basser2_20150201015417805.jpg

2015 3月号 Basser誌
  センターカラーページ 初バス企画!!!

Basser誌 最新号!!
今月号のバサーは、初バス企画が満載で真冬の釣りながらバスの絵がてんこ盛り。
毎年、冬になると厳しい感じなんですが、そこは、バスプロ勢はなんとしても釣ってますね!!

DSC_3329_edited-2_20150201015522fa9.jpg

私は 《ワカサギレイクで連発初め!》 というお題でノリーズプロスタッフ同志のタンデム初釣り♩
真冬のリザーバーで、一日のぶっつけ勝負の取材という事ですがいつも通りで展開!!

私の信条としている湖の最大級のスーパービッグバスをスピーディに探す策略。
そして、田中大介パイセンの「釣りながらスコアアップする戦略」の作戦の両者のゲーム。
一匹のバスを追い求めるも、一人一人、考え方が違い、そこに辿り着くプロセスも違う。
そういったいろいろな信条や思考などなどがバスのゲームフィッシングの魅力ですね。



drandobar.jpg

超信頼・攻撃的ルアーローテーション

もちろん、超信頼のノリーズルアー達と超攻撃的ルアーローテーション。
真冬のワカサギレイクであますとこなく、ルアーチョイスなどなど、
私の信条とルアーのキモが書いてありますので、ぜひ、紙面でご覧下さい。
こんな私のゲーム展開ですが、お世話になった西さん、田中さん、ありがとうございました。



20150105_04_edited-1450.jpg


真冬のリザーバーで厳しいながらも何とか釣れました・・・・・





tnka.jpg

田中先輩もいい感じにHit~♪


詳しくは、紙面にてぜひご覧くださいませ~。




スポンサーサイト
2015.02.01 Sun l オーバルヘッドジグ l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、12月の連続寒波が到来する前に、ぜひとも、中国エリアでリベンジしたい。
んっ?何を言っているかわかんないと思いますが、先日の菅野湖釣行も撃沈。
寒波到来で冷え切ってしまう前に、釣りやすい水温をキープしている間に、
ガッチリキッチリ、リベンジを成功させて、中国エリアでナイスサイズを釣りまくりたいのです。

rain_.jpg

12月の冷たい雨の中国大陸

初日は、降りしきる12月の冷たい雨のコンディション。
2014 1月にダイラッカ&オーバルヘッドジグで好調だった、菊川湖をチョイス。
ただ、前回は水温9℃前に対し、今回は水温13℃前後の12月のコンディションとなる。

allstar.jpeg

今回のオールスター・スターティングメンバー。
ここ数年の菊川湖は田中パイセン曰く、平均して45cmのグッドサイズで1400gぐらい。
ならば、フィネスフィッシングもいいですが、初日はざっくりとパワーフィッシングで攻める。

P1170617450_2014081804420586c.jpg

前回の1月は、開始早々から菊川湖・ダイラッカフィッシュをゲッツ!!

P1170634.jpg

中だるみ後の15時頃の暖まった地合いでは、オーバルヘッドジグで再びゲッツ!!
こういった感じの釣れ方をするので、今回のオールスターも必然的にパワーヒッター。


開始早々、岸沿いからワンドの奥までベイト反応見ながら、攻めてみる。
ウィンタービッグスプーンテクニック= マンメイドをビッグスプーン撃ち のテクニック。
これで、釣れたのですが、今回は反応が無く、まだ冬っぽくないという事もあり、
ちょっと晩秋っぽい感じがするので、岸沿いをメインにベイトの動向を探りながら要チェック。

wakasagiball.jpeg

ショアラインを見るとそれとなくいい感じのスポットもあり、
最初の反応は、ワカサギ=ベイトフィッシュ=メタルベイトのリフト&フォールで様子を見つつ、
次のキャストは、地形変化をフットボールジグで丁寧にチェックしていく釣り方でいろいろパターンを探ってみる。
おおよそ、この「メタルを最初に投げて、次はフットボールで底を釣る」という2タイプの攻め方で湖一周する予定にする。

rock.jpeg

すると、ショアラインを見ると、マテリアルの変化や岩の起伏の変化に気付く。
そして、魚探でベイトフィッシュが絡みそうなスポットを予想して、撃ち続けることにする。

1st_edited-1.jpeg

いきなしのビッグサイズ、50cmクラスを捕獲!!

bass50.jpeg

降りしきる雨の中、早い時間帯にベイトフィシュが絡むショアラインのハードボトムでHit!!
ショアライン6m前後の根掛かりが激しいような、起伏の変化が大きいロックエリアを、
ボトム感知能力を最大限に発揮できるST680とオーバルヘッドジグ&エスケープツインのセッティングで捕獲!!

bassmouth1.jpg

いや~、オーバル&エスケープツインをひったくるように丸飲みです。
ゴンゴン!!と明確に分かる強烈な深いバイトという事で、この攻め方が効果的だと分かる!!

right2_edited-1_2014122521532200c.jpeg

さらに、もうワンビッグバイト!!

そのまま似たようなスポットを探して、100mぐらい流したら、もうワンビッグバイト!!
同じく、水深6m前後のベイト回遊しているハードボトムを、オーバル&エスケープツイン。
完全にオーバルヘッド&エスケープツインは、今日のストロングパターンにハマった感がある。

bass45.jpeg

こんどは、45ぐらいでしたが、晩秋でエサをバンバン食っているナイスコンディション。




zidori_20141225220708289.jpg

さらに、もうイッチョ、50クラスを追加

wood.jpeg

沖に張り出している”カバー + ハードボトム”の水深6mの深場でヒット!!
この1本は、今までのガレ場とは、ちょっと違ったフットボールテクニックでしたが、これぞオーバルの力!!! 

bassmouth3_hook.jpg

完全に今日は、フットボール&エスケープツインが効果的だったのが証明された。

bass3.jpeg

ロードランナーヴォイス・ストラクチャーシリーズのST680MHこそ、
テキサスリグ&ラバージグ専用と言えるほど、特化した感度と強さを兼ね合わせたロッド。
2014.12.16 Tue l オーバルヘッドジグ l コメント (0) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析