shot_over_7_20170809134524ec3.jpg

サマークランキング解説!!

いよいよ今年も新色2カラーを追加して、
ショットオーバー7が発売中です!!

shotover7450_201708091343372ae.jpg

さてさて、「クランクベイトで釣る基準」となるのがルアーの振動とシルエットだと私は思います。
5月以降の河口湖はクリアアップすることが多く、たいていは、ミノータイプのルアーが有効です。
ミノータイプのルアーは、あまり波動=振動を出さず、ルアー本来のシルエットで賢いバスを視覚効果で釣る方法です。

ただ、水質が変化したらどうなるのでしょう?
ミノータイプのルアーは、波動も弱く、濁っていたらバスからもルアーは見えません。
そんな時、スピナーベイト・クランクベイトなどの巻きモノが、いきなりよくなるタイミングがあります!!


2016 サマークランキング

それは、突発的な濁り。
台風や水温の上昇に伴う、いきなりの水質変化。

2016年は、大減水かつ気温上昇でアオコみたいな濁りが発生。
これが、2016年に『サマークランキング』でハマる条件でした。

takahiroadatchi_edited-1450.jpg

真夏にディープクランキング!?

なかなかタフコンディションの夏にやろうとは思わないと思いますが釣れます!
ワカサギの当歳魚パターンは解明されつつありますが、
実は、XDクランキングもワカサギパターンでイケる条件でもあります。

bassshotover_fish52.jpg

ヒットカラーは、ショットオーバー7の第二回から登場した、
 安定のホログラムフラッシングギル


over7yoko.jpg

ショットオーバー7などのXDクランキングをする上で重要なのが、ロッドパワーと飛距離の出るリールです。

ロッドパワーは、最低Hクラス以上で、XHクラスでも全然OKです!!
また、7.6以上のロングロッドですと、MHクラスでもOKですが、Mだと、ルアーの水圧などのパワーで、ちょっとしなりすぎで的確にイメージが伝わってこないので、もう少しパワーのあるロッド選びが必要です。


また、リール選びですが、基本的にショットオーバー7はフロロ14lbでキャスティングで7mボトムタッチが可能。
なので、7mボトムタッチをする場合、必ず助走となる、ルアーの飛距離が必要です。
最低でも、フロロ14lbを100m以上巻けるスプールが標準装備のリールがいいでしょう。
また、リールハンドルですが、ショットオーバー7は、引き抵抗が軽いと言っても、
マグナムクランクの部類ですので、80mm以上のロングハンドルがおススメですね。


ここからは、おススメカラーについて

2016年・・・秋口になりましたが、秋もターンオーバーによる濁りが入るので、
ショットオーバー5&ショットオーバー7などのディープクランキングはおススメです!!

over7.jpg

otama.jpg

やはり、安定はホログラムフラッシングギル!
パワーのあるルアーで、ゴン太の1発が釣れます!!


より、秋が深まった11月中旬の晩秋にも、ショットオーバー7が炸裂!!

moblog_d58697b3.jpg

フラッシングリアルギル、イケてます!

第一回の発売当初からよかったカラーですが、
フラッシングリアルギル
ハーフミラーワカサギ


この2色はクリアウォーターでも安定して釣果を出しています。

60tate800_edited-1450.jpg

このロクマルは、ハーフミラーワカサギ!

新色も気になりますが、
ホログラムフラッシングギル
フラッシングリアルギル
ハーフミラーワカサギ



この3色が実際に実績が出ておりますので、お忘れなく。









スポンサーサイト
2017.08.09 Wed l ショットオーバー7 l コメント (0) トラックバック (0) l top
12140624_859623534160952_9025049917754758177_n.jpg

ここのところ、たまにビッグサイズが炸裂するサマークランキング。
河口湖のサマークランキングと言えば、確実に”XDクランキング劇場”となります。
つまり、サーモクライン周辺(6m前後)のサスペンドフィッシュ攻略がカギとなり、
この6m前後ラインを、この層に浮いているベイト&バスの付近をキッチリ通すことができるのが、
ショットオーバー7に代表される、エキストラディープクランクなのです。

タックルセッティングですが、河口湖では、まだまだ新しい斬新なテクニックということで、
完璧にセッティングして投げ切れるような段階まで行っていないケースが多いと思います。
そういった意味で、ぜひ、参考にしていただければと思いますね。


XDクランクのロッドの長さ

6.8フィート~7.11フィートぐらいまでのロングロッド。
6.6フィートでもやってみましたが、飛距離的な問題でやはり、6フィート後半ぐらいがいいですね。

12419241_987859457996948_1473531550648564962_o_20160814085440aa7.jpg

個人的には、LTTシリーズのLTT690PH(パラボリックヘビーバーサタイル)
パラボリックなテーパーでパワーとしなやかさの兼ね合いで非常にビッグルアーが投げやすくなってます。

LTT6100HでもOKです。
LTT690PHより、少し先調子に感じるかもしれませんが、こちらでも実績があがっております。


アメリカン事情

8フィート近くで投げれる方は、アメリカンタックル(irod ルーミスなど)ですが、
大型クランキング専門ロッドがあるので、それしかやらないケースではそういうロッドもありでしょう。



XDクランクのパワー

基本的に、2ozクラスのビッグクランクを投げますので、しょって投げれるパワーが欲しいとこ。
クランクベイトのキャストは、基本的にロッドのしなりと反発を生かすので、オーバーヘッドキャストがいいですね。
その2ozクラスを背負えるのが、Hパワー~XHパワークラスのロッドです。
また、アメリカンなロッドの表記によっては、MHクラス(国内では実質Hクラス相当)でも投げれます。

M(ミディアム)クラスのロッドですと、かなりキャスト時に、ロッドがしなって反発しにくい。
リーリングで、何をやっているのかよくわからないことが多いので、やはりMH以上ですね。



2016.08.14 Sun l ショットオーバー7 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、ご新規のお客様1名様と出航しました。
あれっ!? 天気予報って晴れじゃなかったっけ?と思えるほど朝から曇り空。
小雨交じりのスタートとなり、さぁ、どういった展開になるんでしょう?今日。

dairakka_201608131515372da.jpg

電撃のビッグスプーン展開!
 ノリーズ・ダイラッカが再び炸裂 !!


あさイチは、トップウォーター展開でいきたかったのですが、
さすがにこの時期は人が多く、トップスポットも少ないので、ミドルレンジ展開。

いろいろやってみるも、なかなかビッグバイトは無く、次第に船団となってしまう。
そして・・・・・ついに、ノリーズ・ダイラッカ・ビッグスプーニングで激バイト!???

dairakka_2016081220035764f.jpg

キターーー!!この時期のビッグスプーンゲーム。
 バイトが出れば50UPほぼ確定の最強!!


dairakkagold_450.jpg

デカいッス。
 すんなりあがってきてビックリ!!


bassup_edited-1.jpg

上顎ガッチリ・フック UP↑↑
 ええ感じのバイトの出方でしたね。



ノリーズ・ダイラッカが先駆けとなり、ビッグスプーン&マグナムスプーン旋風が起こった昨今ですが、
やはり、ビッグスプーン独自のフックアップの良さとランディング率の高さがありますね。

個人的にもマグナムスプーンでビッグバスを釣っているのですが、
マグナムスプーンだと、ボディの大きさに対してフックの位置の面積が少ない。
バイトがあっても?あれ?あれっ??のらない。
などなど、フックアップしてもアシストフックがボディに刺さっているなど。
いろいろな出来事がありましたけど、やっぱり、河口湖や関東のレイクではこの130mmサイズがいいですね。
これまた、琵琶湖や池原ダムなどの世界記録級がいる湖だとどうなんでしょうね。

20130913_02_20130919202752d47_20160813153435de6.jpg

ヒットカラーは、プロトタイプからもあり。初期から発売中のゴールドラッシュ。
少し光量が少ない時や、濁りが入った時などに有効なカラーリングです。

20130829_02_201608131534371a1.jpg

YouTube 動画でも実釣で夕まづめのラストタイムに釣れたグッドカラーですね。



日中のタフコン

日中は、晴れてしまい、タフコンディションになってしまう。
加えて連休のレジャー全開の雰囲気の河口湖でボートプレッシャーがハンパない。
そして、東風が強くなり、西風だとイケイケなんですが、いよいよ厳しいなぁ~。



cloud.jpg

15時のタイミング

午後より、15時頃が曇りだして、これはジャストタイミングになるのか?
再びトップウォーター展開にすると、いきなりの水面超炸裂の水柱バイト!!

ldm_wake_prop_plus.jpg

レイダウンミノーウエイクプロッププラス

ldmo.jpg

おそらく、10m範囲で水飛シブキが飛ぶような、ドッカーーーン激バイトが炸裂です!!

この手のルアーは動かし方にコツがあるのですが、
フィーディングタイム次第では、まるでエサのように激バイトしますね!!


br_217.jpg

カラーは”オーロラゴーストカラー”が良かったですね。

wakasagi_2016072913142867f.jpg

ワカサギの2年魚と同じぐらいのシルエットでマッチザベイト!!



shot_over_7_20160805234703ab4.jpg

ショットオーバー7・XDクランキング
 サマークランキングでタヌキ捕獲!!


その後は、夕マヅメのタイミング。
今日は、曇り空で薄暗く、5時を過ぎるとちょっと光量も少なく感じる。
シャローからベイトが離れた感もあり、ラストタイムは、クランキング勝負に出る事にする。

お客様とショットオーバー5&ワタクシがオーバー7で投げまくる!!
そして・・・まさかのXDクランキングで激バイト!!

basssyot_edited-1.jpg

XDクランキングで夕マヅメにタヌキ!
 ブリンブリンのベイト捕食系の中タヌキでした。



今日は、いろいろと終わってみれば、3バイト オール45UPの53cmを含むビッグサイズばかりでした。
ただただ、タイミングはほんの一瞬で、風向き・天候・ベイト回遊を読み切らないと難しい。

53cm・2500オーバー! 47cm・46cmと炸裂!!
船中3発でしたが、連休の大混雑にしてはまずまずでしたね。




2016.08.12 Fri l ショットオーバー7 l コメント (0) トラックバック (0) l top
bassshotover450.jpg

サマークランキング解説!!

さて、本日は、夏のディープクランキングについてちょこっと解説してみます。
通称”サマークランキング”がどこかでハマるんじゃないかと思い、オーバー7を常備していました。

さて、そこで、夏にバスが釣れるタイミング。
朝夕のマズメ時は、一瞬のフィーディングタイムで活性があがりルアーにバイトします。
そのほかのタイミングでは、夏の15時頃からの雷雨などの通り雨のタイミング。

もちろん、雷鳴が遠のき「安全確保」した上での出船となりますが、
真夏の雨は、タフタイムが続いた後【間違いなく状況変化のチャンス!】となります。



フィーディング × スピードリサーチ

ただし、バスがモーニングバイトそのままのディープウォーター寄りなのか?
はたまた、ミドルレンジ~ディープレンジの中層の広いエリアを浮いて回遊しているのか?
どシャローの岸よりのウィードラインをクルージングしながら泳いでいるのか?

フィーディングタイムは非常に短いので、その判断をハイスピードで行う必要があるので、
いろいろなレンジを、パワーフィッシングで素早くサーチするとビッグバスが反応してくれます。

takahiroadatchi_edited-1450.jpg


夏は、サーモクラインもハッキリと出るので、おおよそ9mボトムでは、6m前後にバスが浮きます。
今回は、おおよそ6m~7mをボトムノックしたのちのピックアップリトリーブで釣れましたね!


そのサスペンドフィッシュ攻略が出来るのが、オーバー7・ダイラッカ・ディーパーレンジなど。よくビッグバスが釣れると噂されるルアーですね。中層を効率よくトレース出来て、リアクション効果を秘め、かつ、ボリューミーなルアーということですね。


ただし・・・・・・・

夕マヅメトップウォーター

逆に、夕マヅメ時は、今年の傾向では、トップウォーターに分があることが多いですね。
バスやベイトが浮きやすいのが夕方のタイミング。これをテクニカルに獲れるのが、レイダウンミノーウエイクプロッププラスゲームなのです。

ldmh450.jpg

完全・ワカサギ2年魚のシルエットのレイダウンミノーウエイクプロッププラス。
浮かせて良し! ローリングアクション良し! プロップの魅力良し!
デッドベイトのようにデッドスティッキングで寄せることも可能。プロップでリアクションも可能。
本当にたくさんのバスが浮いてくるような、ここ最近の釣れ筋のいいルアーですね。



ショットオーバー7のタックルセッティング

最後にタックルセッティングですが、ノリーズロッドブランドですと、
ショットオーバー7と一緒に必ず必要となるのが、パワーのあるロングロッド。
私が使っているのは、ロードランナー ヴォイス LTT6100 & LTT690PHの2機種が適していると思います。
個人的に好きなのは、LTT690PHの曲がり方がよりパワフルに巻けるテーパーのようでいいですね。

ロングロッドの利点としては、よりオーバー7を潜らせ、長い間、深いレンジをキープ出来て、
効率よく深い層をディープクランキングするためには、まず「ルアーを潜らせる為の助走の為の飛距離」が必要です。
また、ティップを下げた状態でよりクランクを深く潜らせられるのもロングロッドの利点。


リールですが、ギア比5~6.2 ぐらいで巻くのがちょうどいいかなと。
ただし、アメリカ人はハイギアで巻いちゃうらしいのですが・・・・・体力勝負でしょう!!
本当は、XDクランクは、巻き出しが強く急潜行するのがいいと思います。
その後は、緩急をつけたり、リトリーブスピードを調整するのがいいでしょう。








2016.08.07 Sun l ショットオーバー7 l コメント (0) トラックバック (0) l top
nagii.jpg

朝練の成果!?

本日は、お久しぶりのHosakaさんと出航しました。
ここまでの練習の成果?
よくわかりませんが、モーニングバイトをキャッチする技術を見つける為の練習が生きました。

hosaka50.jpg

あさイチのラバージグ撃ちでいきなりのタヌキバス!!

超強烈に引いた引きは、55クラス級!?

ランディングした瞬間はかなりデカく見えましたが、短い!!

basssize50.jpg

ジャスト50のバスでした。
 最近、夏バスらしいブリブリたぬきが多いですね!


その後は、モヤも晴れ、ラバージグゲームからトップウォーターゲームへシフト。
普通は逆のやり方で、トップからラバジですが、トップでも釣り方があるのでこれをレクチャー。

すると、晴れて風が無い状況下。
ボイルこそないものの、チェイスが、かなりあり、あとちょっとで食いそうで食わない。
こんこんと湧き出る湧き水のように、バスが次々と湧いてくるもあともう一歩と言うところ。。。
日中のゲームになると、どシャローのウィードにビッグサイズは見え隠れするもののバイトせず。

afterraiu.jpg

そのまま、14時頃からゲリラ雲が多くなり、ポツポツ降り出して雨のカーテンとなる。
そのまま・・・・・雷もなりだして、一旦中断して、15時過ぎより再スタートで出航する。




shot_over_7_20160805234703ab4.jpg

今が好機!!
 サマーエクストラディープクランキング!!


ここのところ、水温が28℃前後あり、中層のベイトフィッシュも多いので・・・・・
おもむろに、ショットオーバー7をお試しのやけくそで投げていると、ボトムノックしたのち。
ふわふわと浮いたクランクをちょっと引っ張ると、逆に引っ張られるバイト!!!

takahiroadatchi_edited-1450.jpg

ズドーーーン!! っと、水深6mからビッグバイト

ショットオーバー7 ホログラムフラッシングギル

bassshotover_fish52.jpg

ファイト中は、テールフック1本掛かりでヒヤヒヤでしたが、なんとかキャッチ!!
ロードランナーヴォイス LTT690PH のパワーと粘りが勝ちましたね。

余裕の50オーバー・52cm捕獲セリ!!


シークレット i字系

その後は、お試しの、シークレットi字系のスイミングを投げると45サイズがビッグバイト!!
何回かジャンプをかわすもボートべりで、最後のジャンプでバラシ~。意外とデカかったッスね。




ldm_wake_prop_plus.jpg

レイダウンミノーウエイクプロッププラスゲーム展開

さらに、その後は、あさイチの好調パターンとなるレイダウンミノーウエイクプロッププラスゲームを試す。
なかなかバスが浮いてこないけど、いきなり、ボシュッっと遠目でバイト!!!

あっ! チェイス → 水面炸裂!! ではなく、遠目でのトップ水面爆発や!!!

ldmhosaka.jpg


グッドコンディションがトップ炸裂!
レイダウンミノーウエイクプロッププラス炸裂中です!!


hosakaldm.jpg

夕まづめにグッドサイズ捕獲セリ!!
 トップにどっぱ~んは、超きもちいい~でしたね。



そんな感じで、もう少し時間はあったのですが、超遅くなるのも微妙ですので、スパッと本日終了。
今日は、トップからクランクからラバージグからi字まで色々な釣り方が試せる一日でしたね。







2016.08.05 Fri l ショットオーバー7 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析