海の戦

さて、先日はオフシーズンということもあり、海釣りに遊びに行きました。
知り合いの「蕎麦職人 兼 バスプロ」でありながら「江戸前バサー」が案内人。
シイラ、シロギス、メバル、カワハギ、シーバス、バス、となんでもアリ。
小出さん曰く、「今、一番ホットなのが、東京のシーバス釣り」だそうだ。

そんな、江戸前バサー・小出さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/mako28koide/

20070128203047.jpg


小出さんに同行させてもらっての「シーバス釣り」の感想としては、
「横綱級のビッグシーバスが、果敢にルアーにバイトしてくるのが大興奮!!」

さらに、そのビッグシーバスを争っている戦がココにありました。
http://www.bakusoku.com/

横綱シーバス1、2を争う様子は、まるで「海の戦」
この「戦」ランキングでも、小出さんTOP爆走中なので・・・凄い!!!
この企画は、見る側にとしても、とってもおもしろいと思いました。


海人・海猿へのメッセージ

海釣りのみなさま、こんにちわ。
まだまだ、シーバサー初心者ですが、イチ釣り人として思ったことを。

●戦に賭ける思い

この長きの  は、
「シーバステクニックの新境地」、「シーバスのルアーに対する生態」、
そして、【魅力的なシーバスのルアーフィッシング】というものが戦の跡に残るはず。

今回の小出さんとの釣行・トークにおいて、
この戦いに対する「海人・海猿」の夜な夜な戦に出陣する情熱を感じた。
雨の日も、風の日も、水がない日も、仕事の終わりにも、睡眠不足で気絶寸前の日にも・・・
すべては、横綱シーバスを追い駆けての戦いに賭けていると思う。


●釣りはレジャーである

今回の海釣りでいろいろ思ったことがあるが、
「釣りはレジャーフィッシングだ!!」と再認識した。

バスしかやらない人からみて、海はとても未知でおもしろい遊び。
やはり、いつの時代も、釣りは、趣味・レジャー的要素を含んだ楽しい遊び。

バスしかやらない人は海へ・・・
シーバスしかやらない人は河口湖へ・・・

私が海に遊びに行くように、海釣りが新鮮に映るように、
この夏に、河口湖でルアーフィッシングをしたことがない人は、
ぜひ一度でも来てみてはいかがかな?



20070116210706.jpg


真冬の河口湖でも、こんな大きいバスが釣れます。
新鮮な空気と、世界一美しい、霊峰・富士を眺めての釣りは最高。
シーズンインの「桜が咲く頃の河口湖」がレジャーに最適ですね。


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

スポンサーサイト
2007.01.30 Tue l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070127170546.jpg

江戸前バサーと海釣り

河口湖も、いよいよ本格的な真冬に突入。
今回は、オフシーズンということもあり、癒しの海へとお出掛け。
本業のバス釣りから少し離れ、遊びの海釣りへ癒されに行きました。

20070127180932.jpg
江戸前バサー小出さん

スケジュール

金曜日に河口湖で練習、そして夕方に東京へ向けて出発。
東京に到着した頃には夜。金曜の仕事終わり系「小出慎プロ」と合流。
そのまま、深夜から朝まで、「癒しの海釣りツアー♪」を満喫しました。

そんでもって、早朝には、河口湖に帰る。
(金曜日)河口湖練習→東京上陸→(土曜日)深夜から朝まで海釣り→河口湖帰還
という、湖・海のダブルヘッダー&24時間完全営業でした。



金曜日のお昼は、河口湖

●戦場の河口湖

海が癒しならば、河口湖は戦場。
金曜日は、ハイシーズンへ向けての予行練習してました。

季節は一番釣果が厳しい、真冬に突入。
そこで、釣果も求めるが、シーズンイン・開幕戦へ向けた予行練習もする。

トーナメントレイクでありながら、お客様を案内する河口湖。
そんな人より多く釣る為に切磋琢磨している、ホームグランドは凌ぎを切る戦場。
さらに、この時期は極寒の北西風が吹くので、さながら戦場の様子です。

20070127170724.jpg


金曜日の練習は、おいしそうなニジマスがHIT!!
冬場は、低水温でも活発に動けるニジッコが釣れます。
練習終了後・・・東京へ向かう



20070127183836.jpg


日付変更・・・金曜の深夜から土曜の朝まで、

ミッドナイトフィッシング



さて、夕方、河口湖を出発して東京へ向かう。
夜も更ける頃、仕事帰り系の小出プロと合流。
金曜日から、土曜日に日付が変わった、深夜0時から海に出撃!!

最初は、期待していた「癒しのメバリング」を堪能。
そして4時過ぎから「今、爆発中のシーバスフィッシング」を体験しました!!


癒しの海釣り

●メバリング

まずは、やりたかった「癒しのメバリング」を案内してもらいました。
小出さん有望なポイントを2箇所ランガン。1箇所目は釣れず、2箇所目で少しHIT!!

大本命の2箇所目も、思ったよりバイトが少なく、風も吹いていたため、厳しい状況。
ただ、雨上がりだった為に、釣り人ほぼいなかったのがよかったですね。

☆東京のメバルの特徴☆

和歌山の海でガシラ釣りはやったことはある。
しかし、その時の簡単なイメージとは違い、東京湾のメバルは超繊細で難しい。

フィッシングプレッシャーも掛かっているような気がするせいか、
人が釣りやすい道具(リグのセットなど)でサカナを釣るのではなく、
サカナに人間が波長を完璧に合わせてあげないと釣れない状況でした。


バスフィッシングで例えるなら・・・

ジグヘッド1/16が和歌山なら、ジグヘッド1/32の釣りが東京湾。
ジグヘッドのウエイトが軽いと柔らかいアクションになり、最もエサに見える。

サカナがスレていないと、操作性のいい重めのジグヘッドが釣りやすい。
ただ、今回は、プレッシャーで軽めのナチュラルアクションがよかったですね。

20070128084159.jpg

初ランメバ Get!!
そんなこんなで、厳しいながらも釣れました。

さて、前半のメバル釣りも、風が吹き始めた。
風が吹くと、ラインのコントロールが難しい=リグがエサを演出できない。
スレたメバルは、エサとルアーを判断して、バイトも少ない。さらに、超寒い。
「癒し」というより「特訓」になりそうなので、一旦、マクドで小休憩。

バスフィッシングも大得意の「アフターの小出さん」と、
ホットなバストークを交わしつつ休憩。(メガマックはありませんでした。)


●ガッツリ系のシーバス

「癒しのメバリング&マクド休憩」から、時刻は既に4時過ぎ。
シーバスの地合が超気になっている小出さんなので、
オススメの「今、爆発中のシーバスフィッシング」へ出かけることにしました。

ここは、東京の某河川で釣りスタート・・・
車内で、現地で、小出さんのアドバイスを聞き、シーバススタート。
(もちろん、タックルはすべて小出さんのレンタルベストチョイス!!
  ここから、小出さんは「シーバスの小出先生」になります。)

そして、着いて3キャスト目ぐらいに、小出先生ビッグファイト!!

20070127170610.jpg


サクッとビッグシーバスGet!!
魚市場ではなく、ルアー釣りで見る、間近のシーバスは超デカイ。
やっぱり、海はロクマルオーバーは当たり前。(これは、80近い)
少し、大きさにビビリながらも「オレも釣りたい」気持ち爆発でした!!


小出シーバス先生がビッグシーバスをGetした後、釣り再開。
釣り人が感じる第六感「自然のシグナル」を感じ取る。
この雰囲気は「爆発ムンムンの勢い」をまるで突風のように感じた。
このチャンスタイムの瞬間を逃さないように、ひたすらキャスト。


小出先生に「地形、流れ」のアドバイスを聞きつつ、
自分なりに「シーバスがどこで、どんなルアーを食うか」を分析。


それまで、投げていたマイルアーのフラッシュミノー110では、
ウォブリングが大きすぎると思い、小出先生にルアーを借りる。

流れで、弱ったサカナを演出できる弱ウォブリング系。
カラーも、真っ暗で「水中でもっともエサに見える」であろうホワイト。
そしたら、やはり来ました、ビッグシーバス!!

20070128084207.jpg

初シーバスが78cmのランカーサイズ。
やっぱ、海釣りツアーの添乗員さんがいいと違いますね!!
小出さんの、タックルシステム、選んだ場所、ルアー、地形、流れ、
などなど全て「自然との同調した瞬間」の出来事。

その後、狙い澄まして、60サイズを・・・カジキジャンプ。
オートリリースした後、「アッ!!」いう間に、夜が明けた。

20070127170620.jpg

帰り道は、朝焼けが綺麗でした。
さすがに、24時間起きて、河口湖釣り→移動→東京釣り→移動は、ネムネム。
睡魔に襲われ、気絶寸前、石川SAで土曜日の車にまぎれてプチ爆睡しました。




江戸前の釣りならまかせろ!!
Mr.カワハギ・オブ・ザ・イヤー(ハギオブザイヤー)の小出慎プロ。
そして、シーバス先生としてありがとうございました。

しかし、シーバスの先生はもっともっとHITしすぎです!!
今晩は、地合が長く、巨大シーバスが連続ラッシュの日でした。
小出さんが、4ファイトぐらいしたのは、見てて神がかり的でした。


ガイドの思うこと

さて、今回は、東京に癒されに海釣りに行きました。
仲間内の釣行ではありますが、小出さんに海釣りを案内されて、
「ガイドされる側」の気持ちがわかった気がします。

今回の私は【遊び・癒し】を求めての、東京の海釣り。

そこには、「ドキドキワクワクの期待感!!」
それとは、裏腹に「移動する時の、とおいなぁ~という、長旅の労力」

いろいろな、思いがありました。
今回は、ビッグシーバスも登場して大成功の東京の海釣り。
ただ、ふと思ってみれば「逆の河口湖に来る人の気持ち」も同じように感じた。


河口湖は、日本中からバスアングラーが来る。
そんな、バスアングラーにガイドの私が何が出来るのか!?

せっかく、長い旅路で河口湖に来ていただいたお客様に、
ドキドキワクワクの期待感を裏切らない。
長旅で来て頂いたお客様に満足して帰ってもらおう。
そして、やっぱり「楽しいバスフィッシング♪」を河口湖で味わってもらいたい。

そんな、期待に答えれるような「ガイドになりたい」と改めて思う。
そして、やはり「日々もっともっと頑張って、案内の準備をしよう」と思いました。



↓本業はバスです さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。




2007.01.29 Mon l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070127183836.jpg


夜明けまで、ミッドナイトフィッシング

きのうの、記事はこちらから↓
http://takahiroblog.blog46.fc2.com/blog-entry-322.html

さて、夕方、河口湖を出発して東京へ向かう。
夜も更ける頃、仕事帰り系の小出プロと合流。
金曜日から、土曜日に日付が変わった、深夜0時から海に出撃!!

最初は、期待していた「癒しのメバリング」を堪能。
そして4時過ぎから「今、爆発中のシーバスフィッシング」を体験しました!!


癒しの海釣り

●メバリング

まずは、やりたかった「癒しのメバリング」を案内してもらいました。
小出さん有望なポイントを2箇所ランガン。1箇所目は釣れず、2箇所目で少しHIT!!

大本命の2箇所目も、思ったよりバイトが少なく、風も吹いていたため、厳しい状況。
ただ、雨上がりだった為に、釣り人ほぼいなかったのがよかったですね。

☆東京のメバルの特徴☆

和歌山の海でガシラ釣りはやったことはある。
しかし、その時の簡単なイメージとは違い、東京湾のメバルは超繊細で難しい。

フィッシングプレッシャーも掛かっているような気がするせいか、
人が釣りやすい道具(リグのセットなど)でサカナを釣るのではなく、
サカナに人間が波長を完璧に合わせてあげないと釣れない状況でした。


バスフィッシングで例えるなら・・・

ジグヘッド1/16が和歌山なら、ジグヘッド1/32の釣りが東京湾。
ジグヘッドのウエイトが軽いと柔らかいアクションになり、最もエサに見える。

サカナがスレていないと、操作性のいい重めのジグヘッドが釣りやすい。
ただ、今回は、プレッシャーで軽めのナチュラルアクションがよかったですね。

20070128084159.jpg

初ランメバ Get!!
そんなこんなで、厳しいながらも釣れました。

さて、前半のメバル釣りも、風が吹き始めた。
風が吹くと、ラインのコントロールが難しい=リグがエサを演出できない。
スレたメバルは、エサとルアーを判断して、バイトも少ない。さらに、超寒い。
「癒し」というより「特訓」になりそうなので、一旦、マクドで小休憩。

バスフィッシングも大得意の「アフターの小出さん」と、
ホットなバストークを交わしつつ休憩。(メガマックはありませんでした。)


↓ここから、さらなるビッグシーバス劇場が始まる↓
2007.01.28 Sun l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070127170546.jpg

江戸前バサーと海釣り

河口湖も、いよいよ本格的な真冬に突入。
今回は、オフシーズンということもあり、癒しの海へとお出掛け。
本業のバス釣りから少し離れ、遊びの海釣りへ癒されに行きました。

20070127180932.jpg
江戸前バサー小出さん

●今回のスケジュール
金曜日に河口湖で練習、そして夕方に東京へ向けて出発。
東京に到着した頃には夜。金曜の仕事終わり系「小出慎プロ」と合流。
そのまま、深夜から朝まで、「癒しの海釣りツアー♪」を満喫しました。

そんでもって、早朝には、河口湖に帰る。
(金曜日)河口湖練習→東京上陸→(土曜日)深夜から朝まで海釣り→河口湖帰還
という、湖・海のダブルヘッダー&24時間完全営業でした。



戦場の河口湖

●前半の金曜日の河口湖の様子。

海が癒しならば、河口湖は戦場。
金曜日は、ハイシーズンへ向けての予行練習してました。

季節は一番釣果が厳しい、真冬に突入。
そこで、釣果も求めるが、シーズンイン・開幕戦へ向けた予行練習もする。

トーナメントレイクでありながら、お客様を案内する河口湖。
そんな人より多く釣る為に切磋琢磨している、ホームグランドは凌ぎを切る戦場。
さらに、この時期は極寒の北西風が吹くので、さながら戦場の様子です。

20070127170724.jpg


金曜日の練習は、おいしそうなニジマスがHIT!!
冬場は、低水温でも活発に動けるニジッコが釣れます。

次回後半は・・・「東京到着・海釣りツアー♪」へとつづく。



↓江戸前バサーのブログ 一足先に更新!!↓
http://blog.livedoor.jp/mako28koide/


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.27 Sat l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070125225944.jpg

楽しい釣り

今月号は「旬な釣り」がトップページを飾る。
そして、復刻の道を辿る、現代ルアーブームの流れ。

釣り人は、一度立ち止まって
「過去を振りかってみようと思った。」かもしれません。
あの懐かしい「ドキドキワクワク」の気持ちを取り戻す為に・・・


最新の機器

しかし、それとは時代錯誤かのように、電子機器は進化する!!
最新の文明の利器の登場、最新の高画質防水デジカメ。
懐古のルアーフィッシングとは裏腹に、バスを追求する心は忘れていない。


いろいろな時代が錯誤する、今日この頃のバス釣りですが、
「やっぱり、楽しい釣りをしよう!」とする、明るい未来が見えた気がします。



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2007.01.25 Thu l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070123220211.jpg


湖上人 ゼロ

緊急降雪から、丸一日・・・。本日、快晴・晴れの日、1.23!!
晴れの日は、朝夕が限りなく寒く、朝10時までマイナス気温あたりまえ。
縛れるほどの極寒でしたが、冬バス狙い・実践シュミレーションを兼ねて出航。

湖上には、誰一人として浮いていない・・・超完全貸切状態の河口湖。
知り尽くした河口湖と言えども、さらなる飛躍を目指して、サブサブの中、一人特訓中。
ハイシーズンに完全案内出来るように、真冬でも「湖底調査&実践シュミレーション」です。

20070123220222.jpg

きのうの朝の様子。
この衝撃写真が、雪深さを物語る。

秘密特訓中

実践シュミレーションの内容は、トップシークレット。
ただ、必ずハイシーズンに役に立つであろう練習方法。
かつて、IKプロが琵琶湖の湖底のヨットアンカーを、棒で叩いて確認すると同じ雰囲気。
それを、極寒の今の貸切状態の河口湖で、密かに特訓中です。
すべては、ハイシーズンのお客様案内の為に!!

本気の一時間

日中・日差しによって、暖められた水で魚は活気づく。
この瞬間の、夕暮れの活性が高まる期待の1時間!!
超集中して、バスと会話していましたが・・・本日、ご返事なし。
しかし、釣れなくても釣り。バスの生態を、少しでも感じ取れた気がします。

水温は冷え切った5℃をマーク。
水温としては、まだまだ食う感じのある雰囲気バリバリな感じ。
ただ、一年のタイムテーブルでは一番食わなくなる真冬に突入!!
ひょっとすると、バスは、一年の体力のサイクルを感じ取っており、
水温が高くても、生態上「低水温で過ごす日数の経過」で食わない日かもしれない。

ただでさえ、厳しい河口湖。
常に、ノーフィッシュと隣あわせの地獄の狭間。
消えていくボートの数を見ながら、常に「明日は我が身」と考え、猛特訓です・・・


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
寒い時期でも、記事でホッと暖まったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

2007.01.23 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20070122073025.jpg

真冬

朝起きたら、そこは豪雪地帯。

もし、河口湖にお越しになられる際は、スタッドレスタイヤを。


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.22 Mon l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070119222258.jpg


オープン シークレット

本当に寒くなり、冷え切った水と、透明度アップの真冬の河口湖。
こんな状況でも、バスが行動する限り、ルアー釣りは成立する。

そんな、厳しいながらも、今の時期の、楽しいバスフィッシングをするために。
今回は、そんな熱い釣り人の為に、少しだけシークレットオープンです。

20070119222308.jpg


私が、世界一釣れると断言する『アチックメタル』。
昔ながらの定番ホプキンス。新規参入のFソニック。
実は、ちょっと細かいシークレットが写真に隠れている。


メタルジグ・・・それは、結構簡単で結構奥が深い。
使用ロッドから、ラインの太さ、ジグの重さやカラーまで、考えると果てしない。

しかし、もっとも考えるべきであることは・・・
はっきり言ってしまおう!!それは、フックが命である。

ただ、細かいメタルセッティングや、動かし方のキモは・・・
機会があれば、ひっそりとした河口湖で秘密レクチャー!!

20070119222319.jpg


真冬の河口湖でバスを釣りたい、熱いアングラーのために、プチ公開。
冬はやっぱり、メタルを用意しておいた方がいいですね。


●河口湖のイベント

●河口湖 冬花火

現在、1月13日~2月18日まで。各週土日開催中!!開始時刻は8時。
特別に、2月23日も 富士山の日 花火大会
澄み切った冬空に、綺麗な花火はいいですね~♪

詳しいことは、河口湖役場のHPを検索してみて下さいね。


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
ポチッと一票で更新頻度もアップするかもしれません。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.19 Fri l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20070116210713.jpg

冬の釣り将軍

いろいろなプロジェクトや冬バス釣りを兼ねて出撃!!
冬の釣りは、いろいろな壁が立ち塞がり、一筋縄ではいかない。

氷の街・河口湖は降った雪を、絶対0℃以下の氷点下の世界で厚い氷に変える。
快適なバスフィッシングも雪関係のトラブルが常に多く、一つ一つ壁を乗り越えていく。
今日も踏み固められた「雪の氷」が目の前に立ち塞がり、ココを溶かしての出船。
冬バス釣りは、まるで「過酷な自然条件との戦」のようだ。

本気の一時間!!

いろいろな人とのアポもあり、本気の釣りは一時間!!
秘密の「プロジェクト&プラ」は、日当たりのいい快適空間にて作業終了。
風裏の暖かい場所(写真トップ)で、ハードプラグを楽しく投げてチェックしました。

本気は、ここから一時間・・・

強風の吹き荒れる一日だった。
鵜の島の航路は・・・すでに白波状態。まるで、葛飾北斎の日本海

本気で、冬バスを追い詰めようと思い、湖が暖まったピークの時間帯に一発勝負!!
勝負は終わり、開始5分で「新年あけましておめでとう初Fish 50up」をGET!!

本当は、ココで満足して「STOP Fihsing!!」もいいが・・・
寒さから開放され、早く上がり「暖かいコーヒー」でゆっくりすごす姿が脳裏に浮かぶ。
しかし自分自身、寒さを吹き飛ばすかのように、ハートは熱かった!!!

自分は「コレがチャンスだ!」と思い、さらにさらにビッグバスを徹底追及!!
「あと、もう一匹!」「あと、もう一匹50オーバー」を口癖に、きっと釣ってみせる。
そんな意気込みで、冬の「湖上の戦」にすべてを賭けていました。

そして、帰り道・・・

アメリカンスタイル?のエレキを降ろしたままの状態で、帰り道へ向かう途中・・・
超超超気になる画像が映し出されて、大型エンジンで急バック。

そこから、30分は、パターンを見つけて、28前後が入れ食い状態となり・・・
気がついたら、日が暮れかかり、気温はマイナスへ突入寸前でした。

20070116210706.jpg

こんな、ビッグバスがシーズン中にお客様に釣って頂けたら!!
少しづつですが、大反響を頂いており、
冬の河口湖でも、バス釣りをしてみようと思っている人もいます。

20070116210720.jpg


小さいアベレージ28cm前後のバスはプチ入れ食い!!
このシークレットルアー(ハードプラグ)の釣りもおもしろい♪
気になる人は、セキリュティコメントでもいいですので、どしどしコメントしてみて下さい。
(きわどい範囲でお答えします。)


ただでさえ、厳しい冬のフィッシング。
水温は5℃をマークして、ノーフィッシュは当たり前の世界。
そんな厳しいながらも、ドラマチックな釣りをタカヒロ足立は展開します!!



河口湖のバス、新年あけましておめでとう!!
トーナメントのシーズンはオフですが、
いよいよ楽しみなウインターフィッシングになりましたね♪



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
この記事で釣りに行きたくなったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


隠れ記事 もっと読む↓↓
2007.01.15 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (5) トラックバック (0) l top
20070114214003.jpg

段取り「命」!!

オフシーズンには、夜な夜な「タックル整理&チューン」をしている。
シーズン開放へ向けて、万全なスタートが切れるように今から準備。
そう、もうここから、シーズンインのバスフィッシングは始まっている。
この 「段取りこそ命」 が、今シーズンの気分上々↑↑アゲアゲになる。

紅い涙

リールのメンテナンスにおいて必要になるのが、リールオイル。
車のギアにオイルを差すように、リールにも必ず愛とオイルを。

20070114214024.jpg

最近のダイワの純正リールオイル。
超回転性能とかをウリにした、高級リールオイルもいいですが、
湖上に出る日数・時間が多い為、それよりも時間耐久性を求める。

リールにおいてもカリカリのレーシングチューンリールもいいが、
ワンシーズンでガタつくようなら、剛性を求めた、道具のようなリールがいい。

ロッドも同じで、例え重かろうが自分にあったもの。
ロッドを握った時から、釣りの闘魂が燃え、すでに自分の腕の一部。
バスを釣る為の道具であり、腕の存在。

かつて、世界チャンピオン・大森貴洋がクラシック優勝した翌年の開幕戦。
「リール:T.D.-X ロッド:T.D-S ルアー T.D.バイブ(赤針)」
そんな、日本では、当時最先端とは言えないタックルで優勝。
ここらへんに、バスフィッシングのタックルは道具だというヒントが隠されていると思う。

ちなみに、ベイトリールには、ベアリング部分に紅い涙を一滴。
スピニングリールは、本当はグリスアップが必要ですが、今回はノントラブル。
後は、軽い汚れを、綿棒、ティッシュで拭き取るだけで終了。



フック好感。

今まで、シーズン中に使用していたルアーを整理整頓。
そして、錆びたフックは即交換。
雨が降ったら傘を差すような、ごく平凡で自然なことですが、ここが重要。

しかし、それ以上にディープな話も存在する・・・

20070114214018.jpg

ルアーフックを大きく分類すれば、

●フックの色
●フックの軸の径
●フックの形

さらに、フックをより細かく分類すると・・・

●フックの重さ
●フックの光り方
●イン・アウト・バーブレス・フック

ここまで、深く深くフック一つにおいても考えます。
そして、ルアーにベストセッティングだと思えるフックを考えて付ける。

結局は、ルアーフックのセッティングも、
その時の状況により臨機応変に対応しなければいけない。
フックの光り方や、針の数mgの重さもルアーやバスに影響する。

さらに、フックの交換は、「このルアーだったら釣れるぞっ!!」っていう
ルアーに対する、自分の自信をアゲアゲ、手に取った時から好感がもてるようにする。
つまり、一番のチューニングは、自信を持って使えるルアーにすること。

さて、本当は「針の付いていないルアー」は凄くバイトがあるという。
ルアーのフックは、確実にバスに見えている。
近年、透明なPEが出来たように、近い将来、透明なフックも必ず可能になると思う。


次回は、本当にあけましておめでとう出撃!!

もしくは、秘密のルアープロジェクト・・・を予定♪



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
ワンクリの期待が大きければ、もっと更新したいと思います。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.14 Sun l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070101101259.jpg


ナンバーワン 1.11.の日

今日は、1月11日。
どこからどこをとっても、1のつく「ナンバーワン」の縁起がいい日!?

日本一の富士山を眺めつつ、世界一になる目標を目指しつつ、
そんな日に、いろいろなプロジェクトのプラを兼ねて出撃しようと思いました・・・

しかし、降り続いた雪と、氷の街、河口湖の寒さは想像を絶する。
スロープは無常にも、雪と氷で固められた壁で封鎖。
これを爆破しようと、今日はスロープまわりの雪掻き(いや氷砕き)作業。

もちろん、駐艇場付近も凍った雪。ここも爆破。
なので、出航は次回に延期です。


ゆったり・のんびりと

今日は、作業終了後、温泉でゆっくりのんびりと日頃の疲れを癒す。
湖上に浮かべない分、「次回への釣りたい気分の大爆発」を充電中。

そして、ハイシーズンへ向けた戦略を想定、バスへの探究心を胸に、
次回は「興味心ある、冬にしか出来ない河口湖」を調査してきます。



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.11 Thu l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
カウントダウン FS

国際フィッシングショーまで残すところ1ヶ月となりました。
(関東では、パシフィコ横浜で 2月 10、11日 開催)

関西の方では、一週間、一足先に、フィッシングショーOsaka。
あまり意味はないですが、「釣りヒロシ」というネーミングはなくなりましたね。

FSは、釣りという文化の、年に一度の一大イベント。
そして、現代フィッシングの集大成とも言える展示博。

これをみなければ、流行を語れません。
今年はどんなルアーフィッシングの年になるでしょうか?


海到来!?

最近、風の噂で流れておりますが、バサーが徐々に海に進出中・・・
もっぱら冬場は、湖のバサーが海に流出しているようです。

シーバスを始め、イカや、カサゴ、などのルアーフィッシングが熱い熱い!!!
カワハギ釣りというのも、ちらほら声が聞こえてくる。

私の実家の島根県は、すぐそこが「日本海&境港」。
水産資源は超豊富で、海釣りの魚がなつかしい。
バサーにとって、海釣りはまた別のレジャーフィッシングなのかもしれません。



そんな、すべての要素がぐっと詰まって公開して「見せる」のがフィッシングショー。
いろいろなブースがありますが、今年も楽しみにしています♪

それよりも、
  「バスフィシイングも、これに負けないように、頑張らないと。」
より、もっと多くの人に、魅力的に見せれるような釣りがしたいですね。



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

2007.01.10 Wed l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
トップウォーターミノーとは?

数年前の河口湖の出来事。
その年の春先に、「E川」さんが、
芦ノ湖のワカサギの孵化方法を用いて、大量放流にに成功したと聞いている。

その年のワカサギ釣りでは、魚探映像にワカサギが、
まるでピラミッドのように映り、超豊漁でスーパー入れ食いでした。

もちろん夏場もその状態で、ディープウォーターには、
ニジマス、ニゴイ、バス、ハスなどのフィッシュイーターはすべてディープに居た。

20070108020047.jpg


この時に、大活躍したのが、K-0ミノー。
いわゆる、トップウォーターミノー。
ただ巻きの水面スローローリング、デッドスティッキングで大爆発!!

一番最強な日には、夏場の信号下で、
40upを含む、ナイスサイズが、13連発の超入れ食い祭り。

ちなみに、数十カラーある、ハンクルのK-0ミノーですが、
「細かいルアーの特徴の差」で大きく釣果が違う。
それは、数mgのフックの重さだったり、インナープレートだったり。

詳しいシークレットは、現場の状況次第のチューンですが、
少しの差で、出るか!!出ないか!?乗る!乗らない?がハッキリ出る。

20070108020054.jpg


もう一つはコレ。
私はあまり使用しなかったが、波立った時によかったらしい。
沖にいる、ワカサギの群れについているバスが、豪快にトップに出る!!
いつかのチャプターのウイニングルアーでした。


そんな、熱い熱い、夏のシーズンまで少しおあずけですね。



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
連休最終日。あしたから・・・
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.08 Mon l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
TOPの思い出

最近、よく思い出すことがある。
昔、よく使っていたトップウォーターの思い出。
私の「ハードルアー」は、メインボックス(vs3080)の上段を除いて、
サブのハードルアーボックス(vs3070)の中にあり、倉庫の隅においてある。

20070108013305.jpg

私が釣ってきた時代や地域は、メガバスのトップウォーター全盛期。
とにかく、トップと言えばメガバスがイチオシ!!。
バズベイトと言えば、「朝からゲーリーバズ」でしたね。

20070108013332.jpg

思い出に残る、初バスルアーは「ヘドン・ダイイングフラッター」。
(写真は、ヘドン・ラッキー13です。)
その頃から、ペラの角度、回転チューンをしていた。(スウィッシャーはペラが命!!)

去年の河口湖は、バスの漁獲の追求あまり「楽しさを忘れて」しまったようだ。

新しいメソッド、新時代の奥義を確立するのもいいと思う。
ただ、これからの時代、ベーシックスタンダードなルアーテクニック、
そして、「趣味・和心・楽しい」というテーマを伝えれたらいいと思う。
そして、やはり斬新的な、おもしろいルアーテクニックもねっ!!



他にも、クランクやミノーなど膨大にある。
オフシーズンに、夜な夜なタックル整理をしていて思い出した。
もちろん、トップだけでなく、いろいろなルアーもあります。

次回は、近年の河口湖の爆発的釣果を生み出したトップウォーター。
史上まれにみる、トップウォーター13連発の話でも・・・



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
3連休、ランクアップで毎日もあるかも!?
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.08 Mon l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20070106200557.jpg


おはよう日本 冬景色

今朝、しんしんと降る雪で外は冬景色。
ついに、河口湖にこの季節がやって来ました。

そんなオフシーズンでも、いろいろな作業をします。
天気のいい日には「バスボート&車」の整備や清掃はもちろん。
雪や雨、夜のインドアな時間帯は、別の作業(遊び?)をします。

私なりの、バス関連の「インドアな冬の遊び方」を公開!!
ほとんど、読書か、バスブログのネットサーフィンですけどね。


気になるフリーペーパー

アウトローの私は、王道バス雑誌よりも、「お気に入りのフリーペーパー」を好んで読む。
そこには、お気に入りの記事と、溢れるばかりのルアーフィッシングの魅力がある。

私のオススメ♪フリーペーパー雑誌。

●「ラッキークラフトの会報誌」

ラッキーの雑誌は、超一流のフィッシングジャーナリストが記事を書く。
記事のクオリティ、本場のバスフィッシングの新鮮さは、目を輝かせるものがある。

斬新なトーナメントの見解や、
「本当のルアーフィッシングの楽しさとは何か?」が伝わってくる。

インディーズやビンテージ感が漂う、昔の楽しいトップウォーターフィッシング♪
いや、今も絶対に楽しいはず。どこかにわすれてはいませんか?


●「BAKU×BAKU」

最新号のvol.7 表紙「クリスマスバージョン」は世界の並木プロが記事に登場。
並木プロが考えている「水温10℃を切る」冬バスの攻略法は、河口湖の現地のバスの状況と同じ。
今月号は、冬バスを攻略するうえで、必見の記事です。


私のオススメ!?アメリカンカタログ

●バスプロショップカタログ

すべて英語で書いてあって、なにがなんだかわらからいが、楽しさは伝わる。
この本、一冊でアメリカでのバス釣りの深い深い歴史を読み取ることができる。
やはり、アメリカ人は、やること・考えてることが違いますね!!

ちなみに、マイク・アイアコネリはダイワのリールページ。バンダムはクワァンタム。
そして、リック・クランは・・・シグネイチャーシリーズ!?


ブログ・ネットサーフィン

バスのみならず、すべての釣りに関わる人々が日々何をしているのか?
そんな、日本中、いや、世界中の人々が、リアルタイムに記事を更新している。
世界各地で、いつ、何時何分、どんなことが起こっているのか、そんなことに興味津々。

「日本のバスフィッシング・ITシステムエンジニアリング T氏」がHPを作っている
バスブログのリアルタイムな更新新着順NEWS形式のこのコーナー↓
http://www.jbnbc.jp/JBlog/in.php?id=11 (右下のblogヘッドラインβから検索)

まずは、ココから・・・日本各地のバサーの様子を垣間見る。
そして、バスのみならず、海人や、実録・ボート屋の仕事とは一体!?

「世界中の釣り」は、それに関わる人々がいて、いろいろなおもしろさがある。
この「釣りの楽しさ」をみんなに伝えて、
どんどんと、バスフィッシングを盛り上げて行こうじゃありませんか!!


↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
ランクアップしたので記事も更新中です。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.06 Sat l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20070105194546.jpg

What's ハプニング

今日は、朝から強烈な冷え込みが河口湖を襲う。
就寝中でも超極寒・・・((((;°Д°;)))ガクガクブルブル(死語!?)
ホント!!ありえないぐらい((((;°Д°;)))ガクブル((((;°Д°;)))ガクガクブルブル。

夜が明け、浜の水は全て凍り付き、土中の水分は霜柱で地面一帯まっ白。
先日、バスボートを降ろそうと思ったとき、トレーラーのタイヤが凍りつく。
極寒の朝から必死になって、お湯バケツ3杯かけ、やっとのことで解氷作業終了。
まわらなくなったタイヤも、さむかった私も、やっと走りだしました。
冬になると、いろいろなハプニングがある山上湖なのです。


本日は、霊峰富士の麓にある、富士吉田の神社へ。
おくればせながら、「富士浅間神社」へと祈願に行きました。


交通安全

まずは、去年一年の無事故を感謝しつつ、
絶対!!今年も事故を起こさないように祈る。

そして車関係のトラブルも起きないようにと願う。
運転やトラブルなどは自分の体調管理、メンテナンスで回避できると思う。
しかし、必然的に起こる見えない力は・・・最後は神頼みでお祈りします。


航行安全

バスボート・レジャーボートの交通安全を祈る。
河口湖という観光の湖の特徴上、繁忙期にはボートの数が多くなる。
水上交通もボートが増え、高速で移動するボートは、衝突するとかなりヤバイ!!

絶対!!そんな事故を起こさないよう、
また、そんな事故が起きないように一年の湖上の平和を祈る。
やっぱり、釣りは安全第一!!絶対に危険は回避しましょう。


大漁祈願

そして、もちろん今年一年がバス大漁でありますように。
楽しいバスフィッシングはもちろん、ビッグバス大漁だと、なお楽しい♪
もちろん、「湖のよりすぐりのビッグバス5本」というのは、永遠のテーマですけどね。



↓春から営業開始 さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
一日ワンクリックが私のエンジンスタートになるかもしれません。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.05 Fri l オフな日 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年の目標

今年一年の目標は、「河口湖でより多くの人に釣り教室案内」をする。
より多くのお客様に、楽しい楽しいバスフィッシングをご提供♪。
河口湖という湖、大いなる富士に囲まれたなかでの釣りを、思い出に残るような・・・
もちろんバスを釣ってもらうために、一生懸命にレクチャーしますが、
釣れなくても憶えていてもらえるような、案内人を目指したい。

そして、河口湖をさらにさらに極める。
私自身、河口湖のバスフィッシングにおいて、
過去4年における、膨大な河口湖データを蓄積した。(シーズンは毎日)
しかし、もっともっと詳細な河口湖という湖のすべてを知ること。
知りつくしたと言えども、もっともっと貪欲に、さらに極める意気込みです。

さらに、毎年変化する、バスの行動パターンにリアルタイムに追いつ難しさ。
(ベイト「ワカサギなど」の沸き方かたや、自然の変化に対応する難しさ)
バスを釣るだけの為にある、星の数ほどある魅力的なルアー。
そこのところがバスフィッシングの楽しさであり、奥行きの深さ。
今の今まで、バサーを魅了してやまない魚といったところですね。

20070102222743.jpg


春先は、ワーミングよりシャッド・ミノー系がヤバイ!!
この上のルアーにさらに、ジャークベイトのPが加われば。


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
ランクがあがれば、更新頻度もあがるかもしれません。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2007.01.02 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20070101101259.jpg

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます。

釣り人のみなさま、本年も 「タカヒロ足立」 を宜しくお願いします。
ブログを楽しみにしているファンの皆様、
ガイド・釣り教室のお客様、どうぞ河口湖畔でお待ちしております。

今年は、

  「本当に楽しい、ルアーフィッシング♪」

                       をモットーにやっていきましょう。


まずは、新年のご挨拶まで。
                                足立貴洋
2007.01.01 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析