20060228164119.jpg


釣れん。釣れん。釣れん。
全く釣れませんでした。魚っ子、いっぴきもいない。
ボートフィッシングも陸っつぱりも、人っこひとりもいませんでした。


●本日のコンディション

水温5~7℃

ワンドの奥でも、8℃まではいきません。

気温4℃

天気は寒波襲来+寒い冬晴れ。
朝は雪がちらほら・午後になってときおり晴れ間が。



どっちかの風。やや強い。軽い白波程度でした。

レイクコンディション

上流からかなりの濁りが流入。
中流から下流はクリアウォーター。
ほか、流入河川からは泥水が流れ込んでいる場所が多々あった。


想定していたフィッシングパターン


このようなコンディションでは、釣れるのは中流から下流。
水温から判断して、パターンはディープフィッシング。
そして、シャローのサスペンドミノー。


やってみたこと

エリアの選択と釣り方には絶対の自信を持ってやっている。
でも、釣れなかった。これが現実。
参考までに。

パターン①
スポーニングワンドの出口の岬のハードボトムのディープ10~13m。
今回、魚探には反応が結構あるのだが、なぜか釣れなかった。
マーカーまで落として、かなりしつこくやったがノーバイト。

使ったワームは、フェニックスサターン3”のジグヘッド。
ほかにも、タイニーブラッシュホッグやリトルブラッシュホッグでもOK。
要は、エビを食べているようなバスね。


パターン②
大場所のコンタクトポイント巡り
スポーニングに絡む大場所のコンタクトポイント。(河口湖でいえば橋脚)
ワンド内の立ち木、レイダウン、釣っていい橋脚をサスペンドミノーを通したがノーバイト。


忘れ物を取りに行った。

現実は釣れなかった。
でも、去年の冬に置いてきた『感を取り戻した』ような気がする。
この冬から春のフィッシング。
天候で左右されるリアルタイムなフィッシングを思い出した。

スポンサーサイト
2006.02.28 Tue l 旭川ダム l コメント (2) トラックバック (0) l top
20060225184201.jpg


いよいよシーズン開幕


ことし一年のスタートフィッシング。
開幕ダッシュ!?でエンジンを掛けるにも勢いが必要。
どのスポーツでも、勢いというものがカギを握っているはずです。

そして、冬の間の、鈍っていた感覚を取り戻すためのフィッシング。
まずは、全力でフィールドで釣りをすることにします。


ブルー迷彩 アルミボート


このボートを見たら声を掛けてください。
おそらく、世界に一台しかないアルミボートのカラーだと思います。

河口湖でも、みたことがある人はいるでしょう?

ってなわけで、天気のいい昨日はボートの出撃準備をしていました。

2006.02.25 Sat l 旭川ダム l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析