浮いている状況。
カーブフォールで攻めたりもしましたが、反応なし。
水温は、6~7度といい状況まで来ましたが、
あと、もうちょっとかなぁ~というところでした。
2009.02.21 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20090220213202


春二番!?

朝起きたら白銀の世界・・・・・とはならず、ちょっと雪が残った河口湖。
昨晩から警戒していた大雪も、今年は暖かいせいか?
夜間に降った雪も次第に雨へと変わり、午後にはやわらかい春の日差し。
天候の回復が早かった河口湖は、気温が14度まで上昇↑↑
ただ、春二番とも呼べる暴風で、ざぶんざぶんの湖上の風景でした。

春の準備続行・・・

早くから悪天候を見込んで諦めていて、準備作業をしてた今日なのです。
リアルタイムに変化する気候条件はすごく、日中と共に気温の上昇が伝わってくる。
雪が雨に変わるという現象はすっごく春っぽくて、日中も4月中旬の暖かさって一体!?

この暖かさなら、暖かい時間限定で外作業もしたかったのですが、風が強く断念。
今日は、チューニングの材料集め、ハイシーズンの仕込み、書類作成、
そして、週末のフィッシングの為に、きのうの反省を生かして、
今日は足りない部分を補うハードルアーの補充もしました。

現在、冬なのか春なのかちょうど境い目です。
冬ならメタルジグ系・春ならシャッド系。そこんとこが重要というところですね♪
2009.02.20 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20090219195230


春一番・花粉・上昇傾向

春一番も吹いて、暖かい日が続き、そして再び寒の戻り。
そして、花粉が飛んで飛んで飛んでまわってまわってまわって、
最低水温からの脱却、水温五度から上昇傾向で、三寒四温のはじまりなら、季節はもう春♪


早春なのです!!


今日は、寒さの底を切って、冬を乗り越えた三寒四温の二寒目の河口湖を偵察。
先日、お知り合いがお得意の○○○で50upを釣り上げたことから、
私もメインロッド一本、偵察用サングラス1つ、チューニングルアー沢山を持って出撃。

やはり、水温は冷たく・・・といいたいとこですが、
まだ季節は2月にしては、5℃中盤とちょっといい感じに暖まっているような感じ。

20090218181947


風も無く、穏やかでとっても釣り日和な感じの今日の河口湖でした・・・。
車の車体にもかなりの黄色い粉が。黄砂?花粉?知り合いに聞くとすでに花粉症。
釣りに、眼鏡が曇らない、ノーズフィットタイプのマスクは必要です。

今日の偵察の様子

さて、ブラックバスの釣果のほうは???今回はありませんでした。
1月の冬の澄み切った透明な水ではなく、少し白濁りをしたような水質に変化。
どクリアウォーターからちょいステインウォーターになっていました。

ベイトフィッシュの量も、12月1月のようにワンドの内側にわんさか溜まっている様子も無く、
まばらに泳いでいるような感じが受け止められる。


釣れれば貴重なビッグワンの1匹となる時期です。
果たして越冬モードなのか?春へ向けた春モードなのか?

冬のプロテクトエリア・湧水エリア・ディープエリア。
春のシャローの岩の影、溶岩の隙間、ベイトフィッシュパターン。
日によってバスの動きが違うのでリアルタイムに攻めて、Big Catch!!


冬はメタルジグ♪

20090219085803


Dragon シューティングメタル・小奴らにフック装着で、いざ出陣!!
フックはgamakatsuの新しい針が抜群にグッサリ刺さるので好調です。

20090219090028


Dragon アッキーメタル新色限定ニジマスも忘れずに。
今、河口湖ではニジマスカラーが密かに流行っているんです。
ルアーのセンターに紅ラインを吹いて・・・黒い斑点をマッキーでちょこちょこと。

20090219090640


Dragon Newフェイスのスカルピン・ブレードも。
ルアーは7gとウエイトが軽く、ちょっとやりずらい感もありますが、ブレードは綺麗に回転♪


あとのルアーテストは、ビッグベイトとか、秘密のラバージグも♪
ビッグベイトは日本にまだあまり出回っていない?
ラバージグは、きっと、ビッグダディ専用のようなスペシャルな感じで発売!?
もちろん大会でも使え、エコ素材使用です。GO!!GO!!出来上がりが楽しみです♪
2009.02.19 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
暖かい2月

2月・・・それは長い長い、冬の真最中。。。
冬季の寒さが一番厳しい時期であり、吹きすさぶ風も冷たい。

今年は暖かく、湖上に出撃出来る日も多い感じですが、
寒波到来の大風や、降雪時にはフィッシングも危うく、別の作業に入ります。

・・・と言いたいところでしたが、皆さんもすでにお気づきのように、
全国的に春が早い兆候で、春一番も時期早々に吹き、暖かい日が続いています。
こうなれば、冬季の作業を急ピッチでトップギアに入れ替えて作業をしなけば!

釣りの準備OK!?

そんななか、現在のチェック・・・つまり今現状の総点検。
ロッドやリールのメンテナンス・入れ替え、ハイシーズン用のポークの仕込み。

未来進行形・・・未来へ向かって、新しい時代の流れにそって最新技術を取り入れる。
私が考えているのは、河口湖GPSミクロピンスポットフィッシングの確立。

温故知新・・・つまりオールドタックルを駆使した古きよき時代の遊びの釣りを思い出す。
人はいつか必ず過去を振り返って、あの時、あの楽しかった釣りを思い出して、
「再びやってみようかな?」と思える日が来て、釣りをはじめるきっかけにと思います。

200902180001.jpg

新時代を切り開く・・・つまり改造したり、新しいタイプのルアーを作製。
改造したルアーとは、自分が納得いくまで終着駅よりさらに一歩、最後の最後まで徹底改造。

200902180008250.jpg

新しいタイプのハードルアーは、自分が気になるベイトフィッシュを観察して、
ハードルアーという形で具現化して秘密のルアーを生み出したいと思っている。

20090218000720.jpg

同時進行・意識向上!?

さらに、同時進行で、個人的な体力強化トレーニング、趣味、アイデア、トークですが・・・
ハイシーズンに酷使される部分は、筋に負担が掛かっているので重点的に基礎トレーニング。

1058352751_23.jpg

余談な、趣味の読書は、よく書店に行くのですが、コレだっ!!って思った本を手にとってみる。
最近は、東大生のノートはかならず美しい、松下幸之助、本田総一郎の著書、
釣り関係の本に関しては、ベールアームは世界をまわる・・・そして漫画はア○○ブ店長(笑)

200804010256300.jpg

アイデアというのは、街並み、いろいろな場所のテーマパーク、
心に残る風景や、アメリカの記憶を遡ってみたり、江戸前バサーが送ってくれる、
BASSのビデオテープを見たりして、カッコイイ!と思える場面は取り入れる。

トークは私を支えてくれる人から生の声の重要なアドバイスをいただいております。
さらに、バスボートの部分的な修理や、エレキの仕組み、ビッグベイトの泳ぎなどなど・・・
人がここちよく思えるサービスのスタイルまでも、吸収しきれないほとの生の声を頂いております。



早い春はもうあとわずか!!
シーズンインまであっという間ですが、ここが正念場で本気で頑張らねばっ!!
お客様には、ちかぢか、これだけは準備しておいて欲しいタックルを紹介したいと思います。
2009.02.17 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まるで11月下旬の暖かさ

土曜日の観測史上最高の2月の陽気に続き、日曜日も午前中は暖かかった。
日曜日は、朝は霜が降りるくらいの冷え込みでしたが、午前中は快晴でそよ風程度。

もちろん、まだ2月で水温が冷たく厳しい時期には違いないですが、
一部のバスは暖かい水を求めて、ディープからシャローへ移動しているようです。

middle_1234708408.jpg

夕方、お知り合いがミドルレンジでバスを釣りあげました。
その他、シャローでも単発ながらあがっているという情報があります。
当たりさえあれば・・・ホームラン的なビッグバスのアタックとなるでしょう!!



※リニューアルオープン
さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

さかなや釣果情報更新!!
2009.02.16 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
IMGP0038450.jpg

すべては“Big Catch”を目指して!! 

今年からJBの大会に参加する選手は三人一組でチームを結成することになりました。
まわりの皆様も、着々とチームを結成してるようで、いろ~んなユニークなチームがあります。

当然わたしたちも「河口湖イースタンAの三人一組のチーム」を編成しなければなりません。
ただ“誰よりもチームで勝つ”というよりも、楽しく釣りをチームでしているという雰囲気を出したい。
・・・と勝手に個人的に思っているのですが、他のメンバーはどうなんでしょう?

720_1195006786_071111_134201160107.jpg060713_124503160107.jpg200807120007160.jpg

一足遅れながらも、“ ゼロ or ウイニング"の一発屋野郎のさかなや三人組が集結。
常に優勝狙いの「小出慎・長谷川勇・タカヒロ足立」の3人でチームを組むことにしました。

残念ながら、私個人の勝手なチーム戦力分析によれば、年間成績は馬軍に沈んだようです。
安定しない成績ながらも、優勝を目指して、夢追い人なバサーが河口湖でフィッシングします。
一応、みなさん、プロシリーズ優勝者なので、まあまあ釣りはうまいのですが(笑)


気負わず、リラックスモードで、かつ、全力で頑張ります!!
チーム名に関しては・・・ほぼ決まりかけていますが、後日発表いたしましょう♪


「河口湖釣り教室・ガイドフィッシングのご案内」をリニューアルオープン

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

冬季ガイド募集中♪2月は天候の様子をみながら、1名様限定で小規模ボートでご案内。
3月上旬は、暖かい時間限定(9時~15時)でバスボートでご案内。
3月中旬(13日頃より)は、温暖な天候を見計らって本格的オープニングを予定いたしております。


2009.02.15 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200902140001450.jpg

春本番の暖かさ

きのうの河口湖は、春一番で風が強く、大雨でした。
少し水も白く濁り気味で、ちょっと変化がありました。

さらに大きな変化は、2月とは思えない陽気で、観測史上最高の2月の気温。
本日、出航されたレンタルボートのお客様の話では、
表水温も上昇して、場所によっては10℃のエリアもありました。
全体的には、ボディーウォーター沿いは5℃前後。底の水は4度ぐらいだと思います。
ワンドの奥になると8℃前後と、かなり表面の水が温かくなっているのが特徴ですね。


この暖かさで、先週とは違い、かなりバスの姿を見ることができたようです。
越冬場所からフィーディング場所へと移動しているのがわかります。
暖かい気候が続き、バスも活性化してエサを食いだすとルアーにヒットする可能性大!!
ひょっとすると、ひょっとすると・・・・このまま暖かければ、シーズンインが早いかもしれません!?


 3月のガイドフィッシング募集開始いたしました♪

さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
2009.02.14 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最高気温14℃ ポカポカ日和

昨日の河口湖は異常に暖かく、最高気温は14℃まで上昇。
朝の激風も収まった状況では、かなり暖かくまるで春の陽気となりました。

只今の最低水温は、おそらく3.5℃といったところ。
一年で一番寒い時期で、水温も最低なのですが、気温が14度もあれば可能性を感じる。
暖かい日は、越冬エリアからバスが出て、動きが鈍いながらもフィーディングへ向かいます。
今年はシラウオが多い?というプチ情報も出回っているので、どうなんでしょう?
まだ、ちょっと湖へ出るが準備が出来ていませんが、これだけ暖かければOKでしょう!!

ウィンター戦略

河口湖の代表的な冬のスポットと言えば、寒さをプロテクト出来る場所。
底質が黒く、水温が上がりやすい溶岩帯エリア。暖かい湧き水です。

エリアを言えば、特に奥まって風裏で暖まりやすいワンドのシャロー。
漕艇場、丸栄ワンド、さかなやワンド、畳岩、ロイヤルなどが風の影響を受けにくくいい感じです。

溶岩質で暖まりやすいエリアは、鵜の島周辺、信号下など。
よく気温が高く、日光も降り注いで、ベタ凪の日には岩の上で日向ぼっこしているバスをみます。
ベイトが入ってくるタイミングや、付近をベイトが泳いでいればチャンス。
よ~く観察してバスにアプローチしてみましょう♪


ここ数週間で、大会の影響もあり釣り人はぼちぼち来ています。
湖岸道路に氷も無く、湖上も凍っていないので釣りはしやすいと思います。
寒さも釣果も厳しいが、釣れれば必ずデカイのが冬のチャンス到来!!


さて、今日は春一番が吹き荒れる予報です。
先日の強風注意報下での琵琶湖の事故もありますので、こういう日は出ないほうが無難でしょう。
冬季のフィッシングをする際にはくれぐれも気をつけて。


2009.02.13 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200902070015450.jpg

夜通し便・3目リレー シーバス・メバリング・カサゴテキサス

※今回のオフの週末は海釣行です。

時刻は、金曜日の深夜12時前。
既に時間は次の日の土曜日に変わろうとしていた東京湾マリーナにて、
金曜日仕事帰りの江戸前お蕎麦屋さん、釣り大好き海釣り制覇のしょうみ親子様と集合。

今回のお題は、「東京湾ナイト便・ロックフィッシュ地獄巡り」なのです。
そして、今回はシーバスチャータープレアデスではなく、
江戸前バサーの友人のチャーターWith高見船長にて、東京湾マリーナから出航。
    ※詳しい釣果情報はコチラ 加盟ガイドより

釣果情報を引用すると・・・
今日はシーバス&ロックFリレー便、ジュニア含め4名様で出船。
まずはシーバス、コンスタントな食いを見せ好スタート。
メバルは数匹しかし20cm~28cmと良型オンリー。
そしてお目当てのテキサスカサゴは序盤15cm位が目立ったが徐々にサイズアップし好調。
船中シーバスヒット27本 サイズ 30cm~55cm 根魚キャッチ51匹 サイズ15cm~29cm
ごじゅういっぴき・・・ってどんだけ~入れ食いなのですかっ!???


水銀灯の下のシーバスの群れ

日中ぼうぶおに吹いていた心配していた風も収まり、出航時にはいい感じの凪ぎの海上。
最初の作戦会議では、数は出ないけど巨大シーバス便、40前後の数釣りシーバス便、
メバリング・カサゴテキサスなど、4つの選択肢が与えられた。
どれもまずまずいいということなので、一同おまかせということで深夜の東京湾をひた走る。

最初のポイントは、水銀灯が眩しいシーバススポット。
エリアに着くや、すぐにボイルしている光景もあって、これは釣れそう♪
サイズは出なかったけど、かなりのシーバスが群れているようで、ミノーにコンスタントにヒット。

cf948215.jpgd1daa9d0.jpg08c69df3-s.jpg

今回「タカヒロ足立が東京湾に来ると釣れない」というジンクスも打ち破られ、私で簡単ヒット。
さらに、「風大明神・江戸前ばさーが来ると風ボウボウ」も打ち破られ、
穏やかな海上でのんびりとルアーフィッシングを釣りを楽しむことが出来る♪

この時、風がなかったり、なんて穏やかな湖上で釣りが出来るって幸せなことなんだと思う。
いつも、激荒れだったり、寒かったりしてかなりの過酷な状況で釣りをしているので今日はいい。


スポットライトの明暗をイメージしながら、シーバスがバイトしてくる層、
ルアーのスピード意識して釣りをすると、いつしか船中入れ食い状況、ますますヒートアップ!!
ひとしきり楽しんだ後で移動・・・次はメバリングにリレーです。

ちなみに、ヒットルアーは、メガバスエドニス、X-80、ビーフリーズなどなど9cm前後のミノー。
スローにただ巻きをしていると、気になったシーバスが非常に突っつく展開でした。

超繊細・メバリング

次のメバリングはベタ凪の風裏のバースまわりのエリア。
個人的にメバリングは超苦手で、軽いオモリを使って極スローな釣りは耐えられない。
スキッピングでメバルがいそうなピンポイントにキャストが決まるも、バイトはな~し。
江戸前バサーは、超得意なのがコンスタントにヒットして、いつしか1キャスト1ヒット。

ショウミ親子さんも、私もかなりの苦戦気味で全く釣れない状況の横で小出ワールド炸裂!!
いろいろなアドバイスを頂き、いつしかまわりではみんなポツポツとヒット!!サイズがデカイ!!
平均サイズは26cm前後で、時に30ぐらいの巨大メバルも混じる状況。

200902070006350.jpg

江戸前バサーは爆釣で、一同その釣れ方にはあぜん!!
競い合って、負けじと釣ろうと思いましたが大差なので、おとなしくアドバイスを頂きました。

ほん~~~っとうに釣りたぃ!!って感じで超集中してましたが、私にあたりは無く無常。
まわりはヒットしているのに、アタリはたまにあるのに、釣れません!!
最後に、「船中みんなヒットとはいかなかったけど、サイズはよかったですね~」って移動。
えぇー!!オレ釣ってないんですけど。時間が来たので次のリレーはカサゴテキサスです。。

2009.02.09 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901310003450.jpg

おとといは大雨、きのうは大風。今日も激荒れ。
天候が荒れている日には、屋内でじっくりする今シーズンへ向けての準備作業。
実際は、筋トレ、ルアー作製、ルアーチューン、読書です。

レシピ

料理にもレシピがあるように、ルアー作りにもレシピがあります。
または、ルアーの設計図と言ってもいいような感じがします。

よく釣れたルアーはそのままにして「なぜ釣れたか?」をよく考えてみる。
そのままお宝タックルボックスにしまっておくのもよし、さらに使い込んでみるのもよし。

お宝ボックスにしまわれた超一軍の「いわば歴戦のつわもの」のルアーは時を経て復活。
むしろ、リメイクという形で同じような形状をしたコピールアーとして複製される。


それがスモールラバージグ。
私の独断の釣れ筋の秘密の形を次々とコピーして大量作製。
ただし、平行作業でさらに釣れる形を追求していくことも忘れない。


料理でも同じように秘伝のタレとかソースとかレシピがあるが、
やはり苦労に苦労を重ねて編み出された結果が、一つのカタチとなって世に生まれる。
そして、生まれたカタチの原料や分量は必ず、ノートに記載されてレシピになっていると思う。

20090202121904.jpg

スモールラバージグも同じく、ベース本体はジグヘッド。
ナポリソースで言い換えれば、ベースはトマトソースなのでしょうか。

ベースのジグヘッドに多種多様なカラーリングのラバーやラバーの太さをチョイス、
時に、ラバーの太さやカラーを混合したタイプのスモールラバージグまで思いつきで作製。

全てはガイドの来てくれるお客様の為に!!
爆釣して頂く為にも、ルアーのスタンバイはしっかりと。
そして、私用で使う場合は、他を圧倒するような釣果を叩き出すルアーを作りたい。
それは、自分だけ釣れる必殺ルアー。シーズナルな実績を元に考えぬいた形がある。
さらに、カラーバリエーションなどを持たせて、人とは違う形でさらに釣果を伸ばしたいと思う!!

1058352751_23.jpg

話はそれるが、最近話題の「東大生の○○系シリーズ」のなかでもベストセラーの本。
レシピもそうだけど、キャンパスノートに書く。ノートに書くこと自体の意味があるそうです。

ビッグベイト改造着手

200901310004300.jpg

つづいて、ジョインテッドクロー改造にも着手しようと思っています。
ジョインテッドクローは、どノーマルでも釣れるS字系の終着駅のようなルアーですが、
さらなる改造を施すことによって、もっとパワーアップ出来るルアーなんじゃないかと思った。

ノートの下部分には数々の改造の為のアイデアが書いてあるが、シークレット。
先人達のいろいろな知恵と知識を生かした改造法が書いてあります。

20090202125637.jpg

アメリカのKVDのセクシーシャッドみたいに、カラーまでこだわってみるのもいいかも?
※改造の以前に、限定カラーのオイカワやギルが存在する。この時点でアドバンテージ?

200901150007.jpg

※写真は、フランスルアーのソルトカラー(涙) 淡水系のカラーだったら。

さらに、おもろい話で、江戸前から頂くアメリカのVTRをたまにみているんだけど、
アメリカの流行のビッグベイトシーンをテレビで実際に目の当たりにするのはやっぱり凄い!!
デッカイギル系ルアーやジョインテッドクローの3連結みたいなやつとか・・・
でも、実際はほとんど日本に売っていることは少なく、手に入れさえすれば・・・

ひょっとするとビッグバス連発!!
誰も使っていないルアーは、爆釣のロマンが待っているのかもしれませんね♪
2009.02.01 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析