20061202225056.jpg

PM4:30

本日は、夕暮れの空いた1時間だけ湖上に出ました。
少し風があり、体感は非常に寒かったです。

謎のバイト

さて、冬場所のフィッシングとは違い、
まだまだ体力のあるデカバス狙いへと、噂になっているあのポイントを調査。

このポイントは、おそらく湖中で一番ホット。
ただ、日によってムラがあり、大爆発する日はデカバスのみスーパー連続HIT!!
ただ、さっぱりな日はうんともすんとも言わないそうです。


ここは、ベイトフィッシュの群れの魚探が凄い!!
ピンスポットにダイレクトに魚群映り、生命感はバリバリ。。。

こんだけ、生命感ありなら、キッチリ通せば、釣れるでしょう♪
と思いましたが、謎の「ビビッド!!」バイトが2回ほどあり、1時間のフィッシングは終了しました。

もっと突き詰めて、タイミング次第では、デカバスヒットは、望めるでしょう。

↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

スポンサーサイト
2006.11.30 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top


ポカポカ冬バス釣り。

だけど、魚探のセッティングはしっかり!!

今日は、久々に見るポカポカ陽気の秋晴れになりました。
山々の木々は、紅葉が目に染みるほど赤く鮮やかに色づいている。
今日は、ちょこっとだけ、ボートで冬バスの探索に行きました。

冬の釣りのエリアを探るので、ほぼエレキだけのフィッシング。
この釣りを究極まで突き止めようと思い、新しい発見がありました。


最先端機器と旧石器時代の探査機

今まで、冬の釣りをしてきました。
ぼんやりと見えるパターンと、ある共通性のある冬の場所。
ただ、その場所の地形の変化が魚探に全く映らないので、
共通したほかの場所を探す画像の判断基準がない。

ここのところを究極に突き詰めようと思い、
魚探の映像だけで、釣れるか釣れないかが分かるような画面を求めた。


●最先端機器

今の時代、最先端・高性能魚探機器に映らない画面はない。
数々の微調整を行い、みえないものまで映し出すセッティングを完了。
普段、完全に見落としがちな、わずかながらの変化がぼんやり魚探に映る。

しかし、この映像・・・
決してバスは映らない。
答えは、ジグヘッドから伝わる感触と、バスのアタリのみが伝えてくれる。

ただ、この「わずかながらの変化」でしかバイトは生まれない。
その画像が魚探に映っただけでも、大発見でした!!

●タングステンの探査機

昔から言うが、ルアーはパイロットルアー。
バイブレーションやクランクは、ウィードエリアでのパイロットは一般的。
これをワーミングに例えると、リグはソナーであり、時に湖底探査機にもなる。

石器時代ではないが、魚探のないバス釣りの時代は、リグで底質を判断していた。

そのわずかながらの変化が魚探に映り、そこをリグが通過した瞬間に・・・
それを想像しただけで、次の瞬間、「ピカーン」とひらめいた・・・


こたつでみかん

さて、湖上で答えがわかった瞬間、
まるで生き物と化した、ルアーが湖底を通過した瞬間に、

「こたつで、みかんを食っているバスの姿」

が脳裏に浮かんだ。
その瞬間、バイト発生!!う~ん、これは超きもちい~い♪

ただ、これ以上、さらに深い深い世界も存在する。
次は、なんでもいいルアーではなく、一番確立の高いルアーをみつけよう!!
その次は、デカバスだけGet出来るような、釣り方も・・・



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


おまたせしました・・・
後、更新記事が2日分ぐらい宿題が溜まっています。。。

2006.11.29 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061129010251.jpg

野生生物の宝庫

河口湖には、さまざまな鳥が飛来する。
冬に近づくにつれ、鳥たちは群れをなして、湖畔で生活する。

今の河口湖で生息している中型の鳥(カワセミやスズメサイズは除く)は
【カナダガン、カワウ、カモ、カラス、サギ】といったところ。

写真は、鵜の島の湖岸に群れをなすサギ。
本来は単独で、変な場所に、まるで置物のようにいることが多い。
そして、問題になっているのはカワウ。ただ、今年は魚を咥えてる姿をあまり見ない。

20061129010259.jpg

そして、忘れてはいけないのが、このカモかも!?
これが、本当のカルガモ状態・・・
色が美しいカモと、地味なカモ、これはオスメスいるようです。


天候変化をリアルに感じる

最近、曇り空なのに妙に暖かい。
しかし、今日の午後からは、ぐっと気温が下がり
リアルタイムで、気温の変化、縛れるような寒さを肌で感じて身に染みた。

空は暗くなり、まるで「いでよ、シェンロン」・・・って感じの暗さ。
ビッグバスの願いは・・・

今日は、「かろうじて生きている・ビッグフィッシュパターン&冬の釣りのMIX」で展開。

他の人にみられないように、ひっそりとビッグフィッシュ調査を遂行。
ただ、ベイトフィッシュ絡みの釣りなのか?
ベイトの移動・バスの活性を、魚探を睨みつけて考えていました。

冬の釣りは、ほとんどOPENになった感があるものの、
人がいると、「どうも、釣りをみられる、バスを釣ったら囲まれる」雰囲気がある。
今日は、貸切でおもいっきりフィッシングできましたけどね♪


ビッグフィッシュパターン

エリアによって、今日は食う・食わない。
はっきりした答えが返ってきて、今日ダメなエリアは、うんともすんとも言わない。
ただ、天気次第で食うタイミングが合って、
ますます気温や水温の変化に敏感になっている様子。

今日は、ビッグバスは不機嫌か!?
新しいエリアと、噂のビッグバススポットは黙ったまま・・・
しかし、確かにビッグフィッシュが溜まる要素の場所はありました!!


冬の釣り

相変わらず、安定して数が釣れる。サイズも釣れる時は釣れる。
しかし、連日のプレッシャーで少し陰りが見える気もする。
ただ、絶対的に毎回釣れるのはこのエリアであって、キーは幾つかある。

今日のヒントは!!

もやもや○○○○でバイト多発!!
この時期、バイトがあった場所は、決して交通事故的に釣れたわけではなく・・・

さて、これ以上は湖上で体験してみちゃって下さい。
ただ、今日もそうですけど、相変わらず完全貸切状態ですね♪
ボートも、最大で5艇ぐらいしかみない、トーナメントのオフ後の河口湖でした♪


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2006.11.29 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top


激荒れ・ピューピュー!!

朝、起きてみると、妙に暖かい。
霜の降りる日のような、縛れるような寒さは感じない。

一日中曇りでしたが、いつもより、湖上は暖かく感じました。
ただ・・・午後からのピューピューの風は釣り不可能。
富士山は超大きな傘を被り、まわりの雲は妙に、早かった!!

さて、今日は、9時頃から、4時頃までフィッシング。
いろいろチェック項目はありましたが、
いかんせん、つるべ落としの如く、日が短い。

釣りの一日は、天気との戦い、自然の魚相手とはいえ、
最近、悔しかったので、ビッグバスラッシュしそうなエリアを探しに今日も旅へ。


開拓者スピリット

本日は、湖の全体的なエリアと、冬の釣りをMIX。
まだ、水温12℃台をマークしており、タイミングさえ合えば食う。

それに、水温も12℃前後を、安定してキープしており、
今の状況では、水質・水温が安定して、食いも安定している様子。

ただ、もう一回、寒波や大風、大雨が降れば、先行きわからない。
「刻々と変わる、未知なるフィッシングの筋書きのないドラマ・・・」
それが、バスフィッシングの楽しみでもありますけどね♪

●午前中は・・・

さて、激アツのストレッチは、依然ヒートupしており、いい感じらしいですが、
あえて、それ以上に、この時期、釣れるであろう場所を開拓しに旅ににでました。
釣れるとわかって、同じエリア・同じ釣り方でバスを釣るよりも、
また違った、バス探しの楽しみを求めて。

●午後は・・・

しかし、午後になると、大風で、ボウボウエレキすら、ネバーストップ!!
この時期に、吹かれたら釣りになりませんわ。


今日のサカナ

最近、ビッグフィッシュは、アフタースポーンや、夏の場所で出現する。
今日も、河口湖の水通しのいい、アフター定番の場所でビッグサイズ出現。

今回、湖上で気付いた重要項目が4つありました。
これは、釣りのヒントで、ちょいヤバなので、まだまだお楽しみに。
もし、興味ある方は釣り教室をどうぞ!!

ただ、一つ言えるのは、まだまだ、40upは釣れる釣れる♪釣れます!!

トーナメントシーズンも終わり、湖上は一段落。
これからの、水温が下がりきるオフシーズンまで、湖上は貸切・釣り放題ですね。


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

2006.11.27 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061126200955.jpg


冬バスを追え

最近、霜が降りるほどの寒さが続いている河口湖。
ただ、湖の中はまだ暖かく、バスは引き続きよく釣れている。

ただ、オフシーズンには、マリーナやショップの大会が多く、
少数の人気場所は混雑ぎみで、フィッシングプレッシャーがどう影響するのか?


本日は、ボートで釣り教室・午後の部で佐藤様をご案内。
前回が釣り納めということでしたが、短時間でもご来湖されました。
都合により2時から4時半の釣り教室でしたが、本当にありがとうございました。

さて、本日のテーマはビッグバスのご注文!!
少し風も吹き、極寒と、短時間の、今年最後の最終決戦!?
いったい、この寒さでどうなることかと思いきや・・・


ターゲットの行方は・・・

ビッグバスを狙うのに、夕方2時間少々では、大博打に賭けるしかない!!
この時期、ビッグバスが出るであろう、湖中のピンポイントを叩くもノーバイト。
無常にも、冷たい風が吹き荒れ、フィッシングプレッシャーもかかり厳しい状況。

このままでは、大博打を外してしまうのではないか?
と思い、「数釣り&夕方のボーナスフィッシュ」に期待。

冬バスが群れているであろう、【ザ・冬バスコンタクトポイント】を丁寧に流すと・・・
あれよあれよの、出るわ出るわのバイトラッシュ!!!

う~ん、ビッグバスは掛かりませんでしたが、
最後の30分にはプチラッシュが起きましたね。

いよいよ冬将軍に突入すれば、チビバスは釣れなくなりビッグバスの確率がアップ♪

それよりも、日曜の午後のアレの予想は、結果はどうだったのでしょう?



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます
2006.11.25 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (4) トラックバック (0) l top
20061124223523.jpg

缶コーヒーは奥が深い

今回も引き続き、この時期の初冬の冬バスのヒントを、
よりリアルタイムに、ヤバイぐらいだしちゃいます。

確かに、情報だけを仕入れて、
「同じ場所で、同じようなリグで、同じアクションをすれば、」
みんなが同じバスを狙って釣れてしまう、このご時勢。

しかし、本質にある「バスの生態」や「ルアーチョイス」は奥が深い。
そして、良質なコーヒー豆を使用した缶コーヒーは、コクと奥が深い。


なので、全てを明かさず、釣り方のヒントを公開・・・
具体的なルアーや、バスのコンディションにあった誘い方のキモをこっそりと。

そして、少しでも参考に読んでいただいて、
フィールドに足を運んでバスつりを楽しんでいただければと思います♪
ただ、釣り教室では、自分の知識やテクニックは全てお教えしますけどね♪


冬バス徹底検証 その2

ヒットルアー!!

この時期は、活性が極端に変わりやすく、一晩で激バイト!!激渋り↓↓は日常茶飯事。
それは、風を無視した気圧や、水の入れ替えで魚の動きが変わると思っている。

激バイトの日は、たいがい浮いていて、フォールやスイミングがこの時期でも熱い!!
ただ、しっかりとした、バスが潜むピンスポットを通してこそ、ルアーがひったくられる。

逆に、激渋りな日は、極力ルアーのボリュームを小さくしたもので対応。
ただ、やみくもに小さくするのではなく、完全にマッチザベイトを意識した大きさがキー。
この時期の、バスのメインベイトは・・・○○系をイメージしてバイトを誘発。


●ルアープレッシャー

さらに、限りなく、完全に、ルアープレッシャーをなくし、
まるでルアーだけをエサのような演出する方法がある。
これは、しっかりと、ルアーのボリュームやリグやを調整しなくてはならない。


前提としては、ベイトの生態、詳しいカラー、動き、などの知識があるとGood!!


●そのヒントは、【色】 【シルエット】 【ルアーがもつ波動】をベイトに合わせる。

単純に言えば、は魚類図鑑を見れば一目瞭然。
ただ、魚類図鑑よりも、自然界の魚は想像以上に保護色で現場の多様性に富んでいる。
これは、場数を踏んだアングラー、漁師、川で水遊びをしている子供が詳しいかも?

それよりも、もっと重要なのがルアーの波動とベイトの波動。
こればっかりは「バスが何を食っていて、そういう時には、これがベストヒットルアー!!」
というデータを元にしてしか表現できない。
そこに、釣り人は経験というデータをもっている。
だから、長年やってきたバスプロは上手いと思う。


一見、ルアー選びは簡単なようで、そこに一つ一つの意味があって、
理由なしには、ルアーというものは選べない世界がある。


狙うべき場所

ルアーの話が先行してしまったが、バスが居ない場所に投げても釣れない。
漠然としたエリアは、大勢の人が気付いている。

ただ、みんなが気付いているようで、気付いていない観点がある。
だいたいの場所はわかるが、魚探で映らないエリアにもバスが溜まっている。
さらに言えば、ルアーの感度や感触でしかわからない湖底のピンスポット。

バスが居る場所はもちろんのこと、バスがベイトとしているエサも関係してくる。
どんな時に、バスがどんなエサを水中で獲っているかを想像してみればわかるかも?


とまあ、こんな感じで想像を膨らまして楽しいフィッシングを展開♪


さあ~て、明日は湖に出撃してきます!!


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.24 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061122182929.jpg

完全貸切絶景の河口湖

先週から、金・土・月と湖に出撃しました!!
平日の湖上は、まるで人の気配なし。

雨の月曜日は、わずかに2艇しか遭遇しませんでした。
一艇は、河口湖の同い年の若手艇。もう一艇は、赤いバスボート。

誰一人いない
    【完全貸切状態の河口湖】
         では、おもいっきりフィッシングを堪能できますね♪


バストーナメントは終わったとはいえ、まだまだ、水温は10℃を切らない。
まだまだ釣れ釣れでイケルぜ。河口湖バス。。。


冬バス徹底検証

季節は着々と冬へと向かいます。
今のタイミングは、「私は、晩秋から冬への境い目」と思っています。

昔は、琵琶湖でフィッシングをしていました。
その時の琵琶湖のパターンも、
バスが越冬に入るワンド内の、入り口付近がキーでした。
まさに、夏場、沖に出ていたバスが、
「一斉にワンドの入り口に刺してきた瞬間」が肌で感じ取れる。

河口湖でも、そういう場所や爆発するタイミングがある。
だんだん、ワンド内でも釣れてきたな。って思う今日この頃です。


雨の日は釣れない。

ただ、長雨が降った後の日は釣れない。釣れない。
これは、長雨が水をかき混ぜ、バスをショック状態へと落とす。
きのうまで、入れ食い状態が、一夜にして、ノーバイトノーフィッシュへ変える。

まったく同じ場所で、同じことをやっても無理。
バスは、今日明日で大きく移動することはなく、まだ居るはずだが、渋い渋い渋い。

こんな時に、超ショートバイトでも生まれさせるテクニックが存在する。
ただ、これこそ湖に出ている人の専売特許みたいな技術テクニック。

キモは、ルアーをまるでエサと思わせるような、ダブルフィネス、
いや、「トリプルフィネス」を展開しなければ、ならない状況もあります♪



参考までに、
トリプルは、「○○○のボリューム・○○のウエイト・○○○の細さ」がキモです。
いつかの、スーパーバスクラシックのS村プロが、
同じようなことをしてバスを搾り出してました。


実は、秋晴れのほうが釣れる

実は、霧が出ているような、冷え込みの厳しい日のほうが釣れる傾向にあります。
これは、湖面には風もなく、日中気温があがる。

つまり、水中でもポカポカ陽気で、水が安定しているのでしょう。
こんな日は、バスがよく釣れます。

さて、次回は釣り方のキモを、こっそりアップしましょう。お楽しみに♪


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html
 ☆こんな、冬バスの釣り方をレクチャーします↑

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


まだまだ、バスは釣れるので、

「ネイティブバスがまとめ釣れできる、この瞬間の河口湖」

                    に来てみてはいかがかな?

2006.11.22 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061120195517.jpg


AM7:30

今日は、連日爆発している『あのパターン』を煮詰めようと、朝から気合を入れて出航。
金曜日は、たったの正味3時間で、15本のラッシュと46cmを筆頭に4本のキロ前後!!
これを、さらに進化させて、もっとビッグバスオンリーなオリジナルパターンを完成させる。

しかし、きのうから降った雨は、湖の状況をどう変化させるか・・・?


FFフィッシング

冬入り前のバスはいずこへ・・・?
長い長い大雨で、水中はphショック&キツイターンオーバーの影響。


激アツのストレッチ&湖底のピンスポットは、マメバスのバイトすらない状況。

湖は、一夜にして、「ノーバイト・ノーフィッシュ・激渋り」になってしまった。


そこで、ルアーのボリュームを極度に落とした、
オリジナル 【ダブルフィネスフィッシング】 を解放宣言。

しかし、コレを駆使してでも、超ーーーショートバイトで3本が限界。


レギュラーサイズがバイトせず、体力のあるビッグバスしか釣れない状況と判断。

ビッグバスオンリーゲームをするべく、究極のエリアをランガン。
渋いながらの状況では、ピンを粘って釣る、時間をかけた釣りで展開。
FFフィッシングを駆使して、ウルトラショートバイトの行方は・・・


『read more 』へ つづく↓


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.20 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061119195246.jpg


けものみち


岸釣りは、けものみち・・・

この風景、岸釣りで歩く道は、けものみち。
誰が通って出来たのか?いつのまにか自然に出来ていた釣り場への道。

まるで、 「バス釣りの世界に迷い込んだような風景」 と想像が浮かんだ。


けものみちとは、野山において動物の通行によって自然にできた道。


釣りの世界もけものみち・・・

人間の道を踏み外し?釣りで生きていく人達だけが通った、けものみちを行く。
一歩踏み外せば、人間社会への復帰すら危うい。
おのずと迷い込んだ釣り人が、この世界で生きている。と思えてきた。


バス釣りに夢中になった人々は、
皆、同じような「釣りのけものみち」に迷い込んでしまう。
一度そこに足を踏み入れたものは、二度と抜け出すことはできない。


☆ とまあ、一つのけものみちの風景で、松本清張のドラマを連想しました。 ☆


ただ私自身、この道で生きていくと決めた以上、反れるはもう出来ない。

バス釣りは本当に楽しいですが、やはり、リスクを伴い、
それだけ、命をかけて、毎日一生懸命、必死に頑張っています。


まっ!!釣りは楽しく行きましょう♪



湖上にて感謝感激雨あられ


最近、湖上、店、大会会場、友人などなど・・・
いつも「ブログ見てますよ」声をかけられる。

なかには、最近更新が怠っているというお叱りや、
もっと、こうした方がいいんじゃないの?というアドバイスを受けます。

このブログを読んでいる、
「読者のファンの皆様方」本当にありがとうございます。


ぜひ、釣りブログを見てるだけでなく、
実際にフィールドにて、バスフィッシングをレクチャーしますので、
今年最後のチャンスに一度いかがですか?



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


今日の番外編です↓
2006.11.19 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061118162504.jpg

新企画・ボートで釣り教室

恒例となった、極寒の河口湖。
日中はポカポカ陽気でしたが、ボートで走ると結構寒い。
本当に、重装備の防寒の必要性を感じるこの頃になりました。

ただ、バスはまだまだ釣れる!!
40overを含めて、まだポコポコ釣れるので、この時期最後のオススメ♪


本日は、 新企画・ボートで釣り教室 と題して、

ボートフィッシングにて、今の時期のバスフィッシングを詳しく解説。

実際、ボートでフィールドへ出て、2時間の短時間の釣りレクチャー。
短期決戦!?の為、今一番ホットなエリアで釣りきるまで粘ります。
佐藤様、中嶋様、延長まで頂いてありがとうございました。


激アツストレッチの流し釣り

さて、今日も、今一番ホットな釣りを短時間で展開!!
この時期の、冬への入り口のバスの生態、ルアーでの誘い方を解説。

ごく短い、激アツストレッチを、ある釣り方で流しつつ、数を揚げる作戦を実行。
大・中・小、サイズはなかなか選べませんがこの時期のプチ荒食いパターン♪
たくさんバスが泳いでいるので、全部を釣りきるぐらいに、まとめてキャッチ。


●朝一のバイトラッシュ

朝一は、佐藤様に、ナント!バイトラッシュ。
天気は晴れでピーカンだから渋いのか?そうは問屋が卸さない!?

ノンプレッシャーで4バイトあったアタリも全てアウト。
この釣りは、食っているベイトの、バスの食べ方の習性からして、アタリがとりにくい。

ボトム感度ゼロ。アタリゼロ。気がつけばひったくられる。

ただ、魚は豊富にいて荒食いモードなので、数はポコポコ釣れる。
船全体では、全部で7匹釣れ、バイトは倍の15バイトぐらい。


う~ん、アタリからフッキングまで、その日のパターンに慣れてしまえば、
かなりの数・サイズは上がった感じでしたね♪
しかも、何回かビッグバスのバイトもあったと思います。
佐藤様、中嶋様、ビッグバイトはオシかった!!!


●ホワ釣り

財津さんが、たまにたまに言う、「○ワ釣り。」
これだと、ある人のマンマパクリになってしまうので、「ホワ釣り」と命名します。

この釣りは、ルアーを、
まるで、○○がホバリングしているような、「ホワホワ泳いでいるアクション」を演出。

これ以上、確信まで触れるとヤバイので、あとはフィールドで!!


ただ、バスの誘い方は、日によってムラがあり、アクションはいろいろ。
今日は、釣っているうちに囲まれてしまったので、プレッシャーもかかる。
フィッシングプレッシャーも掛かると、動かし方はやや違ってくる。

バイトの取り方も少し難しい面もありますが、こればっかりは言葉で言い表せない。
やはり、フィールドへ行け!!ですね。



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.18 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20061117173404.jpg

AM 8:30

今日は、朝からとても寒く、曇りがちな一日でした。
ただ風がなく、これが唯一の救いでした。

さて、朝早くは、冷え込みで激寒いため、8時過ぎよりスタート。
今日の河口湖は平均7℃の極寒のため、昼はゆっくりランチ休憩、
日が落ちるとすぐ暗くなる、つるべ落としなので4時に上がりました。

さて、久しぶりの一日出船でしたので、
午前は、鵜の島まわりをベイトの反応を見つつ魚探掛け。
午後は、財津プロと合流して、今、一番熱いパターンを確認に行くことにしました。

明日の釣り教室のお客様に、釣っていただくエリアを探しに必死にパターンを探す。
財津プロも、ご協力ありがとうございました。


島の魚探掛け

今日は、午前中は魚探掛け。
鵜の島周りのベイトや生命反応を入念にチェック。

魚探の反応は、「な~んにも映らない」か「すごくいい感じ」の2つ。
ほとんど、地形しか映らず、生命反応ゼロの映像がほとんどですが、
ピンスポット、ピンスポットでは、魚が群れている様子。

20061117173358.jpg


パワーフィッシングでもええじゃないか。
魚探掛けをしつつ、バルキーフットボール&チャンクでHIT!!

こんな釣りもあり。なんですね♪
例年と同じと言えば同じですが、フットボールジグの釣りは熱い!!!


期待したあのパターン

気温7℃。
気温は低いが、釣果は熱い!!!

水温は13℃。
一見、水温は高いが、バスを見失ってしまうこの時期。

午後は、財津さんに今、一番熱いパターンを確認しに行きました。
この手のバスを釣るキモは、魚探では絶対にわからない世界。
秋から冬への移り変わりを、第六感で感じつつ、バスに合せて釣り動く世界。

20061117173411.jpg


財津さん45overHIT!!
こんなバスが簡単に釣れる、今のストロングパターンあります。

今回は、比較的にイージーに・・・
いや、扉を開けないと、果てしなく正解パターンには遠い。

今回は、正解パターンとストロングルアーまで辿りつきました。
しかし、今日の正解は、明日は違う。

ちょっとした、シンカーの重さでも、食うか、食わないか!?
それほど、シビアにバスはルアーを選んでいるようです。


ここらへんは、湖を数多く浮いていないとわからない。

さあ、明日の準備は整いました。

気になるヒットルアーは、つづき↓でプチ公開。
釣り教室を受けた人にはプレゼントしちゃいますかも!?



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.17 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061116202207.jpg


ショップ巡り

ここ最近、週末の釣り教室に向けてショップで買い物をしています。
そこで、目を見張る、強烈なアイテム!!を店頭発見。

結局、気になるアイテムのメーカーは同じでしたが、
今回は2つのアイテムをピックアップ!!

ちなみに、帰り道にみる、いつもの白須のお堂は、いつも綺麗でした。


ライン革命!!

20061116202221.jpg


噂には聞いていましたが、ついに店頭発見!!
ライン革命・透明PEライン!!

最大の特徴は、ラインの強度が強い。
言い換えれば、従来のフロロを使う場面でも、ラインを細く出来る。
つまり、PEとフロロは、同じパワー(ポンド数)でも、PEは細く出来る。

ただ、この手のPEラインは、バイトがはっきり出る分、弾くのも早い。

●ラインが透明。●フロロより細くできる。●アタリをとりやすい。

これは、クリアレイクディープのライトリグ最強の武器。
バスからのバイトを弾かない。。。
絶妙なタックルセッティングが完成してこそ、山上湖のディープでは最大の武器になる。
ここらへんは、ロッドとラインとの組み合わせですね。



ハンドポワードの逆襲!?

20061116202214.jpg


ZOOM:フィネスワームのモロパクリのシェイプです。
さながら、バークレイ版のいい要素を足したフィネスワーム。

しかし、これはハンドポワードである。
なぜ、今の時期にハンドポワードなのか!?少し驚き。
ジャッカルも同じように、ハンドポワードのストレートワームを新発売した。
バスワームの世の中の動きは、ハンドポワード化の方向へと向かっているのか???

思い起こせば、ハンドポワード時代の動きは、
ロボリーチとアライブシャッドから、時が止まっていたような気がする。
今になって、ハンドポワードの逆襲か・・・!?


さて、夜な夜な、オリジナルT.Aラバージグを作ります。


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2006.11.16 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061116202158.jpg

白波バンバン

きのうは朝から、白波ババンババンバンバン!!!
ここ最近の河口湖は、強風に煽られ、風ボウボウの日が多い。
バスプロ選手権あたり(先週の日曜)から強風の日が何日かありました。

霜が降りる日は、日中は晴れて、日差しと共に気温がぐんぐん上昇する。
しかし、朝から風が出る日は、例え晴れても、気温が低いので体感温度が超超超寒い。

これからの季節、完全防寒武装が必要です!!
そして、いよいよ、恒例のカイロが必要な時期になってきましたか!?



冬の釣り

まだまだ、陸地では、紅葉真っ盛り
観光でも、河口湖紅葉祭りが開催中。

今朝は、赤富士&紅葉の撮影の為、多くの車が停車していました。
実際、富士山は対岸からしか見ることは出来ませんが、きっと赤富士は綺麗でしょう。
いや、もっと綺麗なのは、ボートから眺める壮大な富士山。
今の時期、快晴ベタ凪なら、ポカポカ陽気と、絶景の逆さ富士が素晴らしい☆

そんな河口湖でも、バスは季節を先取り、冬の釣りを迎えようとしています。

いよいよ、来たか!!


溶岩パラダイス

ちょうど、境界線はバスプロ選手権の先週の日曜日。
この寒波を境に、バスは溶岩に差してきたようです。
これから、勝手に命名、溶パラになりますね♪
(溶パラ:富士五湖の特徴、溶岩でバスがパラダイスに釣れること)


この釣りは、明日プラクティスをしてくるのでお楽しみに♪

ただ、全部はしゃべりませんよ~。
実際に、来て見て釣ってみてください♪


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます

2006.11.16 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061113200828.jpg

木枯らし一番!!

きのうは、寒い北西の暴風と晴れの予報。
朝から風は強く、ピークの昼過ぎにボウボウに吹き荒れました。

さて、朝、ボートトラブルの為、ロイヤルへメンテナンスへ行く。
白波だっていた奥河口湖とは違い、少し橋内は穏やかでした。

今年は、(金)秋晴れ、(土)雨、(日)冬型の晴れと暴風。
秋から冬に移り変わる、季節の変わり目の超難しい大会でしたね。

大会も終わり、今日は、財津さんにどういうパターンだったかを聞き込み調査しました。

20061113200834.jpg

想像を絶するほどの、暴風が吹き荒れる河口湖。
つい最近の3連休並みの暴風&白ウサギバンバンでした。


上位のパターン

初日、数少ないビッグバスを釣った人は、2日目崩れる・・・
変わりに安定して釣った人がTOPに立つ。。。
というジンクスがありましたが、結果はビッグバスハントに終わりました。


●一位

  サイトフィッシング

初日は、信号下。二日目は、白須のミオ筋のような所。
ルアーは、ラバーつきイモのノーシンカーでしたっけ!?


●二位

  情報はありませんでした。


●三位

  放流とさかなや近辺の溶岩


●四位

  放流バス


●五位

  放流バス


季節は晩秋

今回は、ディープの爆発パターンはありませんでした。
しかし、この6位以下の人達もいろいろなバスを釣っています。

本来のフィッシングパターンでは、日曜日の冷え込みによって、
より冬型の気配が強まり、バスが晩秋から冬のポイントに刺してきたようです。

そして、プラの金曜日は、
まだ秋のベイトフィッシュパターンで、爆発的に釣っていた人もいます。

ただ、今からだんだん水温が下がる季節。。。
確実に冬へと進行して、魚が動くことでしょう。


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

2006.11.12 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
全日本バスプロ選手権・初日

今日は、朝からしとしとと降りつづく雨。
最近の朝にしては、霜が降りず、冷え込みが厳しくなくて暖かい朝。
釣果のほうも、この雨で少し活性化するのではないかと思いました。

さあ、今日はJBトーナメントの総決算、全日本バスプロ選手権が開催されました。

思えば、去年は・・・
初日、朝一から隣の人に魚を釣られ、
2日目に猛チャージしましたが、焼け石に水。。。
・・・284人中、41番の成績でした。

私は、今期、旭川に登録してしまい、激渋の春先の一戦のみ参加。
それから、再び、ホームレイクの河口湖に引越し出戻りでした。
今年は、この戦いの行方を、最後まで浜でみとどけたいと思います。


明日の天気

最近、早朝から浜仕事&夕方から深夜までバイトをしています。
なので、今日は、こんな更新の時間になってしまいました。

外は、少し強い風が吹いています。

あしたの予報は、朝方は冷え込みが厳しく、

      晴れ・北西の冷たい暴風

              になるそうです・・・波には、お気をつけて。


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2006.11.11 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20061110192347.jpg


イルカ・イルミネーション

きのう、おととい、寒波が大接近しました。
そして、連日、霜が降りボートカバーの水滴は氷になりました。

いよいよ冷え込みが厳しくなって冬へ向かう河口湖。
朝の冷え込みによって、バスのタイムテーブルが変わる晩秋パターンになりました。


20061110192723.jpg


唯一、富士山がきれいでよかったです。

本日は、明日、バスプロ選手権の初日で河口湖は大混雑。
今とっても、スーパー厳しい河口湖ですが、そこは湖を知る者だけが生き残る戦場。
95%ぐらいの人が厳しいといってますが、凄くいい話も聞きます。
ただ、そこは暗黙の了解で話に突っ込まないようにします・・・


釣り教室の下準備。

明日は、釣り教室で河口湖を岸釣りにて案内することになりました。
ボートフィッシングと、岸釣りでは、狙いが大きく違う。

岸釣りからみたボートフィッシングと、ボートからみた岸釣りはまるで別世界。
それぞれ、メリット・デメリットがあって、魚を誘う前に、そこに気付いたらより釣れる。
そんな、岸釣りの攻め方を、明日やってみます。
まっ!!心配は根がかりだけですか。。。

20061110195000.jpg


お客様に釣ってもらう為のルアーを巻いていました。
タカヒロプレゼンツ、T.Aオリジナルラバージグは激釣れなんですが、
まだまだ、究極に釣れる形を求めて、日々プロトタイプを作成中です。



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2006.11.10 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061106173808.jpg


恵みの雨

今日は朝のうち濃霧でしたが、次第に晴れて秋晴れに・・・
なろうとしましたが、曇り空が覆い、午後には雨になりました。

ここで緊急速報!!
午前中の出来事でしたが、さかなやエンジンボートで出船されているお客さんが
ナント!!48cmのビッグバスを釣ってこられました。

そして、午後からのフィッシングでは・・・
鵜の島西側にて、謎の怪魚にラインブレイク。。。
久しぶりの雨で、バスの活性があがったようです。


溶岩接近!?

さて、夏場もよく釣れていました店前ですが。
最近、ボートフィッシングで魚探を掛けてみると、前よりいい感じ♪

今日の釣りメニューは、
最新・新作スモールラバージグのテスト & 岸釣り釣り教室の練習
桟橋からいつものように、チョイ陸フィッシングしてました。

もちろん、岸からバスが釣れるように、教えれるようにポイントやルアーの研究。
本当に、簡単でお手軽な岸釣りですが、結構バスが楽しく釣れますね♪


●本日の釣果

10cm~28cmが4匹。
バイトは7バイトぐらいあり、じっくり咥えさせてフッキング!!
ルアーとベイトがマッチング&カラーもマッチングで、丸呑みバスもいました。

20061106173753.jpg

マメバスですが、よく釣れました。
こういうマメバスですが、ベイトに合せたルアーや色一つにおいても
バイト数が激減したり、激増したりするのが不思議。
やっぱり、ネイティブバスは自然界の修羅場をくぐりぬけている魚なんでしょう。
釣り教室では、ここらへんを詳しく解説しちゃいますよ!!

20061106173759.jpg


こんな、メデタイも釣れました。
河口湖でタイが釣れるのは久しぶり。
去年までの、ギル大量発生はどこに行っちゃったのでしょう?


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.06 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20061106173745.jpg


より釣ってもらう為に・・・

午前のガイドも無事に終わり、より釣れるように、さらに下調べをしておきました。
もっともっとお客さんに釣ってもらえるような場所探しの旅にGO!!
しかしながら、午後は、来週の全日本バスプロ選手権の練習の人だらけ。

キーとなりそうな、新しいエリアを少し魚探がけしておきました。
なぜならば、一日一日でバスのレンジが変わり、きのうのベイト反応は今日は違う。
より生命感のありそうな魚探の反応のある場所でしか、今はバスが釣れないのです。


有望ポイント2箇所チェック

新しいエリア・新しい場所を探しに旅にでました。
あまり、人がいないような、けど釣れる場所を2箇所チェックしました。


●K海

誰もいないはずのK海の向こう側には、去年のナンバーワンが浮かぶ。
K海エリアが得意な人なので、少しボートポジションや動作を偵察。

たかが釣り。されど釣り。
と言えども、みんなバスを釣るのに命掛けで必死。
まるで、バスの潜むポイントの争奪戦のようであります。


ぶっちゃけ、このエリアでは、
バスが潜んでいると思っていた、「中央の岬のディープ8、9mのハードボトム」では、
ベイトの反応も、ルアーへのバイトもなんにもなし。

逆に、沖まで映えているウィードのアウトサイド6mでは、バスマークがよく映る。
やはり、魚探にも生命感がないと釣れなさそうです。


●溶岩地帯

どこの溶岩かはシークレットですが、どこも同じ感じ。
キーは、ベイトの反応と、スーパーピンスポット化した、少しのボトムの変化。

いよいよ渋くなってくると、ピンスポットでバスと我慢比べ。
フィッシングプレッシャーもかかり、よほどの自信がないとスレたバスを食わせるのは困難。

ガイドや釣り教室では、こういう、ピンスポット化した場所を公開して、釣り方を説明します。土曜日のお客様Kさんは、まさにマーカーの真下でバスを釣ってましたね。



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。


2006.11.05 Sun l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061106173715.jpg


午前ガイド

3連休最後の日曜日。
今日は、午前中のみのガイドで出船しました。
この日湖上は、たった2人による優勝者決定戦の為、午前のボートは少なめでした。

朝から、濃霧に覆われ、視界が悪く、まるで、蜃気楼をみているよう。
エンジンスタートの7時を切り、待ち合わせ場所へ恐る恐る向かいました。
写真は鵜の島ですが、海に浮かぶ半島のような感じ。

朝は、とっても冷え込んだものの、日中はすばらしい秋晴れ。
ピーカンで風も吹かず、バスとっては、活性の渋いでした。
ただ、富士山や紅葉は、世界一綺麗でしたね~♪


溶岩復活祭!?

最近の様子では、
「いよいよ秋本番!!」
沖にいたバスが溶岩に帰ってきて、いい感じに釣れていました。

そして、もう一つの秘密のパターンは、
湧き水が豊富にある、ディープの居心地がいい場所。
こういう場所をを、ランガンで巡ってバスを釣っていきました。


数釣りモード

さて、本日のお客様のリクエストは
「とにかく、1匹を get したい!!」ということ。

最近の、河口湖の様子で、ありとあらゆるパターンの思考錯誤の結果、
イージーにネイティブが釣れるであろう場所を回っていきました。

しかし、思ったよりも濃い濃い濃霧でかなりの冷え込み。
朝方はバイトがとっても渋い。霧が晴れてからはピーカンベタ凪。
フィッシングプレッシャーよりもウェザープレッシャーがバスを渋くさせた。

それでも、なんとか、「好調のディープのピンスポット&好調の溶岩の岬」を
一箇所に時間をかけながらまわって、バスを搾り出すように釣っていただきました。


●本日の釣果

20cm~30cmが5本。
渋いながらも、お客様2名様には釣っていただきました。

終了間際から、少し風が吹き始め、立て続けにHitしましたね!!
午後から、風も吹き、活性は上がったかもしれません。


●エリア

奥河口湖方面 6m~11m。
各エリアの溶岩帯4箇所。



●タックルデーター

ダウンショット 3”ワーム



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。



2006.11.05 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20061104204753.jpg


ハイプレッシャーレイク

今日は毎日恒例の濃霧でしたが、早い時間に霧が晴れました。
3連休の中日にしては、それほどの人手ではなく、午前の湖は貸切。

そして、7時すぎには、たった4人だけのトーナメントがスタート。
午後からは、来週の大会の練習の為、エンジンボートで大勢スタート。
さながら、午後は大混雑&ハイプレッシャーレイクとなりました。

さて、もう朝夕はぐっと冷え込むので、着込んでおいた方がいいですね。
湖上では、風が吹くとさらに寒いので、もうすぐカイロが必要でしょう。


釣り教室・同船レクチャー

今日は、上級者のさかなや釣り教室で、お客様のKさんと同船レクチャー。
湖は、11時からのエンジンボート出船で大混雑でしたが、
「大場所を避けての数釣り&ビッグフィッシュ狙い作戦。」を敢行。

ただし、お客様のリクエストにより、いろいろな場所を廻ってみたいということなので、
一箇所には時間をあまりかけずに、広く浅く早めに各エリアをランガン。

普段は、シャローマンということなので、湖のありとあらゆるスポッツをご案内。
短時間ランガンで、いろいろな場所をまわって、めちゃ釣れでした。
ビッグサイズはでなかったものの、少し粘ってアレンジを加えればいいかもしれません。

各エリアをランガンでしたので、いろーーーんな釣りをしました。
レンジは、4m~11mまでを幅広く狙い、
キーとなるのは、ウィードだったり、ハードボトムだったり、湧水だったり、
溶岩だったり、ベイトフィッシュだったり・・・
それぞれのエリアで、バスの付いているピンスポットを狙い打ちしました。


●本日の釣果

20cm~37cmが12本前後釣れました。
25cm以上のサイズは10本ぐらいでした。
もっともっとゆっくり時間をかけて、いいエリアで粘れば釣果は伸びましたね♪

※写真は、シークレットなので、今回はなしです。


●エリア

奥河口湖方面~八木崎公園まで。
ウィードエリア4m~深海の12mまで幅広く。


●タックルデーター

T.Aオリジナルラバージグ 2.2g
ダウンショット 3”ワーム
ダウンショット マーズスムーサー



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html



↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
↑今日もワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。

2006.11.04 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20061101190510.jpg

AM 7:00

今日は、朝の冷え込みが厳しく、河口湖は濃霧でした。
一斉に霧が晴れると、すばらしい秋晴れになりました。
紅葉もすごく綺麗で、ルンルン水曜日な河口湖でした♪

さて、週末のガイドのお客さんの為に、久々に河口湖に出撃!!
冷え込みの為、水質が少し悪くなっていることに気が付きました。
ただ、全く食わないかと思いきや、バスにターンの慣れが出ているのか!?
ポツリポツリですが、バスはいい感じに釣れました。
トドメは、ビッグワンもここぞ!!ってとこで、出現しました。


↓対岸の紅葉がまぶしくて綺麗です↓

20061101190456.jpg


一度、秋の河口湖へ。
素晴らしい富士山、見ごろの紅葉は超オススメです。


ちょい渋。

今日は、深いエリアから浅い場所までオールマイティにバスが潜んでいそうな場所をランガン。

深い深い深いディープエリアは、11m~6m。
シャローエリアは、ウィードのアウトサイド3mぐらいまでの釣りになりました。
ミドルレンジでは、あまりバスの反応はよくなく、
より深いか!?より浅いか!?両極端のレンジに明暗が分かれました。
(ただし、ビッグワンはミドルレンジでしたが・・・)

さて、バスの生命反応がよかったのは、ナント!! 11m・・・

ポツリポツリではありますが、11m~12mのウルトラディープで魚は反応しました!!
おそらく、少し水が濁った為、環境がいいエリアへとバスは移動しました。
ちなみに、今回は放流バスは触れず、ネイティブ巡りでした。


●本日の釣果

15cm~41cmが12本前後釣れました。

20061101190449.jpg


これが、本日のビッグワン。
これが、ガイドの時にお客さんに釣れて欲しい。。。


●エリア

奥河口湖方面~大橋内側まで。
ウィードエリア2m~深海の12mまで幅広く。


●タックルデーター

T.Aオリジナル手巻きラバージグ 2.2g
ダウンショット 3”ワーム


↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html


今日の河口湖の風景へ・・・↓

2006.11.01 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析