200901310001450.jpg

ニジマス調査隊。

今日は、冬の寒空の下、ワカサギ調査隊として大荒れの中、出航。
先日のワカサギ爆釣情報を再確認する為の出航でしたが・・・結果は、ニジマス2ヒット!!
なんで、ワカサギ仕掛けでニジマスが釣れんねん!!っていうところでした。

ワカサギが回遊する定番スポットが河口湖には幾つかありますが、
あるエリアでは豊富に釣れているということは、絶対に全域でも食いが戻っているはず。
そんな期待を込めて、荒れた湖を魚探掛けしながら、仕掛けを投入しましたが、ノー感じ。

200901310002300.jpg

かわりに同船者には、ニジマスがスーパーヒット!!しかも2連発♪
ただ、3時を過ぎた夕暮れ時に、遠くに見つめていた桟橋付近でポツポツとヒットしてました。
今日は、夕方に地合がくるような釣りで、夕方に爆釣れ。日中はうんともすんとも言わない日。
そんな日もあってはいいのではないでしょうか?

ニジマスが付近で釣れたということは、必ずワカサギが居る。
それは、冬季はワカサギの天敵となるフィッシュイーターは、低水温化でも活発に動けるニジマス。

ワカサギとニジマスは必ず、同じエリアにいる可能性が高い。
さらに言えば、、、実はシラウオはワカサギに食べられている。
そんな驚愕の事実も聞くことが出来ました。つまり、湧水はベイトを集めるってやつですな!

もちろん、冬季越冬中でもエサを欲しがっているバスは・・・
シャローの越冬系か、ディープの越冬系。やってみてください!!!


200901310008.jpg

河口湖の1月2月の土日は冬花火イベントを開催中~♪
澄み切った冬空に花火を上げるとは・・・ロマンティックですね♪


スポンサーサイト
2009.01.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901300001450.jpg

今月のバサーは海外特集編♪

毎月、河口湖に届く一冊のバサー誌ですが今年の冬のバサーは海外記事が一杯。
これは「冬季には一度海外へ出掛けてみて、別の世界の釣りをしてみよう」ということなのか?

深くは読んではいないけど、実際にマイアミ、メキシコ、マレーシアなどの世界各国。
ゲームフィッシュの対象魚もフロリダバス、メキシコのバス、ピーコック、虹色のライギョ、
いろいろな楽しいルアーフィシングで釣れる魚が登場していて釣りのおもしろさを感じさせる。

200803300172300.jpg

実際、釣りだけってのもいいですが、釣りは半分。
もう半分は風景を楽しんだり、風土に触れてみたり、要は半分は遊んでみては!
そんな感じの記事がた~~~くさん出ているので写真を見るだけでも楽しくてしかたい。

200801060002300.jpg

逆に言えば、河口湖も外国の方から見れば、富士山が見えて、
日本の絶景のロケーションで釣りをするだから、絶対にいいはずだと思っています。
それでいて、ビッグサイズが狙える湖はそうそうないですよ。

200901300002350.jpg

●海外フィシングツアー・バッシンヘブン

ちなみに、海外記事が溢れる前から、元祖海外ツアー企画をしていた旅行会社さん。
円高の今のタイミングがかなりチャンス!?海外でバスプロショップで現地で買うとかなり安いはず

※私もお世話になりました。バスエージェント小松氏が丁寧に対応してくれます。
 パシフィコ横浜にも展示するそうです。DVD欲しーーー!!
2009.01.31 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901290003450.jpg

今日も黄昏時、ぶらっと河口湖旅に出ました。
ある噂で、河口湖のワカサギが爆釣という情報を耳にしたので、ぶらっと調査。
そのまま、隣の晩御飯的なノリでおいしそうなワカサギを目にすることが出来ました。

夕暮れの数釣りロマン

日没寸前の5時半。
まるで思いついたかのように、とあるワカサギが釣れている場所へ向かう・・・
ちょこっと見ただけですが、桟橋付近には10人ぐらいの人がまるでアジの防波堤釣りのように、
冬で寒いながらも、サビキ仕掛けでワカサギ釣りを堪能しているのが見えた。


日も暮れ、一人のおっちゃんに突撃インタビューしたところ、
「1時間あまりで80匹前後の釣果があった」という驚きの証言を得ることが出来た。
ワカサギを見せてもらうとサイズは10cm前後で抱卵状態で腹パンパンのワカサギだった。


再び釣れだした!!

個人的見解では、11月に非常によく釣れていたワカサギ。
これが、パタリと釣れなくなって、「もしかしていないのでは???」と囁かれていたが、
あれだけ群れをなしていたワカサギがいなくなるはずもなく、魚探にはしっかりと映像が映る。

ただ、卵を持つ時期は一時的に釣れなくなるという話があり、
まさに、12月~1月初旬にかけてはこの時期だったと確信できた。
そして、今、河口湖で起こっているワカサギ爆釣モード突入!!

朝から来ている人は、400匹ぐらい釣れるんじゃないの?
ありがたいコメントも頂き、今年のワカサギ禁猟までのワカサギ釣りと、
春先のワカサギの産卵接岸によるビッグバスラッシュも期待できそうです♪


※鵜の島周辺は、まだ爆釣モード未確定ですが、近いうちに偵察に行ってみようと思います。
 この河口湖釣りブログからますます目が離せない!!

 ちなみに、巨大ブラックバスも各エリアで頻繁に目撃されている。
 ただ、水温が低くじっとしているようで、動かないのが冬のバスの特徴。。。。

2009.01.29 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


ロマン!!

先日、今年のマイフィッシングテーマを公開しましたが、
今回私が考えていたのは、河口湖に来てくれるお客様にドキドキワクワクするようなスローガン。

今年の河口湖の釣りの雰囲気や釣れるバスのサイズやフィッシングスタイルを
言葉に表してお伝えする為には、どんな感じのフレーズが最もいいのだろうか?と考えていた。

いわゆる「ロマン・ドラマ・ファンタジー・ドリーム・ミラクル・メモリアル・」など、
一度は聞いたことのあるフレーズが並ぶが、一体今年の河口湖のフィッシングはどうなんだろう?

日本語で言えば、夢・希望・野望・目標・現実・真実・奇跡・非日常などいろいろな言葉が浮かぶ。
フィッシングと言えばおもしろいもので、このなかのワード全てが当てはまり、
大きいバスを狙うロマン、夕方の地合のドラマ、夢のサイズや奇跡的なランディング・・・
そして残るのは、いい釣りをした達成感と思い出。それはまるで非日常的なもの。

200807150001_01350.jpg

2008年 私が釣ってしまった夏の57cm。これは、まだまだ現実サイズ。
今年は夕暮れのミラクルドラマ・ドリームサイズのメモリアルに残るロマンは訪れるのか(笑)


というわけで・・・今年のフィッシングの雰囲気をフレーズで伝えるのにはなかなか難しいが、
限りなくビッグバスレイク化している河口湖なので、これを狙う以外はないと確信しています。

200808060004250.jpg

もちろん、夏休み、数釣りが出来るタイミングなどでは、満足のエンジョイフィッシングもしますが、
あくまで、オールシーズンは河口湖の大物狙いを絡めたフィシングにしようと思っています。

※ちょっと暑そうだけど、夏休みの一こま。実際、灼熱の熱さでした。


今年のテーマは、いろいろな意味含めた「ロマン」に決定!!
やはり釣りにはロマンがないと(笑)今年はロマン溢れる釣りをお届けします!!

200810030001400400.jpg

河口湖のロマンな風景。(トップの絵は本栖湖の夕景ですが。)
みなさんで、今年の夢を掴め!!ビッグキャッチ!!頑張りましょう!!

2009.01.29 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901230003450.jpg

  山梨県立
     富士湧水の里水族館


先日、ちょっと時間が空いたので、思いつきで山梨県立の淡水の水族館へお立ち寄り。
よく、河口湖から山中湖へ向かう途中の登り坂に「さかな公園」という看板をみることがある
と思いますが、さかな公園内にあるのが、山梨県の淡水の魚を集めた富士湧水の里水族館。

ちょっと前に、お知り合いのネットに「一度は行ってみたい水族館」と記されていたので、
ずっと気になっていた水族館へいよいよ行ってみることにしました。


さかな公園は、地名的には忍野にあり、ここは自衛隊の基地でもあり、戦車・軍服あたりまえ。
そんな、へんぴなとこですが、ハッキリ言って、冬季・平日の水族館は誰もいない貸切状態の様子。
巨大水槽から水辺の小動物までまんべんなく見ることもできます。もちろんバスもいます。
夏は夏で大盛況のようですが、やっぱりシーズンオフの平日ともなると厳しいようですね。

  ここの水族館の詳細は・・・ココから!!

二重回転水槽

200901230008450.jpg

中央メインの水槽には、巨大な虹鱒をはじめ、いろいろなマス系の魚が泳いでいる。
釣りゲームでしかみたことなかったような、カワマス、ブラウントラウト、イトウなどもいる。

200901230011300.jpg

立体的な作りで、ちょっとした工夫も凝らしていて、なかなか見ごたえのある巨大水槽。
なぜか、ところどころにチョウザメがいるのはなぜでしょうか?

200901230005240.jpg  200901230009240.jpg

一角にあるブラックバス&ブルーギル&ナマズの水槽。
ちょっとお洒落にアルミボートまで浮かべて展示してあったのには驚きました。

大きい水槽でブラックバスが泳いでましたね。こんな風景はアメリカのBBS以来。
国内ではポパイも水槽があったりしましたね。個人のお宅にあればちょっとした夢のアクアリウム。

シアターホール

映画館顔負けの施設が綺麗で、3面スクリーンのミニシアター。
渓流から淡水までいろんな魚をムービーにてマスコットキャラクターが解説。

バスフィッシングにおいて一番大切なのは、ベイトの動きなんですが、ミニシアターでは体色。
ベイトフィッシュの動きは水辺や水槽で見ることが出来るが、
季節の一瞬の婚姻食などを、ミニシアターの超拡大版で見るとなるほど~♪と思います。
繰り返し見ていると、ルアーカラーのチョイスの参考になるはず。ベイトの生態も含めて。

川の魚水槽

番外編ですが、渓流の綺麗な魚も多く展示されていました。
バスとはさほど関係はなさそうですが、きれいだし塩焼きにするとおいしそうでした。

200901230007240.jpg    200901230010240.jpg

全く誰もいなかった貸切の水族館でしたが、なかなか楽しめました♪
そして、印象に残ったのは、ニジマス=トラウトベイト。
ベイトフィッシュ=ジョインテッドクロー。
そんなわけで、ベイトを丸ごと食っている大きい魚に対しては、やっぱりそのまんまベイトルアー。
いろいろと今シーズンの対策とルアーの動きやカラーリングの参考になったのでした。
2009.01.27 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901230008450.jpg

今年のフィッシングテーマ

さて、毎年、やはり日本人というものは「今年の抱負とか目標」を公言するのが望ましいらしい。
首相大統領も、所信表明演説をするように、公約や政策を公開してみんなにわかって頂きたい。

今年の私のこだわるフィッシングスタイルは・・・・

       極めるビッグベイト!!

       強烈・スピナーベイト巻き巻き!!


極めるビッグベイトへの道。

(まずは、そろえる)

今の時代の世界を繋ぐインターネットサーフィン&ネットショッピングで、
リアルタイムで日本全国どこでもショップでも、世界各国いろいろなルアーも買える時代。
独自に発見した裏ルートによる、秘密ルアーを揃えつつシーズンに挑みたいと思います!!

(特大バスのプリスポーン)

そして、完全にルアーを揃えた後には、3月からのプリスポーンに入ります。
昨年の最大ビッグバスアベレージは、57cm。時に奇跡のロクマルも釣れていますが、
通常の河口湖の天井サイズは53cm~57cmといったとこでしょう。

このバスが一冬通り越して・・・さらにデッカクなると・・・夢と希望を抱いてフィッシング!!
いや、夢でも希望でもなく、目標と現実と捕らえると真実味が湧くのかもしれません!!
本当にあっという間のシーズンインなので、今からが準備のスパートです。

(一つのジャンルを極める大切さ)

去年は、すでにラバージグを極めた感がある一年でした。
それと同時に極めた瞬間の破壊力と一つの技を極める大切さを知った一年でした。
それは通常のラバージグの使い方を遥かに通り越した向こうの世界をちょっと見た気がする。

ビッグベイトにも同じような道が必ずあるはずで、通常のテクニックではなく、
さらに、ビッグベイトの特徴を生かした釣り方や、チューニングなどで技を完成させたいと思う。
ルアー本来の持つ動き+細かいチューニングなどがきっとキーになるに違いない!!

200901230009240.jpg

※ビッグトラウトベイト(笑)


季節限定感があるが、強烈なスピナーベイト!!

そして、去年の傾向ですが、秋の秋雨前線と同時に始まる、
季節限定のスピナーベイトパターンですが、もうちょっと突っ込んだテクニックを編み出します。

スピナーベイトは一見投げて巻くスタンダードな釣りなんですが、それではいけない。
全てスペシャルを目指して、一つ一つのビッグバス捕獲テクニックの完成を目指してやります!!
きっと、巻くスピードやカラーリングチョイスなど、極めた世界が必ずあるはず。

spinner bait

去年は、明らかなフロリダ系スーパービッグをお客様が掛けたがボートべりでジャンプ・・・
あのビッグバスハンター高校生も、鵜の島前でスーパービッグを掛けたが・・・ジャンプ・・・
幾度となく、55サイズがあと一歩で水揚げされるシーンを目の当たりにしました。
  ※写真は、去年晩秋にビッグバスハンターがクリスタルSで釣った47cm。これでも小さい。

サカナがサカナを食うパターンであるスピナーベイト。
バスが大きくなった昨今、間違いなくスピナーベイトは強烈な巻物になっている。


挑戦状

なぜ、挑戦してみようと思ったのか?なぜ、極めてみようと思ったのか?
今年のテーマを決定した、いろいろな要因があるが、まず2つ。

  夢のあるフィッシング。
  アメリカESPN・ビッグバスストライクシーン


私のまわりでは、いろいろなフィッシングスタイルの方々がいるが、特に強烈な人もいる。
それは、常に限りなく大きいビッグバスだけを狙う巨大バスハンター的存在な人。

例えて言えば、東京中日スポーツに乗るぐらいの夢の記録サイズだけを求めて。
そんなビッグバスが河口湖には確実に存在する。そのバスは必ず大きいエサを食っている。
だから、ビッグバス=ビッグベイトが明らかに効果的であると思われる。


それは、まるで「宝くじをかう人」のように、大きな夢を持ち続けている。


今まで宝くじを買う人の気持ちはわからなかったが、そこには大きな夢と希望があった。



ただ毎回河口湖の雰囲気を同じように味わって釣りをするのもいいですが、
宝くじを買うような夢と希望を持って釣りをすればきっと世界が変わるはず。
いや、やはりそれは「目標と現実」に違いない日が今シーズンあると確信している。


そして、アメリカスポーツチャンネルESPNの映像の影響も強い


最近のアメリカでもビッグベイトが流行で「ビッグバスは大きいルアーにストライクする」は共通。
アメリカの映像ではアフタースポーンの時期でさえ、ビッグベイトでスーパービッグが釣れていた。

この映像を見るだけで・・・いままでラバージグで攻めていたバスも、
泳がせているビッグベイト=空中戦ビッグベイトで捕獲できるような気がしてなりません。
ラバージグ以上の確率は低いがビッグを引く確立が高くなるフィッシングはさらに魅力的。
もちろん、濁った状況でのダブルウィローのスピナーベイトも小魚の大群!!



そんなわけで、今年の目標のフィッシングテーマは、ビッグベイト&スピナーベイト。
さらなる奇跡のフィッシングをお客様にお魅せしたいと思っております。
さぁ、ハイシーズンが待ち遠しい!!

2009.01.25 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901240002_01450.jpg

凍る℃寒さ

本日は、久々に河口湖にやってきたビッグバスハンターと午後よりフィッシング。
昨年末、激荒れ極寒の中、記録的ビッグバスを釣ったので、今日も強気に投げ倒し。
ただ、状況は違い、前回12月は水温10℃前後だが、今日は5℃前後といったところ。

おまけに、夕方頃になると、ガイドが凍る、ボートデッキが凍る、人間凍る・・・
吹き付ける風と、入ってきた水しぶきは、凍る始末・・・飛んだ帽子もカピカピ。。。
いよいよ、こんな季節になってきたか!!って感じの1月末の河口湖でした。

シャロー越冬系パターン突撃!!

ビッグバスハンター少年に聞くと、前回はあちらこちらにビッグバスがいたという。
ただ、季節も進み、水温もかなり下がったので、午前中はあまりバスがいなかったようです。
お天気は、午後より寒波到来で雪もちらほら舞い散るような曇り空・・・

真冬の冷え込みだったので、パターンを一変してウインターパターンへシフト。
シャロー越冬系のエリアに行くと・・・ビッグバスがごっそり10本ぐらいでスクーリング。
ただ、サイズは40upが多く、40後半から50ちょっとまでがワンサカ越冬している。
ビッグベイトを投げつつ反応を見ていましたが、活性があがらず、再び移動・・・

200901240001_01270.jpg

今度は、湧き水系シャローへ向かい、鯉とバスが共棲して越冬しているエリアへ。
ただ、冬の減水で湧水エリアの水深が低く、おまけに濁って微妙な状況。

生命感もなく、最後の夕方はさかなやワンドの溶岩帯エリアへGo!!
しばらくハイスピードシンキングチューン&○○系チューンビッグベイトを、
ビッグバスハンター少年が投げていたが、ノーヒット。鵜の島前へ行くもノーヒット。
本日は、ビッグバスのスクーリングは見ることが出来たが終了となりました。

真冬の時期のパターンとヒットルアー

今の時期、溶岩帯プロテクトエリアの泥フラットディープパターン、
溶岩帯ディープのエビハゼパターン、シャロー越冬系・湧水系パターン、
さかなやワンド内中層のメタルジグ&テールスピンパターンといろいろあります。
地合も絡まないとなかなか釣れず、難しい冬の時期ですが、釣れれば大きいのも特徴。

冬でも氷点下前後で暖かい状況ならばチャンスありなので、
どうしても出航してみたい方は、ぜひ、釣りに来てみてはいかがでしょう???

imgf80d4a6azik7zj.jpg

冬季オススメルアーは、ディープはスモールラバージグ&ポーク。
シャローは、ビッグベイト(ジョインテッドクローなど)、ラバージグ&ビッグダディ。
ディープ中層は、テールスピンジグ(インザベイトバス)メタルジグ(ホプキンス系)
バスが大型化しているので、体力ある大型バスは近年釣りやすくなっているのかもしれませんネ♪

   ※確かに、助さんは2年ぐらい前にバスを釣った!!
2009.01.24 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901220002.jpg

1月革新

いよいよ動き出した地球・2009年スタート!!
世界情勢、日本経済、新しい技術の革新、ルアーの新開発、そしてバスの鼓動。
今年の1月は「動き出した」って感じがします。

個人的レベルで言えば、JBプロシリーズのゼッケンが届いたり、
河口湖のチャプターの役員をすることになったり、湖上の釣り以外にもすることがあります。
釣りをする上での考えと言えば・・・今年の新しい武器を考えなければなりません。
これがハッキリ言って、一番おもしろくもつらく一つ一つの細かい作業なのです。

バスボートの飲み物は、
         レギュラーです。


余談ですが、世界レベルで言えば、下がりきった下げ止まりの原油価格もある国の侵略により、
再び徐々に高騰(1月中旬現在)して、この先のハイシーズンにどうなるのかわからない。
アメリカでも大統領の選出により、経済の復興と自動車産業はどうなるのでしょうか?
でも、やはり「Yes,We Can」ですよね。皆で力を合わせて躍進したいと思います。
本音は、原油高と自動車不安だけは、なんとか解決していただきたいものですね。

トーナメントシャツ 勝負服

その届いたゼッケンですが、トーナメントシャツに縫い付ける刺繍などの作業もしていました。
トーナメントシャツには、刺繍、プリント、おおまかに2つの広告表示方法があります。

昨年から、「おやっ!?」っと見たことある人もいると思いますが、さかなやTシャツがあります。
さかなやボートが主張する「バスの絵をプリントしたTシャツ」を素材屋に作ってもらいました。
ぜひ、ハイシーズンになれば、見ることが出来ますので・・・

200901230013.jpg

ちなみに、今年のプロアマシリーズのゼッケンは、ナンバー2.
昨年のシリーズ3戦は、【賞金圏外→1位→1位→総合4位】でした。
初戦が惨敗だったので、次戦と3戦は玉砕覚悟でギャンブルゲームでたのが吉でした。
だが、これはすでに遠い昔の話。今年も気持ちを完全に入れ替えてゲームが出来たらと思う。

寒い冬ですが、気持ちはまだまだHot!!
いろいろと動きまくって、時に湖上に出ている今日この頃です。


明日、明後日は、お知り合いが河口湖でフィッシング。
今年は平均気温が高いのか?雪が降ってもすぐ溶けて湖上にボートが出せそうです。
ビッグバス釣果に・・・期待♪
2009.01.23 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901210003450.jpg

いくぞっ!!冬の河口湖出撃♪

今日のスタートは、早朝からお知り合いのラジコン飛行機が墜落からはじまった。
ちょっと遅れて9時半にシッコゴ公園裏に集合。暖かかったので速攻準備で出撃しました。
そして河口湖は夕方から雪予報ということでしたが、日中の気温は暖かかった。


寒さを体感、耐寒。

本日のテーマは、ウインターバスフィッシングの湖上偵察。
今年からのテーマだった「極めるビッグベイトゲーム」のルアーの動きをチェックしました。
実は最近、いろいろなルートでルアーを収集、改造を試みたり、空想にふけっています。

本日の出航時10時の体感気温は暖かく、やはり雪の降る日は冬でもまずまず。
それでも、やっぱり極寒地なので風が吹くと寒く、厚手の防寒着を着ての出航。

本日の「寒さレベルは1.」と確定しました。最高レベル5まで。

まだまだ暖かい冬の感じで、過去の南極観測帯バリの、
湖上が凍って流氷だらけの、氷を砕いてボートで突進!!のようなバリバリバリューはなく、
足下も心まで冷えるような冷たさは無く、まだまだイケルぞっ!!!

200802030001_02.jpg

ここまで来るとヤバイ!! 昨年、2008年2月の模様。
これが、寒さMAXレベル5だとすると、今日はかなり暖かい気候なのです。


冬の河口湖の水中

冬になると、水の比重の関係なのか、河口湖はクリアウォーターになる傾向がある。
水中の浮遊物が消えて、底に沈殿する為か、透き通っているが生命感がない水のよう。
本日の最大透明度は4mぐらいで、底が丸見えでサカナはほとんどいない状況。
さらに、気温は低いがだんだんと減水傾向というのが冬の湖の特徴。



ウインターバスフィッシングパターンとしては、超ディープの越冬系、ひなたぼっこ系、
ブレイク回遊系などなどいろいろなタイプのバスがいるが、今回の狙いはサイトフィッシング。
暖かくなった溶岩帯の上に乗っかっているひなたぼっこしているバスを確認して、
まわりのベイトにあわせたルアーを投入して、反応を確認する釣りにしました。


本日の結果は、バス発見1本、鯉一匹でした。
例年通りにバスがひなたぼっこしているエリアは、まわりにベイトがいないのか?
日が差してくるタイミングや、ウィードの少なさなのか、バスはいませんでした。
これは、まだディープが暖かいような感じで、本当にディープが冷え切っていない限り、
デカバスはシャローにいないと思われるような感じの今日の湖の状況でした。


湖上のルアーチェック

さて、別テーマとして、ビッグベイトの動きを確認してみました。
ニジマス系ビッグベイト、オイカワ系ビッグベイト、ギル系ビッグベイト。
各種ルアーが揃って、まんまベイト釣方により、デカバスをだまして釣りたいですね♪

200901210001.jpg

ちなみに、ルアー名や裏ルートは非公開。
私のタックルボックスを見に来たガイドのお客様だけに公表しよう。


※冬季ガイドもはじめました。
さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!




追記:そんなこんなで暖かかった河口湖も、夜にはいい降りの雪になりました。
  土曜日までは、ちょっと路面もヤバそうなので、富士五湖方面へお越しの人はお気をつけて。
2009.01.21 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901100006450.jpg

東京湾ジギング・シーパラダイス

さあ、待ちに待った巨大シーバス遠征ロング便の出航となりました。
今回もプレアデス号にて、ビッグバスハンター、パパ、タカヒロ足立の3人で出航。
  ※都合により、ブリトップに出航中の江戸前バサーは、本日欠席です。

ちょうど一年前も、90up、その他75upが炸裂した時期なので大きな期待を抱いたのですが、
あいにくの風で、千葉方面への遠征はならず、アクアライン・風の塔付近での釣りになりました。


本来ならば狙うは、巨大シーバス90up!!
はるばる千葉遠征での、ビッグミノーイングで怪獣捕獲!!!


急遽、大風の為、予定変更で風裏で冬のメタルジギング数釣り!!
冬の海の底を低地回遊するシーバスを根こそぎ釣るメタルジギングになりました。

200901100010350.jpg

朝から冬定番のスポットへ直行便。
モーニングバイトでトップから中層までを攻めてみるが、反応が悪く、次第にボトム付近の釣り。
やっぱり、ディープゾーンは炸裂で30cm~45cmぐらいまでがコンスタントにヒット!!

メタルジグがフォーリングしていく一瞬のかっさらうアタリに翻弄されながらも、
なんとか3割バッター並でフッキングに持ちこんでキャッチしていく。
かなり釣れる釣りですが、サイズが読めず、釣れど釣れど35アベレージで伸びない。

偶然にも、クロソイを釣り上げた際に、テーブルロックシャイナーを吐いた。(笑)
いや東京湾では「サッパ」と呼ばれる体高があるベイトフィッシュ。タナゴみたい。

200901100009350.jpg

前回は、メタルジグ、インチク、タイラバも駆使しての撃沈だったが、今回は汚名返上!!
ぐぐぐぐぐ~っと重くなる引きでは、まずまずの60upをGet♪

途中、根掛かりがあったり、ベイトを吐き出したり、
船長の魚探をちょこっと見たりして、ようやくストロングパターンらしきものが見えた瞬間。

シーバスジギングは一見、小型が多いように見えるが、時たま90cmクラスも揚がる釣り。
一瞬のタイミングと、高速リフト&フォール。打つべきスポットを打ってスーパーヒット!!
明らかに、今までの引きとは違い、デカイッ!!!やった!!

200901150006.jpg  ガン吉

そう思ったのもつかの間。一瞬にしてラインブレイクで意気消沈。
ガン吉と共に、ビッグシーバスは海中へ姿を消した。


今回のパターンは、ビッグシーバスが回遊してくる根があるポイントを攻める。
サッパのようなベイトをディープの底で食べているので、ヒラヒラと落ちるメタルジグ(ガン吉)を
底まで落として、高速リフト&フォール&ジャークを繰り返すと、時たまビッグバイト!!
中層では、小型30cmぐらいが多く、根のある底の部分ではビッグシーバスの気配でした。

再び暴風  早期撤収

沢山釣った後は、風も凪いで来て遠征!?
そんな雰囲気の船中でしたが、堀江船長判断でちょっと湾内で様子見のフィッシング。
観天望気で遠くの黒い雲が気になってしかたがない。これが大風の発生原因。

200901100013300.jpg

すると、突然、大風になり、あっ!という間に海上激荒れ。
船を走行、釣りをするところではなくなり、予定時間を繰り上げて早期終了となりました。

20090110112611155.jpg20090110144456160.jpg20090109164257160.jpg

その後は、ジョナッって、室内釣堀きんちゃんとオールドタックル東京サンライズをまわって。

20090113105842.jpg


いやー、翌々日(月曜日)に行った、巨大シーバス遠征便は爆ったようです(涙)
プレアデス号(ビッグバスハンター、パパ、今回欠席した江戸前ばさー)3人は大物釣り。
いつの間にか、トップページが江戸前ばさーが登場してました。

200901150007.jpg

超気になっていたソルト系S字もかなり効果的だったようです。
私のタックルボックスには、フランスの好敵手・ゼビル・マジックスイマー・ソルトも入ってました。


新年明けてからの3連休。会社のカレンダーでは、金土日月と4日間釣りをした人もいるでしょう。
みなさんのお正月の休日はいかがだったでしょうか?初釣りもいい感じでしたか!?
また、次回、不定期で更新します♪
2009.01.14 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200901090005450.jpg

日本寒波到来

今日は、お昼からシーバス乗合船・午後便で江戸川区すぐそばのスズヤから出航予定も・・・
夜中の急な冷え込みと、寒波到来で付近は強風、みぞれ、低気温の過酷な都会環境。

さらに、海上へ出れば、ダダ荒れ、極寒、どっぱーんは免れない。。。
そんな暗いダークなイメージということで、急遽、朝から川崎の管理釣り場へ修行となりました。

Fish on !! 王禅寺

今回の釣り場は「フィッシュオン王禅寺」
同行したのは、ビッグバスハンターでしたが、現地でも上州屋の店員さんとも会う偶然。
いやー、金曜の平日の朝からと言い、みなさん、釣りが好きなんですね~♪

200901090002260.jpg

さて、ここ王禅寺は過去に長谷川氏と一度行ったことがある管理釣り場。
まずまずどういう釣り場なのか覚えているので、ロッジでフィッシングチケットを購入。

低気温で雨でかなり寒かったので完全防寒防水対策のスーツを着て、いざキャスティング。
「おやっ!?みたことあるような車とみたことあるような人が・・・」
そう、鵜の島前のシッコゴ公園開催の奥河口湖チャプターでもおなじみの初澤さん。
いつかの奥チャプでは年間総合優勝も果たした、つわものの上州屋の店員さん。

小雨交じりで超ー寒い状況でも、ロッドを三本立ててもくもくと釣っていました。
小話交じりで状況を聞くと、
「ふむふむ、最近は頻繁に放流があるようで、ずーーーーと釣れ続いているそうだ」

小型ながら釣れる管理釣り場

同行したビッグバスハンターも、横目で着々と虹鱒をキャッチ。
するとまさに入れ食い状況で立て続けにキャッチ。確立としては、3キャスト1キャッチのお祭り♪
でもやっぱり、ニジマスの特徴としてルアーに飽きるとヒットは落ち着き、再びローテーション。
なんだかんだ言って、よく釣れる管理釣り場です。王禅寺は。

200901090004300.jpg

そんなこんなで、私もリラックスしながら釣り続けるも、やはり寒さが身に染みる。
冬の海上並みの防寒対策でしたが、いかんせん雨が気になって手先が震える始末。
最強のタイタニュームグローブもちょっとずつ効果を失って、極寒の管理釣り場の釣行。
やっぱりニジマスがヒットしてくると楽しいけど、サイズは30cm前後。
3時間ほどして、管理釣り場を堪能した後は・・・次の管理釣り場にはしご!!
したかったけど、明日に備えて終了しました。

200901090001300.jpg

寒くても黙々と釣り続ける初澤さんには恐れ入りました!!
やっぱり釣り場では釣り人と会うんです。釣り好き同士集まる場所があるんですね♪


2009.01.13 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


シーパラ・ドルフィン

ちょうど昨年の年末、八景島シーパラダイスへ都合で行ってました。
みなさんは、今回の年末年始に「あっ!!」2008年中にコレだけはしたかった。
などなど、今年に持ち越し・・・溜まってしまったお仕事はありませんか?

私は、夏休みの宿題が31日ギリギリになっても終わらず、夏休み明けになってしまった気分。
2009年、年明け早々、いろいろなご相談を受けまして、お客様対応の嵐でございました。


新年・次なる目標へ気持ちもリセット

次なる目標へ向けて、挑戦するためにも、気持ちをリセットしてスタート。
まずは、年末年始に出来なかった車のクリーニングをはじめて、
全てをまっさらにして、なんにも積み込んでいない、時間の巻き戻しと共に、2009再スタート。
気持ちも、車の装備も、積み込むべき道具も入れ替えて、今から全力ダッシュ!!

200812060018320.jpg

そして、週末は海へ(笑)


春のバスフィッシングへ向けて

さて、一足先に、楽天ブログに関しても、昨年から時々お問い合わせがあったエレキの件の記事。
「今年から本格的に、エレキをはじめてみよう!!」と挑戦されるお客様に対して、

200901060024.jpg


少しでも参考になればと思い、私が思いつく限りのスタンダードでノンストレスなセッティング公開。
突き詰めていけば、人それぞれで、もっと早いのが欲しかったり、スムーズなのが欲しかったり、
いろいろですが、まずは、とにかくボートを出してやってみよう!!ってな人の後押しになればと!


↓一足先に、エレキの記事を更新↓
タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!


そして、さらにさらに、まだ、発表していない今年の目標ですが、
一つのテーマは「極める!ビッグベイト」、「極める!スピナーベイト」を掲げて河口湖に挑戦。


まだまだ書きたいことは山ほどありますが、今回はこのへんで。
次回は・・・いつになるのかっ!!!
2009.01.06 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200801060002fuji.jpg

あけましておめでとうございます。

今年も、全力で頑張ります!!
どうぞ、楽しい河口湖のフィッシングをよろしく!!
2009.01.06 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析