20060731212201.jpg

ワンナップリング

最近、気になる幾つかルアーを買いました。
『タカヒロの買い』でアップすればいいのですが、そんな時間はなくなりました。
なので、このカテゴリーはしばらく開店休業中です・・・

しかも、この買ったルアーのなかから、企業秘密が出来るかもしれない?
ラーメン屋に、秘伝のタレがあるように、釣り人にも伝家の宝刀・必殺技がある。

さて、前置きが長くなってしまいした。

最近、気になって買ってしまったワーム。
B社・G社・Z社といったワームブランドしかあまり使わない素材フェチですが、
冒険して買ってしまいました。(Sさんに冒険と言ったら怒られるな)

まだ、使って日は浅いですが、ガイドのお客さんがポツリポツリ釣果を挙げていたことに
購買意欲のバイト誘発されて買ってしまいました。
実際は、発売してから、かなり時間が経っているのですが・・・

リングワームとは

このワームの特徴はリングワーム+長もの系ストレート。
実は、リングワームという言葉にキーがあるんです。
つまり、リングワームにはリングワームの釣れる動かし方がある。
それは、サターンワームやレッグワームも同じような感じ。

本当は、言いたくてしかたがないですが
ピンスポットに入ってしまえば、エサのように釣れてしまうので口封印。
狭い河口湖ですから、みんな物まね!?・・・またの機会にしましょう。

ちなみに、カラーは『SAWAMURAのスカッパノン。』
お客さんが言ってましたが、まんまミミズのカラーです。
湖上では「本当にドバミミズを持ってたのか?」と思い、焦りました。


でも、実はこれよりももっともっと釣れるルアーがあるんですね~♪
この企業秘密は、次回のお楽しみにしておきましょう。

ルアーって、ホントおもしろいですね♪
スポンサーサイト
2006.07.31 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
リフレッシュ河口湖

騒がしい週末の湖上も終わり、梅雨明けの週明けに突入。
ただし、今日は出船なしです。

さて、休日の土日を越した河口湖は平日パラダイス。
なんつったって、ボートフィッシングもほとんどいなく毎日貸切状態。
休日に出来なかったランガンの岬フルコースワンスポット独占爆撃も釣り放題。

ただし、現地ガイドが感じているのは・・・
フィッシングプレッシャーからの開放は数日掛かる事。
8月5日の花火のあとは釣れないということ。

フィッシングプレッシャーの緩和は天気も手伝ってくれますが、ガンガン食うのは少し経ってから。

それよりも、ネイティブバスは天気次第で『タフかイージー』の両極端。

ふと気が付いたが、こっちへ来てから放流バスを狙ったことは一度もない。
30cmの放流バスより、25cmの河口湖生まれ河口湖育ちの傷一つない
ピカピカでキレイな河口湖ブラックバスに心打たれるのは私だけでしょうか?
2006.07.31 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060730210442.jpg


週末の恐怖のハイプレッシャー

今日は、ワンディ&夕まづめガイドフィッシングでした。

朝から、オカッパリの多さが週末のハイプレッシャーを物語っている。
おまけに天気は、晴れでベタ凪ぎみ。
出船の時から「今日はヤバイぞ!?」と感じてました。

出船して、激ヤバ!!!
『まあ、なんとかなるさ。』と思っていた、唯一の望みの超ホットポイント(最近はプチホット)が、
朝7時台にして船団化・沈黙・・・全然釣れてない様子。
マイベストポジションが確保できず、30分で撤収・解散。
やばやばのランガンへお出かけでした・・・・・

少しずつ湖の感触を感じていると「今日はディープだな♪」と察知。
しかも、朝の早いうちにフレッシュな魚をキャッチしておかないと。
ここは、狭い河口湖。
すかさず、ディープ攻略にシフト。

さらに、ぞくぞくと増えていく大会ボート・一般ボート・おかっぱり・ウェイク・ジェットスキー。
さながら、週末の激フィッシングプレッシャーをひしひしと感じてました。


●本日のゲストのBIG.1は、引きまくり42cm!!

その他、38、キーパーギリギリ・以下子バスちょっとでした。
「タカヒロの釣りって!?」それは40cmと他30前後を2匹ぐらい。

●エリア

水と通しのよい、ちょっと深めのピンスポットエリアのランガン。

●タックルデータ(ゲスト)

スウィークレットワーム-2.5ldフロロ-テクナスピニング ダウンショット
ラインは極細・ワームは激ヤバ!!タフった時の神頼み!?

つくずく思いますが・・・
ほんと、フィッシングプレッシャーって恐ろしい・・・
2006.07.30 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060729064716.jpg

今日は湖に出航をせず、甲府まで買出しに行ってました。
ここは、山梨県河口湖から近い甲府のチェーンの量販店。
(スムーズに行けば車で40分ぐらい。)

以外と富士五湖の近辺って『量販店の大型釣具屋』さんってないんです。
ちなみに、富士五湖近辺のバスショップは。

  ●河口湖  キャリル、タックルベリー などなど
  ●富士吉田 釣具のシマヤ
  ●山中湖  センターフィールド

 ※富士吉田は、河口湖から約12分ぐらい。
  西湖湖・精進湖・本栖湖は近辺にショップはみかけませんなぁ。

まあ、こんな感じです。是非参考までに・・・

20060729064725.jpg


ちなみに、最近、シャロークランクで数が釣れています。
クレイジークレイドルでも釣れましたが、ひょっとしたら奥の細道。
クランク道は奥が深く、とてもじゃないけど一日足らずでは完成できない。

やっぱ、釣り具屋は楽しいわ♪
2006.07.28 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060730212927.jpg

連日の夕方まで・・・

今日は米国の親子さんの昼過ぎガイドでした♪

少しは日本語が通じ大変助かりました。
やっぱ、ワールドワイドガイドになる為には英会話学校に通わないといけませんなぁ。

そういうわけで、今日のゲスト親子は、観光ついでの
急な依頼のガイドでしたので、帰り道はこんなに暗くなっちゃいました。
白須のお堂のイルミネーションがキレイです。
ほかにも、旧遊覧船?のイルカ号も電球まみれでした。


アメリカ気質

湖上では、アメリカンフィッシングトークでわきあいあい♪
いろいろなことを、語っていただきました。

印象に残った話は・・・

アメリカではライブベイトフィッシングは普通だとか。
両手を広げるぐらいのサーモンや9dlぐらいのバスを釣ったとか。
アメリカでは、ベイトフィッシュを知ることが基本だとか。
持ってる船はESPNのバスマスターTVのなかで一番速かったとか。
「この子はスピンキャストリールしか使わない」とか。

いろいろとバスフィッシングの歴史の重みを感じました

だったら、明日からライブベイトを用意して10ldを狙って河口湖のベイトフィッシュの表を作って
300馬力ぐらいのボートに乗り換えて「スピンキャストリール」を買って・・・
ガイドはいろいろな準備をしなくてはいけないと思いました。
が、日本なので、そんなことをしなくてもいいと気付きました。


●本日のBIG.1は・・・わかりません

35cmぐらいを筆頭にマメが多数。

●エリア

釣れたのは、鵜の島の東の水通しのよい場所。

やっぱ、アメリカンフィッシングは歴史がちゃうわ!
2006.07.27 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060726212457.jpg

ちょいオカ!!

今日は、ひさしぶりに『ちょいとオカッパリ』に行ってきました。
6時半を回ってからの、本当の「夕間詰め時!?」
本当は、日中・ナイスサイズのバスが釣れなかっただけです・・・

前後編

前半は、ビッグバスオンリー狙いで、島の魚を獲りに。
後半は、数を稼ぎながらビッグバスを狙いに奥河口湖へ。

天候は晴れで、ほぼベタ凪。
天気はスーパーヤバイ!?
と思いきや、さらに、あのエリアにローボートが?
どうやら、ローボートで大会をやっていた。
フィッシングプレッシャー&タフコンディションのダブルショックでした。

●本日のビッグワンは・・・島パワーでブチ切れ!!

午前中に島のビッグサイズの魚をラインブレイク・・・
違和感なく食い込ませた為、飲まれて切られた。
あきらかに飲んでる突っ込みで、『やばい!やばい!!』と感じながらブレイク!!

さて、後半の数釣り3時間ぐらいで釣果は10本。
30cmクラスは2本ほどでした。
スモールサイズのワームで岬系がいい感じでした。
ビッグサイズは出ませんでしたが・・・。

●エリア

午前中・前半戦は、島周り。
午後からは、さかなやワンドから、パセオの保安区域までエレキ走行。
ブログネタがなかったので、ちょいオカッパリを楽しんでました。
夕方の夜景は綺麗です。白須のお堂もイルミネーションされてました。

●気づいたこと その①

今日は、快晴・ベタ凪・激渋のタフコンディション。
バスがそこに居てもなかなか食わない状況が続いた。
そんなタフコンディションを打破する画期的な方法が二つある。

ひとつは、ワームのアクションを極端に変える。
ひとつは、ワームのサイズを極端に変える。
ひとつは、細かい細かいカラーローテーション。


ワームアクションは大きくリアクションとナチュラルに分ける。
その究極のナチュラルさというものは、現代では自発的アクションにあると思う。
これは、同じピンで、全く同じ場所を通して、食ったという今日の出来事でそう思った。
まあ、今回ルアーは企業秘密にしておきます。
(ただ、みんなが使っているごくありふれたものですけど。)
やっぱり、バスが大好きなルアーというものがあるんですね~。
これが、昔からよく釣れるワームといわれるものになるんでしょう。

●気づいたこと その②

さて、もう一つ気が付いたことがある。
それは、最近、水温上昇で、すこし湖に異変が起こったこと。
これで、ようやく夏らしさを迎え、魚の動きも夏らしくなってきた。

バスの位置も、湖の魚の群れぐらいも、次の段階に入ってきた気がします。
これで、簡単に釣れてくれれば問題ないですが、そうは問屋が卸さない。
まあ、そんなこんなでした。

しっかし、今日は暑かった!!
2006.07.26 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060725173938.jpg

真夏のはじまり、はじま~り

天気は軽くヤバイ!?
いや、風が吹いているから少しはラッキー?
その思いは、あとかたもなく崩れ去りました。

今日は昼過ぎから3時間ほど、各エリアの様子を見ていました。
朝から風が少し吹き続けているのは知ってました。しかし、天候は晴れ。
これじゃあ、朝一のバスの通勤ラッシュに合わせないと釣れない。

●本日のBIG.1は35cm推定でした。

たったこれだけ。放流バスの生き残りのやや大きめでした。
マメを釣ってビッグバスを選ぶ釣り、ビッグバスだけ選ぶ釣り。
数をあげる釣りをすればきりがないでしょうが、今日はビッグオンリーにしました。

●エリア

湖のスーパースポットは、今日は沈黙したまま。
他のシャローパターンを探し、シャローのウィードをワンナップ流し。

今日は、本当に水中では夏の始まりの気がしました。
2006.07.25 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060724193259.jpg

ミニで出航

今日はお昼過ぎから一人で出航。
午前中が忙しく、あまり釣る時間がなかったのでミニで出航。

その真相は、毎度ながらの『ガソリンの急騰!?節約!?』
本当は、釣る時間が少ないのにボートを降ろすのがメンドイのではないか?
いやいや、本当の本当の本当の理由は、
さかなやさんのローボートエレキのみでも釣れるという宣伝広告にしておきましょう。

ちなみに、今回も魚探はついておりません。
私の頭の中にある消しゴムではなくて、地形を想像しての勝負!!
あとは、自分の思うままのバス釣り本能と全6感を駆使してのバス釣りです。

出たときには風ボーボー!!
これは、チャンスと思ってエレキ全開で走り出した。

●本日のボート

今日のボートは免許不要艇のブラックホークというタイプ。
最近、この手のボートが非常に流行しています。
(漁師用語で、この免許不要艇はミニというそうです)

ハンドコンエレキとフットエレキ。
なんと!!二つあわせてジャスト100ld。
すこし早かった。

●本日のBIG.1は40cm(推定)

この一匹だけしか釣れませんでした。
(ビッグバスハンター!?)

しかし、それ以上におもしろい話を一つ。
私が出船前に陸釣りの人と話していると、ビッグバスを釣られたそうだ。
しかも、釣ったリグが斬新でおもしろくて、最新の時代をおもわさせる。
まあ、このネタは心の底にしまっておきます。
ヒントは今流行の○○○○ベイトだそうです。

●エリア

もちろんあの場所にミニ一直線!!
これは、がら空きか?と思いきやすでに2艇いた。
しかし、ここで負けてはいけない。
なんとしてでも、『写真サイズを一匹釣らなければ!!』仕事が終わらない。
まあ、一匹釣れたのでよしとしましょう。

●ご機嫌をとる

本当に毎日ころころと変わる日替わりパターン。
基本的にバスの付き場は変わらないのですが、
その日のその瞬間のヒットルアーをアジャストさせないとバイトに持ち込むのは困難。
実は同じルアーであっても、少しづつ微調整していかないとダメだ。

それは、天候(光量)、風、フィッシングプレッシャー、ベイトなどなど。
これが、読めるようになって、初めて漁師に少し近づいたか?

一つのヒントとして、バスがルアーを丸飲みなら・・・
「タカヒロ!!ベイト(ルアー)が合ってるんじゃないか!!」と心で思ってます。

そうそう、今日一日でさらに季節が進みそうです・・
2006.07.24 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060724193246.jpg

今日はお客様を乗せてのフィッシングガイドでした。
一日のワンディゲームのゲスト様。夕まづめプチゲームのゲスト様。
今日も大変、バスがよく釣れた一日でした。

デイゲームは!!

朝から、いかにも雨が降り出しそうな曇り空。
バスのご機嫌がいい空模様で、きっといい結果が出る。
途中、風ビュービューになり、水中ではバスが魚雷の様に飛びかっている気がした。

●ゲストの本日のBIG.1は44cm。

他にも、39、39、マメ少し。
湖は週末の大混雑&チャプターでしたが、釣ってくれたゲストに感謝です。

●エリア

前半のガイドフィッシングは、大本命エリアで粘って炸裂!!
開始2時間でかなりのビッグバスモンスターが海底から出現。
それから、移動・湖じゅうのピンスポットをめぐってめぐってバスをさらっていきました。

気付いたことは、より『真のサマーパターン』に近づいたか?
そんな水中の季節の移り変わりを感じた一日でした。



夕まづめプイガイドは・・・

本当に日が長いこの季節。
ようやく、ほんわか薄暗くなってからのスタート。

人気エリアは、大会終了後も大人気!!
大本命はここで、出航から一直線と行きたかったですが、回ってパス。
湖を半周して、人が減った頃に戻ってきました。

●プチガイドのゲストのBIG.1は35cmでした。

しかし、それ以上に3ファイト・ツーラインブレイク!!
いやー、昔からいいますが、逃した魚は出かかった・・・
このラッシュをものにすれば、
もう少しで短期決戦!!プチガイドでもフンガーでしたのに。


今日一日・・・

いかにも雨が降り出しそうな曇り空。
そんな空模様が一日中・そして強くなった風。
本当にこの天気とバスに助けられました。

そして、ガイド艇に乗っていただいた一日ガイドのお客様。
夕まづめのプチガイドコースのお客様。
本当にありがとうございました。


今日は魚のご機嫌がよかったです♪
2006.07.23 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
激渋な土曜日

曇りのち晴れ。風はあまりなし。
バスにとっては、あまりよろしくない天気。
バスがバカ食いしていた、梅雨の空模様も去り少しいい天気。

この日は少し遅く9時から出船。
ぶっとおしで、4時に桟橋へ一時帰還。
あまり釣れていなかったので、そのまま夕方までビッグサイズを求めて全力でやってました。

●本日のBIG.1は・・・わかりませんでした。

特に目立ったビッグバスはなく、ぽろぽろと数が釣れた日でした。

●エリア

連日大盛況なスーパースポットは、9時ですでに人だかりの山。
出遅れて入ることができなかったので、全エリアをまわってスーパーパターンを求めていた。

●ネイティブは気まぐれ

やっぱり自然の魚というものは、すごく自然に素直で気分屋。
そんなことを、痛感した一日でした。
「食うときにはバカスカなんでも食う」でも「食わない時は激渋」

ネイティブというのは、まったく釣り人泣かせですね。
2006.07.22 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060721200434.jpg

フットターボはつらいよ

今日は『ガソリンの急高騰!?』いや『バブルの崩壊!?』
バスボートを置いて、さかなやレンタルボートでお出掛け。
鵜の島をぐるっと一周回って釣りをしました。

天候は雨上がりの穏やかな湖面。
ひさびさのフットターボは、とても新鮮に感じました。

ただ、今回は魚探もフットエレキもなし。
釣り人の6感すべてを駆使して、バスを探しだしました。


●本日のBIG.1は40cmぐらい

全体では、40前後×3、35、にじっこ2匹水揚げでした。
(午後から出航・さかなや営業終了4時まで。)

20060721200453.jpg


●T.A オリジナルホームメイドジグ

20060721200504.jpg

伝説のブーヤージグを丸呑み。
ビッグトレーラーは?・・・今日の新しい発見!!
その他にも、スーパーシークレットを幾つか発見。


何年経っても『新しい発見』がある

    バスフィッシングっておもしろいですね♪
2006.07.21 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060720220111.jpg

シャッドジグ

ベイトフィッシュを食っているバスは、ホワイトのジグが好き。
いや、ホワイトよりも、プロブルー系の色がいい。
トレーラーは、スモークシルバーのグラブが一番。(気になるのはデスカーリー)

特にクリアウォーターで有効。
今日のハワイの沖のビッグフィッシュも、このジグのフォーリングで一撃。

最大は45cm。一瞬でワンスポットから40前後3本釣れました。


20060720220128.jpg

最強の数釣りワーム

大・中・小、サイズを問わなかったら、無限に釣れるワーム。
ダウンショット(ノガレス6の2のオフセット)のみで使用する。
使った感じでは、バスが食っているベイトの2種類を演出できる。
『ワカサギ系の小型ベイトフィッシュ』と『エビ類の甲殻類』
どちらでも、演出出来るために、ベイト付きのバス・地形に付いているバスの両方釣れる。
本日のBIG.1はレッグワーム・産屋沖で46cmでした。

同じジャンルのルアーとしては、フェニックスサターン(これでないとダメ。)ワンナップ2インチがある。
エコルアーでは、エコサターン。

 ●ラメ入りとラメなし

ラメ入りはフラッシング効果が高い。
ダウンショットで、シェイクをするとワームがロールする。
この時のロールが、ラメをスピナベのブレードのようにキラキラさせる。
どちらかが有効か?は状況次第ですが、ラメ入りは一投目に来ることが多い。
対してラメ無しは、釣り切ったと思った後にでも、搾り出すようにバスが出てくる。

今日はここまで、また新しい発見をしに出掛けます♪

2006.07.20 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060720143629.jpg

浮き上がる気持ち♪

今日は、ネイティブがスーパー炸裂した1日。
総水揚げ高は10キロ近く揚がったでしょうか?

さて、豪雨が去って世が明けた。いかにも釣れそうな曇り空。
いや、釣れるのはわかっていた。自分が気圧を感じていた。
体が浮き上がるような・空気が軽い感触になる。
そんな時は、簡単に釣れる。みなさんは、そんな感覚の領域はありませんか?
ちなみに、風は南東の微風。さらに釣れる雰囲気を醸し出していた。
ゲストはお世話になっているKさんを乗せてのガイド出船でした。


午前中の出来事

●鵜の島パラダイス

朝一の出来事。
ゲストのKさんに一投目で40オーバー!二投目も40オーバー!!

それから、一瞬で40クラス5本で、
ライブウェルは、まっくろくろすけ状態。

7時になり、島の向こうから、ガイド艇が一直線にコチラへ向かう。
まだまだ釣れる感じはするが、ガイドに気をつかってハワイ沖へ移動・・・

●ハワイも大爆発

ここでも、ディープウォーターが炸裂。
ビッグバスがフットボールジグをひたっくりまくり
イナバウアー & カジキジャンプ のお祭り騒ぎ♪

まだまだ早い時間帯ですが、9時になりました。
40upが無限に釣れ、かなりいい釣果を叩きだしていたので、
朝食・コーヒー & 写真撮影 & 休憩 の為にさかなやに集合。

20060720143645.jpg


さかなや桟橋にて。朝9時の時点で、まっくろくろすけ。


●ジャバロン丸呑みも・・・

ゲスト様がディープに大満足のようなので、シャローを流すことに・・・
戸沢~大石黒桟橋-漕艇場前を流し釣りをしていた。

戸沢についてすぐ、柳の木の下の岩からジャバロンに40オーバー2匹発射。
ホワイトジャバロンが完全に消えてフッキングするもすっぽ抜け。



つづきは、午後のレジャーフィッシングへ

2006.07.20 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060719171401.jpg

釣れない場所巡り

今日はスーパー豪雨。
風はないものの、関西の雨がそのまま来た感じでした。
このまま、水位が少し回復してくれれば助かりますが・・・。

スタートは7時。
河口湖ガイド艇・元TOP50プロK号が出発した後に。
朝の会話では、昨日のスーパースポットにK号が朝一入る予定。
ガイドの邪魔をしないように、別の気になる『釣れないであろう場所』を巡った。


ところが、真剣にフィッシングをしている最中に『What!? ハプニング???』
エレキが故障してしまい、どのダイヤルでもネバーストップ。
『Motor Guide NEVER STOP!?』
10時過ぎに、さかなやにピットアウト。
そのまま、リタイアになってしまいました。


●本日のBIG.1はプリプリバス38cmでした。

その他、キーパー子バス3本程度。
思いのほか、小さいバスの活性が高く、サイズ狙いのスワンプでも喰ってくる状況。


●エリアは、BIG.1は産屋のディープの要塞。

ほかには、朝一から、ハワイ沖-信号下沖-橋脚-産屋沖を流して。
それから、鵜の島東ディープを粘って釣りました。


●タックルデータ

レッグワーム ダウンショット 4ld スピニング6ft MLX
エコサターン ダウンショット 4ld 同上
スワンプ   ダウンショット 3ld スピニング6.5L
 
20060719171414.jpg


ちなみに、豪雨でスロープはガンジス川でした。
ランチング時に豪雨と流れと濁りで少し焦りました。


今、私のエレキは「NEVER STOP」です・・・
2006.07.19 Wed l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060718180437.jpg

河口湖フンガー持ち!!

今日は、降りしきる雨の中、お昼すぎ~4時までの短期決戦!!
1日たって、少しフィッシングプレッシャーも落ち着いた様子。
しとしとと降る雨も、静寂な河口湖を演出してくれた。

本日のBIG.1はブリちゃん44cm!!

それ以外にも、ブリブリスーパーネイティブ38、36、36・・・

だが、本日のスーパービッグワンは、さかなやカメラ艇が接近した時に、
カジキ・・・いや『シロナガスクジラジャンプ!!』でラインブレイクしちゃった。
助六さんがきて、見せ場をつくろうとジャンプさせたのが敗因でした。
その他、2バイト、1バラシ(38cm位)でした。

エリアは、鵜の島東岸のピンスポット。
去年から釣れていた(そん時は7位)思い出の場所。

夕まずめキャンペーン

さて、7月中、河口湖ガイドサービス(TFSガイドサービス)にて
短期決戦!!2時間の『夕まづめ格安ガイドキャンペーン』を開催しました!!

この際に『河口湖のプチバスボートフィッシングを体験しちゃおう♪』
・・・がモットーだそうです。

詳しくはTFSガイド→http://www.kirakunet.com/tfs/


タックルデータ

●レッグワーム 3ld ダウンショット スピニング 6ft MLX

  (スモーク・シナモンペッパー)

  河口湖のバスよ、ありがとう。
2006.07.18 Tue l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060717221152.jpg


本日のメニュー

今日は、おそおそと雨のなかプラクティスで出船しました。
本日のメニューは『釣れてないエリアの確認』と『ライトラバジを極める』
それと『ディープは本当に釣れるのか?』の3本立てでした。

結果から言うと、写真がないように今日は釣れない日でした。
マメばかりがぽつぽつと釣れ、ライトラバジにたまキーパーでした。
奥河口のシャローには、フロリダ系のロクマルや45オーバーはかなりいましたが。

さて、3連休の中日の大混雑と300人規模のプロ戦で湖は少々お疲れぎみ。
なので、気になっていたさかなやで売っているコバちゃんルアーズをアップです。


大人気!? コバちゃんジグ

製作者がコバちゃんというコバちゃんジグ。
3連休では、よく売れていました。
ちゃっかり私もひとつ買って使いましたが、よく釣れる。
ちなみに、お値段は\350~400です。
河口湖名物のコバちゃんジグ!!おひとついかかですか?

20060717221221.jpg

2006.07.17 Mon l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060716213905

前半はお遊び

今日は3時のおやつすぎから、知り合いのM井さんを乗せて。
連休中日&大会で、湖は満…いや、満艇。
大人気、鵜の島東でかなりお遊び。マメバスポツリポツリ。


風が吹いたら奥河口湖

しだいに…風ボーボボになり、日没ラスト1hで奥河口湖へGO!!
こんな大荒れの湖こそ、風表に突っ込みたくなる。
当然、ひとっ子一人いなく貸切状態。あんだけいたボートはいずこへ?

二ノ瀬、鐘突き岬、ルスガ岩をまわってまわって、ブ~ヤ~ジグ爆撃釣法!!
ブ~ヤ~ジグ水爆・岬ランガンで、45UP×2の予定でしたが、なぜか35前後×2。
でも、引きが強烈な純ネイティブスでした。

ちなみに、最後は夕暮れトレーラーウェイインショー。

バス釣りっておもしろい!!
2006.07.16 Sun l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
午前中は3連休の中日らしさ爆裂人波

三連休の初日&大会プラで湖は史上空前の混雑。
さかなやから、西へ東へ、いや東のみでぐるぐる回って回って。
朝からポイントを探すもピーカン無風でイベントなし。
気になってた鵜の島東の尾根や溝も、バスに群がるアリのごとくの人、人、人。
さんざん走ったあげく、マメばっかで、何も見つけることが出来ずお昼に帰ってきました。
とにかくカンカン照りで超暑く、へばりギミでした。

でも、実は同船していた小出プロが白須のウィードでナイスサイズゲッツ。
詳しくは、小出さん家のブログ(江戸前バサー)にて。


夕まづめガイド

今日は日中の猛暑をしのぎ切り、夕まずめガイドへ出掛けました。

本日のBIG.1は…天然ブラック42cmをゲストが。

鵜の島まわりで、

ぬぅぬぅぬぁんと!! トラウトミノーでした。

正直、いままで河口湖でのベビーなミノーでねヒットを見たことがなく、まさに『目から鱗』でした!!

よし、明日、持ってるハンクル65でも投げてみよう。
ちなみに、全体で8匹ぐらい釣れ、ガイドは35cmを釣っちゃいました。
ダメだなぁ。ゲストに釣ってもらわないと…
と思う、ダメ?ガイドでした。

ちなみに、一番釣れるのは、やはりレッグでした。

  レッグワームは魔法のワームです。
2006.07.15 Sat l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060714163313

河口湖ネイティブ大会

今日もゲストのためにポイントを求めて出航。
鵜の島東ー丸栄ー八木崎ー大石沖と外周しました。

本日のBIG.1は…ブリブリのブリちゃん40cmでした。

ほか、ブリちゃん37、にじっこ50オーバー×2、豆バス多数でした。
とにかく、ネイティブのバス、ネイティブ?の巨大マス、釣り放題でした。

20060714203903

最近のヒットベビーワーム

とにかく、よく釣れるベビーワーム。
レッグとワンシャ2インチ。ワンシャはニューカマー。
違いはテールのピッチの速さにあり。

レッグワームは、弱ったスモールベイトフィッシュ・エビ系のワーム。
ワンシャは、細かいピッチがワカサギの子のようなイメージ。

使い方は…ダウンショット5g~1.8g&ノガレス6の2番。
オフセットフックの姿勢がかなり重要です。
プラス、タフってきたらシンカーを軽くしてワームをナチュラルに。
これで、ピンポイントからバスを絞り出すようにして釣ります。

カラーは、水の色・風で水中が掻き回された状況でローテーション。
基本的に今の河口湖(透明度4m)ならスモーク。
風が出た時は、スモークシルバーが勝負が早い。(バイトが早い)
エコなら、今のところ、サターンスモークだね。
あとは、ガルプ3”クローラースモーク、ミートヘッド3”がgood。
ライトラバージグは知らないなあ・・・
2006.07.14 Fri l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は河口湖Bの大会をやってました。
なので午前中は、富士山を眺めつつ、心を癒されてました。
なので放課後から出航予定。

さて、1時に帰ってきて表彰式。
お友達のハセ川さんがなんと優勝!!
すぐに湖に出る予定でしたが、インタビューながなが聞いてました。

その後、優勝者のハセ氏と鵜の島東で同船。
2時間ほど釣りをして、やっぱマメは無限。
40cmぐらいのを一本『カジキジャンプ!!』でラインブレイク。
そんで、今日一日のドラマ終了。
まあ、あしたも朝から釣りまくります。
2006.07.13 Thu l 河口湖ガイド航湖日誌 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060717223125.jpg

本栖湖の風景

富士山をみてきました。
唯一、心が休まる場所。
日本で一番キレイな風景だと思ってます。

ちなみに、旧5千円札の裏に描かれた。
ぜひ、山梨にきた時にはごらんあれ。
2006.07.13 Thu l 心が休まる場所 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ついに河口湖に到着。
朝から夕方まで、感を取り戻しつつ釣りをしてました。
幸いにも、ホームの河口湖は温かく迎えてくれた。

本日はイースタン前日とあり、湖プチ混み。
そんなのは関係なしにバカスカ釣りました。
本日最大魚は45くらい。あと40UP×2。マメ無限に釣れる。
ビッグサイズは、ポストパターン。
休憩場所でリグをゆっくり動かすのがキモ。丸栄・鵜の東
すべてオスでネストの傷がある。
なら、ビッグママは一足先に!?
明日、追い掛けてみます。

(写真がなくてゴメンナサイ。今日からケータイ更新です。)
2006.07.13 Thu l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060711092312.jpg

河口湖へスタート

もう7月の中旬です。
世間では、もうすぐ夏休みに突入。

いよいよ、河口湖へ行ってきます。
『車とバスボート』一つで、人生に勝負を賭けてみます。
河口湖という地で世界チャンピオンを夢みつつ、バスフィッシングをしたいと思う。

今日こそが人生最大のイベントの出発地点。
この長い道のりを、目的地まで無事に到着できれば幸いです。


気持ち

実家は島根県・松江市。
本当は『家も、温かい食事もある実家』で、旭川に出つつ生活すればいいのに。
だが、気持ちは『さらなるバスフィッシングの向上を目指し、揺れていました。』

そのギャップの差から、気持ちが先走ってしまい、河口湖へ向かうことにした。

今回は、アルバイトで貯めたギリギリの片道切符。
しかし、今、行かないといつ行くんだろう?
もう夏になってしまった。少し出遅れた感もある。
準備も、お金も、家も、PCも、ないままの出発。(しばらくCAR寝るだと思う。)
もし、さかなや付近で発見したら声を掛けて下さい。


意気込みは

  バスを釣って生活するか? それとも野タレ死ぬか?


自分の人生、絶対にバスと関わって生活したいと思います。
それとも、何も出来ずにどこかへ消えてしまうのか?


重大告知

●ブログ

このブログも更新できるかわかりませんが、期待しておいて下さい。
(河口湖にインターネット漫画喫茶があればいいんですけどね。)

●ガイドサービス

ちなみに、TFSガイドサービス(ホーム:さかなやさん)のガイドの一員として
この夏は河口湖で過ごすことになりました。

TFSガイドサービス→ http://www.kirakunet.com/tfs/


こちらの方が、私の消息&釣果が確実にわかると思います。



   ※タイトルをタカヒロのガイドの道に変更しました。
     プロフィールも一部リニューアル。


しばらく、いろいろな人にご厄介になると思いますが、宜しくお願いいたします。
                           足立 タカヒロ
2006.07.11 Tue l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060709214840.jpg

富士浅間神社

河口湖には、富士浅間神社という神社があります。
島根県には、出雲大社という、大社があります。

河口湖に住んでいた時は、初詣に浅間神社に行きました。
私は、必ず初詣には行きます。
そして、日本の四季の行事には、出来るだけ参加したいと思ってます。


釣りと信仰心

みなさんは、ミエナイ力を信じますか?
バスフィッシングにおいても、信仰心は大切だと思います。
海の世界では、大漁祈願や大漁の旗などをみることがあります。
日本は、古くから神々をたたえてきたのでしょう。

私が大切にしているのは、
『遠征の時の交通安全守護』『航海時の航行安全』のお守りです。

きっと、持っているだけでも安心感があるのでしょう。
必ず正月にはお参りをして、一年の安全を神社で願います。


トラブルとお守り

私の体験談です。
ある冬の日、バッテリーがあがったことがあります。
続けて、3回、短期間にあがりました。
最近、どうもおかしいと思っていました。

その時は、忙しくて車のなかはメチャクチャで
助手席にはとてもじゃないけど人を乗せれるような状況ではありませんでした。
そこで、気が付いた!!

「お守りがない。」

ミラーに掲げておいたはずのお守りが、助手席の下の荷物に埋もれていました。
速攻でお守りをキレイにして、きちんと掲げました。
それ以来、トラブルは全くおきませんでした。

きっと、お守りをたいせつにしない私を、神が怒ったのでしょう。
なので、改めて神々を敬い、お守りを大切にしようと思いました。


あなたは、神を信じますか?
2006.07.09 Sun l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
POP.jpg

『POP-X』昔、懐かしのルアー。
今までに一番よく釣ったポッパー。
昔、朝や夕方の薄暗い時の川でよく釣れた思い出がある。

今では、ポップMAXも発売した。
あまり飛ばしにくいポップXを『さらにブッ飛ばせて使いやすくなった』と思ったが、
そうではなかった。肝心のバスの釣れるアクションがイマイチ。
飛距離は弾道ミサイルでぶっ飛びだったけど。


POP-X

サイレントポッパー。
一番効果的な使い方は、水面に波紋を出すだけ。
スプラッシュも芸術的だが、これであまり釣ったことがない。
この、釣れる波紋を出すポッパーは、未だかつてPOP-Xしか存在しないだろう。


スーパーエイトポッパー

次にS-8ポッパー。
これも、サイレントポッパー。
『ポップ-Xの水面の波紋』に『ロール&プチドッグウォーク』を加えた。
水面で波紋を出しつつも、左右の動きでアピールが強くなった。
より早い展開でバスを誘うことができる。

S8.jpg


V-4バズ・ダブルプロップ

おまけで、V-4バズ。
サイレントポッパーの、ノンストップバージョン。
あまり、音を発生させず、水面の波紋で楽しむルアー。

欠点はおそろしく飛ばないこと。
風に流されやすく、ルアーコントロールが難しい。
ただ、シチュエーションをを選べば最高によく釣れるバズベイト。
ここんとこの欠点を克服すれば、きっといいルアーに間違いない!!
2006.07.07 Fri l バスタブロイド最新号 l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060707150800.jpg

居酒屋からの贈り物

きのうは、家族で夕食に行きました。
松江市内の菅田のわたみという居酒屋で送別会?
ここの店員さん(オーナー?)はバスフィッシングをする。

それで、帰り際にいただいたPOP―Xです。
『ありがとう』

次回はPOP―Xコラムでも・・・
2006.07.07 Fri l バスタブロイド最新号 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060705182701.jpg


マッドペッパーマグナムコラム

今日は、ふらりと立ち寄った中古釣具店でマグナムを買いました。
このマッドペッパーマグナムは本当によく釣れる。
ドラッギングクランクとしては、T.D.ハイパーと二種類あれば十分。

なぜ素晴らしいのかと言うと、単純によく釣れる。
8mディープを攻略する上で、一番よく釣れるクランクじゃないだろうか。
実際に釣り比べをしてみたので、よくわかる。
ディープはカラーリングも重要。マグナムは豊富なカラーなので繊細にチョイスできる。


ただ問題は、あまり店で売っていないこと。
中古店でたまに見かけるぐらい。
ハイシーズンの山上湖では一瞬になくなります。
新しいバージョンもでましたが、リップに塗装が塗ってあるので、
買うのに少し抵抗がある。一体、どんなんでしょうね?

ちなみに、8mディープを攻略する上で、もう一つのTOBIRAがある。
それは、ドラッギングスピナーベイト。
去年大流行しましたが、まだ確信までには触れていない。
結局、どのスピナベの、どの重さが釣れるのか?
知っている人がいましたら、ガイドして教えてもらいたいものです。

2006.07.05 Wed l タカヒロの買い l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060704190405.jpg


④、洗車・クリンリネス

午後からは、軽く洗車。
その後、ワックスかけをしてました。

そんでもって、車内の清掃。
いつもクリーンで清潔にしていたいですね~♪


企業では、よくクリンリネスという言葉が掲げられています。
お客様から見られるところ、いや見られないところでも清潔にする。
その人の人格や、会社までもみられるということなのでしょう。

バスプロも、ひとりひとりが個人企業みたいなもの。
個人で考え、個人で行動して、稼いでいく個人企業。

いや、たくさんの人にお世話になっているから、
たくさんの人に『優しさや、親切さ』といった目では見えない株をもらっているから、
本当は、 バスプロ・個人株式会社 というべきなのでしょうか?
なんだか、他人のブログみたいになってしまいましたね。

2006.07.04 Tue l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060704130443.jpg

③、ビニールハウス

実は、家は『ビニールハウス』栽培をしています。
幸せをお届けする、花を栽培しています。

ってなわけで、ビニールハウスの若造!?でした。

2006.07.04 Tue l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060704130158.jpg


②、お墓参り

SATYのDoCoMoショップの帰りに、花を採ってきました。
出発の前に、どうしても行っておきたい場所があったのでお墓参りです。

私が生まれたのは、田畑の残る自然の田舎。
最近、やけに暑いので『もう、夏だなあ。』と感じていました。

2006.07.04 Tue l プライベート l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析