200811070009.jpg


今日は、平日の紅葉真最中、秋の遅出出航8時半よりスタートしました。
連日、50サイズがヒットする、いい日もあれば、バッドコンディションの日もあり、
日々の活性の変化に戸惑いながらも、朝の冷え込みと、水の濁り具合を判断して、
臨機応変に、自然に応えながらお客様案内をいたしました。

午前中は、攻めのパワーフィッシングで、
スピナーベイト、ラバージグなどでウィード&ディープを直撃殺法!!
朝の冷え込みのターンオーバーの濁りの影響で、まだ食いが渋いのか!?
臨機応変にいろいろなスタイルの釣りを試みるもノーバイト。


午後からは、サカナに触れる為に、フィネスフィッシングの登場。
ややボリュームを抑え、スローフィッシング、リアクションフィッシングで、
ウィードエリア、湧き水エリアなどでポツポツヒット。

ビッグワンは出ずに、まずまずのネイティブがヒット。
さらに、秋に実績のあるエリアをまわり、完全にラバージグ系へ
釣り方をシフトして釣りを展開するも、状況は依然として微妙な感じ。

一瞬、魚探画像に変化があったり、なかったりと・・・
おさかなさんマークを見る限り、デカイバスはいるはずだけど!
もう少し、活性が上々になって欲しい今日この頃でした。
スポンサーサイト
2008.10.30 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081022151353.jpg

楽しく、午前中のフィッシング♪

今日は、朝から同船釣り教室で出航しました。
お客様のご要望は、ビッグフィッシュを釣りたいということで秋の大物釣りを展開。
朝はさらに冷え込み、初霜も記録して連日3℃前後の寒さが早朝を襲う。


朝一は、鵜の島周りのディープからシャローをチェックしながらフィッシング。
前日日曜日にビッグバスハンター高校生が夕方にブリブリをヒットしたことから期待。

だが、急な冷え込みで第3のターンオーバー、激濁り状況で、
シャローのウィードにベイトフィッシュが入り込んでいるが、全くもってのノー感じ
ならば、湧水系ウィードエリアもどうかというと、ベイトの回遊画像も・・微妙。

シャローウィードを打ちまくり

水温18℃台で、沖のバスがシャローのインサイド側に入って来るパターンを
展開する為に、ウィードベルトのエリアに移動するも、濁りかキツク生命感が・・・

そのまま、秋の有望スポットをタイミングを考えながら、
風を読んで、天候を呼んで、雲模様、空を見ながら、いつ出るのか?いつ出るのか?

ビッグフィッシュ専用とも呼べるルアーをキャストし続けましたが、
全域の濁りはかなり状況を悪くさせ、ノーバイトの激渋に終わりました。

おとといの状況はどこへ行ったのか?
シャローもディープもまるで生命感がなく、完全制圧された午前中ガイドでした。
2008.10.27 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081022151353.jpg

先日、関東Cブロック決勝大会への最後の出場切符を掛けての戦いをアップ。
河口湖開催の前哨戦、ヒューマンチャプターに参加してきました。

本年度はお客様全力案内をモットーに、大会は河口湖プロシリーズをメインに致しました。
チャプター参戦はあまりなかったのですが、関東一円のチャプターの猛者が集合。
最終決戦場が河口湖ということになり、急遽、参戦権利を求めての出場となりました。

20081025181146.jpg

連日連日の雨も止み、曇り空でまずまずのスタートとなりました。
河口湖のロコアングラー、バスボート軍団、NBCクラシックウィナー、
ビッグバスハンター高校生などの役者が揃ってのスタート。

スタートダッシュで横一線

目標プランは「安全策で完全優勝」を心に掲げ、
バッグリミット5匹を揃えにショアラインを流す作戦へ。

ウィードパッチの激打ち作戦をするも、前日のタックルにハプニングがあり、
バラシ&フッキングミスを連発で、リズムが×××。。。

横では入れ食いのように、ポンポンと黄色い蜘蛛軍団員がHit!!
そして、アタリが止まり・・・中だるみと思われたが、横のローボートエレキに激Hit!!!

「あれ、デカイんじゃねぇ!?」
二人で顔を合わせる、バスボート同士。。。
ゴゴゴゴゴゴーーーーと強烈に引っ張られるも、どかーーーーんと無事ネットイン。

バス大暴れ、同短ブリブリ系!!
3キロフィッシュの衝撃の水揚げ。。。


このままでは、目指せ完全優勝がヤバイので、10時頃からランガンツアー。
秋の河口湖は、7時台に釣れる場所、10時ぐらいにバスがまわってくる場所、
夕方に熱くなるスポットなど、ビッグフィッシュが出没するスポットを楽しくまわる。

期待していた、○○系ブレイクは不発。
ワカサギ系ディープも不発。モロコパターンも不発。
ヤバイ!

大自然の河口湖が難題を投げかけてくれているようで、
今回の大会の試練は私に「臨機応変」を伝えてくれたのだと思う。

素直にシャローウォーターへとボートを進め、
今まで秋に釣れていない「全く白紙のエリアへ」向かうことにした。
普段では、やらないような場所ですが、魚が移動してどこまでついていけるのか!?

シャローの様子を見ながら、キャストし始めて数投後・・・
突然、ラインが「キュイーーーン」と横に走り、イナズマのようなアタリ!!!
わけもわからぬままのフッキング、サイズがわからず、ウィードの束ごと引っこ抜く勢い。

20081025181249.jpg


ランディングネットを持つことなく、
一気に引き寄せてきて、ガッチリ掴んだのは50up!!
そして、ライブウェル目測2500g・・・

ロケットスタートは出遅れてしまったが、いよいよエンジン全開!!
そのまま、バッグリミットを揃えて、圧倒的ウエイトで乗り切ろうと思いましたが、
25cmの壁が遥かに高く、急ブレーキで失速で終了。
リミットメイクならずで、さらなる「臨機応変」が足りなかった一日でした。

朝一見てしまったビッグフィッシュ・・・
その圧倒されたビッグフィッシュを追い抜こうと思い、湖中を走り回ったけど、
まだまだ足りないものや、立ちはだかる壁が見えた。

あと3本は追加できる。
高確率のビッグフィッシュパターン捕獲率はさらに精度を高めUPしましたが、
ビッグ単発、壁の向こうの5本のバッグリミットがちょっと遠かった一日でした。


表彰式では、1位~4位までが横一線の順位がそのままがおもしろかったですね。
今回は、50up2キロフィッシュを含む、2本で3位入賞。
バッグリミットを揃えれば、完全優勝でしたが、25cm一匹釣るのも難易度は同じ。


秋のビッグフィッシュは気まぐれですが、状況がよければスーパーHitします。
合言葉はラバージグ、スピナーベート、状況好転を願って高確率でデカバスGetしよう♪
2008.10.25 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081020080026480.jpg

景色も綺麗、だんだんと活性も上々。

だんだんと山々が色づき始めた今日この頃の山梨。
お天気の日に見える富士山は、空模様で時間ごとに風景を変え、
鏡の湖面の逆さ富士、夕景に映える赤富士は、感動するほどに美しい。

秋のバスフィッシングも、進行中で、最近は第二のターンオーバーの影響もあり、
なかなか難しい状況となっていましたが、濁りの入りはじめから、2~3日経過した今、
状況変化になれたバスが落ち着いて、だんだんと食いが戻ってきた感があります。

最近の近況

只今の水温は、19度前後。
まだまだバスにとって適水温であり、通常なら過ごしやすいはずですが、
朝夕の冷え込みで突発的な濁りのある日は、食い渋る日があります。
ただ、食い出せば、冬に向かっての荒食いなので、いい感じにアタリが出る日もあります!!

最近の近況、秋のパターンとしては、
モロコパターン、オイカワパターン、ワカサギパターン、ハゼパターン、
ほんの時々、シラウオシャローレアパターンもあったりなかったりします。

バスが適水温で、湖中に散っている状況なので、
スピナーベイト、クランクベイト、ビッグベイト、ドラッギング、スモールラバージグ・・・
幅広いルアーでやリグで攻めることの出来るのも秋の特徴です。


スピナベ、クランクを用意して出撃せよっ!!

クランクベイト、スピナーベイトは、モロコパターンと連動していて、
ウィードや湧水を絡めた、秋の巻物パターンフィッシングは、
かなりおもしろい、まさしくバスフィッシングの醍醐味のハードルアーゲームです。
オイカワパターンは、ビッグベイト、ワカサギはドラッギングなど・・・参考までに。

これから、水温が18℃~14℃までの間は、まだまだ巻き物もOK!!
なので、各種スピナーベイト、クランクベイトなどもお忘れなく。

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

特に、3/8、1/2、3/4のスピナーベイト+フロロ10ldのセッティングがぐ~♪
(Dゾーン、ドラゴンプリズマ、クリスタルSなど、MHクラスが実はウィードを切ったり出来る)

200810210002.jpg

ビッグフィッシュを選んで釣るなら、断然ダブルウィロータイプで、
ウィローリーフの番手が大きいほどシルエットが大きく、ビッグバス向けです。
細かいウエイト調節、ブレードの光り方、カラーリングなどでも差が出ます。

ちょっとした変化、リアルタイムなルアーチェンジこそタイミング次第というもので、
来るべきチャンスをものに出来るかどうかが鍵です。ガイド時はもちろんレクチャーいたします。



クランクベイトは、1m~5mダイバー。
プラスアルファ、6m以上の潜行深度を誇るシンキングクランクは、
ドラッギング用としてもっていたら、ディープパターンで活躍出来て便利です。

200810210004.jpg

クランクベイトも、気圧の関係、バスの浮き具合で潜行深度をリアルタイムに調整。
(イマカツクランク、ハイドアップ、マッドペッパーマグナム、TDドラッガーなどオススメ)
色は、チャート、金黒、ゴースト系、リアルフィニッシュ系まで、
バスの活性、光量、時間帯などを考慮してカラーチョイスすればきっと!!

河口湖のバスのアベレージはだんだんと上がってきているので、どうせ狙うならビッグワン。
オススメは、マッドペッパーマグナムクラスの大きめクランクがいい感じです。


さあ、クランク・スピナベをぶっとばす為に、河口湖の釣りに出掛けよう!!
河口湖釣り教室、ガイドフィッシングでは、タックルセッティングから、キャスト方法、狙うべき秋のポイントなど
実践を踏まえて、河口湖スタイルのクランキングやスピナーベイティングをお教えします。

10月、まだ空きがございます。ぜひ、この機会にお問い合わせ下さいませ♪
さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド
2008.10.20 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
本日は、快晴の絶景の富士山の河口湖に一日釣り案内コースで出航。
前半は、気持ちのいい快晴でお客様もうとうとでしたが、後半はやや風が出ました。

秋の巻物に挑戦!!

本日のお客様は、巻物をメインにリクエストで釣りを展開。
秋と言えば、適水温でバスが散って巻物の効果が出始めます。
スピナーベイト・クランクベイト・トップウォーターなどを打って巻いて走って!!!

パターン1. モロッコバス

高気圧の張り出し、快晴ベタ凪、ターン期の難しい状況でしたが、
朝一は、最近好調のモロッコパターン(湧き水+ウィード+モロコ)を実行。

シャローに群れているモロコと、バスが一時的にフィーディングで回遊する場所を、
ボリュームのあるダブルウィローのスピナーベートでデカバス狙い。
並行してディープクランクも投げていましたが、今回はクランクベイトが有効!?

水深500cmダイバー(IK500RZ)にネイティブの中型35cmぐらいがヒット。
この後が続かず、このクランクバスも水面でバレてしまい、ボートは大橋方面へ疾走。


パターン2.オイカワバス

次は、お客様ご持参のジョイクロ大作戦なのだが、
例年だと、湖が適水温になり、バスがウィードのインサイド側についている状況で、
オイカワパターンでオイカワが回遊している場所でジョイクロが有効。

今回は、投げつつもシャローの様子を見ていたが、
やる気のないデカバスと、小型のエビ系スクーリングが多く、不発。
大橋橋脚で、スモールラバージグを投げていた奥様にヒットするもバレテしまう。
全ては、秋晴れのせい!?きもちよ~く、フォーリングがキモのようです。



午後から、シャローのトップウォーターパターン、
ディープエリアもちょって様子がてら攻めてみましたが、ターンの影響が濃いのか!?
日替わりパターンで、ベイトの浮き具合も微妙でバスの映像も今日はノーノーノー。
たぶん、ボトム付近でじっとしているのが想像出来ます。
低気圧接近、ベイトの回遊次第でフィーバーって感じの予感はします。


そして、夕暮れラストチャンス!!
4時前に、いかにもおいしそうなエリアでビッグバス炸裂ならず!!

最後の最後に、やはり締めもスピナーベイト巻き巻き大作戦。
モロッコパターン、実績のエリアに行き、なんとかなんとか終了間際にHit!!
中型ながら、スピナーベートで仕留めた執念の一匹になりました。


やはり、高気圧だとなかなか難しい秋の河口湖。
クランクベイト1バラシ、スピナーベイト2バイト、1キャッチ、スモールラバージグ1バラシ、

なかなかキツイ展開でしたが、曇りや雨の高活性の日は状況次第では大型がHit!!
デカバス狙いには、ダブルウィロー、大きめサイズのクランクベイトのご用意を♪
2008.10.17 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081015140725
すっかり日本の秋っぽくなり、湖畔にはコスモスやススキ。
そして、空がより広く高く、雲の流れも綺麗。

秋晴れの日は、今まさに、
美しい日本の絶景、富士山を見ることが出来ます。

空の青さ、雲の流れ方、頂上の冠雪のバランスが相まって、
タイミング次第では、すごく感動させられる風景をみることが出来る。

釣りに観光に、秋の河口湖を楽しむなら、今でしょう♪
2008.10.15 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081015135601


最近、これと言った河口湖情報がないのですが、
とりあえずケータイカメラに溜まった河口湖の画像を
ちょこっとずつアップします♪

今回は、最近のワカサギ釣りについて。
今年の河口湖ワカサギはまずまず好調で、半日で70匹前後。
まだ、水温が高く、釣れはじめのフライングみたいな感じですが、まずまずの釣果。
サイズは10㎝前後が多く、たま~に20㎝のししゃもも混ざる。

なにしろ、今の時期は、
ワカサギ釣り特有の「手がかじかむ」状況での
エサ付けをしなくてもよく、秋晴れは気持ちいぃ~感じで釣りが出来る。
まさに睡魔との戦いですが?

さつた最近、久々に河口湖のワカサギ釣りに挑戦した、
伝説のワカサギ王は、エサを使わずして、手を汚さずわずらわせずことなく釣りまくる。
一日目は、ウォーミングアップで場所を間違えて、シャローでモロコハンターでしたが・・・

さて、このワカサギ釣りの合い言葉は「ボンバー!」だそうです(笑)
やはり、ネーミングどおり仕掛けが違う!!

みなさんも、ワカサギ釣りをお試しあれ。
ポイントは、さかなやボートすぐそばの、鵜の島東ディープで釣れてます。


20081017135625


最近、八木崎公園沖には、毎日10艇程の船団が出来てました。
鵜の島東岸~丸栄前、八木崎公園沖までワカサギが回遊しているようです。
このまま好調なら土日には、さらにワカサギ船団が増えるかも!?

さきほど、立ち話をしていた、カフェ・メモリーズオーナーの話では、
好調のワカサギは上手な方で上手い人で100匹から150匹ぐらいのヒット。

ワカサギ以外にも、バスやハス、ギルなども掛かるそうです。
バスが付いている時もあり、ディープのワカサギパターン、熱そうですね!!
2008.10.15 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200810120001.jpg

秋の行楽シーズン、3連休中日。
河口湖は、ウェイク、釣りボート、スワンでぎっしり。
F1も開催中で、河口湖界隈、高速道路は凄い人で車でした。

午前は、自然一杯フィッシングパターン展開

本日は午前中ガイド&午後より夕方まで釣り教室で出航。
ここ3日間で、すごく水が悪くなってしまい、まるで生命感を感じない河口湖。

シャローには、単発でガリガリ系の大型サイズはいるものの、
ターンオーバーの特徴である、なかなかエサを食べれない個体が多い模様です。


さて、今日のお天気は快晴で、放射冷却で朝がとても寒い気候。
本当に午前中は寒く、朝はダウンジャケット、日中も冷たい北風で寒い。


そんな中でも、朝から気合を入れてスピナーベイト巻きまくり、
状況が悪いからこそ、デカバスを狙いに湖全域を旅しました。

ただ、連日のことながら、ビッグバス狙いの状況は悪くなり、
途中、数を稼ぎに行った1本が貴重なバスとなり、午前中は終了。

秋パターンの湧水系ディープのラバージグ打ち。
水通しのいいシャローのストレッチのスピナーベイト打ち。
クリアウォーターと濁りの境い目を打ったり、メタルジグリアクションも試したり、
ありとあらゆる秋のパターンを追い求めましたが、タイムアップ。。。


午後は、お子様エンジョイフィッシング♪

午後2時より、小学生のお子様2人を連れて、釣り教室で出航。
釣りがまだまだ初心者なので、どうしても釣っていただきたい為に、
とにかくFish~♪数を釣れる釣りを楽しくやってみました。


各エリアを3箇所まわってみて、ウィードの釣りをメインに、西へ東へ爆走。
1エリア目で幸先良く、2回ヒットしたものの船べりでバレたり、
アタリがあってものらかなったり、少々、キャスティングからランディングまで練習。

200810120002.jpg

2エリア目で待望の初Fish~♪ 強引に上げてきたバスはなかなかの中型サイズ。
船中、釣ったバスにこれまで盛り上がったことはなく、次のバイトを期待する♪

途中、あの有名な猫人間に「最後まで諦めるな!!」ってお子様にコメントもあり、
3エリア目では、終了間際の最後の最後でHit!!

だが、ぐんぐんと引くロッドから生命感は消え・・・
だけど、さらにバスが群れで追っかけてきていて、すぐにルアーを投入。

そして、再びバイト!!フッキング!!!
あぁ、切れた!!ラインブレイク。。。

さらに諦めませんでしたが、午後の3時間数釣り徹底コースは、
5バイト2バラシ、1ブレイク、1キャッチでした♪

お子様完全メインの釣りながら、もうちょっと丁寧に出来たらなぁ~♪
でも、お子様の本当に釣りが楽しそうな姿がとても印象的でしたね!!
2008.10.12 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
恐怖のターンオーバー第二波がおしよせる!?

今日は、前回ビッグバイトだらけのいい釣りをした、
リピーターのお客様を乗せ夕マヅメまで一日出航しました。

朝から小雨&曇り空でよしっ!!
「デカバスハンティング、イケルぞっ!!」と思ったのも束の間。
好調のスピナーベイトを朝から巻きまくるもノー感じ。

朝から、水の色が白濁りから、再び茶褐色になっていたのが、
ふと気になりましたが、水温と気圧を見る限りではぜんぜんOk!!そうだったので。

そのまま、スピナベ投げて巻いて走って、また投げて巻いて走って、、、
午前中は、いいウィードのバスが溜まるであろういいコースを巻きまくりました。


午前中、シャローからディープまでノー感じだったので、
午後は、再び時間帯をずらして、晴れたのでよりストラクチャー攻めと作戦変更。
ただ、相変わらずノー感じで、でも、夕方にはきっとバスは姿をあらわすはず。

あっという間に夕方になりましたが、ついに!!デカバスチャンスもなく、
ウィードエリアのピッチングでキャッチした中型2本で終了となりました。
夕方・・・ビッグダディにナイスバイトがあったが、中型でしたね~♪

全体的に、今朝の冷たい雨で、突発的に濁りが入り、
第二のターンオーバーで水が悪くなって、食いが激渋りになったようです。
明日以降の水質安定、回復に期待します!!!
2008.10.11 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20081010114707
すっかり秋らしくなり、河口湖は紅葉も始まる頃になりました。
今週は、3連休ということもあり、おおぜいの観光のお客様、釣りのお客様で賑わいそうですね。
2008.10.10 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200810020002.jpg

秋の飽きない河口湖

今日は、朝一は雨足の強い雨でしたが、次第にお天気は曇り空へ。
本日は、釣り教室・ガイドのご依頼はなかったのですが、
移り行く秋の河口湖と、いろいろな釣りを発見することが出来ました。

そして、河口湖も気温の低下でだんだんと山々は紅葉。
富士山も風景画のように山頂は白く雪が積もってまさしく絶景!!


ワカサギの試し釣り

今日は、午後より1時間ほどワカサギの釣果を試しに3人で出航。
定番のポイントに付くや否や、巨大なワカサギの群れに遭遇。

きょうまで、これほど大きな群れの形成はなかったのですが、
ワカサギのサイズも大きいのか?水温低下と共に大きな群れで深い場所を回遊。

この時期のワカサギの特徴として、朝夕は食いがよく紅サシや赤虫で釣れる。
日中は、大きな群れで中層を高速回遊して、非常に釣りにくい状況となる。

お昼頃からの出船の為、やはりワカサギの群れの回遊は早く、
一瞬で群れが溜まっているすり鉢状のピンスポット周辺10m範囲ををぐるぐる回遊。
そして、本当にエサの赤虫を食うための溶岩質で溜まっている時だけバイトが出る感じ。
1時間ぐらいの試し釣りでしたが、3人で15匹とまずまずの釣果となりました。

20081008172245.jpg


最大魚は、驚き!の20cm。平均9cmぐらいのサイズ。
夕方まで釣り続ければ50匹程度のワカサギが釣れました。
アタリは多く、竿先がブルブルしていい気持ちいい~♪

ワカサギの群れがいきなりエサを食うタイミングでは、次々に竿がしなるが、
群れが移動すると、次のアタリまでがちょっと遠いのがお昼の釣りですね。
私を陸に降ろして、そのまま釣りつづけたお客様はそのまま釣り続けて総合50本程度。
柔らか目のバスロッドの用意しかなかったのですが、赤虫やワカサギ竿を使えば、
もっともっと釣果は倍近くまで伸びたのに違いありません!!

シャローの攻め&ディープのワカサギパターン

ここ数日でターンオーバーも落ち着き、活性が回復しつつあります。
シャローではトップウォーター、ウィードがらみではスピナーベイト、クランクベイト。
今日もここだけの話のシークレットスポットで、スピナーベイトで50cmが釣れてました。

最近の傾向としては、曇りや雨の日は巻物でぜんぜんOK!!
強い攻めの釣りをやりきってこそ、デカバスのチャンスと遭遇が高確率であります。

これが、一変して晴れになったらどうなるのかわかりませんが、
今現在の状況として、水温が20度前後で、ディープにもワカサギがいるので、
タフった時こそ、リアクションを生かしたメタルジグ、ディープクランクが効果的ではないかと。

200809220004.jpg

河口湖のディープと言えばメタルジグ。
そして、河口湖産のベイトを模したロコベイツブランドがこれから流行!?

200809220006350.jpg

アイスジグ系のスカルピン、ホプキンス系のシューティングメタルの出番は今か今かと。
さあ、今週の秋の河口湖は、ブラックバスにワカサギに釣りシーズン到来。
自然溢れる河口湖でおもいっきりリフレッシュして、釣りを楽しみましょう♪


さかなや釣り教室・T.A河口湖ガイド

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!

さかなや釣果情報更新!!
2008.10.08 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


秋のビッグバスを求めて・・・

前回の河口湖釣行でビッグバスをバラシたというお客様。
デカバス狙いで秋の河口湖をパターンフィッシングで追い求めました。

最近、水がすごく悪く、非常に厳しく苦戦を強いられている河口湖。
だけど、きのう今日で少しずつ状況は好転しており、シャロー復活傾向。


朝一はスピナーベイト作戦

朝一は、日曜日反応がよかったエリアへ直行。
岸よりではベイトフィッシュが無防備にピチャピチャしておりバスの気配はなし・・・
だけど、時折、「ベイトの遊び」もやめたりで微妙な雰囲気のなかスタート。

水はフロリダ水系の茶褐色みたいな色から少しクリアウォーターへ回復。
だけど、ちょっと濁っているので、日曜日同様にスピナーベイト大作戦へ!!
以外にも柔らかい系のルアーだけではなく、ハードルアーの強い釣りも織り交ぜて展開。


朝一から少しストレッチを流しつつ、ウィードの生え方で決まるちょっとの変化のピンへ。
お客様の流していたスピナーベイトに・・・「よしっ、キタッ!!」と突然のバイト!!

なかなかの引きで35cmぐらい???と思いきや、簡単にボートまで寄ってきて唖然。。。
「どババババババババーーー」という強烈なマグロジャンプに・・・

一瞬の出来事に焦ったのも束の間・・・
超デカイ口をした50オーバーはスピナベを外して水中に消えていった。
突然の出来事に呆然としながらも、、、まあ、次のバイトを期待しましょう♪


午前中は、どシャローのスピナーベイト、トップウォーター、ウィードアウトサイドのラバジ、
風を読みつつ、湖の濁りの状況を読みつつ、要所要所でいろいろな釣りを展開。

気付いたのが、今日はシャローにやる気のあるデカバスがかなり多く、
そして、全体的にデカバスが多く見えて、曇り空も影響してバス全体の活性が高かった。

午後は秋定番スポット探索

午後は、秋定番のスポット巡り、時間差で入ってくる場所をランガンツアー。
トップウォーターで1本、ウィードの穴打ちで2本。小型中型をGet♪
最後の最後でビッグバスを期待して再びウィードエリアを流しましたが、
クライマックスはオオダイ一匹がスピナーベイトのトレーラーフックにガッチリ!!

200810070002359.jpg

スタートダッシュは、50とのスピナベファイトでしたが、それからのイベントは起きず、
だけど、全体的にターン回復傾向でバスの活性が高く、とても悔しさが残るゲーム展開でした。

本日の釣果は、推定52前後バラシ、トップで1本、穴打ちで2本でした。
ウィードに入っているビッグバスが多く、中型もスクーリングをみることが出来る。
たまにの水質回復でエサを探している様子でしたね。


さあ、明日からも状況はさらによくなるでしょう♪水温は19℃から20℃。
きついターンも落ち着いて、再び晩秋までの間、デカバスラッシュが続きそうです。

2008.10.07 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top

巻物マキマキもターンは恐ろしい

今日も午前中ガイドで出航。
まずは、お題としてダイビングミノー、クランクベイト、スピナーベイト。

ディープダイビングクランクは、どっぷりとディープに潜りこませて使うので、
前日、ワカサギボールが回遊していたディープフラットを中心に送り込ませる・・・
予定でしたが、ワカサギボールはこつぜんと姿を消し・・・ノーフラット。


この時期、濁りがキツク、湧水系ウィードアウトサイド・クランクスピナーベイト作戦。
タイミング次第で功を奏すはずが・・・生命感たっぷりでベイトはピチャピチャ元気だけど
バスの姿や反応はなく・・・沈黙状態。
一時、どシャローの水が生きているエリアでは、反応がありましたが、チェイスのみ。

リアクションを意識したスピナーベイトでひたすら流して行くも反応はなく・・・
次第にディープレンジへと作戦をシフトして、秋のエリアをチェック。。。


だけど、やっぱりキツイターンが入っていて魚探映像は何も映らず・・・活性が???
きっと、ボトム付近でバスがじっとしている感じだけどあまり動きがなく微妙。
ベイトフィッシュの映るエリアを中心に風を読んで釣りをすると・・・

200810050012350.jpg


日が陰って曇って風が吹いた瞬間に・・・ようやくの待望のバイト!!
手ごたえからなかなかのナイスフィシュ。ピカピカのグリーンのシマシマ模様は、36cmのネイティブ。
サイズはまずまずながら、放流されたバスを狙うより価値ある一匹でしたね。
秋のパターンどおりに狙えば釣れるが、かなり渋い感じがする今のターンの河口湖。
もう少し、ターンが落ち着いてくれればきっといい結果になるでしょう。


200810050011300.jpg

同日、さかなやボートではキャスティングキッカー『茂手木カップ』も開催中でした。
中型、小型が多いながらも、ウェイイン率がよく釣れていました。
2008.10.05 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ターン期のラバージグ作戦

今日は午前中出航。
快晴ベタ凪、濁りも入って厳しい状況のなか、ターンオーバーに強いエリアで釣りをする。
終始快晴というお天気もあり、ディープ中心、ラバージグ&スモールラバージグの釣りを中心。

一発大物を目指して、この時期、ディープに入ってくるデカバスを狙ってみました。
朝一のタイミング、風の動き、ラバージグのアクションやボリュームを変えてみる。

朝一はディープの溶岩質。
ターンオーバーの一つのセオリーとして、バスがストラクチャー依存性になるので、
ハゼ&赤虫、ワカサギがディープを回遊+ボトムストラクチャーエリアをチョイス!!
さらに、湧水が近くにあってベイトフィッシュも回遊しているとストロング!!


200810040006_01350.jpg

先日、見事53cmを仕留めたエリアに入り、ラバジ&ダディに待望のバイト!
よしキタッ!!と思ってビッグワンを期待しましたが、36cmのナイスサイズ。
その後も各エリアをまわってみて、秋のビッグバスを期待しましたが、
思っている以上にターンオーバーがキツク、魚探を見てもバスが動いていない状況。
釣れている放流バスをよそ目に、ビッグワンを期待しましたが、まだ時間がかかりそう。


200810040009_01.jpg

同日、奥河口湖チャプターも開催。
上位は5本が多く、なかなか釣れている大会となりました。

200810040008.jpg

ビッグバスハンターも参加しましたが、惜しくも6位と残念!!

200810040011.jpg

前年度バスプロ選手権覇者も苦戦気味で・・・前回の50upはどこへ!?
ちょっとターンオーバーの影響でビッグワンは難しかったようです。
2008.10.04 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200809290003.jpg

開拓とトップウォーターの世界

本日は激雨で湖上のボートもまばらで、少し寂しい感じのする河口湖。
水温は21℃で初期のターンオーバーが起きている湖の状況偵察するために、
寒い寒い雨の日でもカッパを着込んで、いざ!戦場へ突撃っつ!!

午後からの3時間出航でしたが、台風接近の雨ということで、
トップウォーターゲームを中心に未開拓のエリアを探しながらチェック。

200809290002.jpg

いままで結果が出ていなかったが、秘密チューンのスウィッシャーにHit!!
立て続けに2本キャッチ。一本は40ちょいぐらいのスキニーなナイスサイズ。
バスが一撃でベイトを仕留めるような「ゴボーーン」っていうバイトに興奮♪

トップウォーターに出ることは確認出来たので、まだ見ぬディープをチェック。
ベイト付きの水深7m前後を、ハンドメイドプロトのラバージグでチェックしましたが、
バスがシャロー際に寄っている為か、バイトは無く終了。


急遽、放水開始・・・

1時間少々、急遽始まったナイアガラの滝に突入しましたが、
スピナーベイトにバスが1本掛かっただけで終了。スピナベバイトは多数・・・
雨で高活性・・・スピナベ爆釣!? でも、なかなか乗らないんですね~。残念。

ちょっとの偵察・開拓出航でしたが、活性上々、まずまずといったところ。
もっと温存しているエリアを広げてタイミングを合わせてみると、
きっといい結果、夢のあるフィッシングが出来たのではないでしょうか。
2008.10.01 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析