ラバージグのカラーローテーション


●パンプキンシードとグリーンパンプキン

20060325193434.jpg


写真をみてもらうとわかるが、同じブラウン系でも明るさが違う。
この色のトーンの差が水中ではアピールの強弱につながる。

前回の土師ダムでは、普段クリアから少し白濁りが入っていた。
カバーも豊富なので、やはりテキサス・ラバジを使用。
そのなかでも、違和感無く食わせる同調系カラー目立たせる色を考えていた。

自分が好きなの色は、パンプキンシード。
川やマッディウォーターではブラックレッドのカラーもいいですね。

ゲーリー4”グラブでも、トーンの違いがある。
ダークグリーンパンプキン、パンプキングリーンフレーク。
これらを、組み合わせて、その日のアタリカラーを探す。

アタリカラーの探し方は、バスのバイトが深いか?浅いか?



●ブラウンブラックとグリーンパンプキン

20060325193450.jpg


これも、色のトーンが違う。
水中での明るさが、そのままアピールにつながる。

ブラウンブラックは、結構目立つカラー。
バスにルアーを見せるような色として考えている。
グリーンパンプキンは全く目立たないので、あまり使わないのが現状。
でも、バークレイのDVDでは、よく釣れていましたね。

●ギルとバスイメージ

バサーなら、必ずブルーギルとコバスを釣ったことがあるでしょう。
この、ギルやコバスを喰っているバスを釣る時に、ラバジが強い。

色は、だいたい、パンプキンブラックとパンプキンカラーが強い。


●なぜ、このカラーが釣れるか?

実際、コバスの群れとギルの群れがいるエリアでビッグフィッシュを連発しました。
季節は、アフタースポーンからミッドサマー。
ギルもバスも、より快適な環境を求めてボディウォーターや湧水に集まる。
そこの、ギル・バスは、色が茶色かった。

皆さんも、腹が茶色いバスを釣ったことがあるだろう。
これは、普段喰っているベイトフィッシュが関係している。
おそらく、ボトムのエビ・ヨシノボリを喰っている。
だから、腹が茶色い。

なら、茶色いジグがいいんじゃないの?
そう思ってブラウンジグ+ブラウングラブを投げたら、
近くに隙を見て待機していたビッグバスが即バイト。
これが、パターンフィッシングの完成であり、アタリカラーだった。

実際、ブラックでは反応がなくなってしまった。

   わずかな色のトーンの違いが、
         もろにバイトの差となって表れた。

スポンサーサイト
2006.03.25 Sat l 土師ダム l コメント (0) トラックバック (0) l top
天候  晴れ時々くもり

水温  7~9℃

気温  -4~12℃

風   なし~やや強い

水質  クリア+やや白濁り


~春バスはどこへ?~

湖を釣りながらぐるっと回ってみました。
バスどころか、小魚いっぴきも見なかった午前中。

いったい、春バスはどこへ?

フィールドをよくみて、色々考えました。

●水深は最深部で20m
●リザーバー特有の急斜面・シャローフラットもある。
●沈みブッシュ・シャローに草・立ち木がある。

バスは1.5mのシャローでは見ることが出来なかった。
となれば、コンタクトポイント・タテスト・シャローフラットか?

と、思いましたが、水深3mぐらいのタテスト(立ち木ぐらい)は、ほとんどなし。
次にスポーニングシャローに隣接する岬の3mのハードボトムもダメ。

唯一、水深8mラインでベイトフィッシュとその他のサカナの生命反応ありまくり。
じゃあ、ココを攻めるしかないでしょう?
でも、ノーバイト。画像は、スーパー釣れそうなのに。


そんなこんなで、午前中終了


水温は上がり始めている
天候晴れ、ポカポカ陽気。
もはや、シャローにバスが刺しまくりは時間の問題。


さあ、どうする!!


~結局シャローフラットでサスペンドミノー~

午後からは水温があがり、9度まで上昇。(朝は8度くらい)
表水温が温められ、太陽光線が当たる限界水深1.5m。
この時期のバスは陽を受けて温まりたいはずだ。
そして、その水深にサスペンドしている。

なので、その水深を攻める【絶対の自信を持つベビシャ60】をシャローフラットで投げまくり。
偶然にも、ベイトフィッシュも刺してきたようで、時折、キラッとしたヒラウチがみえる。

でも、ノーバイト。
アクションローテーション・ルアーローテーションもダメ。
そうしてる内に、風が出てきた。

この時期、サスペンドシャッドを喰うバスは風が吹くと食わなくなる。


~ディープで冬バス狙い~

春バスは釣れませんでした。
なので、冬バスねらいにシフトする。

やっぱり、水深8mではベイトフィッシュの回遊反応。
時折、キッカーサイズのマークも回遊してくる。
水中フィーディングの様子はない。

思い浮かぶ、釣り方をしつこく粘ったがタイムアップ。

土師ダムの様子

意外と狭かった、フィールドの大きさ。
ひょっとすると、フィッシングプレッシャーは高いかもしれない?
そのかわり、生き残った数少ないビッグフィッシュがいる。
たぶん、バスの絶対数は少ないと感じた。
出会った人の話では、
『ほとんど、釣れないが、この前50UPが上がった』と。ホンマか?

フィッシングプレッシャーが高いということは落とすだけでは喰わない。
+引っ掛けたり・シェイクを加えて、しつこく釣らないといけない。
センコーノーシンカーを落とすだけで釣れると思っていたが大違い。
今流行りのライトラバージグ+PEで、カバーを釣らなきゃいけない!?

偶然にも、チャプターの結果もでていました。
しかし、ほとんど釣れていない。

う~ん。釣れない・・・




2006.03.22 Wed l 土師ダム l コメント (0) トラックバック (0) l top
20060321231328.jpg

春風、春爛漫。
春のビッグフィッシュラッシュのはずが・・・

湖のなかは、まさに冬から早春へ向けて。
今朝は、氷点下。ボートの水が凍ってた。
お昼は爽やかな春風と春の日差し。

でも、バスもベイトも、サカナっこいっぴきもいない。
ここって、本当にバスいるの?
前回の旭川ダムに続き『幻のサカナ』となったバス様。


勝手に釣りしていいよ風潮

土師ダムは放任主義という印象を受けた。
いいかえれば、自己責任で、安全かつ、正しいマナーで
釣りを思うぞんぶん楽しんじゃって下さいって感じです。

事前の問い合わせでは、
管理費、スロープ代、遊魚料もなにもいらない。
つまり、勝手にボートを下ろして釣りしていいよって感じの野池チックな場所。

こういうフィールドがあるとスバラシイ。

元の自然のまま、昔のままのような釣り場が残っていると嬉しい。
古い昔の野池で釣りをしているようなイメージを思い浮かべました。


次回はこんな釣りをやってみました。みたいなことを。
2006.03.21 Tue l 土師ダム l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析