20080302201552


ミズヴェ ナウ

最近、タカヒロ足立は、JB/NBC公式サイトにて、

【M:ZUVE NOWという現場主義の投稿サイトをはじめてみました。
さっきの夕景もそうですが、河口湖における状況をリアルタイムにほぼ毎日アップ。

TVっぽく、なずけて「河口湖の車窓から」シリーズ。
(ってゆーか、M:ZUVE NOW もauっぽくないですか?ジョークが冴えわたりますなぁ)

毎朝の風景を、肌で感じた自然の「水辺の今」を写真付きの文章に乗せてお届け。
もちろん、車の窓からパシャリ!!

ESPN金曜ロードショー in 江戸前

江戸前ばさーの金曜ロードショーの模様は・・・
新しくテスト形式で導入した動画にてちょっと感想文を添えてブログ提出します。。。

2007年ESPNバスマスターシリーズの総集編。
その一部の模様をみてました。

スポンサーサイト
2008.02.29 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20080302082831


ありがとう。

今日は、私の25歳のお誕生パーティーでした。
ちょっと振り返ってみれば、本当に色々な人に助けていただいて、感謝です(涙涙)


25歳になりましたが、まだまだこれから。
さらなる向上、遥かなる釣りの高みを目指して頑張ります!!!

お祝いしてくれた人達、本当にありがとう。ありがとう。。
まだまだ、釣り街道を全力で突っ走っていくので、応援をよろしく♪


ビッグホールケーキ

とっても大きいホールのケーキを頂戴いたしました。
バスフィッシングガイド中も、トーナメントも、こんなに大きい口のバスを狙いたい!!

20080226020037.jpg


今年は、ちょとしたビッグサプライズフィッシングもあり、ビッグマウスを狙えるかも?
そして、ただならぬ、河口湖の年々巨大化しているフロリダビッグマウスも現れるのか?
ビッグバスだらけの、春のラッシュに期待したい♪♪♪
2008.02.26 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (3) トラックバック (0) l top
低気圧爆弾接近中・・・

あぁ、なんてつりの神様は薄情なんだ。
気象予報をみていたら、明日の午後から日本海側を中心に「雪。」となります。

自然状況に釣りは左右されるとは言え、低気圧接近は悪条件。
最近、大風が吹いたり、朝夕が寒すぎたりと過酷な冬ですが、春まであと一歩。

個人的な予想では、火水が厳冬の最後で、底を切った寒さは暖かさへと続く。
つまり、木曜日からは早春の気配で、冬に戻らない気がしますががどうでしょう?


重大発表 その一、

タカヒロ足立の河口湖ガイドフィッシングですが、
今シーズンは、駐艇場、スロープ、河口湖のレイクコンディションの状況をみて、
バスが本格的に活動を開始しだす、4月からOPENしようと思っております。

4.3 fish school


急遽、釣れぐあいによっては、変更するかもしれまんせので、ブログチェックをよろしく。
もちろん、お買い物ブログ・河口湖ヒットルアー列伝!!のお得な河口湖ヒットルアー情報
も随時更新していくのでお楽しみに♪

そして、いよいよ春へ向けてのロケットスタートを切るための準備はいいですか?
そして、なぜガイド開始は3月中旬からではないのか?もう一つの重大発表は近日。
2008.02.25 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、金土日といろいろ用事があり、久々の更新。
ちょっと河口湖を離れて、富士・富士宮まで下山しました。

土曜日は流氷接岸。。。

衝撃の写真は、河口湖のある人から一通のメールにて届けられた。
まるで、オホーツク海並みの流氷がさかなや前に接岸。
そして、スロープを完全封鎖している模様です!!軽くヤバイ!?

20080225000739


現地特派員、いや、野良猫さんの情報によると、うの島南の氷が東風で流される。
流された氷が一旦は奥河口湖方面のワンドにたまり、そして北風で再び流される。
ということは・・・ワンドの奥の氷とも合体!合体!!して、南向きの岸へ流される。
そして、溶岩にゴツゴツあたっては砕け、やがて流氷どもが夢の跡。。。

「M:ZUVE NOW」(ミズヴェ・ナウ)

↑この模様は、NBC新コーナー「M:ZUVE NOW」でも仮オープン中・・・


日曜。寒風・春一番!?

そして、日曜日の朝から「ゴオー!ゴオー!!ゴオー!!!ヒューーー!!!!」と爆音。
まるで、台風が来たかのような強烈なストリームで、地上の砂が舞い上がる。

ちょっと暖かい富士方面にいたので、湖上の様子はわかりませんでしたが、
きっと超爆風・台風級の風速40mだったに間違いない!!と思いました。


春一番どころか、風は超冷たく、まるで強烈な寒風シベリアブリザードですね。
三寒四温で晴れたり、寒くなったり、基本的に寒い河口湖ですが、一刻も早く暖かくなれ。

海難事故があったり、氷上の事故もあったり、
本当に安全第一、無事に一日釣りが出来るレイクコンディションが整って欲しいこの頃。

20080127234813.jpg


今日は富士のイシグロまで釣りの視察と営業にいったりもしました。
この爆風で釣り場の状況は壊滅状態なのか!?それとも春の準備なのか!?
駐車場も一杯一杯。大勢のお客様で店内は賑やか。いいですねーーー。


気象予報

近日の気象予報ですが、火曜・水曜あたりに強烈に寒くなる予感。
きっと雪も降るかもしれません。

だが、ここで冬の寒さも最低を切って、上昇傾向、春へ向かう感じとなる予定。
ということは、単純に水中の冷え切った水も、これからは水温が上がる一方で・・・
いよいよ春の到来となることですか???いやしかし、最大の山場、今週の水を超えて・・・


温泉療法

そして、オフシーズンのトレーニング、体のメンテナンスも兼ねて温泉へ。。。
ハシゴです。↓

2008.02.25 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20080224224655
最近、シーズン中の度重なる肩の酷使を癒す為に、温泉に入り浸り。
ハッキリ言って、富士宮から連日のハシゴです!!
きのうの夜は、お知り合いと富嶽温泉・花の湯、きょうの帰りは、富士山温泉・天母の湯でした。

朝青龍も、温泉療法。
釣りも温泉療法。
プロスポーツには、温泉は欠かせないものかもしれませんね?
2008.02.24 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20080221163306
潮の満ち引きは、海の魚のみならず、バスの生態にも影響するという。

最近、やけに明るいと思えば、やや満月なんですね~。
2008.02.21 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20080221081500
先日の日曜日は、あまりの減水の為に桟橋を合体!!合体!!
桟橋2本が1本に合体しました。

パチンコのCMではないですが、すっきりして、超気持ちいぃ~♪

ちなみに、本当に寒く、気温は一日中マイナス。
垂れた鼻ちょうちんが、凍ってシャリシャリになりました。
いや〓冬場の水辺作業はとても辛いっすね。
近くでやってた、スロープ雪かき大会はとても楽しそう。
2008.02.21 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20080217201515


ドラゴンルアー工房へ訪問

きのうの夕方に、秋林・ドラゴンルアー工房へお邪魔しにいきました。
もちろんお目当ては「河口湖産スカルピン」という新作メタルジグの拝見。

  本文中の メーカー:ロコベイツ ルアー名:【河口湖産スカルピン】 をクリック!!

河口湖や山中湖の水中島系ディープウォーターで大活躍するのがメタルジグ。
特にクリアレイクの夏場に威力を発揮するケースが多く、
アイスジグ系のメタルジグや、ヒラヒラと落ちるメタルジグが有効となる。


今回の新作メタルジグは、
アイスジグ系の「ディープウォータでもピュンピュンとダート」する動きを持ったメタル。

そして、職人技ならではのリアルメイクで、まるで本物のエサと間違えるようなカラーリング。
まだ、プロト段階ですが、色は、ゴリ系のヨシノボリカラーが展示されていました。
これは、2月下旬に量産体制で、在庫が出来次第、工房だけで限定販売するそうです。



20080217201618


スタンダードメタルジグ

昨年末に、実際によく釣れたメタルジグ。
こちらは、誰でも簡単に使える、スタンダードなメタルジグ。
イメージは、しゃくって、ブルブルッとして「すこ~ん!!」って感じで入るタイプのジグ。


残念ながら、スカルピンに関しては、まだプロト段階でした。
だが、しかし、水槽でのラインをつけた動きには絶句。。。

とにかく、アイスジグ並みの素早い動き、特殊光料のヌメリ感、テカリ感、のカラーリング。
フックの位置や、動いた時のテールのヒレっぽさがマジヤバイ・・・
完全にマッチザベイトを意識して、フッキングも考慮しての、日本のいいとこどりのメタルジグ。


今回は、少量ながらも、完成したスカルピン:商品を、
【ドラゴンルアー日曜オープン工房(塾)】のみでの現地の限定発売だそうです。
工房は、日曜日の12時から19時までオープンしています。


いよいよ河口湖にも、河口湖生まれ、河口湖育ち、河口湖産の、
地方限定ルアー、メイドイン河口湖ルアーズが出来ましたか。
ますます楽しみな今年のバスフィッシングですね♪


2008.02.17 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20080216123440


本日も快晴ナリ。

あぁ~、こんなに天気がいいと、釣りに行きたくなっちゃいますね。

だんだんと、晴れの日が続き日差しも春に向かって行く気がします。
今は、まだ、朝夕の気温が-8℃前後、水温も3℃前後ですが、
去年の今頃は、ミノー・シャッドゲームが成立!!

すでに釣れ始めてました。
今年の3月は氷が溶けそうになく、ちょっと微妙な感じですが、
春の足音がとっても待ち遠しい・・・


↓シャッドゲームに関しての記事・オススメルアーを記事更新↓
タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2008.02.16 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20080215081650


快晴つづきの河口湖

ここ最近、4日連続!?
快晴の日々が続いています。

でも、気温は寒く、放射冷却の影響で毎朝-10℃付近まで下がります。
雪が降らない、日中日差しが強い影響で、河口湖の氷も少し溶けました。

この冬晴れお融解で、富士河口湖町では、悲しい残念な水難事故もありましたが、
釣りに来られるみなさんも、今一度、落水しないように気を付けて。
水温は、2℃~3℃なので、ライフジャケットを着ていても、落ちた瞬間に心臓麻痺など考えられます。

安全第一に・楽しく釣りを

過酷な自然状況の元、危険とも隣あわせですが、
冬の釣りは、安全第一、快適に、楽しくしたいものです。

そんな釣りをする皆さんも、釣りをしない皆さんも、
ビッグフィッシュラッシュの春を待ちわびつつ、今春のバスタックルの準備を。

春の釣りの用意はいいですか? もう、2月の中旬。。。
最大魚、自己記録更新の春に向かって、今からロケットスタートの準備です!!



↓フィッシングギアをアップしました↓
タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2008.02.15 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20080211083147


流氷の河口湖

この3連休は、世間一般的に、巷の噂、いや、港ではフィッシングショーが開催。
私は所用で行くことはなかったですが、東京までは用事で行きました。

日曜日の帰り道、首都高が混雑、混雑、混雑。
外苑付近~新宿までの間に事故多発でしたね。


みなさん、連休は「気を付けて。気を付けて。」運転して欲しいと思います。
そのなかでも、フィッシングショー帰り道と思われる、何台かの車とすれ違いました。
釣りファンがいて、よかった。よかった。

そして、河口湖に帰ると一変。
うの島も凍り、水面も凍り、まるで昔の水墨画状態でした。
これには、流石に衝撃を受け、釣りどころではなくなりつつある河口湖です。。。
2008.02.11 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top



さて、リアルタイム更新などで、話が飛び飛びですが、冬の特別編のつづきを。
この冬は主に「ハイシーズンへ向けてのタックルの準備」などについて記事を書きます。

そして、前回はECOな釣りに関しての、社会情勢をまじえた話でした。
石油問題・エネルギー問題の続きの話から展開すると・・・


石油問題に関しては、中国の経済発展と共に石油の需要が高まりました。

そして、中国の産業発展は、同時にいろいろな原料の高騰にもにもおよび、
すでに、産業用鉱石として使われる物質の原料が少しづつ値上げされ、
日本では有害物質を湖に放出しない、これからECO釣具にも影響を及ぼすと思われる。

すでに、釣り具業界の裏では、ある物質とある物質の原価が10倍以上に上がったと聞き、
これからは、ちょっとルアーの値段が上がったりするかもしれませんね。

逆に、ハードルアーという遊び道具は、プレミアム化が進んで、
釣り人は、もっともっとルアーを大切にして、思い出を増やすと思います。


・・・というところまで話は進みましたが、もうちょっと考えていたことがあった!!

それは、ハードルアーを修復して繰り返し使ったり、動きをチューニングしたりと・・・・
要は、いろいろチューニングを施して、ハードルアーフィッシングを楽しんじゃいましょう♪
もちろん、壊れたルアーも思い出と共に修復してみよう。

思い出のルアーを修復してみよう。

そして、今の世間一般、社会情勢では、繰り返し使える素材などが重宝されています。
(プラスチック箸、マイ箸【韓国はし】のように世間では箸について環境を考えています)

そして、釣具に関しては、よほどのことがない限り、繰り返し使えるのがハードルアー。
でも、ハードルアーはリップが折れたり、ボディにビビが入る致命傷は使えなくなります。
沢山釣った思い出のルアーも、傷と共に愛着が沸きますが、動かないとなると悲しい。

ただ、今の社会が環境を考える動き、時代がエコを後押しすれば、
「思い出と共に壊れた、愛着のルアーを修復する機会」が増えるかもしれません。

20071003230235.jpg


特に、河口湖のような溶岩ガゴリゴリ・ガキガキの天然湖で、岩をタイトに通すような、
ビッグベイトは、使い込めば使い込むほど、傷やリップの破損、水漏れなどが増えてくる。
これは、歴戦の戦いの証、思い出でもありますが、壊れてしまってはどうしようもない?

ビッグベイトは、お値段も結構高くて、次を買うのに少しためらってしまいますよね。
そんな時に、「初心者でもとっても使いやすくて、簡単に修理しやすい」ような、
ハードルアーの「リペアサーキット」が発売されたらいいなと思います。

いずれにせよ、環境に優しく、いつまでも楽しく使えるハードルアーが、
繰り返し修復してルアーを使い続ける日も、もう少し先の未来なのではないかと思う。


20080206181127.jpg


写真は、X-80のリップが折れてしまったものを、
ルアービルダーの先生の神の手によって、ある素材で試験的に修復してもらいました。
ある素材は、リペアに関してはどうなのか?これから非常に気になるところです。

ここまでやれば、ルアービルダーの専売特許・職人技ですが、
初心者でも簡単にリペア・チューニング出来るようなモノがあればいいですね。


akibayasi.jpg


これは、河口湖にある、あの「Dragonルアー」の工房の模様。
餅は餅屋というように、やっぱりプロのビルダーのモノ作りはあらゆる面でレベルが違う。

最近は決して釣りをするだけではなく、興味あるルアーの本質に触れることが多い。
これは、まわりに多くのビルダー・仲間がいるので、知らない知識もよく聞くことが出来る。
(個人でビッグベイトを作っていたり、メタルやラバジを自前で作製している人も多い。)

あと、ジギングに行っったり、中国・海外製のルアーを見たりしているうちに、
ルアーの塗装、つくり、製作方法に触れ、などなんとなく違いがわかってきた?気がします。


やっぱ、日本は素晴らしい。日本のルアーは細かく綺麗でモノとしての価値感がある。
やっぱり「このルアーで釣ってみたい!!」そんな気分をおこすのが日本の釣具ですね。



↓環境について、ボートフィッシングの燃費の面でも考えてみました。
詳しい記事は、こちらにアップ。バスボートに羽根をつけてみよう♪↓


タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2008.02.06 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20080203174724


一夜で雪。雪。雪。

またしても、雪。雪。雪。
かなり降りすぎで、トレーラーのタイヤが埋没するぐらいの高さ。
あぁ、一夜にしてホワイトスノーパウダーの雪イリュージョン☆


20080203192238


バス系熱帯魚!?

これは、ある河のマングローブ畑の1シーンの写真。
そう、これは、河口湖のホームセンターのアクアリウムの風景。
近くに映っているおサカナが、バス系の顔をしていて「オヤッ!?」と気になる。

シーバスフェイス?ブラックバス体系?熱帯魚模様?


確か、このサカナは???
魚のネームプレートはなかったけど、ピーコックかな!? どうなんだろう?
とっても、バスに似ていて、愛くるしくて、気になるサカナ。
熱帯魚、川サカナ、アクアリウムは大好きなので、水槽セットして飼ってみたいですね(夢)

20080204122308


メモリーズで釣り会議

ホームセンターでピーコック?を見た後に、バスプロがオーナーの「カフェ・メモリーズ」へ。

洋食がメインの八木崎公園前にある「カフェ&レストラン」のメモリーズ。
メニューは、パスタ、ピザ、パン、その時のスペシャル料理などなどがあります。
もちろん、珈琲やケーキでカフェ気分も満喫できます♪


実際、あまり釣り人向けではなく、カップル・カフェ・ディナーの雰囲気です。
今日はディナーはもちろんですが、ここのオーナー、あと一人、タカヒロ足立の3人で
今年の河口湖に関して、いろいろな釣りの談義と世間話をしていました。

河口湖をもっと良くしよう、釣り人の楽しさをもっと伝えよう。というテーマで、
始めて釣りをされる方々や、ガキんちょなどに釣りのおもしろさを伝えてみようという内容。


オーナーもジュニア世代からやっていた?と思われるぐらいの釣りキチで、
私にはもっていないような、釣りの楽しさや、ちょっと変わった視点からの釣りの魅力、
そして、ガキんちょが釣りに熱中する心理などを熱く語っていました。

そういえば、私も小中高と釣りばっかりで(今もですが。)、
熱中していた時のことを(今もですが。)冷静になって思い出すことが出来た。
釣り人って、熱中すると無意識のうちに楽しさを求めて釣りに出かけるんですね~♪


まあ、そんなこんなで、雪国河口湖ですがいろいろとハプニングやサプライズ!!
湖上でも陸上でもおもしろさ満天!!って感じでしたね。



エコの話の続きになりますが、バスボートのECO走行のボートパーツ記事をアップ♪

タカヒロ足立の「実録・河口湖ヒットルアー列伝!!
2008.02.03 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
200801160005.jpg


釣りにおける原油の値上げ高

前回の冬の特別編の記事の箸の続きになりますが。。。

さて、石油の高騰にガソリンの値上げも痛い支出となっています。
車もボートもガソリエネルギーで動くモノなので、直接的な値上げは痛すぎる。

ただし、ここで一つ考えてみました。
今まで、意識はしていたが車もボートも省エネ運転。(大会やガイド時には奮発ですが・・・)

バスボートに関しては、特にプレーニング時の瞬発的に放出されるエネルギーは、
かなりのガソリンエネルギーを一瞬にして燃焼していると思われ、極力無駄をなくす。

そして、スピードが乗った最高滑走時「デーーーン!!」と湖を雄大に疾走する際には、
バスボートのエンジンが馬力以上の無理をした場合、オーバーワークで燃費が悪そう・・・

まあ、省エネ運転に関しては、プライベートでは問題意識していますが、
これからは、もっともっと経済的・燃費を考え、そして環境も意識してやっていかなくては。

タカヒロ足立は、もっともっと環境的・経済的・サービス業的(笑)に、
締めるところは、締める。出すときは出すような、環境に優しさを与える運転をします。

ECOな釣具への影響。

この石油問題に関しては、中国の経済発展と共に石油の需要が高まったと聞く。

そして、中国の産業発展は、同時にいろいろな原料の高騰にもにもおよび、
すでに、産業用鉱石として使われる物質の原料が少しづつ値上げされ、
日本では有害物質を湖に放出しない、これからECO釣具にも影響を及ぼすと思われる。

すでに、釣り具業界の裏では、ある物質とある物質の原価が10倍以上に上がったと聞き、
これからは、ちょっとルアーの値段が上がったりするかもしれませんね。

逆に、ハードルアーという遊び道具は、プレミアム化が進んで、
釣り人は、もっともっとルアーを大切にして、思い出を増やすと思います。


↓最近ちょっとリニューアル・模様替え↓
タカヒロ足立の河口湖ヒットルアー列伝!!
2008.02.01 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析