20070619132324

ビッグバス夏祭り突入!!

ついに、来ました!!あの季節。
河口湖ビッグバス夏祭り開催中です♪

次々と、アフター回復系が入ってくるポイントを攻めると連発♪
今日、私は朝レンで40アップ1匹のみでしたが、ポイントを託したこの人に・・・助さんみてる?
ちなみに、釣った写真サイズは大きめに見えますが
実際は、46、46、42、41、28cmでした。


私がいつも朝レンで入るポイントはいい感じになっていますね。
いよいよ、本格的な“祭り”スタートって雰囲気です♪


↓さかなや釣り教室↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html

さかなや釣果情報更新
ますます「河口湖のバス釣り」を盛り上げていこう!!

↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
バスを釣りたくなったら、今日もポチポチと一票。
タカヒロ足立は、ブログランキング 圧倒的一番人気を目指します。
読者ファンの皆様、いつもありがとう

  ※いろいろな釣りブログ検索できます。



スポンサーサイト
2007.06.19 Tue l バスボートのお手入れ l コメント (2) トラックバック (0) l top


感謝の気持ちを込めて

ことし一年の締め括りは 「バスボート&カー」 の大掃除。
バスボートは、デッキの清掃、ワックスでボディをキレイにしてあげる。

バスボートにも命があり、「今年も一年ご苦労様でした。」と伝える。

いつかは、決別の時がくるだろうが
   「今年も一年、このボートでいい釣りさせていただきました。」と伝える。

そんな強い思い入れと、ボートに感謝の気持ちを込めて、
スポンジに思いと気持ちを押し付けるかの如く、ワックスでピカピカに磨きあげる。


まるで、新艇のようにピカピカに
これで、シーズンインしてからも、ボートの輝き&水の弾きは抜群!!

それよりも「一年ありがとうございました。」という感謝の気持ちを
今年の一年の終わり、年の瀬に、ボートに伝えることの方が大事かなと思います。
マイボートを愛する気持ち、その気持ちの表現は、自分にとってごく自然な行動。

決してボートは生きているわけではないですが、気持ちは伝わると思います。
冬になると、エンジンはだだっ子になりますが、夏場はとってもいい子。
そんな、マイボートよ・・・今年も一年ありがとう。


車も磨きます。

もちろん、バスボートのみならず、車もキレイに磨きます。
やはり、大型4駆とバスボートはセットで完成されたスタイル。
頑丈な車なくしてはバスボートを引けません。

20061230164329.jpg

片方キレイで片方泥だらけだったら、車がかわいそう。
なので、車も 「一年無事にボートを牽引してくれた」 感謝の気持ちを込めて、
ワックスでキレイに磨きあげます。



さて、今年の最終回は、今年一年の総決算!!
どんな出来事があって、どういう年だったのかを思い出します。



↓さかなや釣り教室 始めました↓
http://www.sakanaya-boat.com/index.html
2007元旦限定で営業いたします
初釣り、観光のついでに、お気軽にボートに乗ってみませんか?


↓私も参加しているFC2ブログランキングはコチラから

毎日、応援ありがとうございます。
記事がおもしろかったら、ポチッと一票。
↑ファンの方は、是非!毎日ワンクリ一票お願いします。
  ※いろいろな釣りブログ検索できます。
2006.12.30 Sat l バスボートのお手入れ l コメント (0) トラックバック (0) l top
台風の影響で・・・

今日は、台風の影響で河口湖は雨です。

最近、バスボートを磨き、ステッカーを張り、錆びた装飾品は交換。
客人を乗せるバスボートなので、いつも新艇のような輝きでピカピカにしておかないと。

雨が降った後は、黒い水垢がボディにつきます。
釣りをしていると、シートが汚れたり、デッキにごみが付着したりします。
そんボートをリフレッシュしました。


☆バスボートのWAX掛け☆

バスボートをより白く、よりピカピカに、輝きを増す。
もちろん、雨の水、波の水、を弾いく。

おおまかな流れは・・・


ボディをシャンプーする
    ↓
ボディを水垢シャンプーする
    ↓
コンパウンド入りWAXを塗る
    ↓
水を弾くWAXを塗る


20060918071628.jpg


20060918071639.jpg


シャンプー部隊

普通の洗車用シャンプーと水垢シャンプー。
ただ、水垢シャンプーはしなくても、コンパウンドWAXだけでいい気もします。
シャンプー2回は2度手間なので「コンパウンド入りWAXで水垢を落とす。」
だけでもいいかもしれません。


まずは、シャンプーで大まかな汚れを落としてキレイにします。
       ↓
雨が降った後などは、黒ずんだ水垢が付きます。
これを、水垢シャンプーでよくこすります。
       ↓
ただ、現実は、黒い水垢はシャンプーでも落ちません・・・
       ↓
そこで・・・


コンパウンド入りワックス登場

バスボートのボディをよりキレイ、より白く見せたい時のWAX。
ミクロの微粒子が、水垢を落として、白くする。もちろん、水も弾きます。

バスボートの船体の色によって、ホワイト・シルバー・ブラックなどを使い分ける。
車用なのでいろいろな、コンパウンドの色のタイプがあります。

ここから、さらに、水を長期間弾くワックスを塗れば、なおいいでしょう。


☆ボートデッキの掃除☆

釣りをしていると、どうしてもラインやワームのゴミが出てきます。
その他、靴に残っている泥などでボートデッキは汚れてしまいます。

ガイドに来られたゲスト様に、きれいにみられるように掃除します。


ボートデッキの掃除の流れとしては・・・

おおまかな汚れをほうきで掃く。
    ↓
コロコロでチリまで貼り取る。


20060918185532.jpg




20060918185524.jpg


ほうきで、おおまかな汚れは掃くことが出来ますが、小さいゴミは取れません。
ラインのクズや切れたウィードなどはコロコロが大活躍!!


☆シートをピカピカに☆

バスボートは、雨天の日は、常に雨に打たれるオープンカー状態。
雨は、水垢でシートを黒くさせます。

その他、ほこりや汚れで黒ずんできます。
そこで、本来のシートの輝きを取り戻す為に、シートを洗いましょう。

さて、黒ずんだシートは、ママレモンやクレンザーなどで、スポンジ・たわしでこするといい。
と聞きましたが、クレンザーは少し色むらが出て、黒ずみもあまり落ちなかった。

以前試したのは、スプレー・泡式のシートクリーナー。
ただ、これは、シートに泡を塗って、雑巾で力一杯こすっても、黒ずみは落ちない。
今回は、コレを試してみようと思いました。↓

20060918185542.jpg


今のところ、「これが一番」というものはないですね。

スピーディーに!
黒ずみスッキリ落として!!シートぴかぴか!!!


という簡単で一拭でピカピカになるものはないんですかね~。


お手入れの小物編へつづく↓

2006.09.18 Mon l バスボートのお手入れ l コメント (1) トラックバック (0) l top
  1. 無料アクセス解析